04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2018Apr24Tue

【チコリンの呪い】「嬉し恥ずかしドライブでぇと」の巻【転じて祝いとなれかし】 

18042207.jpg

関連(ってか直前までの事に関する)エントリ

二ヶ月半ほど前の事。
まだまだ肌寒い日が続いていたとはいえ路面凍結の心配が無さそうな区間を選んでゆるゆるとしたポタリングをしようと思い立ち松島まで行って帰ってというゆるポタを敢行したことがあります。
※「ゆるポタ」なのに「敢行」という言葉のイメージの固さが妙にミスマッチと感じるのはわたしの感性か?
その際、閖上港朝市でいただいたせり鍋と殻付き焼き牡蠣の画像をTwitterにUPしたところ某チコリンさんから”(せり鍋といい、焼き牡蠣といい、わたしが食べたくて仕方がないものばっかり食べているから)バチが当たる!”という痛烈なリプライをいただきました。
わたし個人的にはチコリンさんの方がわたしなんか比較対象外となるくらい、よほどバチが当たりそうなものを日常的に召し上がっておいでではないかと感じたものですがそこはそれ。
この日は気分良く松島まで行って帰って…のはずが、復路では猛烈な向かい風に見舞われ、強風に伴う砂塵に巻かれ、とどめに吹雪にまで見舞われるという散々な目に遭いまして。
その時「チコリンの呪い」なる言葉が生まれたのでありました。

一旦はわたしが定義如来で御朱印を三種拝領したことによって呪いが祝いに転じたとぬか喜びしたものの、先日の鉛温泉ライドの際には往路で晴れ予報にもかかわらず本降りの雨に見舞われ、復路では行程の1/3を冷たい雨に降られてしまうという羽目に陥ってしまったことを受け、”お願いですから閖上港朝市でせり鍋と焼き牡蠣をお召し上がりください、お鎮まりください!”という畏怖の念で押し潰されそうな心境でいたわたしに一筋の光明をもたらすチコリンさんからの連絡が。
”22日に名取に遊びに赴く故お付き合い願いたし。”
勿論否も応も無く快諾。
ということで嬉し恥ずかしドライブでぇとin宮城が実現する運びとなりました。

一泊二日で名取にお越しになるチコリンさんは土曜日八戸を存分に堪能されたうえで名取入りなさるということで、到着予定は18時~18時半との事。
万が一にもお待たせしてしまうような粗相があってはならないので18時には名取駅にお迎えに上がらねばならん…ということで諸々準備を整え移動、駅前に到着したのは17:58。
やるじゃん、オレ。

18:04名取駅着の電車で到着したチコリンさんと近場の海鮮居酒屋に移動して主にチコリンさんのお話をうかがう形で約四時間。当然ながら詳細は割愛するが色々有意義な時間なのであった。
お腹を満たし、色々と語り終えたところでお店を辞去。
チコリンさんをホテルまで送り届けて帰宅し軽くビールをひっかけて就寝。
因みにチコリンさん投宿のホテルはウィークリーマンション契約以前のわたしの定宿で、恐らくGW明け一週間ほど再びそこに投宿する予定のところであったりする。

明けて22日の日曜日。
前日約束した通り7時に宿に赴き、まずは閖上港朝市へ。

「まずは」というか何をおいても真っ先に「呪い」を解消または転化せねば。

場内の案内が半分ほど済んだところでわたしがいつもせり鍋をいただいている屋台の前に出たのでそこでまずひと品。
18042200a.jpg
せり鍋ひと品目

朝市会場内では二軒、せり鍋を供していただけるお店がある。
ひとつはこのせり鍋専門のところ。
もうひとつはせり鍋のほかに魚介類の汁物だったり持ち帰り用の海鮮弁当やイートイン用の小どんぶりを供してくれるお店。
”折角だからもう一軒のせり鍋も味わってみたい。”とはチコリンさんの弁。
ひとつ目のせり鍋をいただいた後、市場の残り半分をご案内。
引き返してもう一軒のせり鍋に向かおうとしたところ、水餃子に気持ちを引かれたということで餃子王の水餃子を。

ここで「チコリンさんが水餃子でお腹いっぱいになってしまったので以後の食べ歩きは不要」という想定外の展開に。
それでもいつも利用させていただいているお店で女川産殻付き牡蠣4個¥500-を店先で焼いていただきひとつはチコリンさんに召し上がっていただいた。
これで当分理不尽な天候に振り回され、天(時にはブルベ運営スタッフ)に対する呪詛の言葉を吐かずに済むのかと思うとなかなかに感慨深い。

お腹を満たし、チコリンさんが山菜を中心としたお買いものも済ませたところで観光スタート。”桜を愛でたい。神社めぐりもしてみたい。”というのがリクエストなので一応知っている限りの範囲でご案内。
事前にチコリンさんが行ってみたいと連絡を下さったところに三神峯公園金蛇水神社があったのだけれど、三神峯公園の桜は盛りを過ぎてしまっていそうだったので折角なら、と竹駒神社に立ち寄ってから金蛇水神社へ。

朝一番の竹駒神社ははかま姿の神職の方々があちこち竹ぼうきで掃き掃除をしている真っ最中で、なかなか味わい深かった。

次いで金蛇水神社へ。
18042201.jpg18042202.jpg
ヤマザクラ系の桜と黄桜
18042203.jpg
鳥居脇には枝垂桜
18042204.jpg18042205t.jpg18042206.jpg
神苑は色とりどり

三神峯公園はパスしたものの閖上港朝市金蛇水神社で一応事前に伺っていた希望訪問地はクリアしたのでこれ以降はホストとしての手腕が問われるところ。
前日は自転車で訪れた太田とうふ店に、今度は車で乗りつける。
三角揚げと、とにかく前日食べて美味しかった豆乳杏仁を各々一つずつ。
18042207.jpg
揚げたての三角揚げ
すっかり堪能して以後は気の向くままのドライブ。

”折角なのでどこかの温泉には浸かりたい。”とのリクエスト。
当初は秋保温泉の市太郎の湯にという話もあったけれど、太田とうふ店から市太郎の湯までは30分もかからず行けてしまう距離なので時間が余る。
聞けば遠刈田温泉には行ったことが無いということだったのでのんびり回り道をしながらドライブして遠刈田温泉に立ち寄り、その後仙台まで送り届けるという行程に。

リスタートして秋保神社に立ち寄り。
その後はポタリングで何度か通った道を中心に眺めの良さそうなところをのんびりクルージング。釜房湖から村田町の蔵の町並みへ。

お昼を回ってもなおお腹がいっぱいであまり食べられそうにないけれど、おそばくらいなら…とチコリンさんが村田町内のかなり有名なお蕎麦屋さんをネット検索で見つけてくれたのでそこに向かう途中”すぐそばに雰囲気が良さそうな「熊野神社」があるよ。”と一言。
ドライブ中の話の中でとにかく仙台周辺には「熊野」の名を冠した神社が数多いということにも触れていたのでその流れ。
折角なので立ち寄ってみることに。

【熊野神社(宮城県村田町小泉)】
ひと気が無かったことと苔むした石段を登って行くシチュエーションとがあいまって非常に静謐で上質な空気が漂う空間でした。
18042208t.jpg18042209.jpg
一の鳥居

18042210.jpg18042211.jpg18042211b.jpg
石段を進むにつれて空気が変わる

18042212.jpg18042213.jpg18042214.jpg18042216.jpg
拝殿
18042217.jpg18042218.jpg
さや堂を架けられた本殿
さや堂が架かった社殿というのもなかなか珍しいと思う。

18042215.jpg
摂末社の造作

18042219.jpg
神楽堂

18042220.jpg
由緒

18042221t.jpg18042222t.jpg
参道の石段脇にある夫婦杉
厳かな空気を堪能し、御朱印もいただいておいとま。

先ほどチコリンさんに調べていただいたお蕎麦屋さん「玄」に移動してみたものの通常営業は15時までとの事なのに13時の時点で既に「本日品切れ」の札が。
相当な人気店らしい。

再びお蕎麦屋さんを検索。
遠刈田温泉周辺にはいくつもお蕎麦屋さんがあるのでそちらのどれかにお邪魔しようということにして選んだのは別荘地の森の中にある「薫風」というお店。

18042223.jpg18042224.jpg18042225.jpg18042226.jpg
ひっそりとした佇まい、明るく広々とした店内

18042227.jpg18042228.jpg18042229.jpg
天ざるそば
天ぷらがボリュームあってかなり満足。おそば自体ももちろん非常に美味しい。

満ち足りた気分で遠刈田温泉に移動。
その前に蔵王大権現(刈田嶺神社)へお参り。
18042230.jpg
拝殿

18042231.jpg18042232.jpg18042233.jpg18042234.jpg
境内のもみじの若葉が目に優しかった

18042235.jpg18042236.jpg
手水舎の板葺屋根

お参りを済ませ、チコリンさんが御朱印をいただけたので温泉に移動。
今回は神の湯に。
45℃ほどの熱い湯に浸かったり出て涼んだりを繰り返して約30分。

ここで時刻は15時半。
20時頃仙台発のはやぶさを予約しているとの事だったけれど、空席があれば前倒し可能なチケットだということなので仙台駅に向かって移動。
約2時間後に仙台駅前に到着し、無事今回のご案内ミッション完遂となったのでありました。

(余談)
その後チコリンさんが便を前倒ししようと思ったら、その日に仙台市内で行われた羽生結弦選手パレードの余波でまったく空席が無く、仙台駅で2時間ほど時間を潰すことになってしまったらしい。
昼過ぎに終わったイベントでそこまで満席続きとは恐るべしユヅリスト。
関連記事
スポンサーサイト
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 タグ: チコリンの呪い  閖上港朝市  太田とうふ店  遠刈田温泉  薫風 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/1309-e8fe53ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top