09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2014Oct26Sun

【BRM601興津600km】完走記録-3※完結(PC4→Goal) 

 
※各数値はPC4→Goalまで、括弧内は全体の合算。Edge800のログによる。
【実施日時】2013年6月2日2:50計測スタート(公式スタート 6/1-6:00/認定時間32時間36分)
【走行距離】 208.94km(593.92km)
【総所要時間】 11時間42分(32時間36分)
【乗車時間】 9時間16分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間) 17.8km/h
【Av】 (走行距離/乗車時間、サイコンのAv)22.5km/h
【平均バイクケイデンス】 60rpm
【獲得標高】 1,618m
※因みに下りは2,219mなので差し引き約600mの下り基調コース。



PC4を出発したのは3時ちょっと過ぎ頃。
【折り返し】とはいえここからの残り距離は200km強しかないので既に全行程の2/3は走行済みだと思えば気持ちが随分と楽になる。
加えてこの先に待ち構える大きな峠は塩尻峠と富士見峠、どちらも西側からアプローチする分には大した勾配のない、ダラダラした登り坂である。
とはいえ富士川沿いの細かいアップダウンが非常にイヤラシイ部分ではあるけれど。

アルプスグリーンロードを引き返す間に数人の参加者とすれ違う。
まだ暗いのでベルを鳴らしてみたり。
途中、往路で二度目の仮眠をした道の駅ほりがねに立ち寄り多機能トイレでジャージとインナーを着替える。
今回ビブショーツは替えなかったけれど、上を替えるだけでも随分と気持ちがリフレッシュされてスッキリ。

130601301.jpg
辺りがすっかり明るくなって来たら反対車線を北上してゆく参加者の数が多くなってきた。
最終的には20人くらいとすれ違ったろうか?
すれ違いざま”おはようございます!”とか”お疲れ様!”とか声を出すとむしろ自分が元気づけられる感じ。
この感じはすごく好き。
この辺でお久しぶりなwジェロム氏とスライド、しばらく進んだら今度はけーこさんも。
同じAJ神奈川主催の逗子200でスライドしたときはかなり時間に余裕がないタイミングで、結局メカトラブルでDNFだったそうで、今回はこちらのマージンを考えたら充分完走間違いないペースだったのでちょっと安心。

塩尻市内の松屋で朝食をしたためた後、塩尻峠へ。
130601302.jpg
交通量はまだまだ少ない時間帯
ダラダラ続く長い坂道を登りきったら一気に諏訪湖畔まで駆け降りるご褒美ダウンヒル。

130601303.jpg 130601305.jpg
爽やかな諏訪湖畔
湖畔の道をのんびり進み富士見峠へ。
130601306.jpg
西側からアプローチする分にはここもまた善知鳥峠同様いつの間にか始まっていつの間にかピークに到達してしまい、初見では思わず拍子抜けする峠である。

130601307.jpg
富士見峠を越え、道の駅白州にてボトルに水補給とトイレ休憩。

130601308.jpg
白州を過ぎてしばらく進むと丁度富嶽に対してまっすぐ進むような感じの区間。

円野郵便局のところの三叉路を右に折れ、県道12号線に入る。
昨年の興津600のみならず、そのほかのここで曲がるコースを採用しているブルベではほぼ毎回曲がり忘れてUターンして曲がるところではああったが、今回はさすがにすんなり曲がることができた。いい加減体が覚えるくらいw
南アルプス方面に向け、軽くアップダウンの続く田園地帯の一本道を軽快に進む。
130601310.jpg 130601311.jpg 130601312.jpg
K12 / R52 を走行中、見通しがいいところに出るたびに富嶽を撮っていた気がするw

身延道(R52)を南下中、小腹が減ったので軽く何か食べるものでも…と思ったものの、どこもかしこも日曜定休。
需要が絶えたのが先なのか供給が切れたのが先なのかわからんけど、全くもってあっちもこっちも店先はシャッターで閉ざされてしまっていてさみしい限り。
結局かなり下って鰍沢近くまで。左手にあった竹林堂さんに寄り道。
130601313.jpg 130601314.jpg
塩饅頭とよもぎ饅頭で補給。

130601315.jpg
なんの変哲もない案内標識だったのだけれど
”『シビレンコ』ってカナで書くとロシア人の名前みたいだ…w”
と、ひとり心でほくそ笑んでしまうくらいに疲労していてハイな感じではあったのですw

<PC5(ローソン六郷町店):現着=10:48/Close=17:32>
130601316.jpg 130601317.jpg
マージン7時間弱は昨年より若干早めなペース。
ここから先は下り基調なので楽ができるかと言えばそうではない。
喪失標高は2,200mあるものの獲得標高が1,600mあり、全体が下り基調でも細かく登り返しが繰り返されるいやらしい区間だったりするのである。

130601318.jpg
往路は天竜川沿いを北上し、復路では富士川沿いを南下する。
いかにも穏やかなのんびりした光景にしか見えないもののかなりきつい向かい風に脚を削られてヘロヘロ。

130601319.jpg
JR身延線とスライド

富士川橋を過ぎ、JR東海道線富士川駅近くのうどん店に入り、遅い昼食。
店には先客がひとりいたけれど入れ違いで出て行って客一人店主一人の状態。
店主に問われ、600kmを40時間以内で走るイベントの最中だと答えたら
”そのくらいで走れるなら東京~大阪を24時間で走り切るのって可能じゃないですか?”と、意外なところでキャノボネタを振られた。
”わたしはやった事ないし多分無理ですけれど、実際達成したと報告している人がいますよ。”
”へぇ、そうなんですか。うちに来るお客さんも自転車に乗る人多いんですけれど、みんな無理だって言うもんで。可能だっていう人初めてかも知れないです。”
聞けば自転車走行不可なバイパスを避けて通るため、結構頻繁に自転車乗りが訪れるのだとか。
リーズナブルで美味しいし、無料トッピングも豊富な上に店主も感じが良いのでオススメなお店。

130601320.jpg
由比の旧宿場町を通り抜ける。落ち着いた街並み。

130601321.jpg
ちょっと小高くなったところからの眺め。
丁度東名高速由比PAのあたり。

130601322.jpg
ゴールの駿河健康ランドが見えてきた。
※本来は側道を走っていなければならないのですが、西倉沢の信号で反対側から渡って来た人を避けたら側道に入りそこねてそのまま。途中で側道に入れるところほとんどないんだもん(^_^;)

ゴールのタイムスタンプは14:36分、認定時間は32時間36分となりました。
蓋を開けば昨年より約20分短縮した所要時間ではあったけれど30数時間の中の20分なんて誤差だからなあ。
どこか一箇所のPCでもたついたらすぐそのくらい時間は経ってしまうし。
まあこのくらいがわたしの走力の、多少の無理をしつつ走れる程度な上限なのでしょう。
それにしてもやっぱり600ブルベは楽しかった。

ゴール受付後は健康ランドで入浴。
アカスリとマッサージもセットにして約二時間半。
再び受付に行ってみたらけーこさんの帰着がまだで、それでも波高島辺りから別件で連絡があった時刻から計算すればもうじき帰着するはずだとのスタッフ氏の言葉があったので受付の床の上に腰を下ろしてしばしまったり待機。
AJ神奈川スタッフを含む10数名が集団で一気に帰着して、中にはスタッフのA居さんもいたもののけーこさん不在。
A居さんと挨拶を交わして再び待機していたらほどなくけーこさん登場。
今回は反射ベストやらアームカバーやらの落し物収容係になってしまっていたようでw
しかも相変わらず転倒をやらかし”身体がクッションになったからチャリ無傷♪”ですと。
”相変わらず飛ばしている人だなあ、さすが隊長w”なんてなことを感じつつ。
その場にいたスタッフさんたちにご挨拶を済ませ、三太夫を車に積み込み帰路についた。
マッサージ中熟睡したおかげで運転中眠くなることもなく22時半頃には無事帰宅。
その後ビールを呑みながらお約束の寝落ちをかましたのでした。

<つづきませんw>


AJ神奈川スタッフの皆様、今回もありがとうございました。
また来年も参加させていただきます。
三度目の正直で正真正銘沼津発着の【沼津クラシック】にw
関連記事
スポンサーサイト
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ピナレロ  ロングライド  ブルベ 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

改めまして、お疲れ様でした。

四尾連湖は“しびれこ”と読みます。
キャンプ慣れしたそのスジの方々と大人のお遊びキャンプをしに行ったことがあります。 いいとこですよ~。
遠いと思ったその場所の近くを自転車で走ることになろうとは思いませんでしたが。。

とり。さまますます進化してPCでは会えない人になってしまいましたね~(^^ゞ
今後ともよろしくお願いします。

URL | けーこ #81/lD5GQ

2013/06/11 23:17 * 編集 *

> けーこ さま

【シビレコ】ではロシア人の名前にならないではないですかw
でも、なんかの略称っぽい響きだなあ。

今回はとにかくローメンしか頭に無かったから前半飛ばしましたけれど、わたし的には『ブルベは寄り道してなんぼ』な感じがあるのでこの先のブルベでもやっぱりグロスの所要時間数はあんまり変わらないと思いますよ。
宮城1,000では却って追い越されていたりして。
あそこは魅力的な寄り道ポイントが多すぎるwww

URL | 管理(?)人。 #bi94IFRw

2013/06/12 12:35 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/785-7cf6417e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top