01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2018Jan17Wed

【今更ながら】2018年のお正月【元日の記録】 

例年、いつも私的スタート地点として撮影ポイントに使っている専修寺関東別院決して住んでいる訳ではない、改めて念のため)で除夜の鐘を撞いてから犬吠埼に向かい、ご来光を拝んでから利根川サイクリングロードを遡上して、布施弁天東海寺にお参りしてから時間に余裕があったら手賀沼周りを流して柏市内の実家に顔を出し、ダラダラと酒に溺れて寝落ち、翌日は箱根駅伝をTVで眺めたりしつつビールを煽って寝落ち、夕方頃に起きて帰路に就くというスケジュールが主だったものの、昨年はBRM101三浦の実走スタッフとして大晦日深夜から受付作業を行い、実走終了後に実家へ移動してからは例年通りというパターンとなったが今年は少々趣向を変えて元日は実家に戻らない行動パターンとしてみることに。

まずは大晦日。
22時過ぎに自宅を出発。
自転車なら多摩サイから多摩堤通りを走って30分ほどで到着する二子玉川兵庫島公園ではあるが、電車で行こうとするとなかなか面倒。
自宅最寄り駅の六郷土手からは京急川崎-JR川崎-(南武線)-武蔵溝ノ口-溝ノ口-(東急田園都市線)-二子玉川と、乗換えが二回必要なうえに各々駅舎が微妙に遠い。
更に二子玉川駅は改札口が多摩川の反対側一か所しかないのでこれまた微妙に時間を食うので、結局自宅からの移動に約一時間はかかってしまう。

途中溝ノ口駅で乗り換える際に田中AJ会長に声を掛けられあれこれしゃべりながらの移動。
23時過ぎに二子玉川駅に到着したら既に結構な数のランドヌールが輪行解除をしていたりした。
はえーよみんな、やる気満々じゃないか。。。

AJたまがわスタッフが集合し、受付を設営。
多数の参加者を捌くのに四苦八苦だった前回の反省を踏まえてブルベカードの個人記入欄も全て差し込み印刷で作成してエントリー番号と名前を照会して権利放棄書と引き換えにカードを渡すだけのシンプルな作業にしたものの、それでもなかなかの混雑。
18010100b.jpg
受付開始、今年も100名を超えるヘンタイども(褒め言葉)が集結

それでも前回は受付が飽和してしまって二回に分けて行ったブリーフィングも今回は一回で済ませることができた。
18010100c.jpg 18010100.jpg
オーディエンスをアジっているようにしか見えないブリーフィング風景

主催のアーツさん、認定試走を行ったわたし、AJたまがわ代表りんぱぱさんの順に注意点や遵守事項等を説明。
今年のスターターは昨年に引き続いてのウワンさんと、昨年色々あった(笑)べいさんのお二人。
スタート後、多摩川を渡り切って階段を降りてからリスタートするまでは彼らを追い越してはいけないという元日特別ローカルルールを今年も採用。

2018年1月1日0時丁度に向けてカウントダウン、0時丁度にウワンさん、べいさんがスタートして後続も続々。
18010101.jpg
カウントダウン後、5分刻みのウェーブでみなさんスタート

0時丁度のウェーブ0から0時35分スタートのウェーブ7までを見送って受付テーブル他の撤収作業。
わたしとりんぱぱさん、あっこさんの三人は1時ちょっと前に二子玉川を出る電車に乗り込めたのでそのまま渋谷経由で新宿へ移動。

18010102t.jpg
折角なので三人で花園(稲荷)神社に初詣

18010103t.jpg 18010104t.jpg 18010105t.jpg 18010106t.jpg
神楽殿で獅子舞が始まった

18010107t.jpg 18010108.jpg
拝殿前に到達するまで約一時間といったところ

18010109t.jpg 18010110t.jpg
花園神社唐獅子像

お参りを済ませ、あっこさんは御朱印を拝領したりして末広方面へ移動。
深夜営業の居酒屋さんに入って途中何度か寝落ちを挟みながら三人で第一回目の新年会。
3時頃には営業が終了してしまったので再び移動し、24時間営業の磯丸水産に移動して更に呑む。

18010111t.jpg 18010112t.jpg
本物の長ネギでできた門松が飾られていたお店

磯丸でも何度か寝落ちを繰り返し、時刻はもうすぐ7時近く。
9時に小金井公園集合予定だったわたしは二人と別れてひとりで移動。

18010113t.jpg
これ乗ってみたいんだよなあ

まだアルコールが残る状態で小金井公園で開催されるランニングの元旦ロードレース大会会場へ。
お馴染み小金井トライアスロンチームの面々が参加するので参加はせず応援だけしてその後の有志による新年会に参加しようという目論見。
18010114t.jpg
元日早々アップをする人たち

18010115.jpg 18010116.jpg
スタートのお見送りをば
今回中国のTV局が取材に来ていて、大会の模様が全世界に配信されるとの事。

18010117t.jpg
小金井市のキャラクター「こきんちゃん」
お隣にいるのは某大学の陸上部に所属しているというJDさん。

約一時間の待機になるので日向のガーデンチェアに腰掛けのんびり。
18010118t.jpg 18010119t.jpg
名物のとん汁
小金井公園に隣接する江戸東京たてもの園内のお店で提供されている名物メニューとの事(真偽不明)で肉も野菜も大ぶりなカットでごろごろしたボリューム感が素晴らしいひと品であった。

日向でぬくぬくしていたら思いっきり寝落ちしてしまっていて、仲間のゴールを出迎えるどころかゴール済みの仲間に起こされた時にはあらかたのメンバーがゴール済みだったという。
更にその後もダラダラしていたら、新年会会場に徒歩で向かうメンバーに置いて行かれてしまってあとからひとりで追いかけるといった始末。
いったい何しに行ったのか。

それでも無事、新年会会場としてご自宅を提供してくださったきだっち氏のマンションに辿り着いて新年会。
端正な顔立ちのネコ様たちに構っていただいたりして楽しく過ごした。
neko1.jpg neko2.jpg
ノルウェージャンフォレストキャットという長毛種
モッフモフで可愛い上に顔立ちが端正。

18010120t.jpg
いろんなお料理をご提供いただいてしまった
きだっち奥様に非常に感謝!

一通り飲み食いが終わったところで駅前のカラオケボックスに繰り出し、新年早々のカラオケ大会開催。
18010199.jpg
最後は着ぐるみを被ってカラオケ
おっさんいくつだよ?

という、ここ数年のルーティンからちょっと外れた2018年の元日なのでした。
来年は大晦日のお酒を控えめにしてレース(10kmラン)に参加しようかな、とか。
関連記事
スポンサーサイト
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: AJたまがわ  BRM101  小金井公園  花園神社  初詣 
雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2018Jan09Tue

【新年早々】帰省ライド2018【やっぱりやらかした】 

<合成版走行ログ(2018/01/03-04)>


2016年は仕事の都合もあって避けましたが例年大晦日の晩から走り出して銚子犬吠崎でご来光を眺めて利根川沿いを遡上し、布施弁天東海寺で初詣(ここのおみくじで二年連続凶を引いたことがある)を済ませてから柏市内の実家に帰省というのをやっていた訳ですが、2017年の元日はご存知の通りBRM101に実走スタッフとして参加したので完走、帰宅後の元日夕刻に都心部を突っ切って実家に帰省し、元日の夜と2日の午前中ビール漬けとなり翌2日の夕方大田区の自宅に帰宅という行動パターンでした。

そして今年、2018年はというと大晦日から元日未明にかけてはBRM101の出走受付と送り出し、受付テーブル等を撤収してからはりんぱぱさん、あっこさんと3人で新宿に繰り出し、花園(稲荷)神社で初詣を済ませた後新宿末広通り界隈で夜通し飲んだくれ(とはいえ半分くらいの時間寝落ちしていたと思われ)た後小金井公園へ移動、元旦ロードレースの応援をするつもりが日向のガーデンチェアで熟睡してしまってゴール後の知り合いに起こされるといった体たらく。
その後は武蔵小金井至近の知人宅で有志の新年会、そのままカラオケボックスになだれ込んで着ぐるみを被ってカラオケに興じるという痴態を晒し、長い元日が幕を閉じたのでありました。

明けて2日はまったく何をする気力も湧かずにダラダラと無為に過ごしてしまい、3日になってようやく実家に顔出しをしようと思ってあれこれ準備を始めるも、朝からやたらと風が強くて躊躇している間にあっという間に時間が過ぎてしまって前年と同じようにただ都心部を突っ切る最短距離を走って大田区から柏市まで移動したといった体。


-2018/01/03-
18010401.jpg
夕方16時過ぎに専修寺前を出発 
毎度毎度「私的スタート地点」として専修寺山門を背景にした画像を上げているので
”お寺に住んでいる人なのかもしれないんだと思った。”と、某虫さんに言われた(笑)

18010402.jpg
定点撮影@GINZA9

18010403t.jpg 18010404t.jpg
日本橋
今年こそは。。。う~~~む。

18010405t.jpg
三ツ目通り源森橋から

18010406.jpg
いつみてもシュールなオブジェである

ここから先は水戸街道(R6)をずっと東進して柏の実家へ。
帰宅してビール飲んでいい気分になって日が改まるかどうかという頃合いで就寝。


-2018/01/04-
本来は仕事始めなのであるけれど、今年は業務が薄かったので4、5日を休みにして12月29日-1月7日までの10連休(とはいえ7日は夜間移動があったので実質9連休)なので朝からのんびり正月らしく雑煮をいただいてみたり。
TVは地上波もBSやCATVも特に興味を引くような番組が無かったのでのんびりお茶して呆けて昼前には出発することに。
気分よく晴れ上がったけれど前日ほどではないまでもやや風が強かったので手賀沼まわりを流すのは諦めながらもやや遠回りして船橋経由で湾岸を抜け、レインボーブリッジを押し歩きで渡って品川神社境内の阿那稲荷で今度こそ小銭を洗って帰ろうと画策。

菩提寺で父の墓参りを済ませ、鎌ヶ谷から船橋へと抜けてAJたまがわ東葛班のお馴染みスタート地点の船橋港親水公園に立ち寄り。
18010407.jpg 18010408.jpg 18010409.jpg
実家からだと20kmほどなので手頃な距離である
ブルベのスタート地点としては自宅からの感覚だと大丸公園よりは近く二子玉川よりは遠いといったところ。

18010410.jpg
しばらく「使用禁止」となっていたベンチが新調されていた

浦安発着ブルベの「夢の国」のコースを使って湾岸国道に出てそのままお台場方面へ向かうべくリスタート。

18010411.jpg
船橋橋高欄に河童があしらわれているのを初めて知った

京葉道路入り口を回避して裏道へ。
行徳橋を渡ってしばらく進んだところでふと、実家に忘れ物をしてきたことを思い出してしまい、確認のために電話を入れてみたら確かにそこにあると母の弁。
仕方がないので引き返すことにして江戸川を遡上、松戸から再び水戸街道に入り実家へ。

18010412.jpg
何故か市川橋付近の一角に集まるゆりかもめ

18010413.jpg 18010414.jpg
矢切の渡し跡から松戸市内へ

18010415.jpg
小山樋門 レンガ橋(松戸市内)
三連アーチの千葉県内最古のレンガ橋で、「樋門(ヒモン)」の名が示す通り、ここには水門があって江戸川の水が坂川に逆流するのを防ぐ役割がある(あった?)らしい。

無事実家に到着して忘れ物を引き取ったものの時刻は既に16時近かったので前日同様最短距離に近いカタチで帰路に就いた。

18010416t.jpg
前日よりも早い時刻の通過となったのでまだ空が明るい

18010417.jpg
新大橋の佇まいは結構好き

日が落ちたらすっかり冷えてしまったので温かいラーメンが食べたくなった。
正月休み中かと思ってダメ元で通過してみたら入船の「はしご」が営業していたので立ち寄り。
18010418t.jpg 18010419.jpg
太肉坦々麺(だあろうだんだんめん)をいただいた

辛くて暖かいものを胃に納めたので快調に残りを走行。
18010420.jpg
築地本願寺に参詣

品川神社前を通過するルートだったので折角だから阿那稲荷に立ち寄り。
18010421t.jpg
上社
18010422t.jpg
下社は17時で施錠されてしまうので今回も銭洗いは不可

霊感は無いとはいえ夜のお寺(=お墓)はさすがに不得手だけれど、夜の神社というのはなかなか良い雰囲気だなあと勝手なことを思ってみたり。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: ロードバイク  AJたまがわ  船橋港親水公園  帰省ライド 
2017Dec31Sun

【2018年】BRM101たまがわ200三浦(2018)認定試走【一本目】 

<実走行ログ(事前事後走合成版)>

タイトルを五・七・五にしてみました。
数少ない閲覧者の皆様には申し訳ありませんが2018はノートラブルで走ってしまうのでエントリ内のネタ成分少な目になってしまいます。
ネタブログからネタを差っ引いたら何が残るのか?という根源的な命題があったりしますがそこはそれ。


いつものように専修寺関東別院前から事前移動が始まります。
17122901.jpg
専修寺関東別院@2017/12/28/23:30

さすがにひと気のない、深夜の多摩サイを気分よく流したけれど、時折全身黒っぽいウェアに身を包んだステルスランナーに出くわして軽くビビる。
丸子橋を潜ったところで多摩堤通りに上がり、二子玉川公園のところから再び多摩サイに降りて兵庫島公園に到着したのは29日の0時を少々回ったところ。
撮影してみたりツィートを流してみたり、GPSの電源入れてみたり、少々もたつ来ながらも準備完了。
17122902.jpg
Start(兵庫島公園)2017/12/29/00:10(公式 00:00)

事前にeTrexのファームアップをしたら電源ボタンを押しても立ち上がらなかったのでキューシートのみで走ることになったけれど、元々eTrexは補助的に使用してキューシートチェックをするのが最大の目的なのでこれはまあ良しとする。
2017の101を走った記憶があるし、GPXデータを作った際にルートを引いた記憶もまだ新しいので丁度「しっかり予習をした、キューシートのみで走る参加者」と同じような状況。

17122935.jpg
電源を投入してもこの表示のまま動かないので放置
ところがスタート直後、多摩川を渡っている時に画面が切り替わって普通に使えるようになったのでルートを呼び出そうとして視たところBRM101に該当するファイル名が無い。
どうやら転送をしくじってしまったようなのでeTrexには地図だけ表示させてやはりキューシートチェックを継続することに。

R246の信号待ちの長さにうんざりさせられながらもたもたと進み、なかなかペースは上がらずR246を離れるまではグロスAve.15KPHを少々上回る程度。
その後徐々にペースが上がったものの一時間ほど走ったところで空腹感がMaxとなったため中原街道沿い、上白根のなか卯で補給。牛丼とうどんのセットで温まったらリスタートするのが非常にきつかった。
Garminの表示ではこの時点で-3℃ほどだったので動き続けている分には発熱できるので問題ないものの半パンスタイルでは停止後のリスタートに少々難がある。

17122903.jpg
36km付近、「例の」チャッターバー(キャッツアイ)である

横浜から大和、綾瀬、厚木、伊勢原、平塚と抜け大磯へ。
この神奈川県内陸部が今回最も気温が低い区間で手元のGarminEdge520Jは-6.0℃を記録していた。

17122904.jpg
PC1(57.0km)ローソン西湘二宮店着 3:08
レシートを受け取りながらアルバイトのレジ係に店長への挨拶を言伝て。
”へえ、元日に自転車でツーリングですか、めでたいですね♪”とは店員さんの弁。

試走で最も重要なミッションのうちの一つをまずこなしてリスタート。
大磯からR1に入ったら体感的には1、2℃気温が上がったように思えた。やはり内陸よりは沿岸部の方が暖かいか。

17122905.jpg
八坂神社(大磯町)
元日は地元の人がちらほら見受けられるだろうけれどさすがに無人。

17122906.jpg
大磯松並木(西端)もひっそり

17122907.jpg
神明神社
大磯駅前交差点すぐそばの神社。こちらもきらびやかな装いでしたがひっそり。

R134は交通量が少なく非常に走りやすかった。
本番当日は結構な交通量になるし、イキった運転するドライバーも多いからストレスに直結するけれど、試走は非常に気分良いので参加者に済まない気持ちが少々芽生えたり。

17122908.jpg
トラスコ湘南大橋のたもとで丁度0℃の表示
手元のGarminでは-2、3℃だった。
江の島、鎌倉、逗子、と通り過ぎてお馴染み渚橋交差点を曲がって三崎方面へ。
角のファミマにはバイクラックが三台あったので休憩も容易。
17122909.jpg
葉山を通過

潮騒を右側に聞きつつアップダウンをひたすら進む。真っ暗だから眺望は全く関係なし。
佐島の辺りで手元の気温表示がプラスに転じて以降は氷点下を示すことは無くなったが、風が強くなって来たので体感的にはむしろ寒くなったように思える場面も。

17122910.jpg
PC2(110.9km)ファミリーマート三浦三崎店 5:29着
レジ打ちをしていた店員さんに元日の事を店長に伝えてもらうよう説明を始めたところ”あ、わらわらと来ちゃいますか?”どうやら今年の開催時のことを知っているような感じのリアクションと、続けて”多分その日オレシフト入っていますから!”と、心強い反応が。
よろしくお願いいたします。

2017はここでご来光を拝んだものでしたが今年はまだ少々時間に余裕があるのでもうちょっと先まで。

17122911.jpg
5時台には営業していたフジトモ商店
釣り客が多いので早朝から結構賑わっていた。

17122912.jpg
フジトモ商店付近の眺め
水平線には雲がかなり居座っていたので日の出を拝むのは無理そうだったので先に進む。
17122913.jpg
三浦海岸でこれだったので日の出は諦めた

17122914.jpg
久里浜を通過

浦賀湾沿いに出て、渡し船の運行状況を確認してみたら「就航中」の札がかかっていたので様子を伺い、乗船。
最初は東西叶神社にお参りしようかとおもったものの、ふと船頭さんに”このまま降りずに引き返すってのもありですか?”と、ダメもとで聞いてみたら他に客もいないので大丈夫とのこと。
往復運賃¥500-を料金受け皿に入れ、遊覧航行的な運航をしていただいてしまった。

17122915.jpg 17122916.jpg 17122917.jpg
101(2017)で今年初乗り、101(2018)認定試走で今年乗り納め
浦賀の渡し
ログはこんな感じ

17122918.jpg
西叶神社

浦賀駅前を通過して観音崎方面へ。
この時間帯から向かい風がかなり厳しくなって来た。

17122919.jpg
観音崎トンネル
下り基調のトンネルだけれど前方から風に吹き上げられて勢いよく落ち葉が転がりあがって来た。

17122920.jpg
やや波が荒くなって来た

17122921.jpg
すっかり明るくなった房総方面

向かい風の中三浦半島東岸のアップダウンをえっちらおっちら。
(日の出は拝めなかったのでせめて富士山でも…。)と思い、一縷の望みを抱きつつ立ち寄った破崎緑地 (展望デッキ)であったけれどこちらも雲に阻まれて思いは叶わず。
叶神社に寄り道しておけば良かった。。。

寒さのせいかログ取り用に起動していたEdge520Jのバッテリー残量がかつかつで、ちょっと休憩を長く取り過ぎるとゴール手前で電池切れを起こしそうだったので先を急ぐ。
(200kmだから。。。)と、横着してモバイルバッテリーを携行していなかった事がこころに重くのしかかる。寄り道できねーじゃん。

寄り道できないとはいえ腹は減る。
コンビニだと寒いので(今更!)牛丼屋にでも入ろうかと思っていたところに懐かしの中井パンの黄色いテントが目に入った。
まだ7時台だったので営業していないだろうと思っていたら品数は少ないもののしっかりと営業が始まっていたので立ち寄って朝のパン活。

17122922.jpg 17122923.jpg
7時台で開いているのは嬉しい
17122924.jpg 17122925.jpg
ハムパンとポテチパンをmgmg
やや物足りないながらもお腹を満たしてリスタート。

この先のコースを思い浮かべ、朝食第二弾が可能なお店を考えつつ走る。
柴漁港はさすがに仕事納めは終わっただろうなあなんぞと考えていてふと、ブレーメンならやっているのではないかと思って通りかかったら思った通りに営業していたので立ち寄って朝のパン活第二弾

17122926.jpg 17122927.jpg 17122928.jpg
ブレーメンでパン活第二弾

表で少々まったり。
17122929.jpg
店外の椅子で小休止

あまりのんびりし過ぎるとGPSのバッテリーがやばそうだったのでリスタート。
バッテリーの残量表示と残り走行距離を比較して持つのか持たないのか、暗算しながらの走行。
ブレーメンをリスタートしたあたりではギリギリ間に合わなさそうだったものの、気温が上がり始めたこととR357でペースアップできたことが大きく影響して(多分それが理由だと思う)鶴見川を渡る辺りで残量と走行可能距離が逆転、どうにか間に合いそうになった。

みなとみらい地区を抜けて第二京浜(R1)へ。
17122930.jpg
横浜税関

R1をひたすら北上して鶴見川を渡り、中原街道から多摩堤通りに入ってゴールの二子玉川に向かう。
17122931.jpg
丸子橋から「タバ作戦指揮所」方面を見る
因みに前日は午後休を取得して会社の納会をブッチしてあちこちポタリングしていたのだけれど、その時たまたまタバ作戦指揮所から武蔵小杉方面を眺めたのであった。
17122931b.jpg
因みにこちらが前日撮影したモノ

観音崎周辺からひたすら向かい風に悩まされつつもどうにかこうにか10時半過ぎにゴールに到着。
17122932.jpg
Goal:7-11世田谷玉川二丁目店(201.2km)着 2017/12/29/10:41
ここでも店員さんにざっくりと事情を話して諸々お願いして今回の認定試走は完了。

早速帰路に。
今度はさすがに追い風で、考えてみたら事前走行も追い風基調の中走ってスタートしてからはずっと向かい風基調だった。

17122933.jpg
専修寺関東別院前帰着 2017/12/29/11:14
前夜ここを出たのが23時半なので、どうにかこうにか12時間ですべてを走り切ったということ。

一応年内ではあるけれど記録上は2018年の認定になるので一足早く幸先よい一年のスタートを切る形となりました。
ご参加の皆さんも無事完走&認定となりますように。


帰宅後は昼過ぎから近所の温泉(銭湯)でまったり身体のケア。
17122934.jpg
今回は第一相模湯へ
定番の黒湯に加えて人工ながら高濃度炭酸泉があるのでのんびり長湯でき折るからここも好き。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルベ  ロングライド  AJたまがわ  BRM101  2018  浦賀の渡し 
2017Dec17Sun

【時には】BRM101の事とかあれこれ【スタッフめいたこと】 


2017年12月11日(月)21:00よりBRM101たまがわ200三浦のエントリーが始まり、これをもってAJたまがわとしての2018年シーズンの表だった活動が始動したという形です。
BRM101の募集締め切りは12月18日の予定で枠自体は多少の余裕があります(12/16現在)ので、まだ参加するかどうか逡巡されている方は諸々考慮調整の上でエントリー可否を判断していただければと思います。

除夜の鐘を背景に(聞こえないかも知れませんが)カウントダウン、正月元日の0時にスタートをして三浦半島でご来光を拝めるライド…ということでお祭り的要素が目立つBRMですが、難易度という側面からいえば決して楽しいだけのお祭りブルベではなく、参考までにわたし個人の評価を述べさせていただくと中の上から上の下くらいと考えています。
※概ね200km/2,000mクラスのBRMを12時間くらいで無理なく走り切れる程度の走力を具えた方を念頭に置いた基準(のつもり)。

冷え込みの厳しい冬期間の長い夜を走り通さなければならないということで防寒、夜道についての装備的対応はもちろんのこと、冷えから生じる、特に消化器系の内臓の機能不全、例えば胃が食べ物や飲み物を受け付けなくなってしまうといったことも考えられる上、ゴールタイムがクローズギリギリの場合は当日の天候次第ではスタート前後とゴール付近とでは10℃以上、ことによっては15℃前後もの気温差が生じる可能性があるので体調管理も非常に重要です。
元日未明といった特殊な状況から賑やかな自動車やオートバイに遭遇する機会も考えられます。
中には道路交通法遵守を格好悪いと思っている手合いも少なからずいたりするので通常の感覚で走っていると思わぬ貰い事故に繋がってしまったり、或いは事故やケガに繋がらなくても非常に怖かったり気分を害したりする結果となってしまうことも予想されます。加えて初詣や初日の出見物、足かけ二年の飲み歩き等動きの読みづらい歩行者も多数。
こういった諸事情から朝スタートの一般の200と比較すると嫌でも難度が高まります。

それらの事情とは別に、特に今回の開催とは直接関係があるという訳ではありませんが、幸いにして大事には至っていないものの単独走行中のランドヌーズが執拗に絡まれてしまったり、或いは信号待ちの際に横に停まった車の助手席側の窓から伸びてきた手に腕を掴まれてしまったりといった被害も過去には例があります。
これは何も今回のBRM101に限ったことではないのですが、特に夜間単独走行中の女性には疎ましがられない程度に気を配ってあげていただけたりすると運営を担当する側も非常に助かりますので、我こそは紳士たらんとする矜持をお持ちの皆様、なにとぞよろしくお願いいたします。
ときにはランドヌーズに感謝されたりしてなかなか得難い気分を味わえたりするかもしれませんが、それはそれで余禄みたいなものであるとご理解いただけたら幸い。
情けは人のためならずとも申しますゆえ。

紳士の前に「ヘンタイ」と付いた方でも是非。

賑やかで華やかな女子会的グループに巻き込まれてしまって心神耗弱しても当局は一切の責任を負わないのでそこはご覚悟の上で願いたいモノです。基本ノークレームで!
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ  BRM101  三浦 
2017Dec11Mon

【四週連続】ブルべシーズンオフライド総括【週末自転車三昧】 

ブルべ界隈では毎年10月末で開催が一区切り、11月にはAJ総会があったりその後SRメダル購入申請があったり忘年会があったり「体験ブルべ」的な走行会があったりして年明け1月より新たなBRM開催がスタートとなります。
11月、12月の二か月間は言わばブルべのシーズンオフとなる訳ですが、先述のように認定を伴わない走行会や各クラブ主催の忘年会等、なんだかんだと走る機会はあるものです。
わたしはといえばなんとなく11月下旬から12月初旬にかけて、毎週毎週どこかしらに走りに行って四週連続という、むしろブルべハイシーズンよりも頻度高く走り回っていたのでありました。

気が付けば四週間で約1,000km。
それ以外に通勤ライドもあったりするので月間走行距離的にはブルべのハイシーズンと何ら変わってませんね。


◆その壱:AJたまがわ走行会さいたま130(2017/11/18)


・発生イベント:スィーパー担当の実走スタッフとして参加したものの、何故か(?)他のスタッフとのんびり昼食タイムを堪能したためPC1及び2を大幅延着。ゴールでは時間内に到着するというお家芸を披露。
認定関係ないから認定外ではない。
※だから何やっても良いいという訳でもない。


◆その弐:オダックス埼玉忘年会(2017/11/25-26)


・発生イベント:寝坊して集合場所まで未明の冷え込みの中、半パンで参加したにも関わらず汗をかく羽目に陥り脚売り切れ。スタート直後は高速列車に相乗りさせてもらったものの30km持たずに振り落とされた。
※人外だらけ。


◆その参:AJたまがわ大忘年会(2017/12/02-03)


・発生イベント:チコリンさんからおススメされたルートをベースに往路のコースを引いたら何故か(?)間違っていて、しかもその道は全面通行止めで迂回を余儀なくされたものの、実際にはその迂回路こそがチコリンさん御推奨コースなのであった。
復路では大涌谷に行くつもりが何故か大観山に登ってしまったので椿ラインで帰ることにしたら若い女子に囲まれて嬉しい誤算を味わった。
※一瞬だけモテ期とはいかなるものかを味わうことができた。。。ような気がした。


◆その四:AJ千葉忘年会(2017/12/09-10)


・発生イベント:月崎駅の南、いちはらクォードの森入り口の手前県道が豪快に凍結しており転倒。起き上がろうとしたら足が滑って尻もちをついたくらいつるつる路面だった。そのつるつるが却って幸いして擦り傷、打ち身、ウェア破損程度で自転車はほぼノーダメージ。
りんぱぱさん他数名と前日の夜になってアリランラーメンのお店「八平」で落ち合うことにしたもののわたしが認識している八平は長柄町、りんぱぱさんから集合場所として指定されたのは長南町なのであった。二店間距離は約18kmほど。ラーメンを食べる前にガチ踏みしてお腹を空かせることになった。無事みんなと合流できたので結果オーライ。
※某副会長様に「メカトラが起きない呪い」というものをかけていただいた。


こうしてみるとここのところお家芸とさえいえるようなメカトラがすっかりなりをひそめていたりします。
是非ともこのまま無縁であり続けたいものです。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  AJたまがわ  A埼玉  AJ千葉  忘年会 
2017Dec06Wed

【一瞬で去った】AJたまがわ大忘年会2017-B【人生最大のモテ期】 

AJたまがわ大忘年会-Aより続く


気持ちよく熟睡し、結構早めの時刻に目覚めたものの布団にくるまってダラダラ。

朝風呂から戻ったひであさんがふと”そういえばべいさん昨夜机に突っ伏して寝ていましたよね。トリさんが起こしてあげたんですか?”
わたし:オレがそんなことする訳ないじゃないですか。
べいさん:いや、そもそも突っ伏して寝ていた記憶がない。目覚めたらベッドにいたし。

微笑ましい朝の会話なのでありました。
っていうか「そんなこと」ってなんだよ>オレ

休憩タイミングをミスして半醒半睡状態で走ってしまい、往々にして走行中の記憶をすっ飛ばしたりすることのあるランドヌールらしき行動ではある。
勿論危険なことこの上ないので良い子はマネしちゃいけない。


7時半頃に食堂へ移動。
17120267.jpg
朝食はブッフェスタイル

17120268t.jpg
空前絶後

17120269.jpg 17120270.jpg 17120271.jpg
箱根ホテル小涌園の優雅な朝

食事終了後、特に行動を共にする訳でもなく各人各様のルートで移動予定ではあったけれどなんとなく9時頃出発しようかというグループが出来上がり、まずはのんびり朝風呂へ。さっぱり気分が整ったところで部屋に戻ってチェックアウト準備を済ませ、駐輪場から表へ。スケジュールの都合で既に出発してしまっている参加者もちらほら。

出発タイミングが重なった面々で記念撮影。
AJたまがわでは伝統的(?)にイベント参加者全員が揃った集合写真の類を撮影した記憶が無い。
17120271bt.jpg
集合写真
因みにこれは通りがかりの方に撮影をお願いしたのだけれど、その方が偶然にも将棋の中村 修九段だったそうで、将棋大好きっ子なぜっとさんのテンションが猛烈に上がって2ショット撮影もしてみたり。
その後はみなさん各々好きな方へ向かって解散。

<実走行ログ:2017/12/03>


わたしはひとまず大涌谷に行って黒卵を食べてから、場合によったら大観山も登ってから復路もチコリンさんおすすめの久野林道(一部参加者は往路に使った)で小田原に抜けようかと考えていたものの、eTrexの表示がいま一つ調子悪かったので適当に走り始めたら大観山方面に向かってしまっていた。大観山から大涌谷経由で久野林道という案も考慮しながらひとまず進む。
途中eTrexの電源を入れたり切ったりして調子を確認している間に後方から来たカマノ隊長にパスされ、そのままR1最高地点まで隊長の後方を淡々と進むことになった。

17120272.jpg
R1最高地点

最高地点を過ぎてしばらく進んだところで今まで気になっていたけれど立ち寄ったことの無い施設に寄り道。
17120273.jpg 17120274.jpg
精進池のほとりにある「石仏群と歴史館」
時間に余裕があれば靴を履き替えるかフラペの通勤車で来てのんびり石仏めぐりも楽しいかもしれない。

芦ノ湖湖畔に向かって坂道を下っていると、前方から小型の高回転エンジンが回る音が聞こえてきた。時折実況中継をしているアナウンスの声も風に乗って聞こえて来たので湖畔に降りてみたら、モーターボートレース真っ最中。
17120276.jpg 17120277.jpg 17120278.jpg
芦ノ湖でモーターボートレース

湖畔を離れ、大観山に向けて登り始める。
芦ノ湖側から大観山に登るのは、実は初めての事だったりする。

17120279.jpg
大観山登坂途中
大観山ピーク手前に結構立派な展望台があったけれど、そこから100mほど進んだ左コーナー道端からの眺めの方が木が邪魔にならずにすっきりした眺望を得られる。
そこから緩やかな上り坂を進めば大観山ピークのレストハウスが現れる。
17120280.jpg 17120281.jpg
大観山山頂からの眺め
富士山越しに南アルプスの峰々も見えて非常に気分の良い絶景なのでありました。

17120282.jpg
大観山レストハウスでサラダパンmgmg
レストハウスで少々まったり。缶コーヒーを飲みながらTwitterのTLをざっくりチェック。
早い人たちは既に鉄道駅に到着し、輪行準備をしていたりした。
先ほど宿の前で別れたぜっとさんも既に三島駅に到着したようで、偶然(?)近くにいるらしき虫さんとリプライの遣り取りをしていた。

(さてどうしたものか。)
大涌谷まで戻って久野林道を下って帰ろうかとも思ったものの、今登って来た道を引き返すのもなんだか面倒くさくなってしまったので予定を変更して椿ラインで湯河原まで下りて、そこから先はR135で小田原まで。
小田原の鯵壱北條平塚の花水ラオシャンでラーメンを食べて帰ろうという計画へと軌道修正。復路として計画してあったルートはラオシャンに立ち寄るために引いたようなものなので途中でコース復帰できる。

椿ラインは学生時代にオートバイで何度も走った道だけれど、自転車ではあまり走った事が無い。
大観山から下ったのは自転車では初めてのはず。芦ノ湖側から大観山に登ったことが無いんだからまあそうなりますわな。
空気は若干肌寒さが残っていたものの、基本的に南東向き斜面なので日差しが暖かく、防寒用に用意したネックウォーマーもジレもひとまず不要。気分よく下りながら時折すれ違うヒルクライム中のサイクリストに会釈をしたり声を掛けて挨拶したり。

単独か二人組くらいがほとんどだった中、前方から3、4人のグループが登って来るのが見えたのでスライドの際に会釈をしたら”あ、たまがわジャージ!”とかなんとか、こちらの注意を引くセリフ。
(っていうか女性?声に聞き覚えが。。。まさか!?)
と思ったらそのまさかなのでした。
虫さん、クロさんのお馴染みなお二方プラス先日の埼玉走行会の際に面識のできたしぃさん、初めましてなどろさんという四人組。
聞けば湯河原まで輪行で来て椿ラインを登って箱根旧道を下ってラーメンを食べて帰る予定なのだとか。

しばしあれこれ立ち話。
話題は当然ながらたまがわ大忘年会だったり土曜日開催のAJ千葉走行会だったり。
色々話していても賑やかで楽しいからこの子たちのノリは好き。
勢いであれこれやっているようで抑えるところはわきまえていて、むしろ気を回し過ぎのところがあったりするのでそこまで気を遣わんでもとか思ったりするけれど、若い女子に甘くなってしまうのは古今東西おっさんの常。
17120283.jpg
クロさん、どろさん(初めまして)、しぃさん&撮影:虫さん
女子に囲まれ、にやけきったその風情はまさに人生における瞬間最大風速的なモテ期到来である。
けれどもピークに至れば後は転がり落ちるのみ。
17120284.jpg 17120285.jpg
モテ期(っぽい状況)をもたらしてくれた四人のお嬢さん方が去りゆく姿をお見送り
一瞬このまま四人について行って大観山山頂まで登り返してしまおうかと思ったものの、彼女たち四人のガールズトークに傍聴者として参加する勇気と意気込みが不足していたので諦めた。
この判断は間違っていないと思う。

登りと下りの二手に分かれ、わたしは快適なダウンヒル再開。
椿ライン→オレンジラインと繋いで湯河原駅前を通過してR135に合流する腹積もりで進む。

17120286.jpg 17120289.jpg
椿台

17120287.jpg 17120288.jpg
しとどの窟入り口
源頼朝が身を潜めたという「しとどの窟」を見物しようかと思ったけれどさすがに自転車で下りるのははばかられ、履き替えのシューズは持ってきていたけれどこの坂道を下って登ってというのがちょっとなあ…という感じでサクッと諦めた。

17120290.jpg 17120291.jpg
もみじ山付近

17120292.jpg
オレンジラインから湯河原市街地を眺める

17120293.jpg
オレの知っている湯河原駅ではない。。。

17120294.jpg
土肥氏館跡の銅像

R135を北上して早川口からR1へ。時刻は丁度お昼時。
平塚まで走っても約一時間ほどなのでラオシャンか鯵壱北條かしばし思い悩んだものの、その時点で空腹だったので鯵壱北條でラーメンをいただくことに。
17120295.jpg
17120296.jpg
鯵壱北條にて鯵醤油ラーメン(大)

補給が済んだら後はひたすら走るだけ。
往路と被るのは芸がないので復路は平塚から内陸に入って県道45号線をひたすら進む。
以前参加したブルべでは逆方向から走ってアップダウンに辟易とさせられたものの、今回のように南西から北東へ向かう分には下り基調になるのでそれほどきついコースでもない(ような気がする)。
17120297.jpg 17120298.jpg 17120299.jpg
平塚市・茅ヶ崎市・寒川町

途中、やはり普段のプライベートライドではあまり使わないルートを使ってガス橋まで。
ガス橋を渡ってからはさすがにいつもの道をひた走る以外無いのでそのまま走ってスタート地点の専修寺関東別院前に帰着したのは17時半頃。
171202100.jpg
今回もノートラブルで無事帰着:2017/12/03/17時半頃

今年はトラブルらしいトラブルもなく、強いてあげればチコリンさんから提示されたルートをしっかり確認せずに往路の予定ルートを引いた結果通行止めで少々うろたえてしまったり、二日目は進行方向を最初から間違えるという間抜けぶりを発揮したということくらい。
進行方向を間違えて、目的地と予定経由地を変更したがために若い女子に囲まれるという僥倖に恵まれたのでこれはむしろ結果オーライ。
何一つケチのつけようがない、穏やかな忘年会ライドとなったのでありました。

参加の皆様お疲れ様でした。
今週末お会いする方も若干名いらっしゃいますが(特にカマノ隊長とはなにげに三週連続お会いする。)
良いお年を!
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: 芦ノ湖  大観山  椿ライン  ロードバイク    ブルベ  AJたまがわ  箱根  箱根ホテル小涌園  大忘年会 
2017Dec05Tue

【秋のゆるふわ箱根ポタ】AJたまがわ大忘年会2017-A【with温泉宴会】 

昨年は自走参加途中で後輪のフリーボディがオールフリーとなってしまったおかげでペダルを踏んでも前に進めず、仕方なく急遽借り受けたレンタカーでの参加となってしまった自らが籍を置くクラブの忘年会ですが、今年は何としてもノートラブルで楽しみたいものと強く願いつつの参加となりました。
特に毎年定まった忘年会会場がある訳でもないAJたまがわの忘年会では、例年賛助会員専用のグループウェア上で”今年の忘年会会場へはどのようなルートで向かうか。”という話題で盛り上がり、各人各様のコース案を出してみたり、或いは誰かの案に乗って複数名のグループライドで会場を目指すことにしたりします。
今年もいくつか案が出ていたのですが、わたし自身は箱根エリアの自転車ルート事情通のチコリンさんが提示されていたいくつかの案の内往路イチオシとされていた県道70号線からの林道ルートを採用することに。まあ、この辺は少々勘違いがあって一瞬現地でうろたえたりしましたが結果オーライ。
前週のA埼玉忘年会では自宅から忘年会会場の群馬県片品村ぬく湯荘まで約200kmありましたが今回は大回りなチコリンさん推奨ルートを使ってもほぼ100kmと非常にライトなゆるふわポタリングとなりました。15時半頃には現着してのんびり温泉&風呂上りビールを堪能してから宴会に突入できましたし。

そんなこんなでA埼玉に続いて2017年忘年会ライド記録三部作の第二弾。


<実走行ログ:2017/12/02>


今回は予定通り走れば100kmほどの距離。宴会は18時開始なのであまり早く着き過ぎても手持無沙汰になるし、かといってギリギリの到着では折角箱根ホテル小涌園が会場だというのに温泉が楽しめない…という訳で15時~16時の現着を想定して自宅出発を8時半前後に設定。箱根の麓にとっかかるまでの80kmほどの区間はほぼ平坦なのでAve.18KPH程度を見込んで昼食ポイントをリサーチ。なかなか用意周到な立ち上がり。
17120201.jpg
専修寺前出発は8時45分くらい

途中、いつものクセでJR鶴見線国道駅の北側から東海道の旧道に入ろうとしてふと見たら自転車が除外されない通行規制に気が付いた。普段この道を走るときはAJ神奈川のブルべに向かう時が多く、大抵6時前に通過するので問題なかったけれど今回はモロ時間内。仕方がないのでR15を進んで何か所かで侵入できるか確認してみたけれど、結局大黒に向かう産業道路までは一方通行区間なので諦めた。
17120202t.jpg
横浜市内は「自転車を除く」と書かれていない標識が多い

17120203.jpg 17120204.jpg
お約束的にどん八生麦店で春菊天そば

17120205.jpg
大黒ジャンクション付近、魅惑の曲線を持つ造形

産業道路から先は一通ではなくなるので普通に旧道を走れる。
そういえばいつの間にか「生麦事件発生地の碑」が移設されていた。っていうか今までが仮移設だったのかな?そんな感じの表示を見かけた記憶がある。

17120206.jpg 17120207.jpg
山門の目の前が京急線踏切の遍照院

以後はひたすら淡々と平地走行で距離と時間を稼ぐ。ルート自体はプライベートではあまり使わないルートだけれど、AJたまがわのブルべでは割とよく使う鎌倉街道を、ブルべの時とは逆方向に。

17120208.jpg
藤沢市のマンホールは藤の花だった

R134に出てのんびり西へ。
残念なことに全天の半ばほどを雲が覆っていて富士山の姿は拝めなかったものの南の方は雲が少なかった。
17120209.jpg 17120210.jpg
お久しぶりのサザンCと烏帽子岩

17120211.jpg
漢字でしっかり「大磯」と書かれた潔さが好き

17120212.jpg
大磯の松並木
毎年撮っているけれど、松並木の中に一本だけイロハモミジ(?)ヤマモミジ(?)があって差し色的にすごく生えている感じがお気に入り。ちょっと待てばいいのに横着して停まらずに撮ったので車が邪魔。

17120213.jpg
小田原市のマンホール蓋には小田原市の名前が無い

普段は直進するところ国府津の親木橋交差点から内陸へ、更に富士見大橋を渡って酒匂川沿いの道を遡上。いよいよチコリンさんおススメルートのスタート。

17120214.jpg
富士見大橋から酒匂川下流を

17120215t.jpg
いきなりダートでひるむ
とはいえほんの5、60mほどで舗装路になる。

17120217.jpg 17120216t.jpg 17120218.jpg
酒匂川サイクリングロード起点

17120219.jpg
人通りも少なく走りやすい

ほぼ予定通りのタイミングでお昼時。
事前にリサーチしてあった中華料理屋で補給。

17120220.jpg
小田急線開成駅前にある2000系ロマンスカー「ろんちゃん」

17120221.jpg
氷花餃子開成店

17120222.jpg 17120223.jpg
土日祝祭日限定ランチの担々麺とチャーシュー丼のセット
担々麺はボリュームがそれなりにあって辛さもしっかり、スープも味わい深くて美味しかった。
チェーシュー丼は平皿に盛られて出て来たので少々面食らった。
「丼」とは?(哲学)
想像していたよりも遥かにスパイシーな味わいでしたがこれもまたなかなか美味しかった。

お腹を満たしてリスタート。再び酒匂川CRをのんびり。
17120224.jpg 17120225.jpg
途中、寒桜を愛でてみたり
暖かい恰好をして火鉢を囲んで熱燗でもちびちびやりながらお花見したい。

17120226t.jpg
このサイクリングロードの雰囲気大好き
教えてくださったチコリンさんに深く感謝。

17120227.jpg
けれども唐突に現れる終点
気分よく流していたらあっという間におしまい。全長10kmもないのが非常に残念だけれどこの先はすぐ山間部だから無理からぬところ。やはり二級河川だけあって流量が多そうに見えるけれど短い。

ここから先は一気に山岳区間。県道70号線をえっちらおっちら。
17120228.jpg 17120229.jpg
のんびりハイキングとかトレランっぽいのも良さげ

しばらく坂道を登って行ったら問題発生。
一台の車が停まっていて警備員のおばちゃんが一人立ってる。
標識には全面通行止とあったけれど念のためにおばちゃんに問うてみた。
17120230t.jpg
黒白林道入り口

すみません、この先って自転車でもダメですか?
そうよ、「全面」なの「全てのお顔」ですのよ!歩きの人もダメなの!
そうですか。迂回するしかないのかな。
このまま県道をしばらく登って行ったら夕日の滝に向かう左折路があるからそっちに向かって行ったらこの先の林道に合流できるわよ。
なるほど、ありがとうございます!
ところでアナタ、何か運動でもしていらっしゃる?ラグビーでしょ?当たり?
いや、残念ながらやってないです。。。
その身体つきだもの、アメフトでしょ!当たりよね?

…ごめんなさい、当たってません。

そんなこんなの遣り取りの後再び坂道をえっちらおっちら。
夕日の滝方面に向かう分岐の表示が見えて来た。
17120232.jpg
案内標識
”行けばすぐにわかるわよ。”というさっきの警備員さんの言葉通りわかりやすいことこの上ない表示。

17120233t.jpg
紅葉を愛でつつのんびりヒルクライム

17120234.jpg
地蔵堂
ハイカーがいっぱいいた。

地蔵堂の脇を抜け、更にえっちらおっちら進んで行くと正面に進めば夕日の滝、左折すれば黒白・明神林道という分岐。夕日の滝を眺めに行きたい気持ちもあったけれど取り敢えずあんまり到着が遅れてしまうとなんなのでスルーして左折。しばらく進んだら左に進むと先ほどの警備員さんがいたところに出る黒白林道で、こちらにも通行止め表示が。右に向かうと強羅方面に出る明神林道で、こちらは通行に支障が無さそう。

17120235t.jpg 17120237.jpg 17120236t.jpg
再び紅葉を愛でつつえっちらおっちら
標識は9%と10%しかなかったけれど、ところどころ瞬間的にGarmin読みで15%くらいの区間がちらほら。

17120238.jpg
明神林道ピークの金時隧道
GoogleMapsで「乙女峠」という表記になっていたけれどホントか?すぐ近くにおんなじ名前の峠が二つあるってあんまり考えにくいし、何よりこのスポットに添付してある画像って金時山山頂のモノなんだけど。

トンネルを抜けてからは一気に気持ちの良いダウンヒル。
道も荒れていないし非常に走りやすくて気持ち良かった。
17120239.jpg 17120240t.jpg
公時神社
今にして思えば境内のマサカリくらい眺めて来れば良かった。

公時神社から下り基調の箱根裏街道を南西に向かって快調に飛ばして強羅まで。
17120241t.jpg 17120242.jpg
強羅翡翠楼の裏手
源泉かけ流し宿の裏手だけあって流れから湯気が上がっていた。
この直後、ぱっと見では絶壁に見えるような坂道を登る羽目に陥った。
箱根侮りがたし。(いや、侮っていないけど)

17120243.jpg
彫刻の森駅至近の踏切で箱根登山鉄道に遭遇

そして、このわたしとしたことが、あろうことかほぼ計画通りの15時半頃目的地に到着してしまったのです。
17120244.jpg
箱根ホテル小涌園前到着:2017/12/02/15時半頃

AJたまがわ大忘年会-Bに続く
長くなるので宴会は裏置き(笑)
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルベ  AJたまがわ  箱根  酒匂川  箱根ホテル小涌園  地蔵堂  大忘年会  2017 
2017Dec02Sat

【現時点で既に】2018年前半の計画あれこれ【余裕がない】 

まだエントリー済み三つのクラブの忘年会が一つしか終わっていないというのに既に来年のお話です。
昨日、年末年始の予定を改めて整理していたら、あろうことかダブルブッキングが判明してしまって、先方には申し訳ないし自分自身も非常に情けない思いを味わってしまったので新年早々同じことを二度と繰り返すことの無いよう現時点でのエントリー済み、予定イベントの洗い出しをしてみました。
まあ、取り敢えず上半期くらいのイメージでしょうか。


【凡例】
:エントリー確定(エントリー済み)
:エントリー予定
:エントリー予定(選考、抽選待ち)

○BRM101たまがわ200三浦(認定試走)
今年は実走スタッフでしたが来年は運営スタッフとして携わる予定なので多分認定試走にまわります。

○BRM113神奈川300鎌倉
(毎年エントリーが瞬殺なので今年はまずこれにエントリー!)と思ってポチったら
翌日ハーフマラソン大会ですよ。

○2018/01/14 第37回フロストバイトロードレース(ハーフマラソン)
300ブルべ翌日のハーフマラソン大会。
まあ、ここはお祭りみたいなものですからのんびり楽しめれば良いかなと。
ここで参加賞としてもらってしまうのでここ何年もトレーナーを購入したことがない。
大会後は小金井トライアスロンチームの新年会も催されます。

○2018/01/26 第38回館山若潮マラソン(フルマラソン)
今年がホントにギリギリサブフォーだったので、できればサブ3.5を目指したいもの。

○2018/02/18 第52回青梅マラソン(30km)
ここも走るたびにタイムが落ちてる。。。

○2018/03/03-04 第8回小江戸大江戸200kフットレース(ウルトラマラソン:204km)
四回エントリーして二回完走二回DNFの五分。今年で勝ち越したい。

□BRM324西東京200しおかつお
久し振りに西東京さんにお邪魔したい。
ホントは600走りたいのだけれどたまがわの開催と被っているのよね。

□BRM401たまがわ200定峰
毎年定番なので。
キューシートもナビもなく記憶だけで走れる数少ないブルベなのでできれば実走スタッフとして参加したいなあと。

○2018/04/14 第18回戸田・彩湖ウルトラマラソン(70km)
ガクさんこーへーくんもエントリーしているのでガチで勝負!(笑)

☆2018/04/22 第35回全日本トライアスロン宮古島大会(S:3.0km/B:157km/E:42.195km)
今年は1.7kmのスイム関門を通過できずに失格。かかった総費用に対しての泳いだ距離から『セレブスイマー』なる不名誉極まる二つ名を頂戴する事となった。来年こそは汚名返上したい…けれど、まずは抽選に通らんと。

□BRM512たまがわ400海野宿
日のあるうちに海野宿行ってみたい訳ですよ、ブルベ中に。
※プライベートライドでは明るい内に行ったことある。

○BRM526神奈川600興津クラシック
有志の前夜祭や後夜祭が楽しそうで、走れなかった昨年と今年が非常に悔やまれた。
来年こそは駿河健康ランドで盛り上がりたい!


っていうか軽く書き出してみたらなんだこれ。
鬼に笑われるどころか呆れられそうなスケジュールですけれど。

2月か3月くらいから数か月間は業務で東京を離れなければならなくなるのでもしかしたらこのうちいくつかは諦めなければならないかも知れませんが、まずは全てに対してきっちり準備して、心と身体を整えて行かないと。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 趣味と日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: ロードバイク  ブルベ  トライアスロン  ウルトラマラソン  マラソン  AJたまがわ  AJ西東京  AJ神奈川  宮古島  青梅 
雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2017Nov20Mon

【「ブルベ」と名が付きゃ】さいたま走行会130km(2017)【雨が降…らなかった】 

”ブルベ歴が7年にもなるというのにお前のブログは『ブルベ初心者の範』たるに相応しからぬところが多々見受けられるので好ましからざる存在である。”的なご指摘を受けることがここのところ幾たびか重なり、喉に引っ掛かった魚の小骨のように微妙に気になる今日この頃のワタクシですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでございましょうか。

一応パスも設定せずに公開してはいるけれど基本的に自分のための記録という位置付けなので、そこを衝かれてしまうとやや困るという部分。
基本的にはネタブログなので、お役立ち情報が欲しい方はそれなりのところを探してそちらに行っていただきたい。トラブルやアクシデントに対しての予備知識(というかあくまでも本人的には記録)を得られるブログとしてのポジションでこれからもゆるゆるアーカイブして行こうかと。
まあ、それ以前に”影響力を取沙汰されるほど閲覧数のあるブログじゃねーよ!”ってことなのだけれど。

そんな「初心者の範たるに至らぬブログ主」であるところのワタクシが、【ブルベ初心者向けのブルベ形式な走行会】に実走スタッフとして参加して参りました。
これはこれでなかなかにアイロニーあふるるお話。

(閑話休題)

主催担当はAJたまがわスタッフ、埼玉在住のmorouさん。ACPの認定は受けられず、距離も短い【走行会】という位置づけではあるものの本番のBRMと同じ形式で運営され、参加者もBRM規則に則って走る事を要求される【トライアルブルベ】となります。
今まで『200km』という数字に尻込みしてしまったような方でも参加しやすいよう、商業的なロングライドイベントでも一般的ともいえる135kmという距離でコースを設定。未経験者にもブルベの雰囲気を味わっていただこうという趣旨。
スタート地点は埼玉県さいたま市の大崎公園で、ここはさいたま市内でも川口との市境に近いのでわたしの自宅からだと結構な距離があって、最短経路を通っても45km強あるので所要二時間強を見込み、スタート受付開始時刻が7時なので6時40分現着を目標にして自宅出発時刻は4時30分頃にするつもりが10分ほどの遅延スタート。
17111801.jpg
いつものように専修寺関東別院前スタート

多摩川沿いから第二京浜国道(R1)→環七通り→(豊玉分岐)→練馬・下赤塚 というコースは彩湖で練習会があったりする際に使うのでかなり馴染みのあるルート、先日のひとみさんプチ復活ライド集合地点に向かう際も使った道。
荒川を渡ってしばらく進み紆余曲折がありながらもさいたま市と川口市の市境近く、浦和美園駅にほど近い大崎公園に到着したのは7時を回ってしまってから。
17111807.jpg 17111808.jpg 17111809.jpg
スタート地点の大崎公園

スタート受付を済ませ、ブリーフィングの後車検をしてスタート。
ブルべと全く同じスタイルで進行。
17111811.jpg
受付

17111812.jpg 17111813.jpg
ブリーフィング

17111814.jpg 17111815.jpg
三々五々スタート

わたしはしんがりのスィーパーとして走ることになっていたので最後尾スタートのつもりだったものの、更に後ろに途中で折り返してゴール受付を担当するむつぱぱさんゆうさんがいたのを忘れてた(笑)

<AJたまがわ さいたま走行会130km(2017)実走行ログ>


さいたま市大崎公園をスタートして上尾、川島を抜けて物見山を登って下って白石峠を登って更に堂平の天文台まで行ってフォトチェック、来た道を引き返して白石峠を下って物見山を登って下って川島から往路とは外れたコースになって川越をかすめてゴールは浦和駅近くの約135km。
認定の無いお試しブルべちっく走行会だった割には走行ペースの設定は本番のブルべ同様15KPHだったので、距離が短い為にマージンを稼ぐ場所があまり無く、みなさんなかなかご苦労されたようです、特にPC2かな。
わたしはといえば諸事情あって早速PC1でタイムオーバーしてしまい、そこから先白石峠を登って降りてでタイムを短縮できるはずもなくPC2もほぼおんなじ時間オーバーして認定外(っていうかそもそもACP認定外だ)となり、それでもゴールタイムは制限時間内という相変わらずの持ちネタ披露で終わりました。
それにしてももう一つの持ちネタ(?)であるパンク頻発が無くて本当に良かった(笑)

17111820.jpg
シークレットチェックポイント(約42km)10:25頃着
都幾川を渡る早俣橋の西側、スタートして約40kmのところに設置されたシークレットポイント。
AJスタッフのアーツさん、ぜっとさん、morouさんが待機して通過者のチェック。

17111826.jpg
物見山東側

17111828t.jpg
PC1(50.4km)12:09着(Close 11:40
実に29分の延着(笑)

17111845.jpg 17111849.jpg
フォトチェックポイント 堂平天文台(72.7km)14:05着

17111852.jpg
堂平山山頂からの眺め
心配された雨もどうにか降らずに済んだので眺望を堪能。

17111854.jpg
PC2(94.9km)14:54着(Close 14:26
28分遅れ、PC1から1分リカバー(笑)

17111859.jpg
ゴール(136.1km)17:03着(Close17:10
ゴールでは帳尻を合わせるという芸風の確立を目指して精進を重ねたい。

17111860t.jpg
ゴール受付&懇親会会場の「ろーたす」さん

17111863t.jpg
色々と盛り上がった懇親会

17111870t.jpg
浦和駅前で浦和うなこちゃんに挨拶して帰宅

長くなるので細かいお話は裏置き。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  AJたまがわ  走行会  ブルベ 
2017Nov17Fri

【何故か(?)】週末の予定を洗い出してみた【毎週末自転車関連】 

11月11日に開催されたAJ総会を一つの区切りとして各クラブが三々五々来年のスケジュールを一般公開し始め、いよいよブルベの2018シーズンが始まったような感がいやがおうにも高まってまいりました。
とはいえまだ2017年がひと月半ほど残っているので今確定しているイベントをざっくり確認してみたら、今週末から四週連続で週末自転車関連予定となっておりました。
ブルベのハイシーズンだってなかなかこんなスケジュールにならんよなあ(笑)


1.【11月18日(土):AJたまがわ走行会 さいたま130km】
<予定ルート>
走行会本番自体は135kmほどの距離ながら、スタート地点がほぼ川口市なので自宅からの自走距離も含めると約180kmくらいでセンチュリー超えのロングライド。この日だけピンポイントで雨予報なのがいかにもブルベ関連イベントといった風情。
ゴール後は懇親会(当然アルコールあり)に出席するので輪行必須のためルートはさいたま止まり。

2.【11月19日(日):AJ蕨(ワークショップ的餃子祭り)】
最近のブルベ界隈で話題と人気が集中している台湾水餃子カフェKo-Getsu。ランドヌールであるvさんが営むお店でランドヌール、ランドヌーズが集う夜。元々は某クロサワッサン氏を囲むワークショップとして企画されたはずだったような気がしなくもない。

3.【11月25日(土)-26(日):オダックス埼玉忘年会】
<予定ルート>

毎年恒例となっている、群馬県片品村の温泉民宿ぬく湯荘で開催される忘年会は、一応豊水橋スタートとしてキューシートも作成されている。夕食後の宴会では各クラブの参加者から翌年開催ブルベの概要が聞けたりするのでなかなか興味深い。二日目は赤城山を裏から登ってタイムトライアルするヒルクライムあり。
復路も豊水橋までのキューシートがあるものの、途中離脱する予定。

4.【12月2日(土)-3日(日):AJたまがわ大忘年会】
毎年伊豆で開催されているAJたまがわ忘年会。三年前は下田、一昨年は熱海、昨年は土肥、と基本的に伊豆での開催でしたが今年は来年早々の閉館が決まっている箱根ホテル小涌園での開催。昨年は熱海付近で後輪のフリーボディ内部のラチェットが破損してしまって空回り、フリーがフリーになってしまったのでレンタカーを借りる羽目に陥った。今年はアクシデントがあっても輪行で辿り着けるから安心だね♪

5.【12月9日(土)-10日(日):AJ千葉忘年会】
こちらも例年お約束な房総半島南端千倉のマリンハウス六治郎にて開催される忘年会。ここは今年5月に開催された1,000kmブルベ【福島「g」】の発着点、後夜祭会場でもある。今年も昨年と同じようなコースで行こうか新たに何か考えるか検討中。
昨年の走行ログ

※復路が代々木駅前帰着になっているのはこの日代々木で(小金井トライアスロンチーム)→mixiコミュ「超初心者トライアスロン」の忘年会があったため、参加後輪行帰宅。


12月前半で燃え尽きてしまいそうな勢いです。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJたまがわ  AJ千葉  A埼玉  忘年会  六治郎  ぬく湯荘  箱根ホテル小涌園 
2017Nov02Thu

【今年のブルベを】2017年BRM参加実績-2/2(300km以上)【振り返ってみる】 

台風22号の影響による風雨に翻弄された【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】が終了し、わたしにとっての2017年ブルベシーズンが終了しました。明けて11月。手続き上ブルベ的には2018年度の始動となり、各クラブから2018年シーズンの予定が三々五々発表される事でしょう。とはいえ11月、12月は例年ブルベのオフシーズン。各クラブともこの期間に初心者向けのトライアル的なモノだったりBRMとして開催できるかどうかという実験的なイベントを開催したり、もちろん忘年会があったりするのであんまりオフという感じがしませんね。
そんなこんなのブルベオフシーズン。
過ぎ去った2017年シーズンを振り返るエントリ後編、こちらは300km以上のBRMのまとめです。
7本出走の内三本DNFとか辛うじて勝ち越しという情けない有様でした。やる気あんのか。
仕事じゃないんだから真面目にやれよ!というタモリの言葉大好きです(笑)


2017年、試走も含む出走済みブルベ14本の内、丁度半分となるAJたまがわが主催した7本の200kmBRMに関してはこちらでまとめているので残り半分の七本、300km以上のBRMに関しての振り返り。距離に関係なく、時系列での列記しましたが、こうしてみると今年は200を二本しか走っていなかったのにいきなり1,000kmを走ってから600kmとか、何も考えていないことがありありとわかるエントリー計画。

【BRM503千葉1,000(福島「g」)】
170503088.jpg
ブルベ歴7年目にして三度目のエントリーとなる1,000km。
初回(東北1,000)、二回目(伊勢夫婦岩1,000)とも秋の開催で、時に暑すぎた場面もあったりしましたが、今回は初めて経験する春の1,000kmで、事前にあれこれ情報収集をしてみると「福島の夜を舐めると死ねる」「土湯峠ピークには雪が残っているので死ねる」「そもそも序盤の房総半島のアップダウンで死ねる」といった非常に心が重くなるものばかり。
(春の1,000にエントリーするのは少々早まった決断だったか?)と若干後悔しつつの出走だったものの、蓋を開けば期間中一度も雨に打たれることもなく、道中あれこれ美味しいものがいただけたし、ゴール後の懇親会もものすごく楽しかったし、文句のつけようのない1,000kmブルベでした。
トラブルはパンクですら一度も無かったし(笑)

【BRM603たまがわ600たまがわ(2017/05/27-28)】
17052746.jpg
今年唯一の主催ブルベかつ新コース。
本番一週間前に試走というスケジューリングをしてみたものの、試走直前まで体調不良で寝込んでいて正直体力的には非常に不安。天候もあまりよろしくない予報だったので走ること自体が憚られたのですが先述の通り主催担当かつ新コースなのでどうしても走りたい気持ちで出走。ところがPC1からPC2の間の100kmに満たない区間で三度のパンクを食らってしまってPC2及び3に延着してしまって失格。以後もルート通り走って時間内にゴールに辿り着けたものの認定外と相成りました。みどり市から日光に向かう長くて緩い登りの山道でひたすら雨に降られてしまって心が折れそうになったものの主催だからという意地だけで走り切ったような感じ。幸いにしてこの試走の後で体調を崩すことも無かったので結果オーライとなったものの、意地で走るのも良いけれど、あれこれオトナの判断が必要になることもあるよねっていうのが反省点。

【BRM901たまがわ300白馬・木崎湖】
17090232.jpg
昨年までは【白馬・木崎湖600】として開催されていたものを、折り返しの木崎湖までで終わりにして盛大にBBQやキャンプファイヤーで楽しもう!というコンセプトで企画された300kmBRM。夜スタートでしかも雨というなかなか手ごわいコンディションで始まったブルベですが大きな事故もなく無事ゴール。木崎湖では心配された雨も降らず、予定通りBBQとキャンプファイヤーで盛り上がり、更に翌日は小熊山ヒルクライムで木崎湖を一望できるハングライダー離陸場に登り、ドローンを使った空撮で集合写真を撮影してみたり。更に山から下りたら前夜消費しきれなかった高級食材の振る舞いまであったりして充実しっ放し。わたし個人は翌月曜日も有給休暇を取得していたので自走で帰路に就き、石和健康ランドで一泊してゆるふわツーリングを堪能したのでありました。

【BRM909東京400ぐるっと首都圏】
17090919.jpg
木崎湖300の際、フロントのインナーチェーンリングが磨滅の為使用不可になり、代替品を注文したものの在庫がなくて未着だったもののコースじたいインナーが必要になるとも思えないどフラットコースだったのでアウター縛りで参加すれば良いや♪くらいの軽い気持ちで出走しようとしたらスタート時刻に遅刻してしまい、その心がけの悪さがブルベの神様の逆鱗に触れてしまったようで、リアディレイラ―のハンガーがへし折れてしまうというアクシデント発生。このブルベに参加する前にサドルバッグの中身の入れ替えを行った際、よりによって予備のディレイラーハンガーを収納し忘れるという痛恨のミスをやらかしてしまってRDが使い物にならず、仕方がないのでチェーンカッターでチェーンの長さを調節してシングルスピード化して凌ぐという荒業でどうにかこうにかゴールに間に合った。元々はかなり早く帰る気満々で、ゴール後に某草レースをブッキングしていたもののスタートには間に合わず、それでも辛うじてゴール後のまったりタイムには間に合ったので参加賞は無事いただけました。


【BRM916スーパーあおば600日本海】
17091615.jpg
天気予報では後半雨に降られるような予報だったものの、春にたまがわ600をDNFしてしまっているので今年のSRを確定すべく出走したBRMだったりする。コース自体は馴染み深く、特に十二峠トンネルを抜けてから先の魚沼スカイラインとそこから先の十日町市、上越市は今年前半業務で十日町に滞在していたこともあって土地鑑がそこそこあるのでエントリーを決めたという経緯もある。出走後ものすごく快調なペースで走り、想定よりも30~60分ほど前倒しで走れていたものの、途中PC外のコンビニに財布を置き忘れるという痛恨のミスのお蔭で三国峠と火打ち峠を一往復余分に登って下ってという羽目に陥り、折り返しPCにはオンタイムで到達できたものの以後走る気力を失ってしまって330km弱ほどでDNFして輪行離脱。他の参加者は上越から先で雨に打たれたようなので、輪行離脱して雨を回避できたわたしはある意味勝ち組であると、イソップ寓話のキツネ的に自分に言い聞かせてみたりもした。

【BRM1006東京1,000ええじゃないか伊勢(山)】
171006084.jpg
三年前の第一回開催時には約二時間のマージンをもってゴールに辿り着けたものの途中PC延着のために認定外完走となってしまったいわく因縁付きの1,000kmBRMである。今回は非常に快調に走れて自分としても非常に手ごたえを感じていたものの、約70kmでフロントインナーチェーンリング破損によりアウター縛り、約220km地点でブルベカードの紛失という致命的な失態を晒し(カード紛失時点で有無を言わさず失格となる)、更にゴールまで残り40kmほどのところにある最後の通過チェックを華麗に通過するというポカまでやらかして見事に二度目の認定外完走を果たすことになった。とはいえ福島「g」と比較したら累積標高で1,000mも低いし、制限時間いっぱい使い切って走ろうと思ったらかなり楽になる1,000ではなかろうかと思うので初めて1,000kmに挑もうと考えている方にはおススメできるものだと思う。
※ただしGPS利用推奨、キューシートのみだと非常にしんどい。

【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】
17102865.jpg
台風22号接近に伴う雨予報により六割以上のエントリー者がDNSを決断し、30名ほどが川崎市とどろきアリーナ前を出発。10/28の午後から雨がパラパラ降り始め、以後小降りになることはあっても10/29の19時頃まで止むことがなかったという修行ブルベ。
10/29/18:00には累積降水量の関係から道志みち山伏峠が閉鎖されるという悪条件で、参加者の内数名ここで引っ掛かってDNFを余儀なくされている。わたし自身はどうにかこうにか17:20くらいにゲートを通過したので先に進めたものの道志みちはバケツをひっくり返したような本降りの雨と強い向かい風のお蔭で思うように走れず、ブレーキシューがヘタってフネがリムを削り始めてしまったので土砂降りの雨の中ブレーキシューを交換する羽目に陥った。
わたしの2017年度ブルベの掉尾として、また7年連続のSR確定ブルベとしてこれ以上にふさわしいものもそうそうあるまいと思う一方で来年こそはうれしはずかしきゃっきゃうふふ♪なゆるふわブルベを堪能したいなと。


終わってみれば7年連続SRもどうにか確定し、自転車に乗ることが出来なくなるほどの怪我を負う事故というものにはこれまで同様遭うこなく無事終了し終わりよければ全てよしだったり無事是名馬といったりな結果となりました。来年も(出来ればネタは控えめで)ユルユル楽しみたいと思います。
主催クラブを始め関係した各所の皆様、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
同じBRMに参加した皆様、お疲れ様でした。また来年いずれかのBRMにて。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    観光  AJたまがわ  R東京  VCR横浜あおば  AJ千葉 
2017Nov16Thu

【今年のブルベを】2017年BRM参加実績-1/2(200)【振り返ってみる】 

今週末の【ぐるっと安曇野600】でわたしの今シーズンエントリーしたブルベは終了となりますが、今シーズンを振り返ってみたらエントリー総数14本(主催含む)の内丁度半分の7本が200kmのBRMでした。
残る7本の内訳は300×1、400×1、600×3、1,000×2…となっていて、このうち600一本が未出走。
そんな訳で取り敢えず丁度半分の200だけをひとまとめにして振り返ってみようかと。
改めて振り返るとこの7本って全部AJたまがわ主催のBRMでしたが、この辺はスタッフもやっているんだしなんとなくそういうものかなと。


【BRN101たまがわ200三浦】
17010121.jpg
ウワンさんが元日走りたいとのたもーたから申請されたという噂が主にわたし辺りからまことしやかに流されていたりしますが信じるか信じないかはあなた次第。
日付変更線の関係から2017年世界最速認定となるブルベ(だよね、多分)。
毎年大晦日から元日にかけては『ご来光ライド』と称して犬吠崎まで走ってそのまま柏の実家に帰省していたので元々わたし自身には元日に自転車に乗ることには抵抗がないけれど、さすがに元日0時から走る物好きもそうそういないだろうと思ったらあにはからんや、結構な人数のランドヌール(ズ)が集うBRMとなりました。でもって結構速い人多かった。大晦日の深夜から元日午前中くらいまでなら概ねどこの家庭もまったりタイムになりがちだから、その時間帯で走ってしまえるブルベは却って参加しやすいのかも知れませんね。ご来光を拝むポイントの下調べが甘かったので来年はきっちりポイントを押さえたい。

【BRM225たまがわ200鴨川】
17022535.jpg
主催担当がみいさんになって、細部が色々リファインされたAJたまがわ東葛班のコース。房総方面は結構走ったつもりでいたけれど、それでもまだまだ知らない道があるなあというのが印象深い。一通りグルメが楽しめたし良い感じの200だったけれど、途中でほんの短い区間Hideさんを追走してみたらアッという間にヘロヘロになってしまい、そのままダウンヒルを下ったら苔でスリップして転倒落車、本年最初の流血沙汰となってしまった。因みにこの開催で落車してケガ(擦り傷だけど)をしたのは実走スタッフのわたしだけだったというオチ。

【BRM311たまがわ200やまゆり】
17031107.jpg
諸々事情があってコースを引いたKurajiさんが主催を担当できず、ゴール後にコースに対しての恨み言をぶつけようにも相手がいなくて困ってしまったというなかなか難儀なブルベ。
やまゆりライン走ってからヤビツは正直要らんと思った。序盤に鎌倉山というジャブを繰り出すあたりもなかなかだしとどめは尾根幹だし(^^;

【BRM402たまがわ200定峰】
17040206.jpg
キューシートもGPSも使わず完走できる、わたしにとってはホームコースともいえる定峰。今年は諸般の事情から春開催のみでした。毎年定峰峠の桜には少々早いタイミングですが、途中数kmほどコースアウトした先にある大内沢花桃の郷の花桃は毎年満開に近いタイミングになるので前半貯金を作って訪れることを是非お勧めしたい。とはいえ通過チェックの道の駅和紙の里ひがしちちぶのソメイヨシノが樹によってはほぼ満開、全体で七分咲きくらいで充分楽しめますけれど。個人的にはそろそろ「クラシック」という名を冠しても良いのではないかと思えるくらい完成度の高い安定したコーで、ブルベ入門者にはキツ過ぎず、上級者にはユル過ぎずな加減が絶妙な自信をもっておススメできるコースの一つ。

【BRM610たまがわ200佐渡】
170610018.jpg
スタート時刻は一便のフェリーが両津港に到着する前なので参加するには前泊必須、よほど頑張らないとゴール後フェリーで帰れないので当然のように二泊三日が基本的エントリースタイルとなる「前後宴会付き遠征ブルベ」という新機軸(?)なブルベ。基本的にはスポニチ佐渡ロングライド210に近いルートを走りますが距離が10km短いこととそもそも逆打ち(反時計回り)で両津スタートであることが大きな違い。
前夜狭い居酒屋ですし詰め状態で日本酒を飲みまくりすっかり良い気分になって寝て起きたら土砂降りの雨で、いまだかつてこれほどスタートしたくなかったブルベも珍しいと我ながら思うくらいにモチベーション低かった。
黒澤さん、リュウさんというA埼玉スタッフ組みいさん、morouさん、わたしというAJたまがわスタッフ組合同のさいたまがわトレインによる翌日のドンデン山ヒルクライムは非常に天候に恵まれたサイクリング日和で、あと一日この天候がずれてくれたら!と思わずにはいられませんでした。


【BRM722たまがわ200つくば】
17072237.jpg
AJたまがわ公式サイトのイベント個別ページ紹介文にもある通り、灼熱の関東平野で炙られ、全体の累積標高のほとんどを折り返し前後の数十kmで消化するという、全体を均してみるとそうでもないのにその実隠れ山岳コースな裏の顔を持つコース。200という距離と2,000m前後という累積標高から初心者な方々が挑んで散って行ったという状況も散見されました。実走スタッフとして参加予定だったわたしは自宅を出て早々にリムテープズレという致命的な欠陥によりパンクを食らい、大慌てで自宅に戻ってリムテープ交換、スタートクローズギリギリにスタート地点に辿り着いたものの、既に消耗しきっていてなかなか難儀して完走した記憶が今でも鮮明に。前年に開催され、参加したAJ千葉主催のつくば200と併せ、この時期のつくばの名が冠されたブルベは過酷なものしかないという貴重な教訓を得た。

【BRM1001たまがわ200奥多摩】
17100139.jpg
昨年はキッチンカーが出動して秋定峰200ゴール受付の二子玉川癒しふれあい館で振る舞われたある意味伝説のラーメンが、厨房設備の整ったゴール受付を確保したお蔭で非常に諸々パワーアップし、それに合わせたカタチで新コースとして開催されたもの。
高円寺をスタートして五日市街道を西進し、檜原街道から奥多摩周遊道路、更に大菩薩ラインを登って道の駅たばやま折り返しで都市部を抜けて帰着するというコースは累積標高も高めな上に特に終盤の信号峠が非常に厄介な、一筋縄ではいかないコースとなっていたのでありました。まあ、ゴール後にラーメン食べるんだから少々運動量増やさないとね♪ってな感じか。
肝心のラーメンは二郎系にインスパイアされながらも味はあっさりさっぱり系統。コシのしっかりした完全自家製麺との相性も非常に良く、味にも香りにもしつこさが感じられないのですんなり完食できてしまうという逸品でした。


こうしてみるとやはり200といえど(というかだからこそなのか)バラエティに富んでいて、来年もまた走りたいものばかりだったりする訳ですが、来年は来年で再来年のPBPのプレレジもあるから長いのを走っておかなきゃという気持ちがあるし、そのため伊勢1,000の三度目の正直に加えて以前から興味のあった北海道の四つ葉型1,200に出てみたいし…ということでこの中のいくつかは諦めなければならないかな、と。


300km以上の距離のブルベに関してのまとめは2017年振り返り(300km以上)
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    AJたまがわ  三浦  やまゆり  定峰  鴨川 
2017Oct05Thu

【トラブル?】BRM1001たまがわ200奥多摩(詳細)【時空の歪みです!】 

関連エントリ
BRM1001たまがわ200奥多摩(予習)
BRM1001たまがわ200奥多摩(概要)


結果はひとつ前のエントリに記した通り最終的に13時間14分、クローズに対してのマージン16分というなかなかのギリギリ隊でゴールに辿り着き、本年7本目の200kmのBRMは無事認定を受けられる運びとなりました。

”6時台の実走スタッフやりますよ、スタート設営から始めて最終Wの6時半にスタートして6時台のしんがりを走ります!”
スタッフ間の連絡の場でこんなこともうそぶいたわたしは、それでも”翌日のブルベ大丈夫なの?”と、主にHitomiさんから心配のお言葉をいただきつつも前夜都内某所で馬肉焼肉食べ放題お酒飲み放題90分一本勝負に挑んでしまった訳です。
17093001.jpg 17093002.jpg 17093003.jpg
2017年9月中に三回行ったぞ、このお店
っていうか、今までスープもご飯も馬すじカレーも頼んだことないような気が(笑)


やや記憶があやふやながらも無事帰宅して着替え等の翌日の用意を整えて就寝。目覚ましは2時45分にセット。スタート地点のセシオン高円寺までは自宅からほぼ丁度20kmなので一時間ちょいの所要を見込み、スタート設営班集合時刻の4時45分から逆算した起床時刻。諸々計画はばっちりだったのです。ふと目覚め、時刻を確認したら2時丁度。アラームがしっかりセットしてあることを改めて確認したうえで軽く目を瞑り、次に携帯電話の液晶画面を見たときには何故か表示されている時刻が5時を回っていたのでありました。アラームが作動した形跡は間違いなくあったのになぜこのような摩訶不思議な現象が起こるのか、正直不思議極まりない。何年も前から疑いを持っていたのだけれど、我が家周辺には時空の歪みが発生しやすい何らかのファクターがあるのではなかろうか。すぐ近くに携帯電話基地局のアンテナがあるしなあ、電磁波の影響なのかも知れない。←ねーよ。

とにかくまず主催の内藤さんにお詫びの連絡を入れ、着替えと洗顔、歯磨きを済ませて自宅を出発。時刻は既に5時20分前後。しかも今回は速度が出せない通勤車。(このままでは6時台最終受付時刻かつ最終ウェーブスタート時刻の6時半ギリギリになってしまう!)そんな危機感から結構な勢いでクランクを回し、スタート地点到着は一時間をやや切るくらいであった。結構消耗したけれど、ひとまずは受付時刻にもスタート時刻にも間に合った訳だ。
と、内藤さんから”6時にsin3さんが出たからトリさんは7時台の実走スタッフとしてしんがりを走ってもらえますか?”との要請があったので快諾し、しばしのんびり過ごしてみたり。
17100101.jpg
取り敢えず色々間に合っていないこともあったけれど間に合う時間には到着した
※不自由な日本語的

今回ブルべ初参加となるご友人(当のご友人は6時スタートのsin3さんがフォローを引き受けたとのことで既にスタート済み)をお見送りにいらした、前夜のわんこ焼肉をご一緒したHitomiさんから”お酒臭いんじゃないの?w”とか突っ込まれつつ、同じくお見送りとはいえ24時間も前から来てくれているアキ君たちとあれこれ雑談しつつ過ごしていたらあっという間に第3Wのスタート時刻。因みに今回参加のイーチョねーさんチューブトップでの出走(※もちろん反射ベストは着用)だった。さすがのブレないスタイルがステキ(はぁと
17100102.jpg 17100103.jpg
受付やらブリーフィングやら

第3Wなので正規時刻は7時30分、若干早めのタイミングでスタートしてまずは青梅街道を西進して前を走る数人を追って気持ちよく走っていたらGPSがコースアウトアラートを表示していた。思えばありがたいと思える働きをしたのはこの時だけだったぞ、ポンコツEdge520J野郎!しばらく進んだ先にBongoさんが停止していて”俺のGPSだとこの手前で曲がれって言っているんだけどさ、勢いで付いて来ちゃったよ。”いやはやわたしもおんなじです(^^;
先の方に二人組の姿が見えたけれどさすがに結構遠いので追いかけるという訳にも行かずにそのまま放置。
”でもさ、あの二人大丈夫かな?コースを逆走しているかもね。さすがに多摩川にぶつからなかったら気付くだろうけどそこまで行っちゃったら時間内に戻れないよねえ。”的なお話をしつつ引き返して正規コースへ。
※最終的にはその二名はコース復帰して認定も取れた(はず)

その後はなんとなく流れでBongoさんに前を牽いていただく形で人見街道を西進。しばらく進んだ先でアクシデント発生現場に遭遇し、諸々対応していて結局約50分ほどのロス。主催者に連絡を入れてリスタートして通過チェック、PC1を目指す。

今回はPCが二つで通過チェックが三つのコースで二つ目と三つめは事前に周知されていたけれど、一つ目は当日発表という(一応?)シークレットポイントにはなっている。
今回は写真チェックとして出されたお題に沿うものを撮影してゴールで提示またはSNS等にUPして閲覧していただくというスタイル。
一つ目のお題は矢野口交差点。
川崎街道と鶴川海道の表示が直角に交わっている標識を撮影するというもの。
17100105.jpg
通過(写真)チェック-1(16.3km)09:20着

矢野口から折り返し、お馴染みの多摩川左岸コースに復帰して遡上、途中の石田大橋から右岸方面へと向かう、AJたまがわでは【北関東】で使うルート。わたし自身はついこの間、R東京主催の【ぐるっと首都圏400】で走った道。モノレール下から離れてしばらく進んだ辺りでBongoさんと先頭を交代して以後PC1まで。

睦橋通りを走行中見かけた税理士事務所の看板。
(法理 規夫って妙に狙った名前じゃね?)とか失礼ながら心の中で笑ってしまったが
17100106.jpg
ググったら本当に法理 規夫という方が所長を務めておられる。

”PC1にオンタイムで行けるかどうか微妙な感じだねえ。”
”ちょっと間に合わなさそう。”
17100107t.jpg
PC1(50.0km)7-11武蔵五日市駅前店(close11:00)11:03着
わたしとBongoさんはW3スタートなので正規Closeから3分遅れ、もう一人同行していた参加者がいて、その彼はW2だったので13分遅れとなってしまっていたけれど、わたしとBongoさんはそれぞれ50分、同行参加者は60分のロスタイムが認められるはずなので全員救済対象で認定時間内。

”ここから先は登り坂多くなるから遅れるようなら先行ってくれちゃって良いよ!”と言われたので先行してみたけれど、檜原村役場辺りまでは大した勾配もないのでほとんど差はなくほぼ一緒に走った感じ。途中わたしのEdge520Jが不具合を起こして再起動したりしながらぼちぼちのんびり進む。

17100108.jpg
新矢柄橋、この橋の曲線を見ると奥多摩に来たという実感が湧く

徐々に勾配がきつい区間が現れるようになり、気が付けば単独で走行していた。グロスのペース的には若干の借金状態だったけれど救済対象のロスタイムを勘案したらマージンがあるという状況。事前にあれこれ考えていた寄り道プランの内揚げ物をいただこうかと考えていた五日市の松村精肉店も、こんにゃくをいただこうと考えていた車茶屋下の案内所日曜日は休業だったので実現できず(そのくらい調べておけよ)お次は九頭龍の滝。折角通勤車で参加して歩きやすい足元なのでここは寄らない手は無い。ということで、久し振りの訪問となる九頭龍の滝へ。
17100109.jpg
三頭山荘へ向かう分岐を過ぎ、橋を渡ってすぐのところ、10%勾配標識の下に自転車を停め道路反対側の遊歩道を下る。

<九頭龍の滝>
17100110t.jpg 17100111t.jpg 17100112t.jpg
17100113.jpg
奥多摩地域の、奥多摩周遊道路側の滝では最も好き
青梅街道側にはまた色々好きなのがあるけれど。

再び坂道をえっちらおっちら。
17100114.jpg
旧奥多摩有料道路料金所跡付近にある夢の滝

料金所跡から都民の森までが奥多摩周遊道路で最もきつい区間の一つ。
かなり強めの日差しに炙られて汗まみれになりつつ坂道を登る。
17100115.jpg
途中見通しの良いところから料金所跡付近を見下ろすと高低差にうんざり
17100116.jpg
天候には恵まれたので気分は悪くない

そんなこんなで都民の森到着。
既にお昼時をまわってしまっているし、PC1でロールパンを一つ購入して食べたものの朝食は当然抜き。当初は折り返しの道の駅たばやまで鹿カレーを食べる気でいたのだけれど一時間遅い7時台スタートになったのでここで昼食にすることに。

17100117.jpg 17100118.jpg 17100119.jpg
都民の森売店でカレーパンときのこそば
そばをすすっているときにPC1まで一緒だったトラブル対応で一緒だった参加者さんが寄ってきて”結構ガッツリ補給しているんですね。”と感心(?)された。更に続けて”この先どうします?なんだったら道の駅行かないでショートカットでゴールに行っちゃおうかと思って。”
”え~~~。もったいない。折角だからきっちり走って認定貰いましょうよ。一時間の救済対象なんだし、今この時刻だからたばやまからは下り基調だからゴールは多分オンタイムで行けますよ。”
結局その方は最後まできっちり完走されておりました。

都民の森を過ぎるとしばらく急勾配区間があるものの、その先は尾根筋で緩くアップダウンが続く。
ブラインドコーナーの手前に「この先150m 林道出口あり」の看板が現れたらコーナーの先が風貼り峠。今回はこの駐車場にシークレットチェックポイントが設置された。
17100120.jpg
シークレットチェックポイント(風張峠)13:40頃着
ぜっとさん、しんやさんのお二人が待機。
ブルベカードを提出してチェックをしてもらい、飲み物を貰ってしばし歓談。Bongoさんが未着との事だったのでしばらく到着を待つことに。
17100121t.jpg
待っている間に記念撮影
通勤車でここまで来たのは初めてだったはず。

14時を少々回ったところでBongoさん到着。しばらく休むような雰囲気だったので先行してリスタートすることに。
ここからR411に至るまではものすごく気分の良いダウンヒルとなる。
ロードバイクではないのでトップスピードは少々劣るもののそれでも充分気持ち良い。北側は日影となってしまっているので若干肌寒さを感じたりもしつつ。

<長くなるので続きは裏置き>
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: BRM1001    奥多摩  ラーメン  ないと  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ  AJたまがわ 
2017Oct02Mon

【「ほぼ」ノー・トラブル】BRM1001たまがわ200奥多摩(概要)【無事完走】 

普段ログ取りに使っているGarminのEdge520Jが、今回の中間地点である道の駅たばやま手前からゴール手前10km付近あたりまでずっとバグってしまっていたためまともにログが記録できていないので今回は計画したマップに画像とコメントをプロットしてみた。


因みにEdgeの表示は
17100133t.jpg 17100134t.jpg
終始こんな感じ

ログを確認してみたら
1710010.jpg
こんな感じにあちこち跳ねてる


各所通過時刻は以下の通り

7時台W3スタート(7:30)
17100103.jpg

通過(写真)チェック-1(16.3km)09:20着
17100105.jpg

PC1(50.0km)7-11武蔵五日市駅前店(close11:00)11:03着
※スタートからPC1までの間で所要約50分の救済対象案件があったため適用、PC2以降はオンタイムとなったので救済適用はPC1のみ。
17100107t.jpg

シークレットチェックポイント(風張峠)13:40頃着
17100120.jpg

通過(写真)チェック-2(104.8km)道の駅たばやま15:05着
17100126.jpg

PC2(149.1km)ファミリーマート青梅成木街道店(close17:26)17:11着
17100132t.jpg

通過(写真)チェック-3(180.8km)7-11志木柏町4丁目店(想定close19:34)19:23着
17100135.jpg


goal(201.2km)カトリック高円寺教会(close21:00)20:44着
17100136.jpg

認定時間13時間14分
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: BRM1001  奥多摩  ラーメン  ないと  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ  AJたまがわ 
2017Sep26Tue

【ざっくり予習】BRM1001たまがわ200奥多摩【実走スタッフ】 

※貼り付けマップの修正が反映されていなかったので2017/09/25以前にご覧になってデータを利用するつもりの方は要注意(2017/09/25)
来週末、10月1日はAJたまがわ本隊(※東葛班に対して便宜上こう表記します)の本年主催BRMの掉尾を飾る【BRM1001奥多摩】開催です。わたしは今回、6時台/7時台のふたグループある出走グループの内、6時台の実走スタッフとして参加する予定です。概ね最後尾をのんびり走るつもりではいますが、途中なにがしかの個人的事情でのペースアップはあるかも知れません。
今回のコースは新規に申請された新コースなので今回参加の皆さんは是非AJたまがわ公式の案内(特に試走レポート)をしっかりとご参照くださいますよう。

今回の200の特徴をわたしの独断と偏見でまとめると大きく以下三つ。

1.奥多摩周遊道路を抜ける。
2.復路、特にPC2以降が夕方から夜の市街地走行になる。
3.ゴールでは幻のラーメン店(?)「ラーメンないと」のラーメンが振舞われる。


三つめはモチベーションに繋がるとはいえ走りに直接は関係ないので(笑)ひとまずおいておくとして、上二つが今回のキモになると思われます。

1.に関しては下に張り付けたRide with GPSの高低図をご覧いただくと一目瞭然ですが部分的に15%前後の勾配を持つところがあったりします。特に料金所跡から都民の森までの約3kmが最初の山場。その後もひたすら登りが続きますが道幅はそこそこ広く、ふらつかずに走っていれば後方からの自動車の追い越しで怖い思いをすることはあまりないはず。
都民の森を過ぎると補給ポイントがほぼ皆無になるので要注意。月夜見第一駐車場には移動販売の車というか屋台がいたりしますが品数はそう多くないので。

16111232.jpg
東京都道路最高地点である奥多摩周遊道路ピークの風張峠を過ぎて快適なダウンヒル。
下りの途中の左手に水場がありますが、何せスピードが乗っているタイミングなので見つけてもスルーしてしまいがち。生水なので万が一を考えると胃腸に自信の無い方は避けておいた方が無難でしょうか。

6時台スタートだと最終ウェーブのギリギリ隊で13時半頃が折り返しの通過チェック道の駅たばやまになるのでお昼はここでという方も多かろうと。食堂は意外と回転が速く、わたしはここで待たされた記憶があんまりありませんが、食堂が満席でも売店で何かしら調達できるので補給はあまり気にしなくても大丈夫そう。
逆にこの周辺には飲食店らしきところがほとんどない(少なくともわたしは記憶していない)のでここを外すと川沿いをずっと下って行かないと飲食店が無い。

2.に関してはPC2がスタートから149㎞地点なので6時台ウェーブ(W)0の参加者のクローズタイムが15:56、7時台最終Wだと17:26分です。10月1日の東京地方日没時刻が17:25なので7時台W3の参加者でギリギリ隊ペースで走行する人はほぼ日没時刻がPCクローズ時刻となるのでリスタートしてからの走行は日没後。街中なので街灯がしっかりとあるところを走れるのが唯一のf利点、週末の夕方から夜にかけては買い物や飲食に向かうホリデードライバーの車が多いので急な進路変更やウィンカー無しの右左折等に充分注意して走行しないといけないので速度を上げ辛い上にそもそも信号が多くてグロスAve.15KPHの維持すら難しくなることがあるので慌てることなく走行するにはPC2で少々マージンを持った状態でリスタートした方が良いかも知れません。
また、自分自身の周りからの視認性を高めるうえでも前照灯/尾灯の早目点灯を。

<コース図>
※公式ではないので間違いがある可能性あり。ご利用時はご自身の責任にてお願いいたします。

例によってRWGPSなので累積標高高めですが、復路にトンネルがいっぱいあるのでまあ七掛けから八掛けとしても200㎞/2,100~2,400UPなのでそこそこ厳しめのコース。ラーメンの為にはこのくらい走って消費しておかないとって感じか(笑)
今回はゴール後にメインイベントが待ち構えているということもあって寄り道少な目な計画。
途中、時間に余裕があって気が向いたらどこか寄るかも知れないけれど。

16121826.jpg 17010136.jpg
今回は通勤車で参加予定

当日参加予定の皆様
よろしくおお願いいたします。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJたまがわ  BRM1001  奥多摩  ラーメンないと  ブルベ  ロードバイク    都民の森