06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

【三日間】ざっくりと三連休の振り返り(2016/07/17)【自転車三昧】 

<7月17日(日)-The Day 2->
前日南房総(南東方面)へ行ったので今度は正反対の方角である北西方面に行こうと思い立ち、名栗方面に行くことに。


当初の予定では7時頃スタートして名栗湖を周回してTurnipで昼食の後奥武蔵グリーンライン方面へと抜けるつもりだったのだけれど、前日に引き続いて四時起床、朝食の後二度寝をぶちかましてしまった。
16061701.jpg
結局専修寺関東別院前を出発したのは九時近く。

二子玉川から上流はAJたまがわのBRMでお馴染みのコースを走って羽村取水堰まで。
16061702t.jpg
お久しぶりな玉川兄弟

羽村取水堰から先は小作坂下で曲がらず古い定峰200西上州300のコースである東青梅駅西側踏切を渡るルートで新吹上トンネルを利用して成木に抜ける。

16061703.jpg
成木街道沿いのせせらぎが目にも耳にも涼しげで良い。

16061704.jpg
相変わらずうんざりさせられる小沢トンネル手前の直登を淡々とこなす

16061708.jpg
ブルべでは通さないけれど、名栗川沿いの道は左岸の旧道を走るのが好き。

16061705.jpg
下名栗の湧水『庚申の水』で補給

16061706.jpg 16061707.jpg
『いつもの』名栗川橋
16061709.jpg 16061710.jpg
そんなこんなでターニップに到着したのは12時半を回ったころあい。

16061711.jpg
テラス席でノンアルビールをいただく。
日差しがきつくなってきたけれど、日影(テラス席のパラソル下)は風通しが良くて過ごしやすかった。

16061712.jpg 16061713.jpg 16061714.jpg
焼きカレーと鶏の香草焼きをセットにしたランチ。
少々食べすぎた感あり(^^;

当初の予定では名栗湖をひと巡りしてからターニップに寄り、山伏峠を越え、白石峠方面の奥武蔵グリーンラインを走ろうかと思っていたけれどスタートが遅くなってしまったので計画変更」
16061715.jpg 16061716.jpg 16061717.jpg
食後の腹ごなしに名栗湖を周回
かなり水量が少なくなっていることがわかる。

16061718.jpg
風がひんやりしていて気持ちいい。

16061719.jpg
有間の湧水で水補給。
『水質検査をしていないので飲用は各自自己責任で』的な注意書き。
生水ごときではびくともしない強靭な胃腸が嬉しい。

名栗湖周回で腹ごなしの後当初の予定通り山伏峠を越えようかとも思ったけれど、折角なので久し振りに竹寺、子ノ権現に行ってみようと思い、名栗湖とターニップの間にある林道原市場名栗線を使ってまず竹寺へ。
16061720.jpg 16061721.jpg
とっかかりからしばらく10%前後の勾配の坂道が続く。

16061722.jpg
ずっと山の中なので」途中で2、3か所ほどしかない貴重な眺望。

16061723.jpg
路肩やグレーチングに関しての注意喚起看板がある上にグレーチングの端部を黄色くペイントしてわかりやすくしてくれている親切対応。これはありがたい。

アップダウンの繰り返しになる尾根筋を過ぎると一気にダウンヒル。
あんまり下りすぎると登り返しががきついのに。。。と、毎度のことながら心で愚痴。
坂を下り切ったところで竹寺に向かう道へと進路変更。
再びえっちらおっちら登坂が始まる。
路面は濡れていてところにより苔むしていて、勾配がきついところで立ち漕ぎをすると場所によっては苔や道路横断溝蓋のグレーチングで後輪が空転、なかなかおっかなびっくりのヒルクライムが続く。

16061724.jpg
この表示から先は寺の敷地内なので路面は荒いし勾配きついし。。。な500m

16061725.jpg 16061726.jpg
左:前回来た時にはなかった茅の輪門。平成27年奉納と表記されていた。
右:東日本唯一の神仏習合遺構、寺の入り口に鳥居。

16061727.jpg 16061728.jpg 16061729.jpg

16061731.jpg 16061732.jpg
なかなか珍しい竹もある。

16061733.jpg 16061734.jpg 16061735t.jpg 16061736.jpg
今回は時間もあまり余裕が無いし、本堂回りを少々うろうろして天王山までは登らず退散。
因みに前回来たときは→こんな感じ←

ウェットな急斜面をおっかなびっくり引き返し、今度は子ノ権現に向かう。
16061737.jpg
1,500mの表示から勾配が徐々に厳しくなる。

16061738.jpg 16061739.jpg
こちらも竹寺手前と同様、ウェット路面に苔むしていてやたらとスリッピー

16061740.jpg 16061741.jpg
あと300mの表示が現れ、20%超の激坂区間の始まり
いざ!と挑んだはいいものの、やはり後輪が滑ってしまって危うく転倒しそうになり、一旦300m表示まで下って再度チャレンジを敢行するもやはり100mほど進んだところで後輪が滑ってしまい先へ進めない。
結局中間100mほどの区間を押し歩き。

16061742.jpg 16061743.jpg 16061744.jpg
足腰にご利益のあるお寺なのでとにかく足腰に関してのお願い事を済ませて引き返す。
普段なら吾野側に下りて所沢経由で帰るのだけれど、今回は来た道を引き返して青梅を抜けて帰ることに。
昼に焼きカレーを食べたというのに無性にカレーうどんが食べたくなったので東青梅の根岸屋に向かう。
あるいは昼の焼きカレーが呼び水的役割だったか?

16061745.jpg
山王峠から青梅市街へ。
ちょっとコースを間違えて無駄に走ってしまったものの無事東青梅まで戻れた。。。が

16061746.jpg
残念な事に根岸屋さんは営業していなかった。

16061747.jpg
このまま何も食べずに、帰宅してからビールとそのアテで良いかとも思ったけれど帰り道の途中にある河辺のお蕎麦屋さんKATSURAに立ち寄り、うどんの代わりにおそばをたぐることに。

16061748.jpg 16061749.jpg
左:鴨だしつけそば。濃厚なつけ汁はつけ麺のような感じで美味しい。
右:濃厚なのはつけ汁だけではない、そば湯も相当に濃厚で味と香りがたっぷり。

すっかり落ち着いたので帰路に。
基本はAJたまがわのコースを踏襲し、是政橋から右岸多摩沿線道路へ。ガス橋で左岸に復帰して帰りにスーパーに立ち寄りビールを購入して帰宅。

スタートが遅かった割にはそこそこの距離(175㎞)を走れた一日でした。

天気予報では翌月曜日は天候がイマイチだったはずなので”明日(月曜日)は雨中ランでもしようかな?”なんてなことをお考えつつビールを呷って寝落ちしていたのでありました。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ    観光  AJたまがわ  ターニップ  名栗  竹寺  子ノ権現 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/1094-7f7014e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top