10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

-0001Nov30Wed

【トレーニング記録】小金井トライアスロンチーム夏合宿2013 in 館山 

13071500.jpg
某所で『小学生』と評された、最終日にかき氷を目の前にした時の表情。
今回も二日半小学生女児に遊ばれていたのだからある意味当たり前w


昨年に引き続き、小金井市トライアスロン連合の館山合宿に参加させていただきました。
長崎五島のバラモンキング大会で見事エイジ優勝を果たしたかん8親分を筆頭に実力者が集まる非常に中身の濃い合宿で、それでもみなさん明るく気さくで基本親切なので初参加だった昨年から変な気遣いの要らない集まりですが、勿論なあなあな訳ではなく。
合宿スケジュール的には基本的に
・初日:北条海岸でスイム⇒フラワーラインが基本の30kmをバイクで2~3周回⇒海岸沿い10kmラン
・二日目:100~120km程度の自転車ロングライド⇒(時間&体力に余裕があれば)ラン
・三日目:疲れ具合を見てスイム&ラン

と、こんな感じ。
二日目のロングライドに関しては、年がら年中ブルベを始めとしたイベントやプライベートでも自転車で走り回っているわたしにコース設定の白羽の矢が立ちました。
AJ千葉主催のブルベで走ったことのあるルートの組み合わせをメインにして、今回はサポートカーが付くので道幅の狭い林道は避けて基本的に国道、県道を主体にアップダウンも考慮。
出来上がったコースは最初に房総半島西岸を北上し、鹿野山から長狭、平久里を経てグリーンラインを南下し、白浜に出てから館山に戻る約123kmで、集団走行のロス分を考えれば所要時間は8~9時間程度と見込んでみました。
結果として読みはほぼドンピシャだったのでルート引き担当としてはかなり安堵致しました。

※余談
計画時、ルートラボでコースを引いた際の獲得標高が1,600mと表示されたので自分が思い描いていたイメージ以上にアップダウンがあると驚いていたのだけれど、実走記録で確認するとGPSデータで1,300m(ルートラボ上ではGPSポイントを間引いてあるので数字が小さくなっている)であった。
ミスコースをした訳でもないのにたった125kmで300m以上、実に20%も誤差が出るのはどうにも解せないが、それと共に自分自身の感覚は案外正しいものだと感心したw




13071509.jpg
初日バイク練習スタート前
(撮影:Watanuki氏)

・初日:7/13(土)
前夜、どういうわけか全然寝付けず、三時近くまでだらだら布団を被ったり起き上がったり。
気が付けば寝ていたが、目が覚めたのは遠くでブンブンいっている携帯電話のバイブレーションの音による。
時刻は5:40
”5時にお宅の近所に迎えに行きます!”と、ペケポン氏にうそぶきながら当のペケポン氏(実際には奥様のさおりんさん)に起こされたのが予定時刻の40分後という、のっけからやらかした感満々のスタート。
しかも後から思うにかなりテンパっていたのだろう、時間がないのに何故かアクアラインを使わず湾岸をひた走ってしまったが、待ち合わせ場所の館山市内のファミレスに到着したのは8時半頃。
軽く朝食をしたためて9時過ぎからスイム練習の準備。
相変わらず懐いてくれるものの、これがあと何年続くだろうかとしみじみ感慨に浸ったりしながら小学二年生のヒメちゃんと戯れたりしつつ、見回りに来たライフセーバーのお姉さんがなかなか可愛くて萌えたりもしつつw
沖に浮かべたプイ代わりの二つの浮き輪を使って三角泳ぎの練習やペケポン講師の指導によるドリル的なスイム練習。
一旦浜に上がってから再度海に入る三角泳ぎだと浜を小走りに移動する際にかなり心拍が上がるのできつい。
休憩中にさおりんさんにヘッドアップの際、頭が上がり過ぎていて抵抗になっていると指摘を受けた。
なるほど、そうでなくてもスイムが遅いのに更にそこでロスしていたのか。
その後は意識してヘッドアップを低く抑えるよう練習。
11時過ぎ頃スイム終了。
着替えたり補給食を買い込んだりしたりして宿泊する民宿に移動。
コンビニ食で昼食を済ませてバイク練習に。
フラワーラインをメインにした一周30km弱の周回コースを3周する予定で走り出す。
途中、館山ファミリーパークで休憩。
リエさんが運転してくれるサポートカーがそこに停まりエイドステーションとしてリエさんヒメちゃんが待機していてくれる。
サポートカーがあるトライアスロン合宿とか恵まれすぎてて本当にありがたい。
一周目はこのコースが初めての人もいたので全員でのんびり周回。二周目、三周目はそれなりにガチで踏む。
二周目、わたしが先頭を引いてフラワーラインを走っていたけれど、背後にぴったりとりのみ氏が張り付いていて休憩所まであと2km弱のところでとりのみ氏がアタックを仕掛けて一気に前に。
あれよあれよという間に小さくなっていった。
ついで三周目、今度はぴったりととりのみ氏の背後にサトシ君、わたしの順番で張り付くが、洲崎灯台手前の坂道でとりのみ氏が仕掛けたところでサトシ君が脱落し、とりのみ氏の後ろにぴったりとわたしが張り付く展開に。
とりのみ:後ろ、付いてきてますか?
わたし:いや、さっきの坂で離れちゃいました!
とりのみ:じゃあ一騎打ちですね♪
わたし:好きだなあw

そんな会話を交わしつつ。
先ほどの周回で綺麗に差されてしまったので今回は差し返すべくじっくりタイミングを伺い、休憩所まで残り1kmのところで一気にアタック。丁度先ほどとは逆の展開でするするわたしが先行してフィニッシュ。
いやはや、こういうのも非常に楽しい。
宿に戻り、今度は10kmのラン。
海岸沿いの道を進み、バイク練習の時には左折した自衛隊前の丁字路を右折して1.5kmほど進んだ東屋で折り返して戻る往復10km。
往路は6~6.5分/km、復路は7分/kmくらいまでペースが落ちてしまいまだまだ走り込みが足りないと実感。
宿に戻って入浴、夕食の後部屋に上がって宴会開始。
半分はトライアスロン談義に興じ、残り半分は小2女児のヒメちゃんのおもちゃと化し枕を投げ合って遊んだw

・二日目:7/14(日)
4時頃目を覚ましたものの布団の中でダラダラ。5時頃数人が起きだしてランニングに行く気配を感じたが結局お布団様の誘惑には抗えず、そのまま身を委ねる。この辺が成績に如実に反映されてしまうところだよなあ。
朝食の後、8時過ぎにロングライドに出発。
コースを組んだのはわたしなので当然ながらわたしが先行。ブルベやプライベートライドで馴染みのある道の継ぎ足しなので先頭を走っていてコースミスに気を遣うよりも後続がきちんと付いて来ているかに注意を払った。
千葉ブルベではお馴染みの更和の7-11で補給を済ませて出発しようとしたら入れ替わりで駐車場に入ってきた@Naoki_RL8 さん@Shiho_26_naさんに出くわした。世間は狭いw
自転車8台、ハイエース1台という集団走行だったけれど特に大きなトラブルもなく、概ねタイムテーブル通りの行動が出来たので先導役としてはホッとした。予定通り道の駅三芳村で月替りソフトクリーム(今月はパインヨーグルト)と木村ピーナツでピーナツソフトも味わえたし。
唯一気になったのは背後にいたとりのみ氏のフリーボディのラチェット音がしょっちゅう聞こえたということ。
先頭のスピードが足らなくてペダルを踏む脚が止まってしまうことが多かったのだろうw
17時過ぎに宿に帰着。夕食が18時半からだったので距離を短縮して自衛隊交差点までで折り返す約7kmのラン。
入浴、夕食を済ませて二日目の宴会に突入。
小学生のおもちゃになったのは相変わらず。
皆生で走っているはずのゆかっちさんカマさんの結果をPCでチェックしながらの宴会。【速報】と銘打ちながら30分遅れの情報というのはどうしたもんか(;一_一)
最終的には二人共無事完走出来たようで良かった良かった。
特にカマさんは宮古島、長崎五島、皆生とロングディスタンス今年三大会完走。8月末のアイアンマンジャパン北海道もエントリーしているそうなので完走すれば一年で四つのロングディスタンス大会完走のグランドスラム。
残念ながら佐渡は開催日が北海道といち日しか違わないから一年で国内ロング大会全制覇は物理的に不可能だけれど、エントリー可能な全大会制覇というのは充分凄い偉業だよなあ。

・三日目:7/14(月)
前日同様4時頃目覚めて二度寝。5時になってもさすがに誰も起きだして来なかった。
朝食をしたため、荷物をまとめて車で北条海岸に移動。
まずはラン。初日同様東屋までの往復だったが宿から北条海岸までの距離が短縮されたので7km強。
それからスイム練習に移行。
まずは三角スイムを三周回。その後スタート時のラッシュでの泳ぎ方の練習、掴まれたり乗り越えられたりしたケースを想定しての集団スイムや他の選手を乗り越えるときのコツ等をペケポン氏から教わる。
特に乗り越え方、これが必要になることが果たしてわたしにあるかどうかは別として無理なく乗り越えられるコツを教わった。
その後はミニリレーでも、という予定だったのだけれど生憎と油の流出事故が起きてしまい、海面にうっすら油膜が広がり油臭くなって来たので集団での練習はそこまで。
後はめいめい沖に出てみたり浜辺でゆっくりしてみたり。
正午までには撤収し、近くのショッピングモールのフードコートで昼食の後解散。

アイアンマン・ジャパン北海道、佐渡国際トライアアスロン。
目標大会に向け各々がモチベーションを高めあえた良い合宿だったと思います。

合宿を企画してくださったかん8親分はもちろんの事、毎回取りまとめをしてくださるサトシ氏、スイム練習で色々と指導してくださったペケポン氏、貴重なアドバイスをくださったさおりんさん。
サポートカーでフォローして下ったリエさんやいつもいつも声を掛けて応援してくれるヒメちゃん。
ご一緒くださったマコリン氏、とりのみ氏、小泉氏、Watanuki氏、てつあき氏、ちーちゃん。
楽しく身になる二泊三日でした、本当に有難うございます。
皆さんが目標大会で満足できる成績を残せますように。
またご一緒できる日を楽しみにしています。


<画像あれこれ>
今回、なんでか知らんけどほとんど撮っていなかったんですよねえ。
思っていた以上に余裕がなかったのかはたまた充実していたのか?

13071501.jpg
初日スイム練前。
ブイ代わりの浮き輪を準備しているペケポン&さおりん夫妻を遠くで眺めているわたし。いや、手伝えよ。
※この後ちゃんと手伝ってます←弁解がましい。

13071510.jpg
初日バイク練習スタート直後
(撮影:Watanuki氏)

13071502.jpg 13071503.jpg
二日目ロングライドの休憩中。
先頭を引いていたので集団が撮れなかったしそもそも引くのに気持ちがいっぱいだったと思われ。
それにしてもサポートカーの存在は非常にありがたいですね。

13071504.jpg 13071505.jpg
左:かつての皇室献上米である長狭米 / 右:グリーンライン北部平坦部分。前方には盛り上がりしか見えないw

13071506.jpg
安房白浜トンネル入り口の【海底地すべり地層露呈部分】にて。

13071507.jpg
二日目の夕食風景。
当然この後は部屋に移動しての酒盛りです。

13071508.jpg
三日目ラン&スイム終了後、ランチのデザート宇治金時。


<走行ログあれこれ>

<初日周回練習走行ログ>
一周目はケイデンス/速度センサーとホイールのマグネットの位置関係がずれていたので計測不可。
ログは2,3周回目のもの。


<初日ラン走行ログ>


<左:2日目ロングライド実走行ログ / 右:(参考)ロングライド計画>
獲得標高の差異が原因不明でイマイチすっきりしない。
来年もコース設定を任せていただけるならもうちょいマニアックなルートも良いかなあ…と。
 
関連記事
スポンサーサイト
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: トライアスロン

ジャンル: 日記

タグ: トライアスロン  トレーニング 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/805-43693e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top