10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2016Mar12Sat

【二年連続DNF】第6回小江戸大江戸200k【払暁に成増にて散る】 

今年も敗れ去りました。
※PDF注意→第6回 小江戸大江戸フットレース200K
絶望的なまでに練習量が不足していて、前半の小江戸パートを終了した時点でリタイアを決めた昨年よりも更に練習量不足、しかも体重は生涯最高値を叩き出していたりなコンディションで臨んだ今年。
当初の目論見は『小江戸パートは小江戸コースの制限である14時間(※小江戸大江戸に参加の場合小江戸パートの制限は16時間)以内で収め、大江戸パートは完走することよりもエイドステーションをひとつずつ進んで行くことを考えて行く』というものでした。
8時7分にスタートして小江戸終了時は22時3分だったのでこれはまあギリギリ予定通り。
とはいえ内心ではグロス8分/kmで走るつもりでいたので約一分ペースが遅かったという結果。

一時間休憩して制限時間一時間前にリスタートし、そこそこ脚が回る状態で進めたまでは良かったのですが、リスタートしてから10kmほど過ぎたところでまったく脚が回らなくなり、しかも前夜の寝不足の影響で立ったままマイクロスリープを重ねてしまう有様。
結局川越から20kmちょっと進んだ成増で力尽き、始発電車に乗って川越に戻ってレース棄権を運営に申告したという結末でした。

大会前の練習量は昨年をはるかに下回っていたものの、ミスコースによるロスタイムを考慮に入れても昨年よりも良いタイムで川越に戻れたのは距離、時間は短いながらもフォームや呼吸方法等を意識した練習を重ねて来たトレーニングの方針じたいは概ね間違っておらず、あとは練習量と軽量化ができればもっと楽に走れるはずだし無理なく完走できるようになると思えるようになったのは収穫でした。

早いものでもう一週間が経過しようとしています。
確か先週のこの時刻は川島町辺りを走っていたかな。
小江戸区間を終了した時点ではそこそこの手ごたえを感じていたので最初の通過証明撮影ポイントである都庁前にすら到達できなかったのは少々悔しい感じがしなくも無い。
練習もろくにできていなかったのに厚かましいと言ってしまえばそれまでですが。

今年エントリー予定のウルトラマラソンはこの『小江戸大江戸』と秋の『雁坂峠越え』のみで、しかも雁坂の方はいまいちエントリーに乗り気ではなかったのですが、昨年もDNFで昨年は他にウルトラを走っておらず、今年はこのままでは終われないだろうという気持ちが強いので何とかスケジュールを繰り合わせて雁坂完走を今年後半の目標にしてトレーニングに励もうかと。
せっかく一昨年完走して永久ナンバーを貰ったのだからそのナンバーのゼッケンを付けて走ってみたいし。

ただ諸般の事情により昨年から距離が11kmも延長されてしまっているので”一昨年完走できたから。。。”なんて甘い考えでは足を掬われかねないので油断禁物。
関連記事
スポンサーサイト
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ラン

ジャンル: 日記

タグ: ウルトラマラソン  小江戸大江戸 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/1061-8f546e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top