FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2017Dec05Tue

【秋のゆるふわ箱根ポタ】AJたまがわ大忘年会2017-A【with温泉宴会】 

昨年は自走参加途中で後輪のフリーボディがオールフリーとなってしまったおかげでペダルを踏んでも前に進めず、仕方なく急遽借り受けたレンタカーでの参加となってしまった自らが籍を置くクラブの忘年会ですが、今年は何としてもノートラブルで楽しみたいものと強く願いつつの参加となりました。
特に毎年定まった忘年会会場がある訳でもないAJたまがわの忘年会では、例年賛助会員専用のグループウェア上で”今年の忘年会会場へはどのようなルートで向かうか。”という話題で盛り上がり、各人各様のコース案を出してみたり、或いは誰かの案に乗って複数名のグループライドで会場を目指すことにしたりします。
今年もいくつか案が出ていたのですが、わたし自身は箱根エリアの自転車ルート事情通のチコリンさんが提示されていたいくつかの案の内往路イチオシとされていた県道70号線からの林道ルートを採用することに。まあ、この辺は少々勘違いがあって一瞬現地でうろたえたりしましたが結果オーライ。
前週のA埼玉忘年会では自宅から忘年会会場の群馬県片品村ぬく湯荘まで約200kmありましたが今回は大回りなチコリンさん推奨ルートを使ってもほぼ100kmと非常にライトなゆるふわポタリングとなりました。15時半頃には現着してのんびり温泉&風呂上りビールを堪能してから宴会に突入できましたし。

そんなこんなでA埼玉に続いて2017年忘年会ライド記録三部作の第二弾。


<実走行ログ:2017/12/02>


今回は予定通り走れば100kmほどの距離。宴会は18時開始なのであまり早く着き過ぎても手持無沙汰になるし、かといってギリギリの到着では折角箱根ホテル小涌園が会場だというのに温泉が楽しめない…という訳で15時~16時の現着を想定して自宅出発を8時半前後に設定。箱根の麓にとっかかるまでの80kmほどの区間はほぼ平坦なのでAve.18KPH程度を見込んで昼食ポイントをリサーチ。なかなか用意周到な立ち上がり。
17120201.jpg
専修寺前出発は8時45分くらい

途中、いつものクセでJR鶴見線国道駅の北側から東海道の旧道に入ろうとしてふと見たら自転車が除外されない通行規制に気が付いた。普段この道を走るときはAJ神奈川のブルべに向かう時が多く、大抵6時前に通過するので問題なかったけれど今回はモロ時間内。仕方がないのでR15を進んで何か所かで侵入できるか確認してみたけれど、結局大黒に向かう産業道路までは一方通行区間なので諦めた。
17120202t.jpg
横浜市内は「自転車を除く」と書かれていない標識が多い

17120203.jpg 17120204.jpg
お約束的にどん八生麦店で春菊天そば

17120205.jpg
大黒ジャンクション付近、魅惑の曲線を持つ造形

産業道路から先は一通ではなくなるので普通に旧道を走れる。
そういえばいつの間にか「生麦事件発生地の碑」が移設されていた。っていうか今までが仮移設だったのかな?そんな感じの表示を見かけた記憶がある。

17120206.jpg 17120207.jpg
山門の目の前が京急線踏切の遍照院

以後はひたすら淡々と平地走行で距離と時間を稼ぐ。ルート自体はプライベートではあまり使わないルートだけれど、AJたまがわのブルべでは割とよく使う鎌倉街道を、ブルべの時とは逆方向に。

17120208.jpg
藤沢市のマンホールは藤の花だった

R134に出てのんびり西へ。
残念なことに全天の半ばほどを雲が覆っていて富士山の姿は拝めなかったものの南の方は雲が少なかった。
17120209.jpg 17120210.jpg
お久しぶりのサザンCと烏帽子岩

17120211.jpg
漢字でしっかり「大磯」と書かれた潔さが好き

17120212.jpg
大磯の松並木
毎年撮っているけれど、松並木の中に一本だけイロハモミジ(?)ヤマモミジ(?)があって差し色的にすごく生えている感じがお気に入り。ちょっと待てばいいのに横着して停まらずに撮ったので車が邪魔。

17120213.jpg
小田原市のマンホール蓋には小田原市の名前が無い

普段は直進するところ国府津の親木橋交差点から内陸へ、更に富士見大橋を渡って酒匂川沿いの道を遡上。いよいよチコリンさんおススメルートのスタート。

17120214.jpg
富士見大橋から酒匂川下流を

17120215t.jpg
いきなりダートでひるむ
とはいえほんの5、60mほどで舗装路になる。

17120217.jpg 17120216t.jpg 17120218.jpg
酒匂川サイクリングロード起点

17120219.jpg
人通りも少なく走りやすい

ほぼ予定通りのタイミングでお昼時。
事前にリサーチしてあった中華料理屋で補給。

17120220.jpg
小田急線開成駅前にある2000系ロマンスカー「ろんちゃん」

17120221.jpg
氷花餃子開成店

17120222.jpg 17120223.jpg
土日祝祭日限定ランチの担々麺とチャーシュー丼のセット
担々麺はボリュームがそれなりにあって辛さもしっかり、スープも味わい深くて美味しかった。
チェーシュー丼は平皿に盛られて出て来たので少々面食らった。
「丼」とは?(哲学)
想像していたよりも遥かにスパイシーな味わいでしたがこれもまたなかなか美味しかった。

お腹を満たしてリスタート。再び酒匂川CRをのんびり。
17120224.jpg 17120225.jpg
途中、寒桜を愛でてみたり
暖かい恰好をして火鉢を囲んで熱燗でもちびちびやりながらお花見したい。

17120226t.jpg
このサイクリングロードの雰囲気大好き
教えてくださったチコリンさんに深く感謝。

17120227.jpg
けれども唐突に現れる終点
気分よく流していたらあっという間におしまい。全長10kmもないのが非常に残念だけれどこの先はすぐ山間部だから無理からぬところ。やはり二級河川だけあって流量が多そうに見えるけれど短い。

ここから先は一気に山岳区間。県道70号線をえっちらおっちら。
17120228.jpg 17120229.jpg
のんびりハイキングとかトレランっぽいのも良さげ

しばらく坂道を登って行ったら問題発生。
一台の車が停まっていて警備員のおばちゃんが一人立ってる。
標識には全面通行止とあったけれど念のためにおばちゃんに問うてみた。
17120230t.jpg
黒白林道入り口

すみません、この先って自転車でもダメですか?
そうよ、「全面」なの「全てのお顔」ですのよ!歩きの人もダメなの!
そうですか。迂回するしかないのかな。
このまま県道をしばらく登って行ったら夕日の滝に向かう左折路があるからそっちに向かって行ったらこの先の林道に合流できるわよ。
なるほど、ありがとうございます!
ところでアナタ、何か運動でもしていらっしゃる?ラグビーでしょ?当たり?
いや、残念ながらやってないです。。。
その身体つきだもの、アメフトでしょ!当たりよね?

…ごめんなさい、当たってません。

そんなこんなの遣り取りの後再び坂道をえっちらおっちら。
夕日の滝方面に向かう分岐の表示が見えて来た。
17120232.jpg
案内標識
”行けばすぐにわかるわよ。”というさっきの警備員さんの言葉通りわかりやすいことこの上ない表示。

17120233t.jpg
紅葉を愛でつつのんびりヒルクライム

17120234.jpg
地蔵堂
ハイカーがいっぱいいた。

地蔵堂の脇を抜け、更にえっちらおっちら進んで行くと正面に進めば夕日の滝、左折すれば黒白・明神林道という分岐。夕日の滝を眺めに行きたい気持ちもあったけれど取り敢えずあんまり到着が遅れてしまうとなんなのでスルーして左折。しばらく進んだら左に進むと先ほどの警備員さんがいたところに出る黒白林道で、こちらにも通行止め表示が。右に向かうと強羅方面に出る明神林道で、こちらは通行に支障が無さそう。

17120235t.jpg 17120237.jpg 17120236t.jpg
再び紅葉を愛でつつえっちらおっちら
標識は9%と10%しかなかったけれど、ところどころ瞬間的にGarmin読みで15%くらいの区間がちらほら。

17120238.jpg
明神林道ピークの金時隧道
GoogleMapsで「乙女峠」という表記になっていたけれどホントか?すぐ近くにおんなじ名前の峠が二つあるってあんまり考えにくいし、何よりこのスポットに添付してある画像って金時山山頂のモノなんだけど。

トンネルを抜けてからは一気に気持ちの良いダウンヒル。
道も荒れていないし非常に走りやすくて気持ち良かった。
17120239.jpg 17120240t.jpg
公時神社
今にして思えば境内のマサカリくらい眺めて来れば良かった。

公時神社から下り基調の箱根裏街道を南西に向かって快調に飛ばして強羅まで。
17120241t.jpg 17120242.jpg
強羅翡翠楼の裏手
源泉かけ流し宿の裏手だけあって流れから湯気が上がっていた。
この直後、ぱっと見では絶壁に見えるような坂道を登る羽目に陥った。
箱根侮りがたし。(いや、侮っていないけど)

17120243.jpg
彫刻の森駅至近の踏切で箱根登山鉄道に遭遇

そして、このわたしとしたことが、あろうことかほぼ計画通りの15時半頃目的地に到着してしまったのです。
17120244.jpg
箱根ホテル小涌園前到着:2017/12/02/15時半頃

AJたまがわ大忘年会-Bに続く
長くなるので宴会は裏置き(笑)
正面入り口付近にいぢちさんがいて、駐輪場への行き方を教えてくれた。
17120245.jpg 17120246.jpg
駐輪場
事前の通達では輪行袋に入れて集積と言われていたものの、蓋を開けば必要なく、そのまま停めることができた。

自転車停めて、部屋に移動したら同室のひであさんが到着済み。
四人部屋なので残る二人の到着を待つかどうかしばらく考えた後、ドアの下に「風呂にいます」と書いたメモ紙を置いてさっさと風呂に行くことに。だって何時に到着するかわからんし。

風呂場に行ったらぜっとさんやアーツさんを始め、先着していたメンバーが露天風呂でまったりしていたのでこちらも加わってまったり温泉を堪能。
17120247.jpg
風呂上りビールを頂いて更にいろんなところが弛緩

時間になったので宴会場に移動。
移動距離が長い上に通路が屋根はあるものの吹き曝しなのでさっきまで飲んでいたビールの良いが一気に散った。
17120248.jpg
宴会場に向かう
たまたま一緒に歩いていた全然別グループのおっさん連中に”そっちじゃないよ!”と声を掛けてしまってお互いフフッってなるひと幕があったりしつつ宴会場へ。

17120249.jpg
いわゆる一つの二ホンのトラディショナルな宴会スタイル

17120250.jpg
こんなラベルがある

<お料理の数々>
17120251.jpg
17120252.jpg 17120253.jpg 17120254.jpg
17120255.jpg 17120256.jpg 17120257.jpg 17120258.jpg

乾杯発声は新参の賛助会員が行うという暗黙のルール(?)に則り新人さんが乾杯の発声を。
17120259t.jpg 17120260.jpg
超大型新人さんのご挨拶からの乾杯

17120261.jpg 17120262.jpg
そしてこの男が語り、〆る

17120263.jpg 17120264.jpg
二次会に移動
やや息苦しさを感じないこともないけれどこの距離感が良い(のか?)

17120265.jpg
そして再びこの男が熱く(?)語り(騙り?)

17120266.jpg
わたしが寝る前に最後に目にしたのはこのシーンだった

AJたまがわ大忘年会-Bに続く
関連記事
スポンサーサイト
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ

にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルベ  AJたまがわ  箱根  酒匂川  箱根ホテル小涌園  地蔵堂  大忘年会  2017 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/1272-c3f96b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top