04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

【新緑鮮やかな】BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-04【夏井川渓谷】 

BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-03より続く


朝食後すぐのPCだったので軽くコーヒーだけ飲んでいわきのPCを単独でリスタート。
ここまでフラットだったコースもここから再び山岳ステージへ。
いわき駅前を通過し、山の方に向かっている最中、日が高くなり強くなり始めた日差しに背中を炙られて結構ヘロヘロに。早速見つけたコンビニでガリガリ君休憩。リスタートしようとしたタイミングでK内さんが入れ違いに立ち寄り、りんぱぱさんが体調不良のまま勝田からしばらく進んだところでDNFしたとのこと。かなり体調悪そうだったもんなあ。
お店に入って行ったK内さんとは別に単独でリスタート。
170503052.jpg 170503053.jpg
夏井川を渡って右岸から左岸へ、以後ほぼずっと左岸

170503054.jpg 170503055.jpg 170503056.jpg
夏井川渓谷の木々はまだ緑が淡くて目に優しい
緑は目に優しいんだけど日差しは容赦なかったんだわ、これが(^^;

しばらく走っていて、どうにも既視感があるような気がしてならなかったけれど、この道はAJ宇都宮のブルべで逆方向に走った事があるコースだということに思い至るまで少々時間がかかった。っていうか基本的には勿来からずっとだよ(笑)
改めて当時のエントリを読み返してみると当時は何に興味を引かれながら走ったのか、今とはどんな違いがあるのか、自分のことながらなかなか面白い。もちろん時期的な違いも大きいけれど。

それでもやっぱり当時も今も滝には心惹かれる(笑)
170503057.jpg
170503058.jpg 170503059.jpg 170503060.jpg
篭場の滝とその周辺
滑りやすい岩の上をサイクルシューズを脱いでソックスでおっかなびっくり流れに近寄る。前回もそうしたことを忘れていたけれど。そんな時ヨシダさんとK内さんが相次いでパスして行ったのをお見送り。

170503061.jpg 170503065.jpg 170503066.jpg
ゆうゆうあぶくまライン

170503062.jpg 170503063.jpg
新緑が鮮やかながらまだ若干冬枯れ感の残る山間に桜の花がぽつぽつと

170503064t.jpg
個人的に気に入った眺め

しばらく進むと前方にひなびた無人駅。保育園が併設されているように見えるけれど単に隣接しているだけ。
でも運行本数少ないとはいえ線路脇に保育園って危なくないのかね?
170503067.jpg 170503068.jpg
ホームから線路を挟んだ向かい側に桜並木があって、ほぼ葉桜になってしまっていたけれど一株だけまだどうにか散らずに残っているものがあった。待合室で時刻表を確認したら幸運なことに五分ほどで郡山行きの汽車が来るらしいので桜と同じフレームに納められるよう場所を選んで待機。
170503069.jpg 170503070.jpg 170503071.jpg
ほぼ狙い通りのタイミングで汽車到着
なかなか満足してリスタート。

しばらく行った先でK内さんが自販機休憩しているところを通り過ぎた。

170503072.jpg
諏訪神社の翁(おきな)スギ・媼(おうな)スギ
常緑樹のスギだけあって色濃く力強い緑。

更にしばらく進んで小野新町駅へ。
小野小町生誕の地らしい。それにしてもこの方、生誕地も墓所も全国あちこちにあるな。。。
宗像教授の話の中で小野小町関連あったよね、教授の憧れの人のエピソード。

時刻は正午をかなり回っていて、駅前に商店でもあったら軽く何か腹に収めるものでも…すると一軒の定食屋さんの暖簾がまだしまわれずに出ていたので中を伺ってご主人に確認してみたところ、麺類は品切れだけれどご飯ものなら大丈夫とのこと。
170503073.jpg
きせいや食堂

170503074.jpg 170503075.jpg 170503076.jpg
ひなびた感じの店内、いかにも田舎の食堂っぽい雰囲気が良い

ご飯ものなら、ということだったのでカツ丼を注文。
厨房に下がった店主の姿をなんとなく目で追ったら結構厚めのロース肉をビール瓶で叩き始めていた。仕込みである程度用意していたのではなくこの段階から始めるのか。しばしの後みそ汁と香の物を添えられて到着。
170503077.jpg 170503078.jpg
丼物は蓋を開く瞬間がワクワクして楽しい

170503079.jpg
味付けはやや濃いめ、肉厚のカツは柔らかくてボリュームもあって美味しかった
正直あんまり期待はしていなかったものの思いの外(というと失礼か)美味しくて非常に満足してお店を後に。

お腹も満たしたし、後は折り返し地点まで明るいうちに到達すべく走るのみ。残り70km弱。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  千葉千  福島「g」  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJたまがわ 

【どんこ煮付けと】BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-03【殻付き生うに】 

BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-02より続く。


ひとりあたり約20kmずつ牽いて先頭を交代しようということになって、まずはK内さん、次いでりんぱぱさん、いよいよわたしという段になって何故か風向きが北寄りに変わった。
ぶつぶつ言いながらも先頭を牽いたもののコースが丁度ドーバーラインのアップダウンに差し掛かってしまってあまりトレインのメリットがなくなってしまった。そんなこんなでアップダウンを抜け、急坂を下って右に折れたら三つめ、往路千葉県内最後のPCである。
170503035.jpg
PC3 7-11銚子犬吠埼店(188.1km)21:53着(Close5/4 00:54)

つかぽんさん、タカトリさん夫妻はこの先確保している宿の門限に間に合いそうにないということであれこれ検討、連絡をしていたようだったけれど、宿の方で玄関を開けておいてくれる&ルームキーをカウンターに出しておいてくれるという対応をしてくれることになったそうでリスタートしていった。わたしたちが到着して間もなくウワンさん到着。かなり良いペース。ちょっとしたアクシデントに見舞われたということだったけれど走行継続には支障が無いようだった。

そこそこのんびり過ごして再び四人でリスタート。銚子大橋を渡っていよいよ千葉県から脱出。ところが銚子大橋を渡り切ったところでK内さんが眠いので離脱して休むとのこと。結局りんぱぱさん、中村さん、わたしの三人で先に進むことに。今度は10km毎に銭湯を交代するスタイル。しばらく順調に走行し、北浦東岸で最初に見つけたコンビニで休憩。
距離的にも丁度良い位置にあるので他の参加者も三々五々寄って来た。

<福島「g」二日目>
やや風が冷たい中、表でコーヒーをすすっていてふと見上げると店の看板の裏にツバメの巣が二つ。各々両端部だったけれど片方の巣には親鳥の尾羽が見えたがもう片方は親鳥が二羽とも巣の外にいてそのままの姿勢で寝ているようだった。
片方は卵の状態で片方は雛が孵っていたとかそういう違いがあるのだろうか?
170503037.jpg 170503036t.jpg 170503038.jpg
ツバメが寝ている姿を見たのは初めて
やや風があったので羽を膨らませて暖を取っている様子が可愛らしい。

しばしまったりしていたら銚子大橋で離脱したK内さんが追いついて来たので再び四人で進行。夜明け前の大洗を抜け、K内さんとわたしは”この階段は劇場版でIV号戦車が降りてきたところですよねえ(笑)”とかガルパンネタで少々盛り上がる。
夜明け前で少々眠気が生じたので那珂湊駅前のコインランドリーへ。ヘルメットインナーキャップを水洗いして乾燥機に放り込んだりして軽く仮眠し、明るくなってからリスタート。
すぐそばの7-11でコーヒーブレイク。中村さん”出来れば少々遅くなっても小名浜で朝ごはん食べたいよね。”なんてなことを話しつつ。
リスタートしてしばらく進んだところで後方にいたりんぱぱさんから”体調不良で朝食はパスしたいから小名浜で朝食希望の二人は先行しちゃって!”と言われたので小名浜に向けてガチ踏み。四両編成のたまがわトレインの前二両が快速列車として切り離し(笑)ところがしばらく進んだところで信号タイミングに引っ掛かったりして単騎での走行となった。とにかくあまり遅くならない時刻に遅めの朝食を!と踏みまくる。
海沿いの道を北上し、いよいよ茨城から福島へ。
170503039.jpg
県境を少々過ぎたところ、右手前方には小名浜が見えて来た

170503040.jpg 170503041.jpg
勿来の関、勿来駅前を通過

小浜付近は道路の線形改良が行われたり区画整理事業らしきものが行われたりしていて大々的な土木関連事業が行われていた。
170503042.jpg 170503043.jpg
建物の移築作業の現場を見たのは初めて
レールの先に新しい基礎が造られていて上物だけをレールで滑らせて移動。

勿来北側、小浜からひとこぶ越えたら小名浜に突入。
さすが福島県最大の港湾施設だけあってやたらと道幅が広い
170503044.jpg 170503045.jpg
いきなりひらける、右は水族館のアクアマリンふくしま

特に下調べはしていなかったけれど、いわき・ら・ら。ミュウという複合施設に入って暫く鮮魚市場を見物。
レストラン街で営業していた数店舗のうち「まさ常」というお店にお邪魔してどんこの煮付け定食を。
170503046.jpg 170503047.jpg 170503048.jpg
30cm近いサイズのどんこの煮付け、ごはんおかわりした(笑)
食後に再び市場内をうろつき、目星をつけていたところで生うにをいただく。
170503049t.jpg 170503050t.jpg
醤油を垂らしてスプーンで掬っていただく、ほんのり甘みがあって美味

すっかり満足してリスタート。
ごはんのおかわりで少々腹が重い。
170503051.jpg
PC4 7-11いわき下神白店(373.4km)10:13着(Close5/4 13:12)
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  千葉千  福島「g」  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJたまがわ 

【晩御飯は】BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-02【イタリアン】 

BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-01より続く


<走行ログ>

W3でも更に後方からのスタートだったので前後にしばらく誰もいない状態が続いたものの、安房グリーンラインに入る手前でゆりかさん&はらぽんさん夫妻に追いついた。しばらく追走していたけれど、白浜トンネル手前で夫妻がテールランプのスイッチを入れるため(?)停車したのでパスしてトンネルへ。登り基調のトンネルを抜ければお久しぶりの海底地すべり地層。
170503013.jpg
海底地すべり地層

グリーンラインのアップダウンを快調に進む。ロードバイクってこんなに走りやすかったのか!と改めて感動した。機材がブルべデビュー当時に戻ったと同時に数か月ぶりのロードバイクでのブルべ参加なので本当にリセットされたまっさら気分でブルべに臨めている。
170503014.jpg
グリーンラインでほぼ唯一館山方面への眺望がひらけているところ
新緑の淡さよりも力強い濃さの緑が目立つ。

グリーンラインが終わり、県道88号線へと向かう手前で前方に薄いピンク色の『スズキケ』ジャージを着た女性、その前方に同じくスズキケジャージの男性。今回ズッチャさんは単独参加だったはずなのでつかぽんさん、タカトリさん夫妻だろうと思って寄ってみたらまさしくその通り。しばらく追走した後先行させてもらう。
しばらく単独で走行していたら後方から結構な勢いで追いつき追い越していった一台。

170503015.jpg
魚肉ソーセージ号(笑)のチバさんでした

冬の小金井館山合宿のロングライドの際に走ったコースを逆向きに走り、峠を二つ越えてしばらく走ればお馴染み更和のセブン-イレブン
170503016.jpg
PC1 7-11富津更和店(54.4km)14:27着(Close16:02)
ここでりんぱぱさん”夕飯どうする予定?”と問われたものの深く考えておらず、銚子かなあ。。。と答えたものの銚子は今回のコースだとスタートから180km地点なのでAve.20KPHで押しても21時を回ってしまって主だった飲食店は営業を終了してしまっている。一つ手前のPCがある一宮近辺で適当な飲食店を探そうということになり、PCで落ち合うことにして各々リスタート。
久し振りの鹿野山を登りながらウワンさんに追いついたので軽く言葉を交わしてわたしが先行。

170503017.jpg 170503018.jpg
今年初となるマザー牧場。ここに来ること自体久し振り

170503019.jpg
鹿野山神野寺

170503020.jpg
九十九谷展望台でちょいと休憩

170503021.jpg
いつも不思議に思うけれどここってなんだっけ

鹿野山を下りてから細かいミスコースをちょこちょこやらかしながら進み、月崎駅ちょっと手前でミスコースして復帰するところでりんぱぱさんと合流。そこから先は一緒に進む。
170503022.jpg 170503023.jpg
月崎駅でトイレ休憩
アート関連のイベントが開催中で、普段は普通に入っていけるところも入場料金が必要となるので遠巻きに。
結構人出が多かった。

しばらく進んだところで【BRM225たまがわ200鴨川】の際に使ったコースに合流。【鴨川】の時は南側から右折(&フォトコントロール)した場所を今回は北側から左折。
170503024.jpg
鴨川の時Hideさんを撮影したのとほぼ同じアングル(笑)
あの時はHideさんに食らいついていこうと後を追ったらオールアウトしかけてヘロヘロになってしまった挙句下り坂で転倒するという情けない事態に見舞われたのであった。

170503025.jpg
前回も気になった畑と森の中にポツンとあるカフェ。いつかお邪魔してみたい。

多分前半戦で一番厳しい勾配があった区間がここだったと思うけれど、途中脚が攣りそうになったというりんぱぱさんがちょっと休憩している間、ペースを落としてえっちらおっちら登ったりちょっと下ったり登り返したり。
170503026.jpg
境界線がピークかと思いきや、まだもうちょい登り返しがある。
ピーク手前でりんぱぱさんが追いついて来たので再び一緒になって先へ進み
坂を下り切ったところでコンビニ休憩。
170503027.jpg 170503028.jpg
次のPCまでまだ20km強ある

ひと息ついてのんびり走り、日が暮れかかった頃二つ目のPCに到着。
170503029t.jpg
PC2 ローソン一宮海岸店(121.8km)18:14着(Close20:28)
先着していたK内さんにも声を掛け、りんぱぱさん、K内さん、わたしの三人でリスタート。夕食場所をあれこれ探しつつ。
長生村太陽の里入り口付近にラーメン屋さんとイタリアンなカフェレストランがあったのでどちらにするか問われ”イタリアンにしましょ!”と、答えた。ラーメンならこの先多分いくらでも機会があるので何度も入ったら飽きるだろうと思ったのだけれど、意に反してその先ラーメン屋さんには一軒しか入っていない。

170503030.jpg
カフェレストラン椎の木

170503031.jpg
ノンアルビアで乾杯

170503032.jpg 170503033.jpg
生シラスのペペロンチーノ(サラダ付き)
シラスがたっぷり乗って美味しかった。お店の雰囲気も店員さんの対応も良かったし、値段もお手頃。

お腹を満たしたところでリスタート。
途中で合流した中村さんも加えて四人のAJたまがわトレインで夜の九十九里を北上。
170503034.jpg
AJたまがわトレイン
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  千葉千  福島「g」  ロードバイク  ロングライド  ブルベ    観光  AJたまがわ 

【ピーナッツソフトと】BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-01【海鮮丼】 

三年振りとなるオーバー600ブルベは今回も1,000km
過去二回、A宮城主催の『東北1,000』は台風接近による悪天候やメンテ不良によるペダル喪失などのひどい目に遭いながらも何とか完走を果たし、R東京主催の『ええじゃないか伊勢夫婦岩1,000』は道中あちこちでグルメを堪能し、揚句途中のPCで制限時間を超過してしまったことをTweet してしまったため最終的にゴールには間に合ったものの完走認定はしていただけずに認定外完走となったという経緯があって対戦成績は二戦一勝一分の負けなしという状況。
認定外完走も記録上は途中棄権と同じ扱いなので一勝一敗とカウントすべきではないかという向きもあろうかと思いますが、あくまでもわたし自身の心の問題です。負けたと思っていないので敗北では無いのです、ええ。

という訳で久し振りのオーバー600に参加することにしたAJ千葉主催の【BRM503千葉1000(福島「g」)】
過去二回の1000はいずれも秋開催で日中は暑かったものの夜はそれなりに過ごしやすくて助かったものですが、今回は春開催。実は定峰ゴールで歓談していた際、のんのんさん”福島の夜を舐めちゃいけません!”と散々注意を受けていたものの、直前にプライベートで走った際には十二峠や三国峠手前で雨に降られて外気温6、7℃という状況でも大したことがなかったのでタカをくくっていたのですが、正直考えが甘すぎたと悟ったのはまだしばらく先のこと。
それにしても今回のコースのペットネームはなぜわざわざ小文字の「g」なのか。事前に公開されたキューシートのファイル名は「RX-78」で、これならば本来大文字の「G」であってしかるべきではないのか。なぞと色々思いを巡らせてしまうところですが、折り返し点をGoogleMaps等で確認してしまうと疑問が氷解してしまうので、あれこれ楽しむためには知らなかったことにして走るのが一番良い(笑)

<福島「g」前日>
本番二日前に自走で新潟からの帰京を目指したものの若干の不安から高崎で切り上げて輪行帰宅、前日はまるいち日メンテ日に充てて4月30日、5月1日に感じた不具合解消を図って万全を期すつもりだったもののどうにもフロントアウターチェーンリングの磨滅劣化が酷く、チェーンのコマ飛びが頻発するのでチェーンリングを交換しようと思ったもののさすがに近場のショップには在庫がないので購入当初の数か月使って押し入れにしまいこんであった、完成車に装着されていたデフォルトのクランクを取り出し装着してみたらコマ飛びの不具合は完全に解消された。時間に余裕があったらワイヤー類の引き直しもしたかったけれど、1,000km走る直前で新品に交換すると走行中にワイヤーの初期伸びが生じて不具合になる可能性もあるので取りやめにした。
これで諸々事情が重なり、前後ホイールとチェーンリングを含むペダルクランク周りは購入した当時(=ブルべデビュー時)の装備に切り替わった訳で、なんとなく気持ち的には心機一転ブルべライフリスタートみたいな感じになった。
一通りメンテが終了してあらかた携行荷物をそろえ終わったところで近所の銭湯に行って黒湯温泉でのんびり。風呂上りに雑色駅前のサイゼリヤであれこれローディングして上機嫌で帰宅、翌日に備えてさっさと早寝。
170503000.jpg
サイゼリヤでローディング中

<福島「g」初日>
明けて水曜日、予定通りの時刻に目覚めて用意してあった荷物をザックに詰め、いよいよスタート地点である千倉に向けて自走スタート。まあ、この際お約束的にあれこれちょっとした品々をパッキングし忘れた。
170503001.jpg
専修寺関東別院前スタートは5/3(水)5時半頃

約二時間で久里浜港フェリー乗り場に到着。往復チケットを購入し乗船準備。8:20発金谷行き白浜丸に乗船し、朝食がまだだったので船内売店で海軍カレーを調達。
170503002.jpg
今年三度目となる東京湾フェリー
一度目は若潮マラソン参加のために通勤用MTBで。
二度目は小金井トラチーム館山合宿のためにTTバイクで
三度目の今回はロードバイクで…と、三回とも自転車が違う(笑)
170503003.jpg
船内売店で調達した海軍カレー
170503004.jpg
約40分後、金谷港到着。千葉国上陸である。

内房なぎさラインを南下し、途中館山バイパスに遷移してまず目指すは木村ピーナッツ(笑)
170503005.jpg
館山バイパスは道幅に余裕があって気分良く走れて好き
170503006t.jpg
無事今年三度目のピーナッツソフトクリーム

木村ピーナッツを後にして千倉に向かう。
途中右折すべきところを左折してしまい2kmほど進んでしまったものの途中でミスに気が付き引き返して事なきを得る。”いつも走る馴染みの道だから。”とGPSにMap表示もさせずに自らの勘だけに頼って走ったら早速このありさまである。先が思いやられる。
途中、AJたまがわスタッフの中村さんと合流したりしながら無事スタート地点の道の駅ちくらに到着。
170503007.jpg 170503008.jpg
スタート受付到着は11:15頃

当初の計画では11時ちょっと前に到着して早めの昼食として海鮮丼を頂いてからスタート受付のつもりだったのだけれど、ミスコースのお蔭でしょっぱなから計画が頓挫してしまった形。
1705030082.jpg
ヤマシンさん撮影
テンション高め(笑)
受付を済ませ、周囲の人たちとあれこれ挨拶を交わしたりしていたらあっという間にブリーフィングの時刻。

170503009.jpg 170503010.jpg
ブリーフィング風景
今回の参加者は100名にちょっと欠ける83名がスタート(エントリー106名、DNS23名)
GWをつぶして1,000km自転車で走ろうというヘンタイなフレンズの群れ(お前もな)

今回のわたしのスタートグループはW3で、W1が正午ちょうど、以後各ウェーブ10分毎にずらしてスタートになるので12:20スタートとなる。ブリーフィング終了から40分ほど間があるので折角だからスタート前に海鮮丼を頂いてしまおうとそそくさと道の駅の食堂はな房に移動。
170503011.jpg 170503012.jpg
海鮮丼♪

再びスタート地点に戻ると前のウェーブの参加者は既にスタートを済ませていて、W3もスタートまであと5分ほどなので車検が始まっており、既にスタートした人もちらほら。
わたしもスタッフのべいさんに車検をしてもらい、しばしダラダラと雑談の後ほぼ定刻通りの12:20に道の駅ちくらを後にした。いよいよ今年というか一昨年、昨年も併せてわたしにとっての最長距離となるブルベのスタートである。実のところ今年に入ってから走ったブルベ四本は船橋発着の際に自走往復だったので総距離は300km弱というのがあったものの全て200kmだったので脚はともかくとして尻がもつのか非常に不安この上ない立ち上がりなのであった。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  千葉千  福島「g」  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJたまがわ 

【8連休は】2017年の黄金週間【毎日ペダル踏んでおりました】 

<初日(4月30日)>
世間では29日から9連休という話も漏れ聞いていたけれども生憎こちとら29日はお仕事なのでありました。それでも30日からの八日間はお休みなので世間一般水準からすると充分恵まれているのでこの状況に感謝。
当初から天気予報をロクに確認もせず、4/30は十日町でまったり、5/1に東京に向けて移動し5/2はチャリメンテ日、5/3からの1,000kmブルベに備えるという計画だったので午前中はLSDラン。


17GW01.jpg
場所によってはまだ「ソメイヨシノが満開

17GW02.jpg
この日のお目当ての黄桜

17GW03.jpg
帰る途中でラーメン

夕方にははロードバイクの様子見のために練習コースを一周してみた。
チェーンのコマ飛びが酷いので東京に戻ったらチェーン交換をしようと心に留める。

<二日目(5月1日)>
諸々目論見があって若干回り道をしながら帰る約280kmのコースを引き、当初6時ごろスタートして日が改まる前には東京の自宅に帰着する計画だったものの5時頃目覚めてみたら耳に入って来たのは雨音だった。朝食をしたため、雨雲レーダーサイトで雨雲移動の推移を確認して9時過ぎ頃スタート。しっとり降る雨の中津南から十二峠を越えて越後湯沢に入る、SR600KNの逆ルートを走行。十二峠前後で雨脚が弱まり三国峠に差し掛かる頃にはすっかり上がっていた。
途中湯沢中央公園の池のほとりでほぼ満開の枝垂桜を堪能。生憎の天候が幸いしてほぼ無人、気分よく池の周りをのんびり散策することができた。
三国峠を越えてグンマー国に入ると天候はがらりと変わって気持ちの良いツーリング日和。
6月に開催するわたしが主催担当のブルベコースで気になっていた部分の確認を兼ねて前橋、高崎付近を通過するコース。みなかみから先は単純に国道を抜けても面白みに欠けるので子持山西側の三国街道を南下。高山付近で後輪がパンクしてしまい対処して原因を確認してみたところリムのスポークホールにはめてあるキャップが劣化破損して破断部が鋭利になっていたために生じたパンクだった。経年劣化であれば他のキャップも同様の症状を起こす可能性があるので無理に先に進むことはせず輪行エスケープすることにして高崎から湘南新宿ラインのグリーン車に乗り込み、ビールを飲みつつ移動し東京の自宅に帰着。

17GW04.jpg
コースからはちょっと外れるものの、SR600KN初挑戦時にはこのコンビニで休憩した
その時も結構豪快に降られてしまったものだった


17GW05.jpg
三国峠クロソイド曲線の碑。SR600KNのさ写真チェックポイントでもある

17GW06.jpg
お約束になりつつあるパンク
プロ・パンクチュアリストとなる日も近い(イヤ過ぎる

<三日目(5月2日)>
4/30と5/1に感じた不具合を解消させるため昼からメンテ。リムテープの買い置きがなかったので源八でうどんを食べてからY's環八R1に行こうと思い、開店直後の源八でうどんを食べ、そのままY'sへ行ったら平日扱いで開店が正午だったのでそのまま移動してスネルでリムテープを購入。ついでにCO2ボンベも数本調達。
チェーンを交換し、ホイールのスポークホールキャップを除去してリムテープを装着し、一通りのメンテナンスを終了させて多摩サイを軽く流してみたけれどもコマ飛び問題が解消されなかった。何とかごまかせるかと思ったチェーンリングがやはり磨滅しすぎているようだったのでダメ元でY'sに行ってみるもやはりチェーンリングの店舗在庫は存在しなかった。仕方がないので捨てずに取ってあった、完成車を購入した際付いていたデフォルトのクランクを引っ張り出してきて装着。コマ飛びが一切生じなくなってホッとした。
1,000kmをj走るのに機材に不安がある状況では心細いにもほどがある、というか主催はもとより他の参加者に迷惑をかける可能性もあるのだから出走すべきではない。
一通り準備が済んだので馴染みの銭湯の黒湯温泉でのんびりまったりした後雑色駅前のサイゼリヤで諸々ローディング。赤ワインを1リットル以上飲むのは1,000kmブルベ前夜の行動としてはどうなのか。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJ千葉  福島「g」  千葉千  AJたまがわ 

【定番200】BRM402定峰 完走記録-2【無事終了】 

BRM402定峰 完走記録-1より続く。


ちんばたから坂道を下ってPC2前に復帰。ざっと見た限りでは知り合いらしき姿は見受けられなかったのでスルーしてR140を北上、定峰峠に向かう大野原交差点で信号待ちをしているランドヌーズがいて、近寄ってみたらHitomiさんだった。曲がり忘れて少々オーバーして戻って来たところらしい。信号が変わってリスタートしたら丁度右手の雅紀屋からぴかさん、のんのんさんが出てきてコースに復帰しようとしていたところ。後から聞いたらのんのんさんが坂道を登る案を却下したのでちんばたではなくここになったのだとか(笑)
17040232.jpg 17040233.jpg
Hitomiさんにお付き合いいただきゆるふわヒルクライムを堪能
路肩には雪が残っていたものの基本的に路面はドライで気温低めながら日差しがあるのであまり寒さを感じず汗もかかずで非常に走りやすい。

色々な雑談を交わしながらのんびり登って行くのはなかなか楽しい。Hitomiさんが昨年ツーリングで一緒に走った際にぜっとさんべいさんの掛け合い漫才のような会話が楽しかったとか、”morouさんって普段はヒルクライムとっても速いのになぜか付き合ってくれて「morouさん意外と優しい♪」って思っていたらポケモンを孵すのに10キロくらいで走る必要があったからだって!morouさんは優しいんじゃなくて腹黒だったんだわ”とか色々微笑ましい(?)エピソードを教えてもらったり。

途中スタッフカーに追い付かれて二人で登っているところを撮られてみたりしながら楽しく登り、昨年秋以来約半年ぶりの定峰峠ピークに到着。
17040234.jpg
定峰峠着
峠の茶屋の自販機でコーラを買って小休止といった風のHitomiさんに声を掛けて花桃の郷へ立ち寄るべく先行して単独でダウンヒル開始。

17040235.jpg
昨年の【秋定峰】の時はまだ道の駅じゃなかったから初めて見る標識

17040236.jpg
虎山の千本桜
前回花桃の郷を訪れた際、花桃が満開だった時期にはこちらもほぼ満開に近かったけれど、今年はまだまだつぼみのまま。陽気にも依るのだろうけれどあと10日から2週間くらい?

17040237.jpg
あちこちでアカツメクサ(ムラサキツメクサ)が広がっていた

正規コースが右折する丁字路を左折してから2kmほど緩い坂道を登れば目的地に到着。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク    ブルベ  AJたまがわ    観光  大内沢  花桃の郷  和紙の里  小川 

【一年振りの】BRM402定峰 完走記録-1【ひつじや&ちんばた】 

関連エントリ ⇒ BRM402たまがわ200定峰 概要


<走行ログ>

【実施日時】2017年04月02日06:30スタート(ウェーブ-3)
 ※大抵数分前にスタートしますが珍しく正規の時刻丁度にスタート
【走行距離】209.96km(公式距離:202.6km)
【総所要時間】 12時間44分(認定時間:12時間46分)
【乗車時間】 11時間23分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間、グロスの平均時速) 16.5km/h
【Ave.】 (走行距離/乗車時間、ネットの平均時速) 18.4km/h
【獲得標高】 1,900m



AJたまがわ主催ブルベの定番コース、200kmの定峰に参加。このBlogのプロフィール欄にも書いてある通り、2014年のこの定峰がわたしのAJたまがわ末席スタッフとしての活動の端緒となったイベントです。当時は認定試走とスタート/ゴール番担当で、AJたまがわの、クラブとしての初主催ブルベ認定試走第一号だったりします。
今回は業務の都合で新潟滞在中ということもあってスタッフとしての業務はご容赦いただき、純粋にコースを楽しんでまいりました。スタッフとしての業務を免除していただいているとはいえやはり受付設営のお手伝い位しなきゃならんだろ!と、勝手に考えスタート地点には5時ちょっと前くらいには到着できるよう計画し、移動時間の30分強と起床してからの準備時間の30分強、計一時間半を見込んで3時半に目覚ましをセットして早寝(のつもり)をしてアラームと共に目覚めたものの安定の二度寝。結局自宅を出発したのは5時を回ってしまってからのこと。

17040201.jpg
専修寺関東別院前@04/02/5時過ぎ

17040202.jpg
今回の足元はアシックスの安全靴
ここの所使っていたトレランシューズは【仙人ヶ岳】の時に使用してそのまま新潟に置いてきてしまったので今回の足元はこれ。防水仕様品なので風を通さずつま先が暖かかったので今回の選択は結果的にむしろ正解。

約30分後、二子玉川兵庫島公園に到着すると既にブリーフィングが始まっていて、主催の鎌野隊長が注意事項を説明しているところでした。
17040203.jpg
ブリーフィング風景
ブリーフィング後に受付。”とりさんはウェーブ(W)-3で良いよね?”と問われ、そのまま6:30スタートのW-3で受付を済ませたら今回6時台のW-3はわたしひとりだったという。

17040204.jpg
W-0~2までの参加者をお見送り
7時台スタートの参加者が集まるのを待ち、色々な方に軽くご挨拶をして6時30分丁度に唯一の第3W参加者として鎌野隊長に車検をしていただいた後にスタート。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク    ブルベ  AJたまがわ    観光  ちんばた  ひつじや  大内沢  花桃の郷 

【梅と花桃】BRM402たまがわ200定峰 概要【桜はもうちょい】 

17040200.jpg
c:kuro scotto(@kuro_scott)

<当日走行ログ>



AJたまがわ定番コースのひとつ、200kmの定峰に参加して来ました。
わたしにとっても定番の一つで、コースが頭の中に入っているのでキューシート無しで最初から最後まで走り切れる数少ないコースの内の一つです。
今回はスタッフとしてではなく一般エントリー枠での参加。とはいえ何かしらあった場合にも知らん顔でスルーするという意味ではありませんので念のため。実際に停止したり押し歩きしていた方への声掛けや多少の注意喚起めいたこともしていたので煩わしく感じた方がいたらごめんなさい。

定峰と言えば例年春と秋の二回開催されてきましたが、今年は諸般の事情で春のみとなりました。一週間前には秩父方面で結構な降雪があり、定峰の峠の茶屋周辺が真っ白になった画像がTwitter等で拡散されたり、また開催前日にも関東地方で雨が降り、山間部では雪が積もってしまうところもあったという心配な状況でしたが幸いなことに定峰のコースには大きな影響もなく、開催当日は若干気温が低めであったものの概ね晴れ間がのぞいて日差しが暖かく穏やかな陽気で申し分のないツーリング日和となりました。
参加したみなさんお疲れ様でした。また開催運営に携わってくださったスタッフ及び関係者のみなさまありがとうございます。とりわけ前日試走で雨とみぞれを引き受ける露払いという大役を担ってくださったBongoさん、がんちょさんには大感謝です(笑)

今回はぴかさんからの提案で久し振りに大内沢の花桃の郷にも立ち寄ってみました。開花状況は五分咲きくらいでまだちょっと早いかなといった感じでしたが思った以上の人出でした。以前来たときは満開のタイミングだったけれどガラガラだったのになあ。いつの間にか人気スポットになってしまったようです。道の駅開業に合わせてPR活動を行ったということでしょうかね。


スタートからゴールまでの画像ダイジェスト

17040204.jpg
スタート:二子玉川兵庫島公園

17040206.jpg
玉川上水羽村取水堰付近

17040222.jpg
ひつじやのコロッケ(秩父市)

17040228.jpg
ちんばた(秩父市)でわらじカツと豚みそのW丼

17040239.jpg
大内沢花桃の郷(正規コース外)

17040249.jpg 17040252.jpg
道の駅 和紙の里ひがしちちぶ

17040253.jpg
帝松 大吟醸ソフトアイス

17040259.jpg
小川(昭島店)で半チャーシューメン

17040262.jpg
ゴール: 二子玉川癒しふれあい館

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルベ  AJたまがわ    観光  ちんばた  ひつじや  大内沢  花桃の郷  和紙の里 

【宮古島本番まで】月間累計距離(2017年3月期)【あと三週間】 

ええ、本日
『厳正なる資格審査・抽選の結果、今回は残念ながらご意向に沿えない結果となりましたことをお知らせいたします。』By佐渡トラ事務局
というメールを受信してしまい、更にちょいと風邪ひき始めの状態でプールに行ったら泳いでいる最中に咳き込んでしまって”このまま死ぬんじゃないか”って思いを味わってしまったりしてなかなか凹み気味なわたしです。ミナサマにおかれましてはいかがお過ごしでございましょうか。
初エントリーとなる宮古島まであと三週間となった今、今月のあれやこれやを取りまとめてみました。

各種目の累計距離及び主なイベント

スイム:21km

バイク:327.8km
・BRM311たまがわ200やまゆり

ラン:263.4km(トレッドミル含む)
・第7回 小江戸大江戸200kフットレース
・第10回 仙人ヶ岳トレイルランレース

体重:82.2kg(3/17)⇒81.4kg(3/31)

全日本トライアスロン宮古島大会(STRONG MAN)本番まであと三週間あまり。
今月初めの小江戸大江戸200kフットレースに向けて年明けはランをメインにしていましたがいよいよ今月来月はスイムを徹底的に強化すべく、週3日ペースでプールに通っています。かつてこんなに泳いだことなんかなかったレベル。
今までせいぜい概ね10km/月程度でしたが今回は今通っているプールに会員登録したのが3月20日、当日も泳いでいるので今日まで12日間この距離なので今までの四倍以上泳いでいる計算になります。まあそれでもなかなか泳ぎは上達してくれないのが歯痒いですが、半月泳いだからどうという訳でもないだろうし、泳力に関しては長い目で見てじっくり底上げしていければと。
幸か不幸か長期出張中で集中できる環境にあるので基本的にトレーニング中心にアフターファイブの生活を組み立てています。自転車にはもうちょっと乗りたいけれどちょっと山の方へ行くとまだまだ雪が残っているので室内でローラー台…となるのですがこれもなかなかその気にならない。
宮古島が終わったらすぐにAJ千葉の1,000kmブルベの開催日になってしまうので少々心配ではありますが、まずは宮古島できっちり満足できる結果を残さないとね。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: トレーニング全般

ジャンル: 趣味・実用

タグ: ロングライド  ブルベ  ウルトラマラソン  小江戸大江戸  BRM311  やまゆり  AJたまがわ  仙人ヶ岳 

【三週連続200k走】BRM311たまがわ200やまゆり 完走記録【三本目】 

始めに
小江戸大江戸の走行記録エントリは基本的にブルベとは無関係だったので触れていませんが、去る2017年3月15日現地時間早朝午前6時過ぎ頃、ニュージーランドにおいて同地の1200kmを走破するブルベに参加中だったオダックスジャパン(AJ)会長稲垣氏(イナさん)が交通事故に遭われてお亡くなりになりました。トラックに後方から跳ね飛ばされた追突事故で、稲垣氏はその場で死亡が確認され、同走していた外国人サイクリストは病院に搬送された後会話ができる程度には回復しているようです(3/17 AJ経由情報)。
悪天候によりDNFの判断をしたのちエスケープのために移動中だったとの事なので厳密に言えばブルベ中の事故ではないと言えるかも知れませんが、ブルベ開催期間中にその参加者が命を落とすということは日本人としては国内外問わずこれまでになかったことで、その最初の犠牲者がよりによってAJ会長その人だったというのは非常に残念で悲しい巡りあわせです。
イナさんとは何度かブルべでお会いしたことがあり、一昨年のオダックス埼玉忘年会であれこれお話させていただいたたのが一番長時間会話した経験ですが、元気あふれるエネルギーの塊のような人でした。AJ会長に就任されてからはピンバッジやワッペン、ウールジャージの製作頒布を始め、海外との太いパイプを利用したりしてAJを変えて行こうという意欲を持って行動されていたことが傍目にもはっきりわかりました。志半ばでの急逝はご本人も相当無念なのではないかと。

ブルベは公道を占用することなく利用し、時には夜通し何日間も走るスポーツです。悪天候や深夜/早朝の時間帯等事故の危険を伴うシチュエーションでの走行も時には余儀なくされます。
稲垣氏ほどのベテランランドヌールが(そして同行者も)安全装備が不充分であったとは到底考えられませんがこうして事故が発生し、結果稲垣氏の命が喪われてしまうという事態となってしまったことは今後ブルベを走り続けるつもりでいる身には恐怖、脅威であったりもする訳ですが、自らの努力だけではどうしようもないことはさておき、まずは自分自身にできることをしっかりとやって淡々と進むしかないのだなと改めて感じています。

故人のご冥福を心より願ってやみません。




関連エントリ⇒BRM311たまがわ200やまゆり 完走結果概要


BRM225たまがわ200鴨川(ブルベ=自転車)、第七回小江戸大江戸200kフットレース(ウルトラマラソン)に続く三週連続200km走の掉尾を飾る第三弾はAJたまがわの新規コースでの開催となるBRM311たまがわ200やまゆりです。実際にはこの翌日、今度は自動車で250kmほど走ったのですがまあそこはそれ(笑)
たまがわスタッフの蔵原さんが引いたこのコース、生憎諸事情によってご本人が主催することができませんでしたが、もしご本人がゴール受付にいたら”なんでこんなきっついコース引いたんですか!?”と詰問しそうだった(笑)
獲得標高自体はまあ一般に標準的と評される類のコースなのですがどうしても都市部を抜ける際の信号や渋滞に引っ掛かってしまって平地部分で思うようにペースが上げられないままやまゆりライン、ヤビツ峠といった難所を抜けなければならないので時間に余裕がない人が多かったようです。DNFもそこそこいたし。ただこれは今回が初ブルべだという参加者が多かったことも要因のひとつかなと。走り慣れていない人にはちょっと厳しいコースレイアウトではないかと感じた次第です。

色々とバタバタしていて準備もままならず、しかも目覚めもやや遅めだったこともあって出発も遅め。
17031101.jpg
専修寺関東別院前@03/11/05:20頃
自宅からスタート地点まで30分かかるのに、6時スタートにエントリーしている人間がなぜこの時刻に自宅を出発するのか。どうにかこうにかスタート地点に辿り着いたのは全体ブリーフィングが終了して今回初ブルベとなる参加者に対しての注意喚起タイムが始まったところ。

17031102.jpg
今回がブルべデビューとなる方々(6時スタート組)
鴨川の時も思ったけれど、これだけ獲得標高があるコースを初めてのブルベで走ろうと考えるとか凄いよなあと。

17031103.jpg 17031104.jpg
W0、W1の方々をお見送り
今回わたしはW2(06:20スタート)です。

<走行ログ>

【実施日時】2017年03月11日06:19スタート
【走行距離】 208.4km
【総所要時間】 12時間53分(認定時間:12時間54分)
【乗車時間】 10時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)16.2km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)19.1km/h
【獲得標高】 2,071m


しばらく単独で走っていたけれどR1を走行しているうちに秋さん他数名のグループと一緒になりしばし先頭を牽いたり牽いてもらったりしつつ横浜市内を抜ける。逗子駅前を通過し、定番となっている海沿いの道は通らずに内陸を抜ける。このルートはほとんど使ったことがない。

鎌倉中心部を抜け、大仏前を通過するコースだったので後方の秋さんに声を掛けて先行してもらい、わたしは一人で大仏様にお参り。今年初鎌倉大仏。
17031105.jpg 17031106t.jpg 17031107.jpg
17031108.jpg 17031109t.jpg
ひとりやふたり参加者を見かけるかと思ったけれどそんなことは無く、スタート直後のPC1手前で寄り道するような物好きはあまりいなかったようである。

お参りを済ませて先を急ぐ。まだPC1にも到達していないし。
行く手には最初の肩慣らし的な鎌倉山。こちら側から登るのは初めての経験だなあとか思いながらボチボチ進んで行ったら
17031110.jpg
いきなりの急坂
鎌倉山のこっち側ってこんな坂道だったの?(^^;
それでもギア比的に非常に有利なMTBだったので軽いギアでクルクルクルクル。こういう時MTBって楽でいいわ♪

17031111.jpg
妙に味わい深い空手道場の門

17031112t.jpg 17031113t.jpg
今まで明るい内に鎌倉山を通過したことがなかったのでこれが初
大仏殿側から登ったことがないので左の石碑は初見。

短いダウンヒルを味わったらPC1到着。
17031114t.jpg
PC1ファミリーマート西鎌倉駅前店(57.1km)09:28着
一週間前の小江戸大江戸のダメージはあまり感じずまずまずのペース。
出がけにバタバタしてしまって時間がなくて朝食抜きだったのでそこそこしっかりガッツリ補給してリスタート。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM311  やまゆり 

【三週連続200km走掉尾】BRM311たまがわ200やまゆり 完走結果概要【無事終了】 


【実施日時】2017年03月11日06:19スタート
【走行距離】 208.4km
【総所要時間】 12時間53分(認定時間:12時間54分)
【乗車時間】 10時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)16.2km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)19.1km/h
【獲得標高】 2,071m



BRM225たまがわ200鴨川小江戸大江戸200kフットレースに続く三週連続200km走の掉尾を飾る第三弾、【BRM311たまがわ200やまゆり】に参加してまいりました。
二子玉川兵庫島公園を出発して第二京浜(R1)、R16を南下してR134を西進して小田原に入り、広域農道やまゆりラインからヤビツ峠を抜け、最後に尾根幹(都道 南多摩尾根幹線道路)を走らせてもらえるというなかなかどうして坂道盛り沢山なコースでしたが前半の平地区間で追い風に恵まれたお蔭でそこそこ走りやすいコースとなりました。気温もやや低めでコース上目に付いた表示の最高は11℃。坂が多いコースでしたが汗冷えすることなく概ね快適に走り切れました。

17031107.jpg 17031115.jpg 17031120.jpg

17031124.jpg 17031131.jpg 17031133.jpg

17031119.jpg 17031123.jpg


例によって生足出走だったら今回生足参加者が他に一人もいなかったという。
みんなそんな恰好で蒸れたりしないの?(素)
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ    BRM311  やまゆり 

【BRM225(完走)】食べて登って滑って転んで【たまがわ200『鴨川』】 

わたしにとって元日に走った200kmの『三浦』以来約二か月ぶりとなる、AJたまがわ東葛班本年初ブルべである『鴨川200』に参加してまいりました。今回の主催はこれが初となるみいさんで、彼女の人徳のなせる業か試走スタッフ込みで約100名のエントリー、実走は80人ほど(だったかな?)という、今年に関していえばすでにあちこちのクラブでそれなりの数の200kmが開催された時点ということを考えればなかなかの盛況ぶり。今回が初ブルべだという方も結構見受けられました。
いやあ、こんなに獲得標高がある200を初ブルべに選ぶって凄い。自身を振り返ってみると初ブルべは2011年のBRM130埼玉200『アタック霞ヶ浦』(※当時計測をしくじってしまって距離が200に足りていません)で、200kmで獲得標高が500mにも満たないコースだったからこそ初ブルべに選んだ訳で、猛烈に風が強かったとはいえそれでも終了後はヘロヘロだったということを考えるとホント凄いのひとこと。
この先継続してブルべにエントリーするようなハマり方をした人ってどのくらいいるのでしょうかね。いずれまたどこかの開催でお会いできれば嬉しいです。とはいえ誰かを覚えているという訳ではない(^^;


そんな訳で本年二本目のブルべですが、昨年末以降ロードバイクの修理をほったらかしにしてあるので今回も弐號(通勤用MTB)での参加です。
金曜日の昼過ぎまで出張で新潟県内にいて帰りの新幹線車内でビールと日本酒を飲んだお蔭でろくに準備ができていなかったものの21時頃には眠くなったので布団に潜りこんで仮眠。
2時に目覚め、二度寝をかまして結局3時近く。慌ただしく準備を整えてそれでも3時半過ぎには専修寺前を出発して今回のスタート地点である船橋港親水公園に向けて出発。

<因みに今回の装備>

薄手ウィンドプルーフキャップ
ネックウォーマー(フロストバイト大会でもらった完走記念品)
ノースリーブドライメッシュインナー+長袖ジャージ(AJたまがわ)+ウィンドブレーカ
ビブショーツ
メリノウールソックス+トレランシューズ



第一京浜国道(R1)から銀座を抜けて新大橋通り、裏道的な県道を使って行徳橋を渡りR14に出て目的地の船橋港親水公園に到着したのは6時20分頃のこと、途中𠮷そば銀座本店での補給も忘れずに(笑)
ウワンさん、佐久間さんほかお馴染みの面々に受付をしてもらいブルべカードを受け取る。
10分ごとのウェーブスタートでわたしは7時30分スタートのウェーブ(W)3である。このウェーブはスタッフ他関係者がメインの良く言えば個性的な面々がそろった集団

17022501.jpg
専修寺関東別院前@2/25/3:43

17022502.jpg
定点撮影@GINZA9

17022503.jpg 17022504.jpg
春菊天そば(大)ネギ増し@𠮷そば銀座本店

17022505.jpg 17022506.jpg 17022507.jpg
船橋港親水公園到着@6時20分頃




6時30分からの地域の方々が行っているラジオ体操を第二までこなした後ブリーフィングを受け、W0(7時丁度)スタートの方々をお見送り。やや風があって肌寒く感じる中待機した後、7時20分過ぎに車検を済ませていよいよスタート。

17022508.jpg 17022509.jpg
ブリーフィング風景

17022510.jpg
日が差して来たら暖かかったけれどすぐに雲に隠れた

17022511.jpg
ウェーブ0の方々がスタート

17022512.jpg
佐久間さんをして”これからブルべとはあんまり思えないのが二台、これからブルべと言われて納得するのが一台”と言わしめた三台
奥:クマさん、手前左:Hideさん、手前右:弐號
とはいえクマさんの自転車も200kmとはいえブルべに参加するには諸々軽量化して装備を削っているファストラン志向な感じだし、そういう意味ではブルべな自転車の偏差値50からはちょっと乖離しちゃっている3台と言えなくもないのではないかと(笑)

今回も生足での参加となった訳ですが、周りの何人かから”見ているほうが寒い!”と、相変わらずのツッコミを食らってしまい”心頭滅却すればこんなものどうということないですよ♪”的なことを言ったところ”そういう精神論的な考えがブラックな企業を生み出す根源なんです!”藤堂隊長に返されてしまい、なるほど確かにそうだと納得(笑)
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM225  鴨川 

【一年の計は】BRM101たまがわ200三浦【元旦にあり(しや?)】 

<走行ログ>
※途中、横浜大桟橋で押し歩きをした際にボタンが押されてしまってGPSのログが途切れてしまったので合成版。
元データは大桟橋まで大桟橋からの二つ。

RWGとGarminconnectでは表示される数値に若干の乖離があるので数字はGarminconnect準拠としています。
【実施日時】2017年01月01日(日)00:32スタート{公式スタート 00:25(W5)}
【走行距離】209.97km(公式距離 201.2km)
【総所要時間】 13時間17分(公式認定時間 13時間24分)
【平均時速(グロス値)】 (走行距離/総所要時間) 15.1km/h
【獲得標高】 2,170m(補正無)



きっかけは某ウワンさんだった訳です。
ウワンさんが”元日走って日本最速の完走認定を受けるブルべをやって欲しい”と要望して、ついうっかり(笑)アーツさんが乗ってしまって実現してしまったのがこのBRM101の誕生秘(?)話。
”とりさんはどうせ毎年初日の出ライドやってるんだからこっち(BRM101)走っても一緒でしょ♪”というウワンさんのお誘いもあり、毎年恒例になっている犬吠埼ご来光ライドの代わりに三浦半島を走るだけだから…と、エントリー。
募集開始当初はせいぜい集まっても2、30人くらいのものだろうとタカをくくっていて完全に『身内ブルベ』なつもりでいたのですが案に相違してびっくりするくらいの応募があり、最終的には事前試走も含めた全参加者が130名を超えるというなかなか驚愕の数字を叩き出したのでありました。
”みんな元日ってそんなに暇なの?”という失礼なことを考えたりしましたが、ブルべカードを集計してみてゴールタイム10時間台、もしくはそれ以上に短い完走時間の参加者が結構な人数いらっしゃったところを鑑みるに大晦日から元日にかけて、ご家族が夜更かし&朝寝坊するので元日午前中くらいなら好き勝手やっても文句言われにくいという方が少なからずいらっしゃったのではなかろうかと。そんなみなさんはご帰宅後お寛ぎになれましたでしょうか。他人事ながら少々心配です(;^_^A


<BRM101事前移動ログ>

元々スタート受付等のお手伝いをこなすつもりで23時現地着のつもりで自宅を出発したものの途中で反射ベストを忘れてしまったことに思い至って引き返すなど。
新年早々装備不足で出走拒否されるところだった(^^;

お久しぶりの二子玉川兵庫島公園に到着するとものすごい数の参加者が既に列をなしていた。
事前にスタッフ間の連絡で参加者が130名に及ぶことを伝え聞いていたけれど、いざ目の当たりにするとなかなか壮観。
そして”今回全然DNS連絡が入ってきていないから実走も優に100人超えちゃいそうだ。”というのはAJたまがわ代表りんぱぱさんの弁。
参加者でごった返すなか、園内通路の端っこに腰を下ろして何やらクリートをいじっていると思しき人の姿が。
17010102.jpg
元日早々(っていうかスタート前なのでまだ大晦日だったけど)スタート前にいろいろやっているイーチョねーさんのお姿を取材。

17010101.jpg 17010103.jpg 17010104.jpg
スタート受付風景
ずっと後ろまで列が続いている。

受付が追い付かないのでブリーフィングは二回に分けて
17010105.jpg 17010106.jpg 17010107.jpg
23:45頃から一回目のブリーフィング

ウェーブは0から5までの6つで各ウェーブ20名、2017年1月1日0:00丁度にスタートするW0はスターターがウワンさんで、スタート直後のR246バイパスで多摩川を渡るまではスターターを追い越してはいけないという特別ルール(笑)
17010108.jpg
W0の車検

実走スタッフのわたしとみいさんで手分けして車検。
べいさんを中心にカウントダウンを行い、0時丁度にウワンさんがスタート。

その後、5分置きに後続ウェーブのスタートを見送り、W5でわたしもスタート。
五分おきに20名の各ウェーブがスタートしていくのをわたしとみいさんの二人でさばいていたので単純計算で参加者一人当たり30秒以内で車検を完了させなければならず、なかなかせわしなかった。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ  BRM101  三浦200  2017  元日 

【ようやく拝めた】2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-2/2【くっきり富嶽】 

2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-1/2より続く。


残念ながら達磨山からの富嶽の眺望は期待外れになってしまったのでさっさと宿に向かおうと思ったものの時刻はぼちぼち日没を迎えようとしているところ。宿は土肥の海岸沿いにあるのでそこで駿河湾に沈む夕日が眺められると思っていたけれど、このままのペースで進んだのでは宿に到着する前に日が沈み切ってしまう…ということで西伊豆スカイライン土肥駐車場で日没を眺めることに。


16120337.jpg 16120338.jpg 16120339.jpg

16120340.jpg 16120341.jpg

16120342.jpg 16120343.jpg

16120344.jpg

水平線付近に雲があって富嶽同様これまた正直微妙な眺め。
日が沈んだら一気に冷え込み始めたのでさっさと宿に向かって移動再開。身体を動かさないと寒さには滅法弱い。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: AJたまがわ  2016  大忘年会  達磨山  西伊豆スカイライン  チェレステカフェ    観光 

【災厄ファイナルは】2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-1/2【フリーがフリーに】 

毎年恒例になりつつあるAJたまがわ大忘年会in伊豆
一昨年は伊豆下田、昨年は熱海で今年は西伊豆土肥での開催となりました。業務の都合で昨年は参加できずでしたが今年は予定を繰り合わせてしっかり参加できることになったので随分と前からあれこれコースを設定して、今まで走ったことの無いところを組み込んでコースを設定。
<計画コース>

横浜市内を抜けるにあたって今まで使ったことの無い道を組み合わせ、伊豆半島も亀石峠は何度か通ったことがあるものの、その先は未経験の国士峠を通過するようレイアウト。


計画通りに6時頃、いつもの専修寺関東別院前をスタート。
基本的に日中走行なので装備は厳冬期パターンより若干軽め。
上は半袖のカットソータイプのインナーに長袖ジャージ(AJたまがわ)+ネックウォーマー、下はビブショーツ(半パン)で足元はネオプレン製シューズカバーを装着し、手元はフィンガーカットグローブにオーバーグローブを装着といったいでたち。
16120301.jpg
六郷橋から下流
夜明け前の多摩川を渡って神奈川県へ。一路第一京浜国道(R15)を南東へ。

16120302.jpg
いつも通りかかるたびに気になる下野谷町入り口交差点にあるハンコ屋さん。

そしてお気に入りスポットJR鶴見線国道駅

16120303.jpg 16120304.jpg
土曜日の早朝なので特に、人の気配を感じさせない駅構内。

旧東海道を進んで産業道路にぶつかったところで軽く補給。

16120305.jpg 16120306.jpg
どん八にて春菊天そば
ここは天ぷら各種50円のリーズナブルさがお気に入り。

腹を満たして暖まったところでリスタート。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルべ  AJたまがわ  大忘年会  リアホイール  ハブ  フリー  ラチェット