02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

【三週連続200k走】BRM311たまがわ200やまゆり 完走記録【三本目】 

始めに
小江戸大江戸の走行記録エントリは基本的にブルベとは無関係だったので触れていませんが、去る2017年3月15日現地時間早朝午前6時過ぎ頃、ニュージーランドにおいて同地の1200kmを走破するブルベに参加中だったオダックスジャパン(AJ)会長稲垣氏(イナさん)が交通事故に遭われてお亡くなりになりました。トラックに後方から跳ね飛ばされた追突事故で、稲垣氏はその場で死亡が確認され、同走していた外国人サイクリストは病院に搬送された後会話ができる程度には回復しているようです(3/17 AJ経由情報)。
悪天候によりDNFの判断をしたのちエスケープのために移動中だったとの事なので厳密に言えばブルベ中の事故ではないと言えるかも知れませんが、ブルベ開催期間中にその参加者が命を落とすということは日本人としては国内外問わずこれまでになかったことで、その最初の犠牲者がよりによってAJ会長その人だったというのは非常に残念で悲しい巡りあわせです。
イナさんとは何度かブルべでお会いしたことがあり、一昨年のオダックス埼玉忘年会であれこれお話させていただいたたのが一番長時間会話した経験ですが、元気あふれるエネルギーの塊のような人でした。AJ会長に就任されてからはピンバッジやワッペン、ウールジャージの製作頒布を始め、海外との太いパイプを利用したりしてAJを変えて行こうという意欲を持って行動されていたことが傍目にもはっきりわかりました。志半ばでの急逝はご本人も相当無念なのではないかと。

ブルベは公道を占用することなく利用し、時には夜通し何日間も走るスポーツです。悪天候や深夜/早朝の時間帯等事故の危険を伴うシチュエーションでの走行も時には余儀なくされます。
稲垣氏ほどのベテランランドヌールが(そして同行者も)安全装備が不充分であったとは到底考えられませんがこうして事故が発生し、結果稲垣氏の命が喪われてしまうという事態となってしまったことは今後ブルベを走り続けるつもりでいる身には恐怖、脅威であったりもする訳ですが、自らの努力だけではどうしようもないことはさておき、まずは自分自身にできることをしっかりとやって淡々と進むしかないのだなと改めて感じています。

故人のご冥福を心より願ってやみません。




関連エントリ⇒BRM311たまがわ200やまゆり 完走結果概要


BRM225たまがわ200鴨川(ブルベ=自転車)、第七回小江戸大江戸200kフットレース(ウルトラマラソン)に続く三週連続200km走の掉尾を飾る第三弾はAJたまがわの新規コースでの開催となるBRM311たまがわ200やまゆりです。実際にはこの翌日、今度は自動車で250kmほど走ったのですがまあそこはそれ(笑)
たまがわスタッフの蔵原さんが引いたこのコース、生憎諸事情によってご本人が主催することができませんでしたが、もしご本人がゴール受付にいたら”なんでこんなきっついコース引いたんですか!?”と詰問しそうだった(笑)
獲得標高自体はまあ一般に標準的と評される類のコースなのですがどうしても都市部を抜ける際の信号や渋滞に引っ掛かってしまって平地部分で思うようにペースが上げられないままやまゆりライン、ヤビツ峠といった難所を抜けなければならないので時間に余裕がない人が多かったようです。DNFもそこそこいたし。ただこれは今回が初ブルべだという参加者が多かったことも要因のひとつかなと。走り慣れていない人にはちょっと厳しいコースレイアウトではないかと感じた次第です。

色々とバタバタしていて準備もままならず、しかも目覚めもやや遅めだったこともあって出発も遅め。
17031101.jpg
専修寺関東別院前@03/11/05:20頃
自宅からスタート地点まで30分かかるのに、6時スタートにエントリーしている人間がなぜこの時刻に自宅を出発するのか。どうにかこうにかスタート地点に辿り着いたのは全体ブリーフィングが終了して今回初ブルベとなる参加者に対しての注意喚起タイムが始まったところ。

17031102.jpg
今回がブルべデビューとなる方々(6時スタート組)
鴨川の時も思ったけれど、これだけ獲得標高があるコースを初めてのブルベで走ろうと考えるとか凄いよなあと。

17031103.jpg 17031104.jpg
W0、W1の方々をお見送り
今回わたしはW2(06:20スタート)です。

<走行ログ>

【実施日時】2017年03月11日06:19スタート
【走行距離】 208.4km
【総所要時間】 12時間53分(認定時間:12時間54分)
【乗車時間】 10時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)16.2km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)19.1km/h
【獲得標高】 2,071m


しばらく単独で走っていたけれどR1を走行しているうちに秋さん他数名のグループと一緒になりしばし先頭を牽いたり牽いてもらったりしつつ横浜市内を抜ける。逗子駅前を通過し、定番となっている海沿いの道は通らずに内陸を抜ける。このルートはほとんど使ったことがない。

鎌倉中心部を抜け、大仏前を通過するコースだったので後方の秋さんに声を掛けて先行してもらい、わたしは一人で大仏様にお参り。今年初鎌倉大仏。
17031105.jpg 17031106t.jpg 17031107.jpg
17031108.jpg 17031109t.jpg
ひとりやふたり参加者を見かけるかと思ったけれどそんなことは無く、スタート直後のPC1手前で寄り道するような物好きはあまりいなかったようである。

お参りを済ませて先を急ぐ。まだPC1にも到達していないし。
行く手には最初の肩慣らし的な鎌倉山。こちら側から登るのは初めての経験だなあとか思いながらボチボチ進んで行ったら
17031110.jpg
いきなりの急坂
鎌倉山のこっち側ってこんな坂道だったの?(^^;
それでもギア比的に非常に有利なMTBだったので軽いギアでクルクルクルクル。こういう時MTBって楽でいいわ♪

17031111.jpg
妙に味わい深い空手道場の門

17031112t.jpg 17031113t.jpg
今まで明るい内に鎌倉山を通過したことがなかったのでこれが初
大仏殿側から登ったことがないので左の石碑は初見。

短いダウンヒルを味わったらPC1到着。
17031114t.jpg
PC1ファミリーマート西鎌倉駅前店(57.1km)09:28着
一週間前の小江戸大江戸のダメージはあまり感じずまずまずのペース。
出がけにバタバタしてしまって時間がなくて朝食抜きだったのでそこそこしっかりガッツリ補給してリスタート。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM311  やまゆり 

【三週連続200km走掉尾】BRM311たまがわ200やまゆり 完走結果概要【無事終了】 


【実施日時】2017年03月11日06:19スタート
【走行距離】 208.4km
【総所要時間】 12時間53分(認定時間:12時間54分)
【乗車時間】 10時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)16.2km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)19.1km/h
【獲得標高】 2,071m



BRM225たまがわ200鴨川小江戸大江戸200kフットレースに続く三週連続200km走の掉尾を飾る第三弾、【BRM311たまがわ200やまゆり】に参加してまいりました。
二子玉川兵庫島公園を出発して第二京浜(R1)、R16を南下してR134を西進して小田原に入り、広域農道やまゆりラインからヤビツ峠を抜け、最後に尾根幹(都道 南多摩尾根幹線道路)を走らせてもらえるというなかなかどうして坂道盛り沢山なコースでしたが前半の平地区間で追い風に恵まれたお蔭でそこそこ走りやすいコースとなりました。気温もやや低めでコース上目に付いた表示の最高は11℃。坂が多いコースでしたが汗冷えすることなく概ね快適に走り切れました。

17031107.jpg 17031115.jpg 17031120.jpg

17031124.jpg 17031131.jpg 17031133.jpg

17031119.jpg 17031123.jpg


例によって生足出走だったら今回生足参加者が他に一人もいなかったという。
みんなそんな恰好で蒸れたりしないの?(素)
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ    BRM311  やまゆり 

【BRM225(完走)】食べて登って滑って転んで【たまがわ200『鴨川』】 

わたしにとって元日に走った200kmの『三浦』以来約二か月ぶりとなる、AJたまがわ東葛班本年初ブルべである『鴨川200』に参加してまいりました。今回の主催はこれが初となるみいさんで、彼女の人徳のなせる業か試走スタッフ込みで約100名のエントリー、実走は80人ほど(だったかな?)という、今年に関していえばすでにあちこちのクラブでそれなりの数の200kmが開催された時点ということを考えればなかなかの盛況ぶり。今回が初ブルべだという方も結構見受けられました。
いやあ、こんなに獲得標高がある200を初ブルべに選ぶって凄い。自身を振り返ってみると初ブルべは2011年のBRM130埼玉200『アタック霞ヶ浦』(※当時計測をしくじってしまって距離が200に足りていません)で、200kmで獲得標高が500mにも満たないコースだったからこそ初ブルべに選んだ訳で、猛烈に風が強かったとはいえそれでも終了後はヘロヘロだったということを考えるとホント凄いのひとこと。
この先継続してブルべにエントリーするようなハマり方をした人ってどのくらいいるのでしょうかね。いずれまたどこかの開催でお会いできれば嬉しいです。とはいえ誰かを覚えているという訳ではない(^^;


そんな訳で本年二本目のブルべですが、昨年末以降ロードバイクの修理をほったらかしにしてあるので今回も弐號(通勤用MTB)での参加です。
金曜日の昼過ぎまで出張で新潟県内にいて帰りの新幹線車内でビールと日本酒を飲んだお蔭でろくに準備ができていなかったものの21時頃には眠くなったので布団に潜りこんで仮眠。
2時に目覚め、二度寝をかまして結局3時近く。慌ただしく準備を整えてそれでも3時半過ぎには専修寺前を出発して今回のスタート地点である船橋港親水公園に向けて出発。

<因みに今回の装備>

薄手ウィンドプルーフキャップ
ネックウォーマー(フロストバイト大会でもらった完走記念品)
ノースリーブドライメッシュインナー+長袖ジャージ(AJたまがわ)+ウィンドブレーカ
ビブショーツ
メリノウールソックス+トレランシューズ



第一京浜国道(R1)から銀座を抜けて新大橋通り、裏道的な県道を使って行徳橋を渡りR14に出て目的地の船橋港親水公園に到着したのは6時20分頃のこと、途中𠮷そば銀座本店での補給も忘れずに(笑)
ウワンさん、佐久間さんほかお馴染みの面々に受付をしてもらいブルべカードを受け取る。
10分ごとのウェーブスタートでわたしは7時30分スタートのウェーブ(W)3である。このウェーブはスタッフ他関係者がメインの良く言えば個性的な面々がそろった集団

17022501.jpg
専修寺関東別院前@2/25/3:43

17022502.jpg
定点撮影@GINZA9

17022503.jpg 17022504.jpg
春菊天そば(大)ネギ増し@𠮷そば銀座本店

17022505.jpg 17022506.jpg 17022507.jpg
船橋港親水公園到着@6時20分頃




6時30分からの地域の方々が行っているラジオ体操を第二までこなした後ブリーフィングを受け、W0(7時丁度)スタートの方々をお見送り。やや風があって肌寒く感じる中待機した後、7時20分過ぎに車検を済ませていよいよスタート。

17022508.jpg 17022509.jpg
ブリーフィング風景

17022510.jpg
日が差して来たら暖かかったけれどすぐに雲に隠れた

17022511.jpg
ウェーブ0の方々がスタート

17022512.jpg
佐久間さんをして”これからブルべとはあんまり思えないのが二台、これからブルべと言われて納得するのが一台”と言わしめた三台
奥:クマさん、手前左:Hideさん、手前右:弐號
とはいえクマさんの自転車も200kmとはいえブルべに参加するには諸々軽量化して装備を削っているファストラン志向な感じだし、そういう意味ではブルべな自転車の偏差値50からはちょっと乖離しちゃっている3台と言えなくもないのではないかと(笑)

今回も生足での参加となった訳ですが、周りの何人かから”見ているほうが寒い!”と、相変わらずのツッコミを食らってしまい”心頭滅却すればこんなものどうということないですよ♪”的なことを言ったところ”そういう精神論的な考えがブラックな企業を生み出す根源なんです!”藤堂隊長に返されてしまい、なるほど確かにそうだと納得(笑)
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    AJたまがわ  BRM225  鴨川 

【SR600 Fuji】カードとメダルを受け取りました【最速ゲット♪】 

先だってのエントリ 【三年半の時を経て】SR600 Fuji ブルベカードとメダル【いよいよわが手に】 内で触れていますが、SR600Fujiのカードとメダルの発送作業が3月初旬より始まるという告知があって非常にワクワクドキドキ胸躍らせていたら、思わぬ幸運で発送作業開始前にカードとメダルを受け取ることが出来ました。

オダックス埼玉、SR600Fuji担当のリュウさん(柳沢さん)が企画した【第二回 カキ食べ放題お酒飲み放題の宴inカキ小屋一(東大和)】に参加の際、同じく宴に参加したみのいちさんとわたしにリュウさんからサプライズ的に直接手渡ししていただきました。
リュウさん曰く”まだ発送作業始めていないから誰も持ってないよ♪”ということなので、ようやく手に入ったとともに最速ゲットできた事も加味されて喜びもひとしお。美味しく楽しい宴が更に盛り上がりました。

17022703.jpg
カードとメダルの向こうに網で焼かれている牡蠣
最高の贅沢です(笑)

17022701.jpg 17022702.jpg
戻ってきたブルべカード
”ん~~~。色々あったなあ、あの時。”と、しみじみ浸れます。

17022629.jpg
図柄は表だけで裏はフラット

思い起こせば昨年末のAJたまがわ大忘年会の際、AJ宇都宮代表の竜胆さんと忘年会に参加して下さったはじ~さんの粋な計らいでわたしとみいさんには発送作業前に直接手渡しいただけたので、図らずもSR600北関東とSR600Fujiのメダルの双方を他に先駆けて世界最速ゲットできたラッキーガイとなったのでありました。

竜胆さん、はじ~さん、そしてリュウさん。
改めてありがとうございました。


17022628.jpg
そんな訳でSR600Fujiと北関東のカードとメダルを並べてみた

今年はまずNihonAlpsにリトライしてからでないとなんにも進まないっていうか進めたくないなあ。
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: SR600  Fuji  北関東  ブルベ  A埼玉  AJ宇都宮 

【三年半の時を経て】SR600 Fuji ブルベカードとメダル【いよいよわが手に】 

オダックス埼玉のサイトにて気になるお知らせが掲示されています。

- 2017/02/05

SR600富士のサイトをリニューアルします

柳沢です

ACPがSR600のルールを変更したことに伴い、SR600富士のサイトをリニューアルします。
そのリニューアル作業中、一時サイトを非公開にします。
非公開の期間中はサイトを開いても「権限が必要です」という画面が表示されるだけになります。

2016年までと2017年以降では、エントリー方法やブルベカードの有効期間の扱いなどが大きく変わる見込みです。
リニューアル後のサイトの公開再開は3月になってからになります。

なお、2016年までの認定者のブルベカードと完走メダルを3月上旬に返送します。
エントリー後に住所変更のあった方は2月中に新しい住所を連絡ください。


<SR600とは>※ご存知の方には今更ですが。

シューペル・ランドネ(Super Randonnes :SR600km)はACPによって創設されたブルベの新しいカテゴリー、距離は600km、累積標高は10000m以上になる山岳パーマネント(Permanents)
パーマネントは自分で出走日時を決めることができいつでも自分で決めた日時に出走可能だがそれにより、BRMよりさらに出走者自身の事前準備と責任が必要。

シューペル・ランドネ/BRMとの違い (2016/06/28更新)より引用、抜粋

ここで先ほどのお知らせ。
はい、注目すべきはココです!(笑)
> なお、2016年までの認定者のブルベカードと完走メダルを3月上旬に返送します。
わたしにとって初めてのSR600挑戦だったSR600 Fujiを走ったのは2013年の8月のことだったので既に三年半の歳月が流れています。
この三年半の間、SR600 北関東に二回、SR600 Nihon Alpsに二回各々挑戦し、北関東DNFランドヌール部門完走Nihon Alpsツーリスト部門完走DNFという結果が残っています。Nihon Alpsのランドヌール部門完走がまだなので気持ちの上ではまず取りこぼしを拾いに行かなければなりませんが、一通りランドヌール部門での完走を達成できたら改めてFujiのコースを走ってみたいものです。
それよりも何よりも「一通り完走」ということであればFujiの前に…ごにょごにょ…ですが(笑)
そんな、わたしにとってのSR600挑戦の原点であるSR600 Fujiのカードとメダルがとうとう手元に届くのです。

一か月後が待ち遠しくて仕方ない。
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: A埼玉  SR600  ブルベ 

【一年の計は】BRM101たまがわ200三浦【元旦にあり(しや?)】 

<走行ログ>
※途中、横浜大桟橋で押し歩きをした際にボタンが押されてしまってGPSのログが途切れてしまったので合成版。
元データは大桟橋まで大桟橋からの二つ。

RWGとGarminconnectでは表示される数値に若干の乖離があるので数字はGarminconnect準拠としています。
【実施日時】2017年01月01日(日)00:32スタート{公式スタート 00:25(W5)}
【走行距離】209.97km(公式距離 201.2km)
【総所要時間】 13時間17分(公式認定時間 13時間24分)
【平均時速(グロス値)】 (走行距離/総所要時間) 15.1km/h
【獲得標高】 2,170m(補正無)



きっかけは某ウワンさんだった訳です。
ウワンさんが”元日走って日本最速の完走認定を受けるブルべをやって欲しい”と要望して、ついうっかり(笑)アーツさんが乗ってしまって実現してしまったのがこのBRM101の誕生秘(?)話。
”とりさんはどうせ毎年初日の出ライドやってるんだからこっち(BRM101)走っても一緒でしょ♪”というウワンさんのお誘いもあり、毎年恒例になっている犬吠埼ご来光ライドの代わりに三浦半島を走るだけだから…と、エントリー。
募集開始当初はせいぜい集まっても2、30人くらいのものだろうとタカをくくっていて完全に『身内ブルベ』なつもりでいたのですが案に相違してびっくりするくらいの応募があり、最終的には事前試走も含めた全参加者が130名を超えるというなかなか驚愕の数字を叩き出したのでありました。
”みんな元日ってそんなに暇なの?”という失礼なことを考えたりしましたが、ブルべカードを集計してみてゴールタイム10時間台、もしくはそれ以上に短い完走時間の参加者が結構な人数いらっしゃったところを鑑みるに大晦日から元日にかけて、ご家族が夜更かし&朝寝坊するので元日午前中くらいなら好き勝手やっても文句言われにくいという方が少なからずいらっしゃったのではなかろうかと。そんなみなさんはご帰宅後お寛ぎになれましたでしょうか。他人事ながら少々心配です(;^_^A


<BRM101事前移動ログ>

元々スタート受付等のお手伝いをこなすつもりで23時現地着のつもりで自宅を出発したものの途中で反射ベストを忘れてしまったことに思い至って引き返すなど。
新年早々装備不足で出走拒否されるところだった(^^;

お久しぶりの二子玉川兵庫島公園に到着するとものすごい数の参加者が既に列をなしていた。
事前にスタッフ間の連絡で参加者が130名に及ぶことを伝え聞いていたけれど、いざ目の当たりにするとなかなか壮観。
そして”今回全然DNS連絡が入ってきていないから実走も優に100人超えちゃいそうだ。”というのはAJたまがわ代表りんぱぱさんの弁。
参加者でごった返すなか、園内通路の端っこに腰を下ろして何やらクリートをいじっていると思しき人の姿が。
17010102.jpg
元日早々(っていうかスタート前なのでまだ大晦日だったけど)スタート前にいろいろやっているイーチョねーさんのお姿を取材。

17010101.jpg 17010103.jpg 17010104.jpg
スタート受付風景
ずっと後ろまで列が続いている。

受付が追い付かないのでブリーフィングは二回に分けて
17010105.jpg 17010106.jpg 17010107.jpg
23:45頃から一回目のブリーフィング

ウェーブは0から5までの6つで各ウェーブ20名、2017年1月1日0:00丁度にスタートするW0はスターターがウワンさんで、スタート直後のR246バイパスで多摩川を渡るまではスターターを追い越してはいけないという特別ルール(笑)
17010108.jpg
W0の車検

実走スタッフのわたしとみいさんで手分けして車検。
べいさんを中心にカウントダウンを行い、0時丁度にウワンさんがスタート。

その後、5分置きに後続ウェーブのスタートを見送り、W5でわたしもスタート。
五分おきに20名の各ウェーブがスタートしていくのをわたしとみいさんの二人でさばいていたので単純計算で参加者一人当たり30秒以内で車検を完了させなければならず、なかなかせわしなかった。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ブルベ  AJたまがわ  BRM101  三浦200  2017  元日 

【仕事帰りに】Rapha Festive500(2016)【コツコツと】 

最近の自転車乗りの間では年末の風物詩となっている感のあるRaph Festive 500ですが
そのコンセプトがこちら。

Rapha Festive 500
8日間で500km。Rapha #Festive500Rapha で自分の足に素敵なホリデーギフトを贈りましょう

2016年12月24日 — 2016年12月31日
Rapha から、クリスマスイブから大晦日までの 8 日間に 500km をライドするチャレンジが届きました。ソファーから立ち上がりバイクに飛び乗り世界中から集まる何万人ものライダー達と参加し、あなたのストーリーを共有し、素敵な賞品を獲得しましょう。Rapha Festive 500 で自分の足に素敵なホリデーギフトを贈りましょう。


月例チャレンジを主としたSTRAVAの各チャレンジイベントは、その達成記念品にデジタル情報のバッジを配布してくれるのが常ですが、このFestive 500では達成後に申請を行えば縫製されたバッジを送ってもらえます。
それをどこに付けるんだ?っていう根源的な問題があったりしますがそこはそれ。

三年位前からわたしもチャレンジしていますがいつもなにがしかの事情に引っ掛かってしまってどうしても500kmに届くことはなく残念な思いを味わっていたりしましたが、なんとなく今年は行けそうな感じを漠然と抱いていたら紆余曲折があって本社での仕事納めが28日だったにもかかわらず29日まで仕事をしなけりゃならない羽目に陥りまして。いや、本来なら30日まで仕事の可能性もあったのですがどうにか回避して休日にしました、ええ。

丸一日走り回れる日が一日減ってしまったのでその分の距離を通勤時の寄り道で賄おうということで27~29日は帰宅コースを大きく外れて回り道。

-2016/12/27(火)-

武蔵野市内の仕事場をスタートして千川上水沿いに東に向かい、千川上水が暗渠になってからは千川通りを進み、途中哲学堂付近から妙正寺川沿い、落合から神田川沿いを進んで秋葉原で川から離れて昭和通りから第一京浜、八ツ山からは旧東海道、大森からは普通に第一京浜というコース。
『川沿いを走る』というコンセプトで走ってみたけれど、夜だとあんまり面白くない(笑)
1612fes01.jpg
千川上水更新橋をスタート

1612fes02.jpg
新江戸川公園付近
押し歩きが面倒だった

-2016/12/28(水)-

本社での納会に出席してノンアルでこらえ、同僚が三々五々飲み直しに退勤して行くのを横目にしつつ帰宅ポタリングスタート。
『暑いときに熱いお茶』的コンセプトで寒いときにかき氷!と、大森の福田屋さんを目指す。
高輪から御殿山方面を抜け、新馬場付近から旧東海道へ。
1612fes03.jpg
東海橋

東海道旧道をメインで進み、大森警察署前交差点から産業道路へ。第一目標の福田屋さんへ。

1612fes04.jpg
残念ながら営業していなかった

せっかくここまで来たのに手ぶらで帰るのもしゃくなので二軒隣のキッチン コロッケで普通のコロッケと磯コロッケ(具に青のりが混ぜ込んである)を一つずつ購入し、どこかのベンチでいただこうかと思っていたら結局帰宅するまでそのままだった(^^;

1612fes05.jpg
キッチン コロッケ
お弁当買って帰りたかったけれどMTBでメッセンジャーバッグを担いだ状態では中身がぐちゃぐちゃになってしまうのでパス。

その後は特に地図を見るでもなく、野性の勘に頼って海沿いをうろうろ。
勘が外れて折り返したりするのもまた一興。
1612fes06.jpg
大森避難橋から北西方向(平和島、大森方面)
なんともいかつい名前の歩道橋ではあるけれど、見晴らし橋という別名もある。

そのまま海沿いを進んで行くと正面にぼんやり両端がどこにも繋がっていない橋桁のシルエットが浮かんでくる。
首都高速1号羽田線 羽田可動橋の威容。
1612fes07.jpg 1612fes08.jpg 1612fes09.jpg
国内では珍しい旋回可動式の道路橋
1998年まで実際に運用されていて、現在は休止中ではあるものの羽田空港拡張に伴う交通量増加に備えて休止中であるのでいずれ復活する可能性は大いにある。っていうかあってほしいし動くところを見てみたい。


地図上は繋がっているような表記になっているけれど1998年以降運用が休止されているのでこの部分は繋がっていない。

その後空港敷地の辺縁をかすめて大鳥居を通過し、多摩サイを遡行して帰宅。

1612fes10.jpg 1612fes11.jpg
おなじみ大鳥居

1612fes12.jpg
海老取川周辺のレンガ積み堤防跡
雰囲気が好き
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: STRAVA  Festive500  ラーメンないと  千川上水  玉川上水  狭山湖  羽田可動橋 

【アクシデントは】2016AJ千葉忘年会からの超トラ関東忘年会-3【お約束】 

2016AJ千葉忘年会からの超トラ関東忘年会-2より続く。


清澄養老ラインから外れてR465を東へ。
161210043.jpg
小湊鉄道の踏切を越えてすぐに小湊鉄道といすみ鉄道の乗換駅である上総中野駅

161210044.jpg 161210045.jpg 161210046.jpg
丁度いすみ鉄道の大原行き汽車が停まっていたので出発を見送り、こちらもリスタート。

御宿の海岸を指して下り基調の道を気分よく走る。ビバ下り坂!
楽しい時間はあっという間に終了し、道は御宿市街地へ。

街中を抜け海岸線へ出たらそこには月の砂漠公園
161210049.jpg
雲一つない青空の下に青い海、白い砂が広がり、波しぶきが日差しを受けてきらめく最高のシチュエーション。

歩道橋で清水川を渡って砂丘を越えれば月の砂漠像が正面に。
橋のたもとに自転車を停め、徒歩で橋を渡る。
161210047.jpg 161210048.jpg
橋を渡り切ったところでこういうシチュエーションのために持参したビブラムに靴を履きかえる。
勿論ソックスは抜かりなく五本指タイプ。
結果的にこの用意は非常に良い選択なのであった(笑)
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  忘年会  勝浦タンタンメン  月の砂漠  レストランこだま    観光 

【紅葉と】2016AJ千葉忘年会からの超トラ関東忘年会-2【土木遺構】 

2016AJ千葉忘年会からの超トラ関東忘年会-1より続く。


<実走行ログ>

Garmin Edge520Jのログによる。
【実施日時】2016年12月10日(土)00:48スタート
【走行距離】247.07km
【総所要時間】 16時間24分
【平均時速(グロス値)】 (走行距離/総所要時間) 15.1km/h
【獲得標高】 2,048m(補正無)


今回、日曜日に開催されるmixiコミュ『超トラ』忘年会幹事でコミュ管理人でもあるサトシ氏のツィートを見て真似してみたスイムキャップを転用したヘルメットカバーを使用してみた。
161210001.jpg
徳之島トラ大会で支給されたシリコン製スイムキャップ
小休止の際にヘルメットを外すと頭部がひんやりとしたのでそれなりに効果があってなかなかいい感じではあったけれど耐久性に難あり、輪行の際に傷がついたらしく帰宅後確認してみたらぼろぼろに破れてしまっていた。装着しっぱなしではなくこまめに外せばもう少し長持ちするのかも知れない。


金曜日の会社忘年会での酔いを半身浴と水分補給で散らし、さらにその半身浴で十分に身体を温めた後予定通り土曜日の1時ちょい前に自宅近傍をスタートしてひとまず第一京浜国道(R15)を北上。

161210003.jpg
銀座博品館前の交差点にて定点撮影的に。

終電がとうに出発してしまった時刻であってもにぎやかな銀座を通り抜け、銀座を抜ける際のいつものお約束である吉そば銀座本店に立ち寄り。

161210004.jpg 161210005.jpg
個人的定番である春菊天そば(大)ネギ増しをいただく。

風呂上がりの効果が薄れて冷え始めた身体を再び温め一路千葉国へ。
ご来光ライド時やAJたまがわ東葛班主催ブルべに参加する際利用する定番ルートを進み、その東葛班主催ブルべの主発着点である船橋港親水公園を通過し、ブルべコースに利用されるルートを幕張方面に進む。

161210006.jpg
数時間後にはここからたまがわ代表を始めとした面々がスタートするはず(笑)

まだ日の出前の薄暗い中を快調に進み、空が白み始めたのは五井を過ぎて姉ヶ崎付近に差し掛かったころ。
161210007.jpg
地図上、この陸橋から南東方面の景色。

161210008t.jpg
JR久留里線踏切から
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  超トラ  ブルべ  トライアスロン  観光  忘年会  弘文洞  月崎トンネル 

【二年振りの】2016AJ千葉忘年会からの超トラ関東忘年会-1【房総走行計画】 

後輪ハブのフリーがオールフリー状態になってしまうというアクシデントのおかげで二日間で100kmしか自転車に乗れなかったAJたまがわ大忘年会2016から一週間。後輪を今現在わたしの手元に唯一残された勝負用80mm高のディープリムに換装し、AJ千葉忘年会に臨みました。
2012年に初参加して、昨年は残念ながら不参加だったものの(昨年はどこの忘年会にも参加できていない)毎年参加させていただいて今年で四回目。ブルベ主催クラブが開催するBRM以外のイベントに参加したのは実はこのAJ千葉忘年会が初めてなので非常に思い入れ深いものだったりします。

開催場所は毎年変わらず南房総千倉の民宿マリンハウス六治郎

ここに概ね18時頃までに集合して18時半から食事&宴会を行うという現地集合現地解散のイベントで、集合のための手段はもちろん問いませんが当たり前のことながら基本的に皆さん自転車で移動するケースが多いです。
とはいえわたしの場合、初めて参加した2012年は利用を予定していた東京湾フェリーが欠航してしまったために急遽自家用車での参加、2013年は同じく東京湾フェリー利用を計画して無事運航してくれたので往路は自走参加でしたが復路は国立競技場で開催される駅伝大会に会社同僚とエントリーしており自走帰京ではまったく間に合わないので六治郎の目の前に停留所があるJR高速バスでの輪行。
そして思い出すのもおぞましい一昨年、2014年参加時はまたも東京湾フェリーを利用すべく久里浜まで自走で移動したものの強風により東京湾フェリーが欠航。仕方がないので引き返そうと思ったらフェリー乗り場の建物外に立てかけておいた自転車が風に煽られて転倒、ディレイラーハンガーが破断してしまったために自走が不可能に。
一旦輪行で自宅まで引き返し、TTバイクに切り替えて再び輪行で川崎からアクアラインバスで房総に渡ろうとしたところ京急線車内にヘルメットを置き忘れるという情けないアクシデント。
木更津からJR内房線で館山まで辿り着いたところで宿から車でNaokiさんに迎えに来てもらってどうにかこうにか合流。
翌日、幸運なことにヘルメットを新調して不要になったヘルメットを持ち込んでいたミクロンさんから破棄予定だったヘルメットを頂戴して何とか自走で帰宅できたというトラブルのピタゴラスイッチ状態で、よくよく考えてみたら今まで一度も自走で往復していないじゃねーかよ!というある意味衝撃の事実に今気づいてしまってややうろたえ気味だったり。


そんなこんなの思い出深いAJ千葉忘年会。当初は今年も東京湾フェリーを利用することを考えましたが昨年、今年と房総半島をほとんど走れていなかったので今まで行きたくても行けなかったところ、或いは昨年から今年にかけて知ったところ、今まで何度か訪れていてお気に入りのところ…と、あれこれ巡りたいスポットを繋げてみるとどう考えても始発便に乗船出来たとしても会場到着まで時間が足りない。というわけでフェリーを使わず前夜から陸路で走りっぱなしのプランを考え、走行予定距離約275kmのコースを立案してみました。
これだと前夜22時から23時頃スタートすることになるのですが、生憎前日金曜日は会社忘年会があることを失念しておりまして。終了後まっすぐ帰宅しても自宅帰着は21時を回ってしまうのでスケジュールが破綻してしまいました。
結局35kmほど距離を詰めて計画では240km、自宅出発を日が改まった12月10日(土)の1時前後と設定しました。古い計画コースを保存しておけば良かったのですがうっかり上書きしてしまったので存在しません。当初の計画案はこのエントリ最後に表示される計画に鹿野山を加えたものだとお考えください。
立ち寄ってみたいと考えたスポットは以下の通り。
※コース順に並べています。


林道月崎1号線月崎トンネル


小湊鉄道 月崎駅


永昌寺トンネル


向山(共榮)トンネル


弘文洞跡


小湊鉄道/いすみ鉄道 上総中野駅


月の砂漠記念像


三石山観音寺


亀岩の洞窟(濃溝の滝)


鴨川松島


仁右衛門島

繋いでみたらこんな感じ。

240km/2,600m それほど無茶なコースでも無い感じ。
清澄山から七里川温泉をショートカットして亀山湖に抜ける区間はルートは引けたけれど実際には通行止めで通れなかったという稀に良くある(笑)パターンでした。

更に翌日12月11日(日)はmixiのコミュニティである『超初心者トライアスロン(通称超トラ)』の関東地区(というか東京近辺)での数年振りの忘年会が代々木で開催されることになったので、金曜日:会社忘年会→土曜日:AJ千葉忘年会→日曜日:超トラ忘年会…と、週末三日間身体を内外から痛めつけるスケジュールとなったのでありました。


そうして迎えた金曜日。普段なら会社もちのただ酒だから!と下品に大酒をかっ食らい、二次会で更に飲んだくれているわたしがあろうことか酒量を控えめにして会が終了すると同時にそそくさと帰宅。
水分補給をしながら半身浴をしたりして酔いを醒まし、あれこれと準備を整えて予定通り12月10日(土)1時過ぎ頃にいつもの専修寺関東別院前をスタートしたのでありました。
161210002.jpg


2016AJ千葉忘年会からの超トラ関東忘年会-2に続く。
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  超トラ  ブルべ  トライアスロン  観光  忘年会  房総半島   

【ようやく拝めた】2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-2/2【くっきり富嶽】 

2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-1/2より続く。


残念ながら達磨山からの富嶽の眺望は期待外れになってしまったのでさっさと宿に向かおうと思ったものの時刻はぼちぼち日没を迎えようとしているところ。宿は土肥の海岸沿いにあるのでそこで駿河湾に沈む夕日が眺められると思っていたけれど、このままのペースで進んだのでは宿に到着する前に日が沈み切ってしまう…ということで西伊豆スカイライン土肥駐車場で日没を眺めることに。


16120337.jpg 16120338.jpg 16120339.jpg

16120340.jpg 16120341.jpg

16120342.jpg 16120343.jpg

16120344.jpg

水平線付近に雲があって富嶽同様これまた正直微妙な眺め。
日が沈んだら一気に冷え込み始めたのでさっさと宿に向かって移動再開。身体を動かさないと寒さには滅法弱い。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: AJたまがわ  2016  大忘年会  達磨山  西伊豆スカイライン  チェレステカフェ    観光 

【災厄ファイナルは】2016AJたまがわ大忘年会in西伊豆土肥-1/2【フリーがフリーに】 

毎年恒例になりつつあるAJたまがわ大忘年会in伊豆
一昨年は伊豆下田、昨年は熱海で今年は西伊豆土肥での開催となりました。業務の都合で昨年は参加できずでしたが今年は予定を繰り合わせてしっかり参加できることになったので随分と前からあれこれコースを設定して、今まで走ったことの無いところを組み込んでコースを設定。
<計画コース>

横浜市内を抜けるにあたって今まで使ったことの無い道を組み合わせ、伊豆半島も亀石峠は何度か通ったことがあるものの、その先は未経験の国士峠を通過するようレイアウト。


計画通りに6時頃、いつもの専修寺関東別院前をスタート。
基本的に日中走行なので装備は厳冬期パターンより若干軽め。
上は半袖のカットソータイプのインナーに長袖ジャージ(AJたまがわ)+ネックウォーマー、下はビブショーツ(半パン)で足元はネオプレン製シューズカバーを装着し、手元はフィンガーカットグローブにオーバーグローブを装着といったいでたち。
16120301.jpg
六郷橋から下流
夜明け前の多摩川を渡って神奈川県へ。一路第一京浜国道(R15)を南東へ。

16120302.jpg
いつも通りかかるたびに気になる下野谷町入り口交差点にあるハンコ屋さん。

そしてお気に入りスポットJR鶴見線国道駅

16120303.jpg 16120304.jpg
土曜日の早朝なので特に、人の気配を感じさせない駅構内。

旧東海道を進んで産業道路にぶつかったところで軽く補給。

16120305.jpg 16120306.jpg
どん八にて春菊天そば
ここは天ぷら各種50円のリーズナブルさがお気に入り。

腹を満たして暖まったところでリスタート。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルべ  AJたまがわ  大忘年会  リアホイール  ハブ  フリー  ラチェット 

【行きも帰りも】第四回飯島町米俵マラソン・DNS記録【雨中ライド】 

まず最初に
大会運営関係者の皆様
DNSしてしまって大変申し訳ありません
ごめんなさい。



例年11月のこの時期は前日自転車で河口湖まで行って一泊し、翌日富士山マラソン(旧河口湖マラソン)を走ってから終了後に再び自転車で帰宅するという『一泊二日のひとりデュアスロン大会(BIKE100+100km&RUN42.195km)』を実施していたのですが昨年は業務の都合で富士山マラソンにエントリーできず。今年改めてそれを再開しようと思って富士山マラソンにエントリーするつもりでいたのですが、某ゆうこりんから”こういう大会がある。”と、教えてもらったのが飯島町米俵マラソン
5kgの米俵を担いで10km走って完走後は担いだ米俵(もちろん中身はお米)が参加賞としていただける。炭水化物大好きっ子なわたしには非常に嬉しいことこの上ないイベントだったので、もろもろスケジュールを確認の上、日程が被った富士山マラソンエントリーをパスしてこちらにエントリー。
16112701.jpg
エントリー通知

飯島町といえば通過するだけとはいえ興津クラシックでなじみのある土地。
コースを思い浮かべ、距離こそ250kmほどあるものの甲州街道をひたすら北上すれば杖突峠さえクリアしたら大した登りもなくすんなり走れるはずだと判断。
当初はAve.15KPH程度で走ることを念頭に置いて計画を立てていたものの、ルートを引いてみたら獲得標高がRWG読みで2,800m程度だったので250kmをAve.18KPHで走れば約14時間で到着できると計算し、多少の余裕を見て前夜19時に移動を開始することに。これなら予定通りAve.18KPHで走ったとすれば9時頃には現地に到着できてスタートまでは二時間ほど余裕ができるし万が一アクシデントがあったとしても一時間強はアクシデント対応に充てられる。

16112702.jpg
いつもの専修寺関東別院前をスタートしたのはほぼ予定通り、19時ちょい前のこと

大月までは富士山マラソンに行く際と同様のコースが一番効率が良いけれど、今まで富士山マラソンに向かう際に採用していたコースは基本的に多摩川沿いを遡行して府中四谷橋から浅川沿いに遷移し、高尾から甲州街道を進むというもの。今回は趣向を変えて尾根幹を抜けて津久井方面を経由して相模湖で甲州街道に合流するというものにしてみた。更に尾根幹に至るまでのアクセスも普段と若干変更。
16112703.jpg
尾根幹入口

尾根幹のアップダウンでやや汗ばみ、厳冬期に準じたいで立ちでスタートしたことを若干後悔。
上はカットソーの長袖インナー+長袖ジャージの上にウィンドプルーフジャケット、下は冬用ビブタイツ、足元はネオプレン素材のシューズカバー。年末のご来光ライドの時はこれに七分丈のオーバーパンツとネックウォーマー、真冬用グローブがプラスされてシューズカバーはゴアのウィンド/ウォータープルーフタイプになる。今回のグローブは春秋用途がメインのフルフィンガータイプで真冬用グローブとネックウォーマーはバッグの中。

コースは主にAJたまがわBRMの定番コースをベースにしてやや味付けを変えた感じで是政橋までは多摩川左岸を進みそこで多摩川を渡って尾根幹へ。相模原を通過して津久井方面へ抜ける途中、空腹感を覚えてラーメン屋さんに立ち寄り。
橋本近傍のこの店を逃すとこの先コンビニくらいしか無いはず…っていうか、このお店新しいよね?記憶にない。
16112704.jpg 16112705.jpg
家系ラーメンの橋本家にてラーメン+半ライスで補給
ここからまだ200km走るんだしカーボローディングしておかなきゃ!と、あとから考えれば明らかに供給過剰だった補給。
寒いときに温かいものを食べると身体の内外の温度差が大きくなって却って寒さを厳しく感じる傾向があるので寒いときに安易に温かいものを食べるのは要注意だと思う。ラーメンを中盛りや大盛りにしなかったために食後すぐでもガシガシ踏めたので自らの慧眼(?)を喜びつつケイデンスを上げ気味にして身体の発熱量を上げていく。
なるべく獲得標高の値が大きくならないようルート設定したつもりではあったけれど、細かいアップダウンが多くて結構しんどい。こんなことなら素直に浅川CR→大垂水越えでよかったのではないかと反省したりしつつ。
相模湖駅前から甲州街道に遷移して以後はひたすら甲州街道を西に向かって進む。

獲得標高は低めだとは言え基本的に全編登り基調だし、そもそも深夜なので寄り道しようもないから寄り道はまったく念頭になかったけれど、通りかかったら明かりが見えたので大した距離のロスにもならないから猿橋に寄ってみたらライトアップ用の照明が一灯だけ点灯されていた。時刻は間もなく日が改まろうかという頃合いなのに点灯しているし、ちょうど橋を照らすものなのでこの照明は一晩中点灯されているものなのだろう。
おかげで日中や宵の口ではまず望めない無人の猿橋の姿を拝むことができたけれど、もうちょっと早い時刻なら橋上に設置された雪洞がいい雰囲気だったろうなあと、やや惜しい気持ちも。

<甲斐の猿橋>
16112706.jpg 16112707.jpg

16112709.jpg

16112710.jpg 16112711.jpg



<走行ログ>

こうしてコースを俯瞰してみるとそこそこ効率よく直線に近いルートで移動しているのがわかる。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク    観光  マラソン  石和健康ランド  御坂みち  道志みち  猿橋 

【紅葉三昧】紅葉ライド2016【坂道もいっぱい】 

<走行ログ>

※数値はGarmin Edge520Jのログによる。
【実施日時】2016年11月12日(土)08:13スタート
【走行距離】 290.66km
【総所要時間】 17時間51分
【平均時速(グロス値)】 (走行距離/総所要時間) 16.3km/h
【獲得標高】 4,902m(補正無)



ブルべシーズンが終わり、プライベートライド中心の時期がやってきました。来年元日には既にAJたまがわで初ブルべがあるので11月、12月の二か月間だけの短い期間ではあるけれどプロ野球でいうところの自主トレ期間みたいなもの(笑)
先週は真さんのお誘いで東京湾一周のゆるふわ(だと真さんからは聞いていたw)ライドで久し振りにグループライドを楽しめたので今週はちょっとガチ方向に振って、ちょうど紅葉も見ごろだし山のほうにソロで行ってみようと思いRWGでコースをざっと引いてみたのです。今年走れなかったところ、今まで走った経験がないところを結んでみたら約320kmで獲得標高はRWG読みで約7,000mだったので即座に却下して峠を一つ減らして各々290km、6,000m。これならまだ現実的だろうと思ってこのコースを走ることに。RWGはトンネル通過区間をそのままトンネル上の斜面を上下しているように見做して計算したりするので計画と実績では概ね2、30%程度の誤差が生じます。今回計画で約6,040m、実績が5,200(※Garmin Connectとは数値が異なる)mだったのでRWGで引いた計画に対しての実績の比率は約0.86。RWGとしては誤差が小さいほう。
ルートを組んだ際ふと思いついて同じコースをSTRAVAで引いてみたら、こちらで表示された獲得標高はなんと8,000m超でSTRAVAでの実績/計画は約0.61。RWGでもかなりアレだというのにここまで食い違ってしまうと使い物になりませんわな。


獲得標高をRWG表示の八掛け程度で見込んだとしても290kmで約5,000mあるので寄り道なしで頑張って回してもわたしの走力では16、7時間がいっぱいいっぱい。寄り道を考えたら20時間弱くらいは見込まなければならないだろうと考え、3時起床4時出発で日帰りの計画を立ててみた。20時間かかったとしても何とかその日のうちに帰着可能だし。
ところがいつものごとく前夜酒量を過ごしてしまい、あまつさえそれが日本酒だったので3時にいったん起床したもののそのまま即落ち、目覚めは三時間半ほど経過してからのことだった。しばし自問自答したのち、翌日は日曜なのだから決行してしまおうと結論付け、朝食をしたため出発準備。結局スタートしたのは予定から遅れること実に四時間。8時13分のこと。
16111201.jpg
2016/11/12/08:13 専修寺関東別院前スタート
とにもかくにも予定走行距離290km
紅葉を愛でつつ坂道でわが身をいたぶる自虐的ライドのスタート。

まずはいつもの通り多摩川左岸をガス橋まで走り、そこから右岸へ渡って是政橋で再び左岸に復帰。普段はいわゆる国立折り返しからAJたまがわ定番コースを進むパターンになるのだけれど、今回は何となく思い付きで多摩サイをそのまま遡上することに。
16111202.jpg
ものすごく久々に通過する貝殻坂橋
日差しが柔らかくて暖かく、風も穏やかだったので人出を心配したものの、特に接触回避に気を遣わなければならないようなこともなく、普通に走っていれば問題ないレベル。

睦橋から一般道に復帰し、まっすぐ進めば突き当りが武蔵五日市駅。
16111203.jpg
JR武蔵五日市駅

朝食は食べたもののここまで50km以上走ってきたので小腹がすいた。
16111204.jpg 16111205.jpg
神戸屋でパンとコーヒーを購入、表のベンチで日向ぼっこしつつ。
落ち着いたところでまずは檜原村を指してリスタート。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

【画像で振り返る】2016年のブルべ振り返り【今シーズン】 

先日の【BRM1029神奈川300伊豆】終了でわたしの2016年エントリー済みブルべがすべて終了したしました。って言うかこれ以降今年中にはエントリーしたくても開催されるブルべが日本国内にはありませんが(笑)
そんな訳で今年エントリーしたブルべに関してざっくりとではあれど振り返って来年の糧にしてみようかと。昨年までも同様のエントリをポストしていたのにそれが生かせているのかどうかというところはまた別の次元のお話ということで。

BRM
200:完走×4
300:完走×2
400:完走×1
600:完走×1 / DNF×2
認定距離合計:2,400km(SR600込み:3,600km)
SR600
ランドヌール完走×1(北関東)
ツーリスト完走×1(Nihon Alps)
DNF×1(Nihon Alps)


今年のDNFはSR600も含めて600のブルべが三つだけ(『だけ』という表現は妥当なのか)でした。この内訳は自分の体力不足、走行計画の甘さに起因するものが一つ、ミスコースという凡ミスによるものが一つ、天候状況という不可抗力によるものが一つなので、自分次第で完走できたはずのものが二つあったということ。来年はこの辺をしっかりケアしていきたいものです。

<以下詳細内訳(時系列順)>

BRM403たまがわ200定峰(認定試走実施:3月20日実施)
 →完走(認定時間 12時間41分(制限 13.5時間))
16032030.jpg 16032042.jpg
本年初ブルべ。日常業務上の関係からほとんど自転車に乗ることなく10か月9ヶ月ほど経過してからの200kmは正直不安しかありませんでしたが案の定、気持ちは先走っているのにまったく速度が乗らないという空回り。それでも何とか完走できて気が楽に。


・BRM423たまがわ300西上州
 →DNS


BRM514たまがわ400石廊崎(認定試走実施:4月30日-5月1日)
 →完走(認定時間 26時間52分(制限 27時間))
160043023.jpg 160043037.jpg 160043045.jpg
西上州を業務都合でDNSしてしまったので、10か月9ヶ月ぶりのロングライドだった定峰からも一か月が経過してしまってこれまた不安しかなかった400kmの試走。スタート早々PC1手前からパンクを食らい、復路150kmはひたすらスローパンクに悩まされ、ゴールはClose8分前という薄氷を踏む思いでした。


BRM521たまがわ200十和田クラシック(実走スタッフ)
 →完走(認定時間 12時間41分(制限 13.5時間))
16052136.jpg 16052137.jpg
所属クラブ主催だったものの今年唯一の遠征となったブルべ。スタート早々ここでもパンクを食らってしまったけれど天候に恵まれ美味しいものも堪能し、完走後の懇親会や翌日のゆるふわポタも含め楽しいブルべでした。


BRM604たまがわ600白馬・木崎湖(認定試走実施:5月30日-6月1日)
 →DNF
16052937.jpg 16052959.jpg 16052973.jpg
試走だからということでGPSにルート入力をせずキューシートのみで走ったものの、落とし穴にはまってルートをロスト。以後も一時間待ちの蕎麦屋に入るなど時間がないのに余裕ぶっこきな態度でいたら天罰覿面、雨に打たれて体力気力を削がれてしまい、走行中次のPCでのタイムアウトが確定した時点で心が折れてDNF。過信と甘えが最大の原因。因みに初の輪行エスケープ体験となった。
-- 続きを読む --

挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロングライド  ブルベ  AJたまがわ  AJ神奈川  VCR横浜あおば  A埼玉  AJ宇都宮  SR600