02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

【三週連続200k走】BRM311たまがわ200やまゆり 完走記録【三本目】 

始めに
小江戸大江戸の走行記録エントリは基本的にブルベとは無関係だったので触れていませんが、去る2017年3月15日現地時間早朝午前6時過ぎ頃、ニュージーランドにおいて同地の1200kmを走破するブルベに参加中だったオダックスジャパン(AJ)会長稲垣氏(イナさん)が交通事故に遭われてお亡くなりになりました。トラックに後方から跳ね飛ばされた追突事故で、稲垣氏はその場で死亡が確認され、同走していた外国人サイクリストは病院に搬送された後会話ができる程度には回復しているようです(3/17 AJ経由情報)。
悪天候によりDNFの判断をしたのちエスケープのために移動中だったとの事なので厳密に言えばブルベ中の事故ではないと言えるかも知れませんが、ブルベ開催期間中にその参加者が命を落とすということは日本人としては国内外問わずこれまでになかったことで、その最初の犠牲者がよりによってAJ会長その人だったというのは非常に残念で悲しい巡りあわせです。
イナさんとは何度かブルべでお会いしたことがあり、一昨年のオダックス埼玉忘年会であれこれお話させていただいたたのが一番長時間会話した経験ですが、元気あふれるエネルギーの塊のような人でした。AJ会長に就任されてからはピンバッジやワッペン、ウールジャージの製作頒布を始め、海外との太いパイプを利用したりしてAJを変えて行こうという意欲を持って行動されていたことが傍目にもはっきりわかりました。志半ばでの急逝はご本人も相当無念なのではないかと。

ブルベは公道を占用することなく利用し、時には夜通し何日間も走るスポーツです。悪天候や深夜/早朝の時間帯等事故の危険を伴うシチュエーションでの走行も時には余儀なくされます。
稲垣氏ほどのベテランランドヌールが(そして同行者も)安全装備が不充分であったとは到底考えられませんがこうして事故が発生し、結果稲垣氏の命が喪われてしまうという事態となってしまったことは今後ブルベを走り続けるつもりでいる身には恐怖、脅威であったりもする訳ですが、自らの努力だけではどうしようもないことはさておき、まずは自分自身にできることをしっかりとやって淡々と進むしかないのだなと改めて感じています。

故人のご冥福を心より願ってやみません。




関連エントリ⇒BRM311たまがわ200やまゆり 完走結果概要


BRM225たまがわ200鴨川(ブルベ=自転車)、第七回小江戸大江戸200kフットレース(ウルトラマラソン)に続く三週連続200km走の掉尾を飾る第三弾はAJたまがわの新規コースでの開催となるBRM311たまがわ200やまゆりです。実際にはこの翌日、今度は自動車で250kmほど走ったのですがまあそこはそれ(笑)
たまがわスタッフの蔵原さんが引いたこのコース、生憎諸事情によってご本人が主催することができませんでしたが、もしご本人がゴール受付にいたら”なんでこんなきっついコース引いたんですか!?”と詰問しそうだった(笑)
獲得標高自体はまあ一般に標準的と評される類のコースなのですがどうしても都市部を抜ける際の信号や渋滞に引っ掛かってしまって平地部分で思うようにペースが上げられないままやまゆりライン、ヤビツ峠といった難所を抜けなければならないので時間に余裕がない人が多かったようです。DNFもそこそこいたし。ただこれは今回が初ブルべだという参加者が多かったことも要因のひとつかなと。走り慣れていない人にはちょっと厳しいコースレイアウトではないかと感じた次第です。

色々とバタバタしていて準備もままならず、しかも目覚めもやや遅めだったこともあって出発も遅め。
17031101.jpg
専修寺関東別院前@03/11/05:20頃
自宅からスタート地点まで30分かかるのに、6時スタートにエントリーしている人間がなぜこの時刻に自宅を出発するのか。どうにかこうにかスタート地点に辿り着いたのは全体ブリーフィングが終了して今回初ブルベとなる参加者に対しての注意喚起タイムが始まったところ。

17031102.jpg
今回がブルべデビューとなる方々(6時スタート組)
鴨川の時も思ったけれど、これだけ獲得標高があるコースを初めてのブルベで走ろうと考えるとか凄いよなあと。

17031103.jpg 17031104.jpg
W0、W1の方々をお見送り
今回わたしはW2(06:20スタート)です。

<走行ログ>

【実施日時】2017年03月11日06:19スタート
【走行距離】 208.4km
【総所要時間】 12時間53分(認定時間:12時間54分)
【乗車時間】 10時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)16.2km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)19.1km/h
【獲得標高】 2,071m


しばらく単独で走っていたけれどR1を走行しているうちに秋さん他数名のグループと一緒になりしばし先頭を牽いたり牽いてもらったりしつつ横浜市内を抜ける。逗子駅前を通過し、定番となっている海沿いの道は通らずに内陸を抜ける。このルートはほとんど使ったことがない。

鎌倉中心部を抜け、大仏前を通過するコースだったので後方の秋さんに声を掛けて先行してもらい、わたしは一人で大仏様にお参り。今年初鎌倉大仏。
17031105.jpg 17031106t.jpg 17031107.jpg
17031108.jpg 17031109t.jpg
ひとりやふたり参加者を見かけるかと思ったけれどそんなことは無く、スタート直後のPC1手前で寄り道するような物好きはあまりいなかったようである。

お参りを済ませて先を急ぐ。まだPC1にも到達していないし。
行く手には最初の肩慣らし的な鎌倉山。こちら側から登るのは初めての経験だなあとか思いながらボチボチ進んで行ったら
17031110.jpg
いきなりの急坂
鎌倉山のこっち側ってこんな坂道だったの?(^^;
それでもギア比的に非常に有利なMTBだったので軽いギアでクルクルクルクル。こういう時MTBって楽でいいわ♪

17031111.jpg
妙に味わい深い空手道場の門

17031112t.jpg 17031113t.jpg
今まで明るい内に鎌倉山を通過したことがなかったのでこれが初
大仏殿側から登ったことがないので左の石碑は初見。

短いダウンヒルを味わったらPC1到着。
17031114t.jpg
PC1ファミリーマート西鎌倉駅前店(57.1km)09:28着
一週間前の小江戸大江戸のダメージはあまり感じずまずまずのペース。
出がけにバタバタしてしまって時間がなくて朝食抜きだったのでそこそこしっかりガッツリ補給してリスタート。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM311  やまゆり 

【三週連続200km走掉尾】BRM311たまがわ200やまゆり 完走結果概要【無事終了】 


【実施日時】2017年03月11日06:19スタート
【走行距離】 208.4km
【総所要時間】 12時間53分(認定時間:12時間54分)
【乗車時間】 10時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)16.2km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)19.1km/h
【獲得標高】 2,071m



BRM225たまがわ200鴨川小江戸大江戸200kフットレースに続く三週連続200km走の掉尾を飾る第三弾、【BRM311たまがわ200やまゆり】に参加してまいりました。
二子玉川兵庫島公園を出発して第二京浜(R1)、R16を南下してR134を西進して小田原に入り、広域農道やまゆりラインからヤビツ峠を抜け、最後に尾根幹(都道 南多摩尾根幹線道路)を走らせてもらえるというなかなかどうして坂道盛り沢山なコースでしたが前半の平地区間で追い風に恵まれたお蔭でそこそこ走りやすいコースとなりました。気温もやや低めでコース上目に付いた表示の最高は11℃。坂が多いコースでしたが汗冷えすることなく概ね快適に走り切れました。

17031107.jpg 17031115.jpg 17031120.jpg

17031124.jpg 17031131.jpg 17031133.jpg

17031119.jpg 17031123.jpg


例によって生足出走だったら今回生足参加者が他に一人もいなかったという。
みんなそんな恰好で蒸れたりしないの?(素)
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ    BRM311  やまゆり 

【BRM225(完走)】食べて登って滑って転んで【たまがわ200『鴨川』】 

わたしにとって元日に走った200kmの『三浦』以来約二か月ぶりとなる、AJたまがわ東葛班本年初ブルべである『鴨川200』に参加してまいりました。今回の主催はこれが初となるみいさんで、彼女の人徳のなせる業か試走スタッフ込みで約100名のエントリー、実走は80人ほど(だったかな?)という、今年に関していえばすでにあちこちのクラブでそれなりの数の200kmが開催された時点ということを考えればなかなかの盛況ぶり。今回が初ブルべだという方も結構見受けられました。
いやあ、こんなに獲得標高がある200を初ブルべに選ぶって凄い。自身を振り返ってみると初ブルべは2011年のBRM130埼玉200『アタック霞ヶ浦』(※当時計測をしくじってしまって距離が200に足りていません)で、200kmで獲得標高が500mにも満たないコースだったからこそ初ブルべに選んだ訳で、猛烈に風が強かったとはいえそれでも終了後はヘロヘロだったということを考えるとホント凄いのひとこと。
この先継続してブルべにエントリーするようなハマり方をした人ってどのくらいいるのでしょうかね。いずれまたどこかの開催でお会いできれば嬉しいです。とはいえ誰かを覚えているという訳ではない(^^;


そんな訳で本年二本目のブルべですが、昨年末以降ロードバイクの修理をほったらかしにしてあるので今回も弐號(通勤用MTB)での参加です。
金曜日の昼過ぎまで出張で新潟県内にいて帰りの新幹線車内でビールと日本酒を飲んだお蔭でろくに準備ができていなかったものの21時頃には眠くなったので布団に潜りこんで仮眠。
2時に目覚め、二度寝をかまして結局3時近く。慌ただしく準備を整えてそれでも3時半過ぎには専修寺前を出発して今回のスタート地点である船橋港親水公園に向けて出発。

<因みに今回の装備>

薄手ウィンドプルーフキャップ
ネックウォーマー(フロストバイト大会でもらった完走記念品)
ノースリーブドライメッシュインナー+長袖ジャージ(AJたまがわ)+ウィンドブレーカ
ビブショーツ
メリノウールソックス+トレランシューズ



第一京浜国道(R1)から銀座を抜けて新大橋通り、裏道的な県道を使って行徳橋を渡りR14に出て目的地の船橋港親水公園に到着したのは6時20分頃のこと、途中𠮷そば銀座本店での補給も忘れずに(笑)
ウワンさん、佐久間さんほかお馴染みの面々に受付をしてもらいブルべカードを受け取る。
10分ごとのウェーブスタートでわたしは7時30分スタートのウェーブ(W)3である。このウェーブはスタッフ他関係者がメインの良く言えば個性的な面々がそろった集団

17022501.jpg
専修寺関東別院前@2/25/3:43

17022502.jpg
定点撮影@GINZA9

17022503.jpg 17022504.jpg
春菊天そば(大)ネギ増し@𠮷そば銀座本店

17022505.jpg 17022506.jpg 17022507.jpg
船橋港親水公園到着@6時20分頃




6時30分からの地域の方々が行っているラジオ体操を第二までこなした後ブリーフィングを受け、W0(7時丁度)スタートの方々をお見送り。やや風があって肌寒く感じる中待機した後、7時20分過ぎに車検を済ませていよいよスタート。

17022508.jpg 17022509.jpg
ブリーフィング風景

17022510.jpg
日が差して来たら暖かかったけれどすぐに雲に隠れた

17022511.jpg
ウェーブ0の方々がスタート

17022512.jpg
佐久間さんをして”これからブルべとはあんまり思えないのが二台、これからブルべと言われて納得するのが一台”と言わしめた三台
奥:クマさん、手前左:Hideさん、手前右:弐號
とはいえクマさんの自転車も200kmとはいえブルべに参加するには諸々軽量化して装備を削っているファストラン志向な感じだし、そういう意味ではブルべな自転車の偏差値50からはちょっと乖離しちゃっている3台と言えなくもないのではないかと(笑)

今回も生足での参加となった訳ですが、周りの何人かから”見ているほうが寒い!”と、相変わらずのツッコミを食らってしまい”心頭滅却すればこんなものどうということないですよ♪”的なことを言ったところ”そういう精神論的な考えがブラックな企業を生み出す根源なんです!”藤堂隊長に返されてしまい、なるほど確かにそうだと納得(笑)
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM225  鴨川 

【一年の計は】BRM101たまがわ200三浦【元旦にあり(しや?)】 

<走行ログ>
※途中、横浜大桟橋で押し歩きをした際にボタンが押されてしまってGPSのログが途切れてしまったので合成版。
元データは大桟橋まで大桟橋からの二つ。

RWGとGarminconnectでは表示される数値に若干の乖離があるので数字はGarminconnect準拠としています。
【実施日時】2017年01月01日(日)00:32スタート{公式スタート 00:25(W5)}
【走行距離】209.97km(公式距離 201.2km)
【総所要時間】 13時間17分(公式認定時間 13時間24分)
【平均時速(グロス値)】 (走行距離/総所要時間) 15.1km/h
【獲得標高】 2,170m(補正無)



きっかけは某ウワンさんだった訳です。
ウワンさんが”元日走って日本最速の完走認定を受けるブルべをやって欲しい”と要望して、ついうっかり(笑)アーツさんが乗ってしまって実現してしまったのがこのBRM101の誕生秘(?)話。
”とりさんはどうせ毎年初日の出ライドやってるんだからこっち(BRM101)走っても一緒でしょ♪”というウワンさんのお誘いもあり、毎年恒例になっている犬吠埼ご来光ライドの代わりに三浦半島を走るだけだから…と、エントリー。
募集開始当初はせいぜい集まっても2、30人くらいのものだろうとタカをくくっていて完全に『身内ブルベ』なつもりでいたのですが案に相違してびっくりするくらいの応募があり、最終的には事前試走も含めた全参加者が130名を超えるというなかなか驚愕の数字を叩き出したのでありました。
”みんな元日ってそんなに暇なの?”という失礼なことを考えたりしましたが、ブルべカードを集計してみてゴールタイム10時間台、もしくはそれ以上に短い完走時間の参加者が結構な人数いらっしゃったところを鑑みるに大晦日から元日にかけて、ご家族が夜更かし&朝寝坊するので元日午前中くらいなら好き勝手やっても文句言われにくいという方が少なからずいらっしゃったのではなかろうかと。そんなみなさんはご帰宅後お寛ぎになれましたでしょうか。他人事ながら少々心配です(;^_^A


<BRM101事前移動ログ>

元々スタート受付等のお手伝いをこなすつもりで23時現地着のつもりで自宅を出発したものの途中で反射ベストを忘れてしまったことに思い至って引き返すなど。
新年早々装備不足で出走拒否されるところだった(^^;

お久しぶりの二子玉川兵庫島公園に到着するとものすごい数の参加者が既に列をなしていた。
事前にスタッフ間の連絡で参加者が130名に及ぶことを伝え聞いていたけれど、いざ目の当たりにするとなかなか壮観。
そして”今回全然DNS連絡が入ってきていないから実走も優に100人超えちゃいそうだ。”というのはAJたまがわ代表りんぱぱさんの弁。
参加者でごった返すなか、園内通路の端っこに腰を下ろして何やらクリートをいじっていると思しき人の姿が。
17010102.jpg
元日早々(っていうかスタート前なのでまだ大晦日だったけど)スタート前にいろいろやっているイーチョねーさんのお姿を取材。

17010101.jpg 17010103.jpg 17010104.jpg
スタート受付風景
ずっと後ろまで列が続いている。

受付が追い付かないのでブリーフィングは二回に分けて
17010105.jpg 17010106.jpg 17010107.jpg
23:45頃から一回目のブリーフィング

ウェーブは0から5までの6つで各ウェーブ20名、2017年1月1日0:00丁度にスタートするW0はスターターがウワンさんで、スタート直後のR246バイパスで多摩川を渡るまではスターターを追い越してはいけないという特別ルール(笑)
17010108.jpg
W0の車検

実走スタッフのわたしとみいさんで手分けして車検。
べいさんを中心にカウントダウンを行い、0時丁度にウワンさんがスタート。

その後、5分置きに後続ウェーブのスタートを見送り、W5でわたしもスタート。
五分おきに20名の各ウェーブがスタートしていくのをわたしとみいさんの二人でさばいていたので単純計算で参加者一人当たり30秒以内で車検を完了させなければならず、なかなかせわしなかった。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ  BRM101  三浦200  2017  元日 

【ようやく拝めた】2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-2/2【くっきり富嶽】 

2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-1/2より続く。


残念ながら達磨山からの富嶽の眺望は期待外れになってしまったのでさっさと宿に向かおうと思ったものの時刻はぼちぼち日没を迎えようとしているところ。宿は土肥の海岸沿いにあるのでそこで駿河湾に沈む夕日が眺められると思っていたけれど、このままのペースで進んだのでは宿に到着する前に日が沈み切ってしまう…ということで西伊豆スカイライン土肥駐車場で日没を眺めることに。


16120337.jpg 16120338.jpg 16120339.jpg

16120340.jpg 16120341.jpg

16120342.jpg 16120343.jpg

16120344.jpg

水平線付近に雲があって富嶽同様これまた正直微妙な眺め。
日が沈んだら一気に冷え込み始めたのでさっさと宿に向かって移動再開。身体を動かさないと寒さには滅法弱い。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: AJたまがわ  2016  大忘年会  達磨山  西伊豆スカイライン  チェレステカフェ    観光 

【災厄ファイナルは】2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-1/2【フリーがフリーに】 

毎年恒例になりつつあるAJたまがわ大忘年会in伊豆
一昨年は伊豆下田、昨年は熱海で今年は西伊豆土肥での開催となりました。業務の都合で昨年は参加できずでしたが今年は予定を繰り合わせてしっかり参加できることになったので随分と前からあれこれコースを設定して、今まで走ったことの無いところを組み込んでコースを設定。
<計画コース>

横浜市内を抜けるにあたって今まで使ったことの無い道を組み合わせ、伊豆半島も亀石峠は何度か通ったことがあるものの、その先は未経験の国士峠を通過するようレイアウト。


計画通りに6時頃、いつもの専修寺関東別院前をスタート。
基本的に日中走行なので装備は厳冬期パターンより若干軽め。
上は半袖のカットソータイプのインナーに長袖ジャージ(AJたまがわ)+ネックウォーマー、下はビブショーツ(半パン)で足元はネオプレン製シューズカバーを装着し、手元はフィンガーカットグローブにオーバーグローブを装着といったいでたち。
16120301.jpg
六郷橋から下流
夜明け前の多摩川を渡って神奈川県へ。一路第一京浜国道(R15)を南東へ。

16120302.jpg
いつも通りかかるたびに気になる下野谷町入り口交差点にあるハンコ屋さん。

そしてお気に入りスポットJR鶴見線国道駅

16120303.jpg 16120304.jpg
土曜日の早朝なので特に、人の気配を感じさせない駅構内。

旧東海道を進んで産業道路にぶつかったところで軽く補給。

16120305.jpg 16120306.jpg
どん八にて春菊天そば
ここは天ぷら各種50円のリーズナブルさがお気に入り。

腹を満たして暖まったところでリスタート。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルべ  AJたまがわ  大忘年会  リアホイール  ハブ  フリー  ラチェット 

【画像で振り返る】2016年のブルべ振り返り【今シーズン】 

先日の【BRM1029神奈川300伊豆】終了でわたしの2016年エントリー済みブルべがすべて終了したしました。って言うかこれ以降今年中にはエントリーしたくても開催されるブルべが日本国内にはありませんが(笑)
そんな訳で今年エントリーしたブルべに関してざっくりとではあれど振り返って来年の糧にしてみようかと。昨年までも同様のエントリをポストしていたのにそれが生かせているのかどうかというところはまた別の次元のお話ということで。

BRM
200:完走×4
300:完走×2
400:完走×1
600:完走×1 / DNF×2
認定距離合計:2,400km(SR600込み:3,600km)
SR600
ランドヌール完走×1(北関東)
ツーリスト完走×1(Nihon Alps)
DNF×1(Nihon Alps)


今年のDNFはSR600も含めて600のブルべが三つだけ(『だけ』という表現は妥当なのか)でした。この内訳は自分の体力不足、走行計画の甘さに起因するものが一つ、ミスコースという凡ミスによるものが一つ、天候状況という不可抗力によるものが一つなので、自分次第で完走できたはずのものが二つあったということ。来年はこの辺をしっかりケアしていきたいものです。

<以下詳細内訳(時系列順)>

BRM403たまがわ200定峰(認定試走実施:3月20日実施)
 →完走(認定時間 12時間41分(制限 13.5時間))
16032030.jpg 16032042.jpg
本年初ブルべ。日常業務上の関係からほとんど自転車に乗ることなく10か月9ヶ月ほど経過してからの200kmは正直不安しかありませんでしたが案の定、気持ちは先走っているのにまったく速度が乗らないという空回り。それでも何とか完走できて気が楽に。


・BRM423たまがわ300西上州
 →DNS


BRM514たまがわ400石廊崎(認定試走実施:4月30日-5月1日)
 →完走(認定時間 26時間52分(制限 27時間))
160043023.jpg 160043037.jpg 160043045.jpg
西上州を業務都合でDNSしてしまったので、10か月9ヶ月ぶりのロングライドだった定峰からも一か月が経過してしまってこれまた不安しかなかった400kmの試走。スタート早々PC1手前からパンクを食らい、復路150kmはひたすらスローパンクに悩まされ、ゴールはClose8分前という薄氷を踏む思いでした。


BRM521たまがわ200十和田クラシック(実走スタッフ)
 →完走(認定時間 12時間41分(制限 13.5時間))
16052136.jpg 16052137.jpg
所属クラブ主催だったものの今年唯一の遠征となったブルべ。スタート早々ここでもパンクを食らってしまったけれど天候に恵まれ美味しいものも堪能し、完走後の懇親会や翌日のゆるふわポタも含め楽しいブルべでした。


BRM604たまがわ600白馬・木崎湖(認定試走実施:5月30日-6月1日)
 →DNF
16052937.jpg 16052959.jpg 16052973.jpg
試走だからということでGPSにルート入力をせずキューシートのみで走ったものの、落とし穴にはまってルートをロスト。以後も一時間待ちの蕎麦屋に入るなど時間がないのに余裕ぶっこきな態度でいたら天罰覿面、雨に打たれて体力気力を削がれてしまい、走行中次のPCでのタイムアウトが確定した時点で心が折れてDNF。過信と甘えが最大の原因。因みに初の輪行エスケープ体験となった。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロングライド  ブルベ  AJたまがわ  AJ神奈川  VCR横浜あおば  A埼玉  AJ宇都宮  SR600 

【余裕が無くなったのは】BRM1002たまがわ200定峰 完走記録【何故なのか】 

BRM1002関連ツィートまとめ⇒BRM1002たまがわ200定峰(2016秋)

”10月に入ったら本気出す!”と、何故か(?)やる気スイッチ半押し状態となって迎えた10月初日の土曜日は六郷から大和までのLSDランの後軽く筋トレしてからビールを飲んで帰宅。

この時、店で一緒になった別の客となんやかんや話が盛り上がってしまって予定より相当余計に飲んでしまったおかげで帰宅後は後輪のタイヤ交換だけなんとか済ませてからほぼ即寝落ちしてしまって目覚ましのセットも出来ず、目が覚めたのは普段通りにセットしてあった携帯電話のアラーム音が鳴った5時だった。
元々はもう一時間ほど早く起きて6時スタート組をお見送りしようという目論見を立てていたものの、このままではお見送りどころか自分のスタート時刻の7時に間に合わせるのがいっぱいいっぱい。
LSDランにスタートした土曜日の昼前までに途中まで済ませていた準備の残りを済ませ、朝食をしたため自宅を出たのはほぼ6時ちょうど。スタート地点の二子玉川までは30分ほどかかるのでブリーフィングに間に合わせるためにはリミットに近い時刻であった。
16100201.jpg
専修寺関東別院前@6:00頃

AJたまがわとしては2016年最後のBRM開催だったので、今回はスタッフとしてではなく一般参加枠で応募しての参加であるとはいえブリーフィングに間に合わなかったりするのもちょっとアレ…ってことでガシガシ踏んでみたら思いのほか頑張った記録が残ったのであった。やはりやればできる子なのか。


6時台の最終ウェーブスタートが終了して多少は落ち着いたものの、まだまだにぎわっているゴール受付を済ませ、結構な数の知り合いと挨拶を交わしておあれこれ雑談。
ここで黒澤さんから後輪のタイヤパターンの向きが違っているとのお間抜け極まりないミスの指摘を受ける。
何度か回転方向を確認してから装着したはずだったが、やはりアルコールを摂取した上での作業というのは品質的に非常に信頼性に欠けるという当たり前のことを改めて痛感する。
どの辺がやればできる子なのだ、これではやればやらかす子ではないか。

そんなこんながあって
16100202.jpg
ブリーフィングの後

16100203.jpg
BRM1002たまがわ200定峰スタート。
ちなみにわたしは7:30スタートのウェーブ3なのであった。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM1002  定峰  ラーメンないと 

【有意義だと思えば】四連休あれこれ【有意義だw】 

<2016/09/22(木)>
うっかりアラーム解除を忘れてしまっていたので普段の平日と変わらない時刻の5時に携帯のアラームが鳴り、スヌーズでダラダラ過ごして15分ほど過ぎてから起床。窓外を確認するまでもなくかなり激しい雨が降っていることは雨音でそれと知れる。
TVを点けて天気予報を確認し、終日本降りの雨であることを確認してから朝食を用意して平らげ、食後にダラダラしていたらいつの間にか寝落ちしてしまっていた。
中三日置いても雁坂峠越えのダメージが抜けきっておらず、終日のんびり過ごすことに決めて最近良く行くリラクゼーションマッサージの予約を済ませ、川崎駅前にある店舗に移動。
60分の全身ほぐしのコースだったけれど体中あちこち痛くてしんどかった。
もともと身体が硬いのに最近はストレッチもサボりっぱなしで雁坂DNF後もケアらしいケアをしていなかったし。ケガ予防の面からもストレッチをマメにやらねばならんと心に誓うも結局申し訳程度に始めたのは9月27日の夜から(^^;

帰宅してからは画像の整理だけはしてあってテキストが書きかけだったSR600 Nihon Alpsの走行記録エントリを立て続けにUP。改めて画像の多さに我ながら軽くビビる。
これだけ時間のロスがあったらそりゃきついわ。
それでも残した画像のおかげでかなり記憶が鮮明になっていて、備忘録としては申し分ない。次回挑戦に向けての復習と予習をいっぺんに済ませた感じ。

<2016/09/23(金)>
折角有給休暇を取得したのにやっぱり朝からしっかり雨が降っている。
TLで伊勢夫婦岩1,000㎞に参加している知り合いの動向をチェックしたりリプを打ったり。
一昨年の伊勢夫婦岩1,000㎞とはコースが違ったものの、認定外完走という不本意な(?)結果に終わった前回の雪辱を果たしたいとこっそり思っていたのだけれど、日程的に自分が副主催担当となっているBRM924たまがわ300夢の国の開催と微妙に日程被りだったのでエントリーを回避したという経緯がある。
けれども今年の死屍累々と形容して差支えなさそうな伊勢夫婦岩参加者のツィートを目にすると、今年エントリーできなかったのは僥倖であったと素直にホッとした。

夜はJR舞浜駅北口スタートの【BRM924たまがわ300夢の国】のスタート受付業務があるので23時頃には現地に到着しておかなければならない。スタート自体は土曜日0時がウェーブ0で、以後10分刻みでウェーブ2までなので0時20分が最終組スタートではあるものの、今回は事前に参加者にウェーブを割り振っているのでW2の参加者の最終スタート可能時刻は0時50分となる。当然ながら終電は終わってしまっているし、夜になったらひとまず天候は小康状態となりそうな天気予報ではあったので自転車で自走往復も考えたが、雁坂での無様なDNFを受けて、今後はランに注力しようと考えていたので往路は電車で、復路の舞浜からはランで帰宅してみることにした。

日中の時間を利用してこれまた書きかけのまま放置してあった夢の国試走レポ詳細に手を付ける。既に概要はUPしてあったし、詳細に関してもAJたまがわのHPに公式の試走レポートをUPしてはあったものの、そちらはいわば『よそ行き』のエントリなので自分用の備忘録としての詳細を残しておきたかったし、残すのであればやはり本番前にはUPしてしまいたい。そんなこんなでまとめ上げてUPし、こまごました自宅の雑用を済ませて出発準備。
数年ぶりにお気に入りだったパタゴニアの小振りなサイズのクーリエバッグを引っ張り出して荷物を突っ込もうと思ったらファスナー部分が固着してしまって使えなくなってしまっていた。お気に入りだったので何とか復活させるべくそのうち時間を作ってメンテしよう。。。
23時ちょい前には舞浜駅前に到着して軽く周囲をうろうろ。
するとBRM1002定峰主催のN藤さんに声を掛けられた。スタートの様子見とのこと。この時点で到着していた参加者は一名のみ、その後代表のりんぱぱさんやスタッフのHINAさんべいさん、実走スタッフのがんちょさん、主催のT藤隊長…と、スタッフや関係者は集まってくるものの参加者がなかなか集まらず、参加者よりスタッフの方が多いような状態がしばらく続いた。
翌土曜日の天気予報がなかなか思わしくなく、エントリー数30人ちょっとしかいなかった今回のBRMは参加者半減の15人。
時間になって参加者をウェーブごとにお見送りし、最終のW2でエントリーしていたものの姿が見えず、連絡もなかった参加者をスタートクローズ時刻の0:50まで待った後にスタート受付は解散となった。連絡なしでDNSってホント迷惑になるから止めて欲しい。

BRM924スタート地点点景
16092401.jpg 16092402.jpg
16092403.jpg 16092404.jpg 16092405.jpg



<2016/09/24(土)>
舞浜駅北口で解散し各々別々に。
わたしはR357で一路都内を指して西へ。足元は久し振りのベアフットであるVFF KMD LS。
ここの所大会本番を意識して本番で履くシューズでランニングをしていたけれど、久し振りにVFFで走ったら想像以上に脚に響くし特に足裏のアーチとふくらはぎにダメージが伝わってくる感じがした。ほんの5~10㎞程度走ったところでそんな有様で、”これでは雁坂走り切れなかったのも無理はない。”と改めて実感。
一昨年完走できた時にはこの程度の距離でダメージをを感じたりしたことはなかった。つまるところ走り込み量が絶対的に不足しているということを再確認しながらのナイトランなのであった。
途中葛西から辰巳に渡る荒川河口大橋には南側に歩道がなく、大回りをして北側歩道に移動する羽目に陥ったり、レインボーブリッジを渡る気満々でお台場に行ったものの夜間は歩行者すら通ることあたわず仕方なくタクシーを使ったら夜間割増もあって1,900円の臨時出費となったり色々あったものの、当初考えていた概ね10分/㎞程度ののんびりペースで走り切れたので良しとしよう。
16092406.jpg
これはのっけから心が折れそうになる。

16092407.jpg
荒川サイクリングロード(20KPH制限区間)

16092408.jpg
自転車は我慢するけれど、せめて歩行者は終日渡れるようにして欲しい、切に。

16092409.jpg
私的ゴール地点である専修寺関東別院前。
ホントは足を上げて撮りたかったけれど体力が終わってました。。。orz

【走行(半ば歩行)ログ】


帰宅してシャワーを済ませ、あれこれ雑用を片付けてからTLを眺めていたらすでにmorouさんが最終PCに到着してリスタートするところだったので、予定より少々早めに自宅を出てゴール受付の新浦安に向かう。
今回のゴール受付は主催であるT藤隊長のご自宅マンションの会議室。15時過ぎ頃到着し、参加者の帰着を待つ。スタート時点で15名だった参加者もこの時点では4名がDNFを宣言して残り11名。わたしがゴールに到着した時点で既に2名帰着していたので残りは9名となっていた。ほどなく黒澤さんがゴール受付に。その後、既に帰着していたものの受付に来る前に至近にあるご自宅で入浴してさっぱりした姿で現れたじんじんさん

諸般の事情により17時からは表の東屋に移動して待機続行。
しばらく経ってmorouさんが無事帰着し、残念ながら伊勢夫婦岩がDNFとなってしまったたまがわスタッフのぜっとさんも顔出し。
スタート時同様参加者よりもスタッフ、関係者の数が多い状況で推移していたゴール受付なのであった。その後は三々五々皆さん解散して行って主催のT藤隊長と副主催のわたし、スタッフのHINAさんの三人が受付で待機して全員の帰着を確認し、BRM924たまがわ300夢の国は生憎の天候ながら無事故でゴール閉鎖。
出走15人で完走11人だから完走率は73.3%という高いものとなった。
さすがに事前の予報で状況を把握していても出走を取りやめることなくスタートした剛の者揃いという結果。

スタッフ三名でゴール受付を撤収し、ご近所住まいのお二方とその場で別れてわたしは新浦安駅前へ。そこでりんぱぱさん、べいさんと合流して居酒屋で飲み食い。更にべいさんと別れた後りんぱぱさんとわたしの二人は船橋駅前で飲み直しの後りんぱぱさん宅へなだれ込んで泥のように就寝。

<2016/09/25(日)>
目覚めは6時過ぎ。
あまりにもアルコールが残った状態で起き上がれなかったので二度寝。
その後は何度か目覚めとまどろみを繰り返し、8時過ぎころまだ寝息を立てているりんぱぱさんを起こさないようそっとおいとま。
最寄駅に向かって歩く最中、喉が渇いて二回ほど500mlペットボトル飲料を購入してあっという間に飲み干した。久し振りに結構な勢いの宿酔。
自宅帰着は昼前だったもののほとんど日中いっぱい寝て過ごしてしまい、四連休で唯一太陽の光を浴びる機会だった日曜日の昼間を浪費することとなった。
日が傾き始めたころになってようやくまともに活動できるようになってきたので諸々細かい雑事を片付けて17時過ぎには武蔵小金井に向けて移動開始。

四連休の締めくくりは小金井市トライアスロン連合会長、かん8親分こと湯山さんのアイアンマン・ハワイチャンピオンシップ挑戦の壮行会。
会の盛況具合はやっぱり親分の人柄に負うところが大きい。
飲んで食べて弾けて…楽しい時間を過ごすと同時に親分のIMハワイに賭ける熱い思いに触れてすっかりサボりっぱなしの自らを省みて改めて精進を重ねるモチベーションをいただくまたとない機会となったのであった。
16092501.jpg
会場はJR武蔵小金井駅から徒歩10分弱のところにあるケーニッヒ。
オーナーさんは小金井チーム所属。

16092502.jpg 16092503.jpg 16092504.jpg
店名が示す通り、ソーセージやハムなどドイツ系の料理がメインのお店。
これ以外にもいろいろありましたが撮りはぐれましたw
どれもこれも非常に美味しゅうございました(*´▽`*)

16092505.jpg 16092506.jpg
乾杯風景と宴たけなわでの似顔絵&寄せ書き入り日の丸贈呈。

アルコールの摂取量は随分と高い値になってしまったきらいはあるものの
天候に恵まれなかった割には案外充実した連休を遅れていたのではないかと思っていたり。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 日々のつれづれ

ジャンル: 日記

タグ: トライアスロン  AJたまがわ  LSD  小金井市トライアスロン連合  IMハワイ  BRM924  夢の国 
日常  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【三日間】ざっくりと三連休の振り返り(2016/07/17)【自転車三昧】 

<7月17日(日)-The Day 2->
前日南房総(南東方面)へ行ったので今度は正反対の方角である北西方面に行こうと思い立ち、名栗方面に行くことに。


当初の予定では7時頃スタートして名栗湖を周回してTurnipで昼食の後奥武蔵グリーンライン方面へと抜けるつもりだったのだけれど、前日に引き続いて四時起床、朝食の後二度寝をぶちかましてしまった。
16061701.jpg
結局専修寺関東別院前を出発したのは九時近く。

二子玉川から上流はAJたまがわのBRMでお馴染みのコースを走って羽村取水堰まで。
16061702t.jpg
お久しぶりな玉川兄弟

羽村取水堰から先は小作坂下で曲がらず古い定峰200西上州300のコースである東青梅駅西側踏切を渡るルートで新吹上トンネルを利用して成木に抜ける。

16061703.jpg
成木街道沿いのせせらぎが目にも耳にも涼しげで良い。

16061704.jpg
相変わらずうんざりさせられる小沢トンネル手前の直登を淡々とこなす

16061708.jpg
ブルべでは通さないけれど、名栗川沿いの道は左岸の旧道を走るのが好き。

16061705.jpg
下名栗の湧水『庚申の水』で補給

16061706.jpg 16061707.jpg
『いつもの』名栗川橋
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ    観光  AJたまがわ  ターニップ  名栗  竹寺  子ノ権現 

【DNFと】2016前半の総括【ワーストだらけ】 

あろうことか2016年も既に半分が過ぎ去ってしまっています。
この半年というもの仕事に追われまくってしまって思うように練習もブルベ参加も叶わず、実は内心忸怩たる思いで過ごしていたり。
今年も後半に入り、ようやく仕事が落ち着いて来そうな状況なのでこの半年の振り返りとこの先の予定なんぞを考えてみたり。
予定については基本的に4月に大まかな流れを決めたのでそのままですが。

まずは振り返り
【1月】
1月17日(日):第35回 フロストバイトロードレース(ハーフマラソン:21km)
 2時間08分18秒ワースト記録更新

【3月】
3月5日(土)~6日(日):第6回小江戸大江戸200k(ウルトラマラソン:204.2km)
 約115kmまででDNF(途中棄権)

【4月】
4月3日(日):BRM403定峰200(AJたまがわ)
 認定試走完走:認定時間12時間41分(制限13時間30分)

4月23日(土):BRM423西上州300(AJたまがわ)
 DNS(出走取りやめ)

【5月】
5月14日(土)~15日(日):BRM514石廊崎400(AJたまがわ)
 認定試走完走:認定時間26時間52分(制限27時間)

5月21日(土):BRM521十和田クラシック200(AJたまがわ)
 完走:認定時間12時間41分(制限13時間30分)

5月28日(土)~29日(日):BRM528神奈川600興津(反時計回り)(AJ神奈川)
 DNE(エントリー回避)

【6月】
6月4日(土)~5日(日):BRM604白馬・木崎湖600(AJたまがわ)
 認定試走DNF(途中棄権)

6月11日(土)~12日(日):BRM611那須600(AJたまがわ)
 DNF(途中棄権)

6月26日(日):第29回2016トライアスロンIN徳之島大会(S:2km/B:75km/R:21km)
 完走:6時間11分13秒ワースト記録更新

何ですかこの『ワースト記録更新』と『DNF』のオンパレードは(^^;
この情けない惨状を踏まえて下半期の予定を改めて確認。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 日々のつれづれ

ジャンル: 日記

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ  ブルベ  トライアスロン  マラソン  AJたまがわ  VCR横浜あおば  AJ千葉  A埼玉 
スポーツ全般  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【痛恨の】BRM611たまがわ600那須 DNF記録-02【通過チェックスルー】 

BRM611たまがわ600那須 DNF記録-01より続く。

そういえば、01の方で触れるのを忘れていましたけれど、鹿島から日立に至るまでの道でのドライバーの質の悪さは目に余るものがありました。
特に左折車輛。左側を大きく空けた状態でウィンカーは左折動作開始とほぼ同時。何度ヒヤリとさせられたことか。
2mほども大きく空間を空けておいてしかもウィンカー無しとか左折巻き込みトラップを仕掛けているとしか思えない。
一台や二台ではなく少なくともわたしが経験しただけで二桁は下らないドライバーがそんな運転をしていたのであれって地域性も関係してくるのかな。
いっぺん教習所に通い直してほしいわ、切に。





勿来温泉関の湯で汗を流してさっぱりし、持参したアイマスクと耳栓のお蔭で気分よく仮眠ができて目覚めは23時。
23:30以降は深夜料金を取られてしまうので、この時刻に起きて着替えてリスタートすれば丁度リーズナブルな時間帯で退館できる計算なのでありました。

16061149.jpg
JR勿来駅。
勿来駅前を通過し、しばらく緩い坂道を登って行った先がPC4

PC4 7-11いわき金山南台(279.9km)着23:46(Close=12/1:40)
16061150.jpg
大休止を取っても二時間のマージンだけれど、この先はここまでの三倍以上坂道を登らなければならないコースプロファイルなのであまり悠長なことを言ってもいられない。
先着していた一人の参加者と軽く雑談。
彼はこれから健康ランドに行くか行くまいか悩んでいたけれど、結局借金を覚悟で健康ランドに向かっていった。
このPCで今回のブルべで初めてドリンク以外のモノを購入。
ドーナツとコーヒーで軽く補給をしていたら健康ランドから戻ってきたという参加者がやってきた。
健康ランドには複数人の参加者がいたらしい。さすがに関の湯では手前過ぎたのか。
その人に声を掛けて先行リスタート。
徐々に市街地から山間部へと遷移する風景。街の明かりが遠ざかると頭上は満天の星。
夕方ごろにはそこそこ雲が出て来ていたので夜間は曇り空かと思ったら、星の様子を見る限りでは雲一つない晴天のようだ。明け方放射冷却で気温が下がるのではなかろうかと若干危惧しつつ。

ところどころでのんびりツィートしたり星を眺めたりしつつの登坂。
前後に誰もいないので少々寂しいなあなんてなことを思いつつペダルを踏み込んだ次の瞬間”パキン!!”と乾いた金属音に続いていきなり後輪に走行抵抗が生じて進めなくなった。
停止して後輪のチェック。変なものでも踏んで巻き込んだりしたのではないかと確認していたら後続の参加者が4、5人追い抜いて行った。思ったより近い範囲に結構な人数いたのね。
そのうちたまがわスタッフのOさんが追いついて来て後輪チェックをしているわたしに”あ!スポーク折れちゃっててますよ!”とのご指摘。

16061151.jpg
なんてこったい。またもスポーク破断かよ。。。
※撮影はPC5にて

昨年のランドネきたかんで覚えた対処法である『隣接するスポークに折れたスポークを絡めて暴れないようにする』を実践し、ニップル回しでテンションの調整をして後ろのブレーキアーチを全開放状態にすれば若干リムに擦ることはあってもそれほどの走行抵抗にはならないところまで改善させてリスタート。
この辺の対処は過去二回のスポーク破断のお蔭で手慣れたものになっていたけれど、正直こんな対処に慣れたくなんかありゃしない
ところがリスタートの際左足のクリートが何故か嵌らず空振りを繰り返す。
ペダルはスピードプレイなのでノールックでも装着可能なのに何度踏んでも嵌らない。
嫌な予感がして停止してクリートを確認してみたらクリートとペダルを固定するCリングが踵側の半分無くなっているではないですか。
”スポークだけでなくCリングまで折れやがったのか。。。”これで心まで折れそうな勢いだったけれどここで心を折ってしまってもエスケープルートが無いから白河まで進むか勿来まで戻るしかない。
どうせなら新幹線に乗れる白河まで進んだ方が得策だろうと考え、どうにかこうにかだましだましペダルに足を乗せて」リスタート。
エスケープルートを考えながら、ぶれる後輪に気を配りながら、外れそうになる左足を気にしながら…で走っていたらGPS画面のチェックがおろそかになってしまい、左折すべき交差点をまっすぐ下ってしまって大慌てて登り返してコースに復帰。
登り坂の先の方の道端にランドヌールの姿を確認したので声を掛けてみたらむつパパさんがパンク対応中だった。
これで二度目のパンクなのだとのこと。続くときは続くよねえ。
ひとりで対応できると言うことだったのでいくつか会話を交わした後リスタート。結局むつパパさんはここでDNFすることにしたそうである。

ようやく登り坂があ終わって落ち着き始め、色々あり過ぎて注意がよそに向いているときが一番ミスコースしやすいからあなあ。。。なんてなことを考えつつGPS画面の縮尺をいじったりしていたらうっかり路肩の草むらに突っ込んでしまい、停止しようと慌てて左足を着こうと思ったら、その先に足を着くべき地面が存在しなかった
”!!!”気が付いたら左側を下にして水田の中に転落していたのでありました。
ついさっき注意がよそ向いているときが一番危ないって自分で自分を戒めていたばかりではないか、何やってるのよ、オレ。

それでも幸いにして左側から落ちたのでディレイラー類は損傷を蒙っておらず、田植え直後の水田だったので身体にもダメージは無く、ただ心にだけ深く大きな傷を負った状態なのでありました。
一つ深いため息をついた後、まずはチャリを路面に持ち上げる。
落差2mほどの土の斜面なのでクリートシューズで登るのはなかなか骨が折れたがどうにかこうにかチャリを路面に担ぎ上げ、リムに付着した泥を取り除いたりホイールを空転させて不具合が無いかチェックをしたり。
ふと振り返るとヘルメットから脱落したヘッドランプが明るいまま田んぼの水の上に浮いていた。
うんざりしながら再び斜面を降りて拾い上げリスタート。
それにしても田んぼの持ち主の農家の方には大変申し訳ないことをしてしまいました。

とにかく最寄りの水道で身体と車体の泥を流したかったので公園かコンビニが無いかと辺りをきょろきょろしながらの走行。
そんなことをしているもんだから当然のようにまたもミスコース。但し今度は気付くのが早かったので助かった。

16061152.jpg
左腕は泥パック状態www

10数キロ走ったところでようやく一軒のコンビニを発見し、店の人にお願いして散水用水栓をお借りした。
16061153.jpg
親切なことにバケツにお湯を汲んでくださいました。
ずぶ濡れ状態で店内に入る訳にもいかなかったので入り口マットの上からナナコカードを渡してホットコーヒーを一杯購入したのがせめてもの恩返し。
大変ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ  ブルベ    AJたまがわ  BRM611  那須  東葛班 

【三色丼】BRM611たまがわ600那須 DNF記録-01【食べくらべ】 

当日のツィートまとめ⇒【DNF】BRM611たまがわ600那須


たまがわSR達成に向けた背水の陣だのなんだのと大層なことをほたえていたワタクシですが、既に皆さまご存知の通り、コース途中のチェックポイント不通過による完走要件未達による失格⇒DNFと言う非常に間抜け極まる結果と相成ってしまいました。
前半は平坦路でマージンを稼げたのを良いことにあれこれ食いまくり、後半は機材トラブルに加えて人生初の田んぼへの転落と言うこれまた間抜けこの上ないアクシデントも経験し、経験値だけは徒に積み増ししたようなありさまでした。
初めて…と、言えばミスコース自体は今まであったもののチェックポイント不通過による失格も初めてならば一年の内で二回も600ブルべをDNFするということもこれまた初めてで、そういった意味でも嫌が応にも経験値がうなぎ上りな二日間なのでありました。
正直こんな経験値は高めたくなかったデス、切に。

まあ、それでも失格に気付くまではアクシデント満載ながらもそれなりに楽しく走れていたので記録だけは残しておこうかと。
今回、ぱっと見は海沿いを北上するルートのように思えてその実ほとんど海を見ることなくひたすら内陸部を走っていたので感覚的には画像が非常に少ないつもりでいましたが整理してみたらやっぱりいつもの600と大して変わらない枚数だったりして、一体何をそんなに撮ったのかと我ながら不思議であったりして。



今回はスタート受付の設営準備やスタート前車検業務を行うことがその役割の一部である実走スタッフとしての参加と言うこともあり、スタート受付開始時刻の5:30までにはスタート地点である船橋港親水公園に到着すべく、昨年参加した鴨川200の時の事前移動ログを確認して二時半頃自宅を出発する計画を立てて月曜から木曜まで半夜勤業務だったので自宅に戻れておらず、バタバタになってしまったけれどあれこれと準備。
いざ出発しようと尾灯を点灯してみたら、一つが先だっての白馬・木崎湖試走の際に浸水してしまったのか点灯状態が長続きしないという不具合を起こしてしまっていたので慌てて自宅に引き返し、予備の尾灯を装着し直したりしていて少々手間取ってしまった。
16061101.jpg
なんたる貧弱、なんたる根性無し。

16061102.jpg
予定より15分ほど遅れて専修寺関東別院前を出発。

途中、路面ギャップによる振動でハンドルに装着してあったeTrex30がマウントから脱落、結構豪快に路面にたたきつけられた影響で画面が出荷状態のそれになってしまい途方に暮れてしまったり。
これは結局ピカさんがご教示してくださった通り内部でSDカードが外れてしまっていただけだったことが判明し事なきを得る。

16061103.jpg
未明の銀座を銀座ナインから。
この構図は千葉に向かう時のお約束的なもの。

16061104.jpg 16061105t.jpg
これまたお約束的。
千葉方面に向かう際にはほぼ毎回立ち寄る𠮷そば銀座本店にて季節限定の『ばらのりそば』

16061106t.jpg
船堀橋通行中に日の出に遭遇。雲一つない空が日中の暑熱を予感させた。

16061107.jpg 16061108.jpg
ほぼ時間ぴったり、5:25には船橋港親水公園に到着。

16061109.jpg 16061110.jpg
スタート受付開始。
三々五々参加者が集まって来ました。

16061111.jpg
中には既に走り終えたかのような疲れ具合の方もw

16061112p.jpg
ブリーフィング風景。

16061113.jpg 16061114.jpg 16061115.jpg
第一ウェーブの車検を済ませて出発する参加者を見送った後地元の方々が6:30から始めるラジオ体操を一緒にやって、今度は第二ウェーブの車検。

実走スタッフは第三ウェーブなので7:00発。
日が高くなって気温が上がりはじめた中ぼちぼちスタート。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ  ブルベ    AJたまがわ  BRM611  那須  東葛班 

【背水の陣】BRM611たまがわ600那須 DNF結果概要【自滅】 

途中通過チェックスルーに気がついてしまって那須烏山から輪行エスケープという体たらく。
これでたまがわSRが消滅してしまいました。
何が背水の陣なんだか。。。
それにしても一シーズン中二回も600をDNFって初めてなんじゃなかろうか。
って言うか600のDNF自体あんまり記憶に無い。
2011年の寒河江と2014年のSR600KNくらいじゃなかろうか。
どちらも宇都宮というのがなんとも。
とはいえ寒河江は途中PC一箇所タイムアウトの認定外完走、SR600KNは降雪通行止めによる不可抗力だし
今回のような心の折れ方はしなかったなw


Stravaへのデータ転送って何でどうやっているんだっけ?(^^;
このデータって転送した記憶がないんだよね。。。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ  ブルベ  AJたまがわ  BRM611  那須 

【たまがわSRへの】BRM611たまがわ600那須【背水の陣】 

わざわざ月曜日に有給休暇を取得して臨んだにも関わらず白馬・木崎湖600の認定試走を400kmほどで諦めてしまったヘタレです。
DNFして輪行エスケープするより認定外完走を目指したほうがよりわたしらしいのではないかとも思ったりもしましたが、一旦完璧にへし折れてしまった心はそうそう容易に復活できるものでもありませんでした。
不甲斐ないとは思いましたが、気持ちが切れた状態で走っても事故、怪我、ミスコースの元ですからね
この辺はまあ仕方がない。

さて、そんなこんなで600を取りこぼし、実走スタッフとして参加予定だった西上州300も業務都合によるDNSで取りこぼし・・・なので現在完走できているブルベは定峰200石廊崎400十和田200の三本のみ。※いずれもAJたまがわ主催
今年もたまがわSR(AJたまがわ主催の200、300、400、600のブルベを完走してSR認定を受ける)を目指すには300と600が足りませんが現時点で残っているたまがわ主催ブルベは那須600、夢の国300、定峰200の三つしかないのでたまがわSRのためには那須600、夢の国300をきっちり完走しないといけません。
更に言えば夢の国は副主催担当なので認定試走はしっかり完走したい。
ただ、これでSRが取れたらAJたまがわの二子玉川発着:200、400東葛班主催:300、600になるので案外バランス良いかな、という考えもあったりするか。

まあ、そんな訳で図らずも取りこぼす訳にはいかない背水の陣となってしまった今週末の那須600。
試走レポを読んだりあれこれ地図検索してみたりで今回は予習に余念がありませんw
朝スタートなのでお昼は銚子、早めの夕食を大洗、胃に余裕があったら勿来で軽く食べて仮眠を取って体調を整えた上で後半の登坂に挑もうかという計画。
例によって基本的には食い物のことしか考えていませんw
幸いなことに今週末は天候に恵まれそうなのでミスコースさえやらかさなかったら完走は難しくないはず
・・・と、軽く考えていると足元を掬われかねないので改めて排水の陣なのだと意識しないといけませんわな。


前半フラットで折り返してからが登坂本番、んでもって500km以上走ってから筑波山を登らせるというなかなかやんわり鬼畜なコースプロファイル。
一部では『エンジェル』ビーナスなんぞという呼称がちらほら伺えるようですが
いったいぜんたいどこに天使⇒女神がおるのだ?
という隠れ鬼コース
ですねw

※鬼コースなのは鬼コースですが、
『エンジェル』は奥久慈400を指す言葉でありました(^^;
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ  ブルベ    AJたまがわ  BRM611  那須