08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

-0001Nov30Wed

【Fleche2013】お城めぐり隊道中記-その参(完結) 

<実走記録:PC5⇒PC8+ショートカットコース>

※Edge800のログによる
【実施日時】2013年4月27日22:39スタート
【走行距離】 157.75km
【総所要時間】 10時間21分(途中計時ストップあり、総経過時間は11時間16分)
【乗車時間】 7時間13分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間)14.8km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)21.8km/h
【平均バイクケイデンス】 70rpm(途中計測エラーあり)
【獲得標高】 823m



2時間以上の借金を背負って岐阜を出発。
冷え込んできたので念の為に防寒対策で持参したレインウェア(パンツ)を着用。
単独走行なら寒さを感じた時点で停車して着用すればいいけれど、集団走行中なので出来る限り他のメンバーのペースを乱すような事はしたくない。
ところがこれが失敗で、思ったほどには気温が下がらなかったので脚が汗まみれになってびしょ濡れになってしまい、走行中非常にストレス。
結局PC6で再び脱いでその後は生足の状態で最後まで。
PC5から先の夜間走行区間では若干眠気が強くなり、集団の最後尾を走っている時に気が付けば5、60mほど引き離されていたりして軽く焦る。
時折ふらつきながら走行している事を自覚しつつ、どうにかこうにかPC6に辿りついて眠眠打破でドーピング。

<PC6:ローソン関ヶ原店>
13042733.jpg
計画=22:30/実績=28日01:00


13042734.jpg
関が原に討ち死にしたかのような風体で転がっていたランドヌール(PIPI氏)の姿がそこに。
この光景を撮影した後、別の一角に似たように座り込んでうたた寝していたmarkun氏の姿も撮影しようと移動、正面から撮ると顔がモロに写り込んでしまうので横に移動してさあ、撮ろうかという時に、やはり同じように考えて撮影しようと考えたようで正面からけーこ隊長がパシャリ!その時思いっきりフラッシュを炊いてしまってmarkun氏はお目覚め。
”ごめんなさい!発光禁止にするの忘れちゃってた!!”
鬼教官ならぬ鬼隊長www

<ナイトライド>
13042757.jpg
関が原合戦決戦地脇を抜ける。
ここから先はしばらく旧中仙道を進むことになる。
右に左に細かくカーブする細い道で、時折鹿が数頭道を横切りイタチの類の小動物もあちこちにいたりする。
鹿に激突された某竜胆氏の二の舞だけは勘弁して欲しい、切に。
冷え込んできたので心拍を上げようとケイデンスを高めにしたら後続を引き離してしまったことが何度か、ミラーを気にしながら走っていたつもりだったけれど、一度鹿の群れに出くわしてしまうとどうしても前方と左右の方が気になってしまって仕方がない。

13042735.jpg 13042736.jpg
彦根城はパスして彦根の市街地を抜ける。
元々の予定でも真夜中通過となるので彦根城は諦めていた。
次のPCはファミレスなので、そこで食事にしようというのが元々の目論見だったのだけれど、メンバーの疲労を考え彦根のガストに入店し、夜食と休憩を。

若干回復した身体を引きずりリスタート。
約20km走ってPC7に到着。
<PC7:ジョイフル近江八幡店>
13042737.jpg
計画=03:30/実績=04:58

借金は約1時間半まで短縮。
本来ならここで大休止の予定だったのだけれど、20km手前で食事を済ませたし、時間もなかったのでドリンクバーでコーヒーを飲み、トイレで用を済ませてそそくさと退散。

13042738.jpg
朝の八幡掘を眺めて先を急ぐ。

13042739.jpg 13042740.jpg
近江八幡~野洲市の辺り、日が差し始めていよいよFlecheも終盤戦。
琵琶湖南東岸の水田地帯の平坦な道を進む。
風はすっかりおさまり、このままペースアップすればギリギリ間に合うか?というところで徐々にけーこ隊長が失速。
少々眠気もあるようなので、安全対策も考え背後に付いてしばらく進む。
若干風が出てきたのでわたしが先行し前を引く形にしてマメにミラーで後方をチェック。
最初のうちは20km/h弱くらいで巡行していたものの、PC8手前10kmほどとなった辺りでは15km/hがやっとというペース。
関ヶ原前後の夜間走行区間では随分元気だったのに、さすがにスタミナ切れか(^_^;)

<PC8:7-11大津大萱三丁目店>
13042741.jpg
計画=05:10/実績=06:33

この時点で1時間30分弱に借金を軽減。
Flecheのルールで24時間で360km以上走らなければならないが、最後の2時間で25km以上走らなければならないという縛りもある。
PC8は309km地点、30分で進めるだけ進んで元々PC9で予定していた22時間チェック(走行距離を記載してそれを証明するタイムスタンプを確保する、買い物のレシートが一般的。)をPC9手前で受ければ残り51kmを二時間半で走り切れば良い。
街中走行もある、タイムスタンプ獲得のための時間ロスもあるのでかなり厳しい数字ではあるけれど、この先ほとんどアップダウンが無いことを考えたらギリギリ行けるのでは?
と、考えを巡らせてみたものの、交通量が増えてくる時間帯でもありメンバーの体力的に無理があるため危険だろうという判断でDNFをすることに決定。
そもそもわたしに体力が残っていても最低三人はゴールしなければ認定を受けられないので意味が無い。

わたし以外の四人はPC8最寄りのJR瀬田駅から輪行でひとまずゴール地点の嵐山まで移動することになり、わたしは正規ルートをショートカットしてR1をそのまま西進、京都駅付近で再度正規ルートに合流してゴールの嵐山まで自走することにした。距離は約30kmといったところか。
後から思えば20kmほどしか距離は違わないのだから単独でも正規ルートを走っておけば良かったと思ってみたりもしたけれど、まさに後悔先に立たず。
そんなこんなでソロクルーズ開始。
13042742.jpg
山科のトンネルを抜けていよいよ京都盆地へ。
自転車はもとより車でもこの道を通るのは初めて。

市内は想像していたよりもずっと交通量が少なくて走りやすく、拍子抜けするほどすんなり進む。
13042743.jpg 13042744.jpg
二条城は外観だけをちょっと眺めておしまい。

13042747.jpg
8時半過ぎ頃にはゴール地点である阪急嵐山駅前に到着し、他のメンバーと合流するまでの間しばしウロウロ。
13042745.jpg 13042746.jpg
渡月橋を何度か行ったり来たり。
13042748.jpg
しばらくして他メンバーと合流し、記念撮影なんぞを。

そこからFleche2013の集合場所かつ懇親会開催場所である『ナイスプレイス』の花園会館へ移動。
13042749.jpg 13042750.jpg
駐車場にはすでに百台はあろうかという自転車の集合体が。
自転車を停めてスタッフ氏たちと雑談している間にも続々と集まってくる変態さんたち。
DNF仲間(笑)のNaoki氏も数分遅れで駐車場に入ってきた。
今まで何度となく顔を合わせる機会があったはずなのになかなか挨拶も出来なかったPIKA氏にも無事挨拶完了。

13042751.jpg 13042752.jpg
懇親会会場の花園会館
ひと風呂浴びる前に喫茶コーナーで軽く瓶ビールを一本いただき風呂に入ってさっぱりしてから休憩スペースへ。
一足先に到着していたGAKU氏が若干寝ぼけ気味で畳に座っていた。
軽く横になったらすぐに宴会開始時刻になったので会場に移動。

13042753.jpg 13042754.jpg
ゴール受付が終わっていない参加者がいたりするので定刻より少々遅れたスタートとなった懇親会はドリンクが飲み放題だったのでひたすらビールを呑んで雰囲気に酔っていたw
そうこうするうちにmakota氏がわざわざこちらに挨拶しに寄ってきてくれた。

約二時間、あれやこれやと盛り上がった宴が終わり、三々五々帰路につく人、京都に宿泊で更に宴会の続きを繰り広げる人、観光に向かう人、そして撤収作業を行う人…と様々。
わたしたちはまっすぐ帰宅するつもりで花園駅まで自転車を押していき、そこから輪行。
前日掛川で購入しておいた切符の指定時刻を変更したりして帰りの新幹線に乗り込んだ。
さすがに疲れと酔いの影響には抗いきれず、乗り込む前に缶ビールを一本購入して乗ってからちびちび呑んでいたらいつの間にか床の上にぶちまけていた、周りの乗客に迷惑を掛けなかったのが不幸中の幸い。
品川で新幹線を降りて同じ品川まで新幹線で移動したmarkun氏と挨拶を交わして別れ、京急線に乗り換えて無事帰宅したのは19時頃のこと。

結果はDNFという少々残念なものになってしまいましたが、田村氏もBlog上でおっしゃっていたように簡単に完走出来なかったからこそ得るものが大きいイベントであったと思います。
お城めぐり隊の四人のメンバーと、今回のFlecheの企画運営をして下さったAudax近畿の皆さん始め開催、運営に携わった諸氏全てに感謝します、ありがとうございました。

13042755.jpg 13042756.jpg
参加者ひとりひとりの名前が刻まれた心のこもった参加記念品。
これを眺めつつ今回の反省や来年のリトライに向けてのモチベーションを高めていたりします。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 自転車(スポーツ用)

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ブルベ  ロングライド  Fleche 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

改めてお疲れ様でした。
いやぁもうなんて言ったらいいのか。。。

誰ひとり事故もケガもなく、自転車を壊すこともなく、(パンクすらなかったね(^^ゞ
無事に宴会に参加できたことだけはよかったかな と。

反省を踏まえ、風にも坂にも負けない足づくりに励んでみます。。

URL | けーこ #AVvEJuoA

2013/05/07 01:46 * 編集 *

> けーこ さま

隊長、お疲れ様でした。
メンバーにお誘いいただき非常に感謝しています、ありがとうございました。
とにかく”風さえなければ!”な二日間でしたね
初日は風そのものが、二日目は風に削り取られてしまった体力がネックになってしまったし。
怪我や大きな事故がなく、正式なゴールではなかったものの無事にナイスプレイスに全員集まれたので終わり良ければ全て良し、と。

それにしても集団走行の先頭を牽くのは思った以上に難しい作業ですね。
たまたま5月5日にも集団走行の先頭付近を牽いたのですが、やはり課題が色々。

お互いに諸々スキルを磨いて来年の再チャレンジに備えませう♪

URL | 管理(?)人。 #-

2013/05/08 07:23 * 編集 *

最後はソロで京都まで?
さすが『超パワフルなアスリート』!!

強いメンバーが揃っていてもDNF
一人だと復活して挽回できますが、フレッシュは5人のバイオリズムの一番低いところでの足し算となるのが厳しいんですね

お疲れさまでした!

URL | のりぞー #-

2013/05/09 19:28 * 編集 *

> のりぞー さま

コメントありがとうございます。

京都までと言ってもDNF地点からショートカットで30km、正規ルートでも60km弱でしたからね。
二条城でもたもた、渡月橋でもたもたしていても一時間半弱で阪急嵐山駅まで行けてしまったのだから、やっぱりちょっと無理したら行けたよなあ・・・ってのは結果論。

集団走行って本当に難しいですね。
Flecheの場合、かなりしっかりタイムマネジメントができる人がいないと今回みたいなネガティブコンディションの際はきついのだろうなというのが第一。
第二に先頭を引いているとき、どの程度後方に注意を払うべきなのかとか。
細かくあげると色々出てきますね。

ランドヌールって基本的に『自己完結できるサイクリストであること』を求められるじゃないですか。
Flecheで求められるのはある意味それとは正反対の資質なのではないかと。
だからこそ難しく、難しいからこそ楽しくて盛況なのだと思いますけれどね。
実際楽しかったし。

URL | 管理(?)人。 #bi94IFRw

2013/05/10 08:47 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/764-c61195e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top