06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

【BRM614宇都宮300km水上(山岳)】 詳細-1 【寄り道不可なハードモード】 

関連エントリ⇒【BRM614宇都宮300㎞水上(山岳)】 完走結果概要
<走行ルート>

※今回、走行したログデータが飛んでしまったのでグロス値のみ
【実施日時】2014年6月14日06:00スタート
【走行距離】 301.1.km
【総所要時間(グロス値)】 18時間57分(=公式認定時間、制限20時間)
【平均時速(グロス値)】 (走行距離/総所要時間) 15.9km/h
【獲得標高】 6,276m(主催者作成ルートラボの合算による)



AJ宇都宮さんが開催するブルベへの初参加は2011年にブルベを始めたわたしがその年に初のSRを目指してエントリーした初の600kmだったので、AJ宇都宮というクラブそのものに対してもそのクラブが主催するブルベに対してもなかなか深い思い入れがあったりする。
残念ながら初挑戦の600kmは途中のミスコースに起因するタイムアウトで認定には至らなかったのではあるけれど、逆にそのお陰で思い入れが強まったとも言えるかも知れない。
以後2012年、2013年と600kmにエントリーして無事完走したものの2013年に挑戦したSR600北関東は渋峠の降雪通行止めによりあえなくDNFとなっていて、昨年末の時点でSR600を含むAJ宇都宮主催のブルベに関しては4戦2勝2敗のイーブンとなっていたりする。
そんなAJ宇都宮のコースはスタート地点が宇都宮だけあってちょっと走ればすぐに山間部なので元々山岳コース的色彩が強いものが多いのだけれど、その中でもわざわざ【山岳】と銘打たれた通常の運営形式のブルベと片道コースを二日連続開催するブルベがある。
どちらのブルベにしてもなかなかスケジュールの折り合いがつかず一度もエントリーできていない。
宇都宮から草津白根方面への片道200km、逆方向の200kmは二日連続開催されるので宿泊宴会が楽しそうなのだけれど、残念ながら毎年何かしらの予定に引っ掛かってしまってエントリーが叶わずにいてそれは今年も同様だった。
ところが今年に関してはもうひとつ開催される【山岳】である300kmのBRM614はスケジュール的にエントリーが可能だったので迷わずエントリー。
まあ、相変わらず直前までまともな準備作業が進まず、前日の晩になってあれこれメンテをしていたら車載で自宅を出発できたのが日が改まって当日になってからで、スタート地点に到着したのは3時を回っていた。
まずは車の中で一時間と少々仮眠。5時頃携帯のアラームで目覚めて予めコンビニで購入しておいた朝食を軽くしたためてからスタート受付を済ませ、多機能トイレを借りて着替え。
14061401.jpg14061402.jpg
車に戻って準備をしていたら間に一台か二台挟んだところでsinさん(@sin_fun)が同じく自転車の準備中。
軽く言葉を交わして作業を済ませ、再びスタート受付近くへ移動して待機。
ヒロ ヨシダさん(@Yoshida369)きんぢさん(@kinGi_Oatmeal)ふぃりりんさん(@ymp1032)そらみみ・ばじーなさん(@soramimiv)もいたのでご挨拶。
本番一週間前、即ち終日雨に祟られてなかなか過酷な環境の修行ブルベとなった北関東400開催日に小径折り畳み自転車のBD-1で今回のコースを試走し”雨の中BD-1で完走できるくらいのコースですよ、大してきつくないです♪”と、とんでもないことをうそぶいていた今回の主催者竜胆さん(@rindo_express)のブリーフィングを受けた後、車検を済ませて順番にスタート。
14061404.jpg
わたしは6時丁度のウェーブ-1スタートでヨシダさんやきんぢさん、真さん、そらみみさんも一緒。ジャパンカップサイクルロードレースのスタート/ゴール地点を後にして森林公園通りを下ってゆく。
わたし自身はAJ宇都宮さん主催のブルベでこちら側のルートから走り始めるのは初めてのことだった。
14061405.jpg
ここのところすっかシャーマン化してしまい、出るブルベ出るブルベことごとく雨に降られてしまうわたしではありましたが今回は好天に恵まれ朝の内は爽やかなツーリングとなりました。
しばらくはソロツーリングが続いていたものの、大芦川沿いを遡行していたときに5,6人のトレインに追いついた。
14061406.jpg
BRM322埼玉300日光東照宮の時に通ったルートだけれどその際に曲がった芦久から小来川に抜ける道は曲がらず古峰原街道を真っ直ぐ進む。

14061407.jpg
古峰神社一の鳥居をくぐって古峰神社前を通過して山道を先へ先へ。
この辺でsinさんとしばらく同じくらいのペースで走っていたのだけれど、どうも寝不足で辛いのでちょっと休憩して行くとのことだった。暑くなりそうだし寝不足の状態で走り続けると熱中症の危険もあるので疲れ過ぎないうちに休憩するのが正解。
14061408.jpg
古峰ヶ原金剛山瑞峯寺の不動明王三尊

14061409.jpg
いろんなところにあるよね『スカイツリーとおんなじ高さ』の表示

14061410.jpg
粕尾峠に向かう道。
色鮮やかな緑のトンネル、直射日光がさえぎられて涼しくて気持ち良い。
まあ、登り坂なのでかなり汗かいていたけれど。

14061411.jpg
登り坂の途中で路上に障害物を見かけて避けながら視認してみたらなんと鹿の足。
大きさ的には成獣じゃ無さそうだよなあ。
一旦通り過ぎてから撮影しようと折り返したら結構な人数の後続に追い越され、その後は追いつけなかった。
さすがに『宇都宮の山岳ブルベ』にエントリーする方々だけあって登坂がめちゃくちゃ速い人が多い。

14061412.jpg
粕尾峠に至る尾根筋。
空は青く緑鮮やかで気分が良い・・・日差しが強すぎなきらいはあったけれど(^^;

粕尾峠を越えたら足尾まで一気に下るご褒美区間・・・だったのだけれど
14061413.jpg
木漏れ日と木陰のコントラストが強すぎてコースを見誤りそうになること数知れず。
結構慎重に走らざるを得なかったダウンヒルだった。

14061414.jpg14061415.jpg
のどかな山間部の道なのだけれど思うようにペースを上げられないのであまりのんびりする余裕がない。

PC1 (70.2km)ヤマザキデイリーストア草木ドライブイン店 9:38着(Close 10:40)
14061416.jpg
ここまではまずまず順調にマージン一時間。
※けれども最終的にはこのマージンがちっとも増やせずに終わってしまったのでありました(^^;

今回は緊急用の補給食を持参し忘れたのでその場で食す分とは別におにぎり一個とチョコバーを一本余分に購入してザックの中に収納し、ドライブインの中の売店でくるみやき饅頭を購入。
14061417.jpg14061418.jpg14061419.jpg
つぶあん、こしあん各¥40-を一個ずつ。
売店のおっちゃんがちょこちょこと昔懐かしい駄菓子屋感覚的ギャグを挟んだ対応をしてくれる。

後から到着したヨシダさんと軽くお話の後わたしが先行でリスタート。
入れ違いくらいのタイミングでsinさんが入って来たような気がする。

しばらくは前にも後ろにも走者がいないソロクルーズ。
スタート前のブリーフィングでも注意喚起されがコース上に補給ポイントが少ないエリアが多い。
しばらく他に何もない田畑の中を走っていて集落が近づくと自販機の姿が目に入り
14061420.jpg
なかなかホッとしたりする。
※しかしここでは購入していないw

更に進むと”え?ここ入っていくの?”って感じの細い道。
14061421.jpg14061422.jpg
栗生山北側のくず葉峠を越えて桐生市北東部をかすめて利根町へ。

利根町に至る手前、黒保根町の辺りの雑貨店のような農産物直売所のようなところで水補給。
14061423.jpg
水とアイスバーを購入してしばしまったり。
店の軒下に置かれたベンチに腰を下ろしてコースを眺めつつアイスを齧っていたらヨシダさんを含む数名の参加者が通過して行った。

14061424.jpg14061425.jpg
お店を経営する老夫婦に飼われている猫も店先でのんびり。
気温が上がって来ていたのでだらけ切る気持ちが良くわかる。
寝顔を撮ろうとしたらシャッターを押す瞬間に目を開いてしまったらしく、半目開きの不機嫌そうなお顔w

しばらく猫の寝顔を眺めたり、起きて伸びをしたところで頭をなでたりしつつまったりしてからリスタート。


以降【BRM614宇都宮300㎞水上(山岳)】 走行記録詳細-2に続く
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ピナレロ  ブルベ    AJ宇都宮 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.blog10.fc2.com/tb.php/962-ab8704c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top