04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

【晩御飯は】BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-02【イタリアン】 

BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-01より続く


<走行ログ>

W3でも更に後方からのスタートだったので前後にしばらく誰もいない状態が続いたものの、安房グリーンラインに入る手前でゆりかさん&はらぽんさん夫妻に追いついた。しばらく追走していたけれど、白浜トンネル手前で夫妻がテールランプのスイッチを入れるため(?)停車したのでパスしてトンネルへ。登り基調のトンネルを抜ければお久しぶりの海底地すべり地層。
170503013.jpg
海底地すべり地層

グリーンラインのアップダウンを快調に進む。ロードバイクってこんなに走りやすかったのか!と改めて感動した。機材がブルべデビュー当時に戻ったと同時に数か月ぶりのロードバイクでのブルべ参加なので本当にリセットされたまっさら気分でブルべに臨めている。
170503014.jpg
グリーンラインでほぼ唯一館山方面への眺望がひらけているところ
新緑の淡さよりも力強い濃さの緑が目立つ。

グリーンラインが終わり、県道88号線へと向かう手前で前方に薄いピンク色の『スズキケ』ジャージを着た女性、その前方に同じくスズキケジャージの男性。今回ズッチャさんは単独参加だったはずなのでつかぽんさん、タカトリさん夫妻だろうと思って寄ってみたらまさしくその通り。しばらく追走した後先行させてもらう。
しばらく単独で走行していたら後方から結構な勢いで追いつき追い越していった一台。

170503015.jpg
魚肉ソーセージ号(笑)のチバさんでした

冬の小金井館山合宿のロングライドの際に走ったコースを逆向きに走り、峠を二つ越えてしばらく走ればお馴染み更和のセブン-イレブン
170503016.jpg
PC1 7-11富津更和店(54.4km)14:27着(Close16:02)
ここでりんぱぱさん”夕飯どうする予定?”と問われたものの深く考えておらず、銚子かなあ。。。と答えたものの銚子は今回のコースだとスタートから180km地点なのでAve.20KPHで押しても21時を回ってしまって主だった飲食店は営業を終了してしまっている。一つ手前のPCがある一宮近辺で適当な飲食店を探そうということになり、PCで落ち合うことにして各々リスタート。
久し振りの鹿野山を登りながらウワンさんに追いついたので軽く言葉を交わしてわたしが先行。

170503017.jpg 170503018.jpg
今年初となるマザー牧場。ここに来ること自体久し振り

170503019.jpg
鹿野山神野寺

170503020.jpg
九十九谷展望台でちょいと休憩

170503021.jpg
いつも不思議に思うけれどここってなんだっけ

鹿野山を下りてから細かいミスコースをちょこちょこやらかしながら進み、月崎駅ちょっと手前でミスコースして復帰するところでりんぱぱさんと合流。そこから先は一緒に進む。
170503022.jpg 170503023.jpg
月崎駅でトイレ休憩
アート関連のイベントが開催中で、普段は普通に入っていけるところも入場料金が必要となるので遠巻きに。
結構人出が多かった。

しばらく進んだところで【BRM225たまがわ200鴨川】の際に使ったコースに合流。【鴨川】の時は南側から右折(&フォトコントロール)した場所を今回は北側から左折。
170503024.jpg
鴨川の時Hideさんを撮影したのとほぼ同じアングル(笑)
あの時はHideさんに食らいついていこうと後を追ったらオールアウトしかけてヘロヘロになってしまった挙句下り坂で転倒するという情けない事態に見舞われたのであった。

170503025.jpg
前回も気になった畑と森の中にポツンとあるカフェ。いつかお邪魔してみたい。

多分前半戦で一番厳しい勾配があった区間がここだったと思うけれど、途中脚が攣りそうになったというりんぱぱさんがちょっと休憩している間、ペースを落としてえっちらおっちら登ったりちょっと下ったり登り返したり。
170503026.jpg
境界線がピークかと思いきや、まだもうちょい登り返しがある。
ピーク手前でりんぱぱさんが追いついて来たので再び一緒になって先へ進み
坂を下り切ったところでコンビニ休憩。
170503027.jpg 170503028.jpg
次のPCまでまだ20km強ある

ひと息ついてのんびり走り、日が暮れかかった頃二つ目のPCに到着。
170503029t.jpg
PC2 ローソン一宮海岸店(121.8km)18:14着(Close20:28)
先着していたK内さんにも声を掛け、りんぱぱさん、K内さん、わたしの三人でリスタート。夕食場所をあれこれ探しつつ。
長生村太陽の里入り口付近にラーメン屋さんとイタリアンなカフェレストランがあったのでどちらにするか問われ”イタリアンにしましょ!”と、答えた。ラーメンならこの先多分いくらでも機会があるので何度も入ったら飽きるだろうと思ったのだけれど、意に反してその先ラーメン屋さんには一軒しか入っていない。

170503030.jpg
カフェレストラン椎の木

170503031.jpg
ノンアルビアで乾杯

170503032.jpg 170503033.jpg
生シラスのペペロンチーノ(サラダ付き)
シラスがたっぷり乗って美味しかった。お店の雰囲気も店員さんの対応も良かったし、値段もお手頃。

お腹を満たしたところでリスタート。
途中で合流した中村さんも加えて四人のAJたまがわトレインで夜の九十九里を北上。
170503034.jpg
AJたまがわトレイン
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  千葉千  福島「g」  ロードバイク  ロングライド  ブルベ    観光  AJたまがわ 

【ピーナッツソフトと】BRM503千葉1000(福島「g」)完走記録-01【海鮮丼】 

三年振りとなるオーバー600ブルベは今回も1,000km
過去二回、A宮城主催の『東北1,000』は台風接近による悪天候やメンテ不良によるペダル喪失などのひどい目に遭いながらも何とか完走を果たし、R東京主催の『ええじゃないか伊勢夫婦岩1,000』は道中あちこちでグルメを堪能し、揚句途中のPCで制限時間を超過してしまったことをTweet してしまったため最終的にゴールには間に合ったものの完走認定はしていただけずに認定外完走となったという経緯があって対戦成績は二戦一勝一分の負けなしという状況。
認定外完走も記録上は途中棄権と同じ扱いなので一勝一敗とカウントすべきではないかという向きもあろうかと思いますが、あくまでもわたし自身の心の問題です。負けたと思っていないので敗北では無いのです、ええ。

という訳で久し振りのオーバー600に参加することにしたAJ千葉主催の【BRM503千葉1000(福島「g」)】
過去二回の1000はいずれも秋開催で日中は暑かったものの夜はそれなりに過ごしやすくて助かったものですが、今回は春開催。実は定峰ゴールで歓談していた際、のんのんさん”福島の夜を舐めちゃいけません!”と散々注意を受けていたものの、直前にプライベートで走った際には十二峠や三国峠手前で雨に降られて外気温6、7℃という状況でも大したことがなかったのでタカをくくっていたのですが、正直考えが甘すぎたと悟ったのはまだしばらく先のこと。
それにしても今回のコースのペットネームはなぜわざわざ小文字の「g」なのか。事前に公開されたキューシートのファイル名は「RX-78」で、これならば本来大文字の「G」であってしかるべきではないのか。なぞと色々思いを巡らせてしまうところですが、折り返し点をGoogleMaps等で確認してしまうと疑問が氷解してしまうので、あれこれ楽しむためには知らなかったことにして走るのが一番良い(笑)

<福島「g」前日>
本番二日前に自走で新潟からの帰京を目指したものの若干の不安から高崎で切り上げて輪行帰宅、前日はまるいち日メンテ日に充てて4月30日、5月1日に感じた不具合解消を図って万全を期すつもりだったもののどうにもフロントアウターチェーンリングの磨滅劣化が酷く、チェーンのコマ飛びが頻発するのでチェーンリングを交換しようと思ったもののさすがに近場のショップには在庫がないので購入当初の数か月使って押し入れにしまいこんであった、完成車に装着されていたデフォルトのクランクを取り出し装着してみたらコマ飛びの不具合は完全に解消された。時間に余裕があったらワイヤー類の引き直しもしたかったけれど、1,000km走る直前で新品に交換すると走行中にワイヤーの初期伸びが生じて不具合になる可能性もあるので取りやめにした。
これで諸々事情が重なり、前後ホイールとチェーンリングを含むペダルクランク周りは購入した当時(=ブルべデビュー時)の装備に切り替わった訳で、なんとなく気持ち的には心機一転ブルべライフリスタートみたいな感じになった。
一通りメンテが終了してあらかた携行荷物をそろえ終わったところで近所の銭湯に行って黒湯温泉でのんびり。風呂上りに雑色駅前のサイゼリヤであれこれローディングして上機嫌で帰宅、翌日に備えてさっさと早寝。
170503000.jpg
サイゼリヤでローディング中

<福島「g」初日>
明けて水曜日、予定通りの時刻に目覚めて用意してあった荷物をザックに詰め、いよいよスタート地点である千倉に向けて自走スタート。まあ、この際お約束的にあれこれちょっとした品々をパッキングし忘れた。
170503001.jpg
専修寺関東別院前スタートは5/3(水)5時半頃

約二時間で久里浜港フェリー乗り場に到着。往復チケットを購入し乗船準備。8:20発金谷行き白浜丸に乗船し、朝食がまだだったので船内売店で海軍カレーを調達。
170503002.jpg
今年三度目となる東京湾フェリー
一度目は若潮マラソン参加のために通勤用MTBで。
二度目は小金井トラチーム館山合宿のためにTTバイクで
三度目の今回はロードバイクで…と、三回とも自転車が違う(笑)
170503003.jpg
船内売店で調達した海軍カレー
170503004.jpg
約40分後、金谷港到着。千葉国上陸である。

内房なぎさラインを南下し、途中館山バイパスに遷移してまず目指すは木村ピーナッツ(笑)
170503005.jpg
館山バイパスは道幅に余裕があって気分良く走れて好き
170503006t.jpg
無事今年三度目のピーナッツソフトクリーム

木村ピーナッツを後にして千倉に向かう。
途中右折すべきところを左折してしまい2kmほど進んでしまったものの途中でミスに気が付き引き返して事なきを得る。”いつも走る馴染みの道だから。”とGPSにMap表示もさせずに自らの勘だけに頼って走ったら早速このありさまである。先が思いやられる。
途中、AJたまがわスタッフの中村さんと合流したりしながら無事スタート地点の道の駅ちくらに到着。
170503007.jpg 170503008.jpg
スタート受付到着は11:15頃

当初の計画では11時ちょっと前に到着して早めの昼食として海鮮丼を頂いてからスタート受付のつもりだったのだけれど、ミスコースのお蔭でしょっぱなから計画が頓挫してしまった形。
1705030082.jpg
ヤマシンさん撮影
テンション高め(笑)
受付を済ませ、周囲の人たちとあれこれ挨拶を交わしたりしていたらあっという間にブリーフィングの時刻。

170503009.jpg 170503010.jpg
ブリーフィング風景
今回の参加者は100名にちょっと欠ける83名がスタート(エントリー106名、DNS23名)
GWをつぶして1,000km自転車で走ろうというヘンタイなフレンズの群れ(お前もな)

今回のわたしのスタートグループはW3で、W1が正午ちょうど、以後各ウェーブ10分毎にずらしてスタートになるので12:20スタートとなる。ブリーフィング終了から40分ほど間があるので折角だからスタート前に海鮮丼を頂いてしまおうとそそくさと道の駅の食堂はな房に移動。
170503011.jpg 170503012.jpg
海鮮丼♪

再びスタート地点に戻ると前のウェーブの参加者は既にスタートを済ませていて、W3もスタートまであと5分ほどなので車検が始まっており、既にスタートした人もちらほら。
わたしもスタッフのべいさんに車検をしてもらい、しばしダラダラと雑談の後ほぼ定刻通りの12:20に道の駅ちくらを後にした。いよいよ今年というか一昨年、昨年も併せてわたしにとっての最長距離となるブルベのスタートである。実のところ今年に入ってから走ったブルベ四本は船橋発着の際に自走往復だったので総距離は300km弱というのがあったものの全て200kmだったので脚はともかくとして尻がもつのか非常に不安この上ない立ち上がりなのであった。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: AJ千葉  千葉千  福島「g」  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJたまがわ 

【いちライド】十日町から帰京しようとしたら高崎止まり【いちパンク】 

大型連休初日は十日町に滞在してのんびり、二日目に東京へ移動、三日目はメンテ日として自転車の調整やあれこれ不足しているものの調達に充て、四日目はいよいよAJ千葉主催の1,000kmブルベであるBRM503千葉1000『福島「g」』に参加。。。というのが当初の目論見だったのですがなぜかまったく天気予報を確認することがありませんでした。
で、連休初日となった30日(日)は軽くLSDランしたり、久し振りに長距離を走ることになるロードバイクの調子を確認したりして過ごし、明けて月曜日、予定走行コースは約280kmだったので日が改まる前には自宅に帰着しようと6時頃スタートするつもりで5時頃起床してみたら耳に入って来たのは雨音だったり。
<計画走行コース>


ひとまず布団から這い出してパソコンで雨雲レーダーをチェック。
十日町周辺は当面がっちり雨降り領域のようだったので先に朝食を済ませ、着替え等も済ませていつでもスタートできる状態にしてしばしレーダーチェック。雲の動き的にスタートしてしばらく雨に打たれるのを辛抱したら越後湯沢あたりから雨雲から逃げられそうな感じになって来たので予定よりも三時間ほど遅れて9時過ぎにスタート。
17050101.jpg
装備的にはいつもの感じ

R117を一路津南方面へ。
レーダー画面で見た限り降るか降らないかくらいの領域だったはずなのに結構な勢いで雨粒が落ちてくるので辟易とさせられ、早速コンビニに逃げ込む。
17050102t.jpg
ここはコース上ではないものの初回挑戦時のSR600KNで休憩に立ち寄ったところ
前年の直江津集合参加時にここにコンビニがることを把握していた。

思った以上に雨に降られてしまって心配になったのはチェーンまわり。
今回チェーンルブを携行していないのでオイル切れが当初からの懸念事項だったけれど、ここに至るまでに既にチェーン摺動音が結構目立つようになってきた。間に合わせでもグリスアップしておかないと色々厄介だ…と思っていた目の前に金物屋さん発見。
17050102.jpg
ここを逃すと湯沢方面に抜けるまでありそうにない金物屋さん
店番のおばあちゃんが物腰柔らかくて非常に暖かい対応で嬉しかったり。

17050103.jpg
潤滑油スプレーゲット
これで安心して先に進める。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド    観光  三国峠  十二峠 

【大型連休初日は】黄桜の丘公園LSDラン【ラントレから】 

4月29日(土)は仕事になってしまったのでわたしの連休開始は4月30日の日曜日から。それでも八連休となるので近年になく長い日数を休めるゴールデンウィークとなった。
連休突入前日は酒量を過ごす予定でいたので30日は十日町に留まり、翌日東京の自宅に向けて移動する算段であった(笑)
前日のアルコール抜きもかねて午前中はLSDラン。戻る途中で昼食でも。。。と、10時半過ぎに宿舎を出発。目的地は十日町市内には少ない桜の名所、黄桜の丘公園。ソメイヨシノとそれよりも二週間ほど開花時期が遅い黄桜が植えられているところらしい。

 

しばらく信濃川右岸を走り、姿大橋から左岸へ。
17043001t.jpg
芽吹き時、すっかり春めいてきた

17043002t.jpg
姿大橋から信濃川上流方面
苗場山(多分)は山頂付近にまだ雪が残る。

17043003.jpg 17043004.jpg 17043005.jpg
なかなか色鮮やかな道

雪の残る苗場山方面を正面に見ながら坂道を下ると宮中ダム。
橋を渡れば今回の目的地の黄桜の丘公園。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: トレーニング全般

ジャンル: 趣味・実用

タグ: トレーニング    観光  ロードバイク  黄桜の丘公園  十日町 

【超セレブな】宮古島トラDNF記録【スイミングイベントなのでした】 

昨年末から散々騒いでいた【第33回全日本トライアスロン宮古島大会(ストロングマン大会)】に参加して参りました。結果はエントリタイトルにある通りDNFという情けないもので、かなり入れ込んでいたわたしは正直しばらく立ち直れないほどのメンタルダメージを負ってしまいましたがそれをいつまでも引っ張る訳にはいかない。写真の整理と共に心の整理も幾分とついたのでざっくり記録を残しておこうかと。とはいえ大会そのものに関しては大して書くことないんだよなあ。。。
帰京して早速神田で催されたわたし、りんぱぱさん、morouさんの三人による反省会においてエントリーフィーやツアー料金、現地での飲食、事前準備その他諸々をひっくるめてざっくり計算したら100mあたり一万円くらいのコストになるのではないか?ということで『セレブスイマー』なる称号(?)を頂きました。

<大会ログ>

スイム1,700m/60分の関門を通過できずに足切りだったので大会ログもスイムのこれだけ。
当日は潮の流れがきつく、前半は流れに逆らうコースなので苦労して折り返しまで行き”これからは潮に乗れる!”と、向きを変えたところで目の前に浮きフェンスが張られて行く手を阻まれ”???”な状態で係員の説明を聞き、これ以上進めないことを把握してから計時をストップしているので実際にはほんの一分ほど、タッチの差でアウトになっていたのでもうちょっと頑張れたら思うと非常に残念なのだけれどルールなのだから仕方ない。
強制終了後、バイクは21時にならないと回収できないし、島内全域で交通規制がかかっているから島内観光という訳にもいかず、大会コース沿道で他の参加者の応援に回るくらいしかやることがない。実際応援に回ったわけですが、着用していた小金井トライアスロンチームジャージが目立つおかげで知り合いの選手の方が先にわたしを見つけて”何やってんの?”と声を掛けてくる始末。
ゴールではそれなりに感動できたけれど当然ながら”なんでオレはこっち側にいるんだ?”感が拭えずモヤモヤしたまんま。
そんな不完全燃焼極まる初参加の大会でしたが、以下観光記録的に。
っていうか先述の通り島内移動が覚束なかったから観光もほとんど出来ていない。
初の宮古島、初の沖縄県入りだったのに(T_T)
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: トライアスロン

ジャンル: 日記

タグ: トライアスロン    宮古島  ストロングマン 

【8連休は】2017年の黄金週間【毎日ペダル踏んでおりました】 

<初日(4月30日)>
世間では29日から9連休という話も漏れ聞いていたけれども生憎こちとら29日はお仕事なのでありました。それでも30日からの八日間はお休みなので世間一般水準からすると充分恵まれているのでこの状況に感謝。
当初から天気予報をロクに確認もせず、4/30は十日町でまったり、5/1に東京に向けて移動し5/2はチャリメンテ日、5/3からの1,000kmブルベに備えるという計画だったので午前中はLSDラン。


17GW01.jpg
場所によってはまだ「ソメイヨシノが満開

17GW02.jpg
この日のお目当ての黄桜

17GW03.jpg
帰る途中でラーメン

夕方にははロードバイクの様子見のために練習コースを一周してみた。
チェーンのコマ飛びが酷いので東京に戻ったらチェーン交換をしようと心に留める。

<二日目(5月1日)>
諸々目論見があって若干回り道をしながら帰る約280kmのコースを引き、当初6時ごろスタートして日が改まる前には東京の自宅に帰着する計画だったものの5時頃目覚めてみたら耳に入って来たのは雨音だった。朝食をしたため、雨雲レーダーサイトで雨雲移動の推移を確認して9時過ぎ頃スタート。しっとり降る雨の中津南から十二峠を越えて越後湯沢に入る、SR600KNの逆ルートを走行。十二峠前後で雨脚が弱まり三国峠に差し掛かる頃にはすっかり上がっていた。
途中湯沢中央公園の池のほとりでほぼ満開の枝垂桜を堪能。生憎の天候が幸いしてほぼ無人、気分よく池の周りをのんびり散策することができた。
三国峠を越えてグンマー国に入ると天候はがらりと変わって気持ちの良いツーリング日和。
6月に開催するわたしが主催担当のブルベコースで気になっていた部分の確認を兼ねて前橋、高崎付近を通過するコース。みなかみから先は単純に国道を抜けても面白みに欠けるので子持山西側の三国街道を南下。高山付近で後輪がパンクしてしまい対処して原因を確認してみたところリムのスポークホールにはめてあるキャップが劣化破損して破断部が鋭利になっていたために生じたパンクだった。経年劣化であれば他のキャップも同様の症状を起こす可能性があるので無理に先に進むことはせず輪行エスケープすることにして高崎から湘南新宿ラインのグリーン車に乗り込み、ビールを飲みつつ移動し東京の自宅に帰着。

17GW04.jpg
コースからはちょっと外れるものの、SR600KN初挑戦時にはこのコンビニで休憩した
その時も結構豪快に降られてしまったものだった


17GW05.jpg
三国峠クロソイド曲線の碑。SR600KNのさ写真チェックポイントでもある

17GW06.jpg
お約束になりつつあるパンク
プロ・パンクチュアリストとなる日も近い(イヤ過ぎる

<三日目(5月2日)>
4/30と5/1に感じた不具合を解消させるため昼からメンテ。リムテープの買い置きがなかったので源八でうどんを食べてからY's環八R1に行こうと思い、開店直後の源八でうどんを食べ、そのままY'sへ行ったら平日扱いで開店が正午だったのでそのまま移動してスネルでリムテープを購入。ついでにCO2ボンベも数本調達。
チェーンを交換し、ホイールのスポークホールキャップを除去してリムテープを装着し、一通りのメンテナンスを終了させて多摩サイを軽く流してみたけれどもコマ飛び問題が解消されなかった。何とかごまかせるかと思ったチェーンリングがやはり磨滅しすぎているようだったのでダメ元でY'sに行ってみるもやはりチェーンリングの店舗在庫は存在しなかった。仕方がないので捨てずに取ってあった、完成車を購入した際付いていたデフォルトのクランクを引っ張り出してきて装着。コマ飛びが一切生じなくなってホッとした。
1,000kmをj走るのに機材に不安がある状況では心細いにもほどがある、というか主催はもとより他の参加者に迷惑をかける可能性もあるのだから出走すべきではない。
一通り準備が済んだので馴染みの銭湯の黒湯温泉でのんびりまったりした後雑色駅前のサイゼリヤで諸々ローディング。赤ワインを1リットル以上飲むのは1,000kmブルベ前夜の行動としてはどうなのか。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJ千葉  福島「g」  千葉千  AJたまがわ 

【3年ぶりに】BRM503千葉1,000『福島「g」』【1,000km】 

1,000kmのブルべを走ったのはつい最近のとこだと思っていましたが
四年前に初めてR宮城主催の1,000(東北)に参加して、メカトラや台風接近でエライ目に遭いながらもどうにかこうにか完走し、翌年R東京主催の1,000(伊勢夫婦岩)に参加して、途中散々寄り道をした挙句にゴール自体は間に合ったものの途中PCでのタイムアウトのために認定されず、三日間かけてただグルメポタをやって来ただけという結果を残して以降一昨年、昨年は業務が多忙だったということもあり、昨年SR600を三本走っただけで(「だけ」といっていいのか。。。)それより長い距離は走っていませんでした。
今年に入ってからも走った四本のブルべはみんな200という状態で、果たしてホントに1,000km走り切れるのかどうかいささか不安が先行した状態ですが、ひとまず自転車の整備はそれなりにしっかり済ませたので後は身体と心の問題だけですかね。
ゴール後に開催される打ち上げに参加予定なのでその場が反省会にならないよう頑張って走りましょうか。

諸事情あってコースデータは四分割。
※ストリートビューであれこれ探ると今回のペットネームが「G」ではなく「g」である理由が伺えてしまうところが何とも情報化社会の便利さの裏に潜む寂しさを物語る縮図のようですね。
<コース:1/4>

<コース:2/4>

<コース:3/4>

<コース:4/4>


当日はハッシュタグ『#千葉千』で随時ツイートする予定です。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ  観光  AJ千葉  福島g  千葉千 

【ロードバイクも】今年初めてのお花見ライド【今年初】 

17041662.jpg

<走行ログ>

【実施日時】2017年04月16日06:58出発
【走行距離】155.28km
【総所要時間】 11時間48分
【乗車時間】 7時間54分
【平均時速】 (走行距離/総所要時間、グロスの平均時速) 13.2km/h
【Ave.】 (走行距離/乗車時間、ネットの平均時速) 19.6km/h
【獲得標高】 2,170m


先週末東京まで新幹線を利用して往復した際に駅構内に掲示されていたポスターを目にしてたまたまその場所を知った上越市内の桜の名所、松ヶ峯のため池
17041600.jpg
ポスターのココだけ携帯で撮影して備忘録代わり
RWGでざっくり引いてみたら片道75km、獲得標高1,000mちょいくらいのお手頃な感じのコースが出来上がったので日帰りツーリングに行ってみることに。観光案内サイトによるとまだ若干時期は早そうだけれど見頃になるであろう23日は宮古島トラの本番だしその翌週では少々遅くなってしまいそう、ということで4月16日の日曜日に決行。
ほぼいつも通りの時刻に目覚めて朝食をしたため、洗濯物を片付けたり、コーヒーを飲んでまったりくつろいだりして7時近くに出発。昨年末のAJ千葉忘年会&超トラ忘年会の際に乗って以来、実に五か月ぶりとなるロードバイクなのでありました。
一応はメンテナンスも済ませたつもりではいたもののやはりわたしのやることなので詰めが少々甘く、RDの変速がイマイチ不調で特にアウターのロー側がよろしくないので登り坂に差し掛かったらすぐにフロントをインナーに落とすなど、やや面倒はあったもののそのほかは概ね快調。この五ヶ月、ブルベを含むロングツーリングと言えば通勤用MTBばかり乗っていたので正直ロードバイクで走るのがこんなに軽快で楽なものだとは!と内心感動しつつのライドなのでした。

17041601.jpg 17041602.jpg
朝7時過ぎの十日町橋より
雲一つない晴天だったので放射冷却で空気が冷えていたようです。

17041603.jpg
田んぼにはまだ根雪が解けきらずに残る

17041604.jpg
道の駅まつだいで小休止
ここまでの道で通り抜けなければならないトンネルが六つ。そのほとんどがやたらと長く暗いトンネルだったので走りながら相当神経を使った。根雪の心配がなく時間に余裕があったらトンネルを避けて旧道の峠を通過したいところ。

17041605.jpg 17041606.jpg
渋海川沿いを淡々と進む
日差しは暖かいものの風が根雪の上を渡ってくるのでそこそこひんやりしていて気持ちい

17041607.jpg 17041608t.jpg 17041609.jpg
星峠の棚田が見えてきた
棚田を下から見上げて一枚撮影して往路ではそのままスルー。星峠の下を通る『峠トンネル』を抜ければ上越市大島区に入る。峠を越えると風景が一変し、やや雪が残るもののすっかり春の風情。
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  観光  松ヶ峯  上越市  松代  星峠  二本木駅 

【雨が降っても】小金井チーム 春のRun&BBQ【肉を食う】 

彩湖ウルトラマラソンから一夜明け、今度は小金井トライアスロンチームのイベント、春のラン&BBQに参加。
天気予報が思わしくなく、直前まで開催可否が危ぶまれましたが雨が降っても強行ということで実施されたイベント。
当初はBBQだけの参加にしようかとも思っていましたが、足腰に倦怠感があったものの前日走った彩湖ウルトラのダメージをそれほど感じなかったので回復走がてらランにも参加することに。
概ね春と秋の恒例行事でそれ以外にも突発的に開催されますが、都立野川公園BBQ広場に集合して尾根幹小野路配水場前交差点までの片道15kmを折り返す往復30kmを走り、その後はBBQになだれ込むのがいつもの流れ。
タイムテーブル的には8時スタートで6分/kmペースで三時間、11時から飲んで食べてという感じ。

前夜はダメージが少なかったとはいえさすがにいい気分で酔っぱらってしまっていたのでさっさと就寝し、起床してからあれこれ準備。イベントが終わったらそのまま新潟に戻らなければならないのでなかなか荷物が多い。
準備に思いの外手間取ってしまい、8時集合/スタートには間に合わないんじゃないかと電車に飛び乗って経路検索をしてみたら、わたしにはいまだかつて無かった一時間早い方への勘違いで7時過ぎには現地に到着してしまう事が判明。
まあ遅れるよりは早い方が何かと都合が良いし。

京急線→JR山手線→京王線と乗り継ぎ調布で降りてバスで野川公園まで。
駅でトイレに立ち寄ったりのんびりしながらだったので現地到着は7時半近くなってからだったけれど、うっすら小雨が降る中今回のイベント幹事のサトシが黙々と荷物を運んでいたのでお手伝い。最後のちょこっとだけだったけれど。
一旦車を置きに自宅に戻った彼を見送ってしばらくしたら三々五々メンバーが集結。
戻って来たサトシを含め総勢10名でランスタート。

17040901.jpg 17040902.jpg 17040903.jpg
野川公園は桜が満開でした

17040904.jpg
生憎の天候だったので早い時間はひっそり

17040907.jpg
今回のラン参加者は10名
※人数には撮影者を含むからね(笑)

スタート早々ダメージが無いとかうそぶいていながらまったく脚が回らずペースが上げられず、6分/kmで走る人たちからずるずる遅れ始めてしまった。結局7分~8分/kmがやっとといったところ。

<走行ログ>

30km走ったら正午を余裕で回ってしまいそうだったので自主的に距離を短縮してスタートから丁度10kmのところにある若葉台のファミマで折り返して往復20km。

戻ってきたらほぼタイムテーブル通りの11時。
基本的に自分の飲む分は自分で調達というスタイルなので着替えて即最寄の(というほど近くもないけれど)コンビニで缶ビールやハイボールを調達。宴会になだれ込む。
走っている間に雨はほとんど上がって”これはBBQ楽しみだ♪”とか思ったもののBBQが本格的に始まったタイミングで結構しっかり雨が降り始め。それでも木陰って意外としっかり雨宿りできるものであんまり雨を気にせず楽しめた。

17040909.jpg
初参加、初対面の人が多かったのでざっくり全員で自己紹介なんかしたりして

17040905.jpg 17040906.jpg
参加者の一人、ナオミさんが用意してくれた豚汁
ランの後の身体に染みた。お代わり三回くらいしたし(笑)

肉を焼いている様子は全く画像が残っていないので食べるのに忙しかったんだなあとしみじみ。
しかもいい加減出来上がったところで空手少女なヒメの発案による『だるまさんが転んだ』を始めてしまったので画像なんか残すいとまがない。それにしても軽く考えていたけれど、ダッシュしてからの静止ってものすごくキツイ。数十年振りだったし酔っていたからというのもあるけれど、やはりスポーツをたしなむ小6女児の身体のキレには敵うはずもなく翻弄されて、揚句”休んでていいよ♪”と声を掛けられる始末。
遠慮なく休憩しましたが何か。
後から”ちょっと休んだら戻ると思ったから休んでいいって言ったのに!”と、案の定叱責されましたよ、ええ。
小6女児に叱責されてしまうオトナです。

その後は館山合宿の時以来のお約束になりつつある、ヒメの正拳突きを腹で受け止めるというのをしばらくやっていた訳ですが、単発ならまだしもコンビネーションで来られるとなかなか頑張りが必要で翌日妙に腹回りだけが筋肉痛になっていたりしました。二日間で90km走って足腰には大した筋肉痛が残らなかったというのに(笑)

17040908.jpg
色々出来上がってしまった感ありあり

最後にみんなで集合写真を撮ってBBQはお開き。
17040910.jpg
記念撮影

この後野川公園からJR東小金井駅前の居酒屋に移動し、二次会の最中に寝落ちしてしまったり、その後新潟に移動したは良いものの宿舎の鍵を東京に忘れてきてしまって締め出しを食らい、駅前のベンチで寝てみたら寒くて深夜に目覚めてしまってその後は仕事関係の某所に移動して暖を取りつつ仮眠して、なぜ最初からここを思いつかなかったんだと反省したりのなかなかサバイバルチックな一夜を過ごし、始発電車で東京へ移動して往復してみたりしたのはまた別のお話。


前日の彩湖ウルトラと合わせて二日間で90km
なかなか中身の濃いラン三昧な週末でした。
小金井トラチーム関係者のみなさんありがとうございます。
特に諸々取り仕切ってくれたサトシ、毎回ありがとうね♪
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: トレーニング全般

ジャンル: 趣味・実用

タグ: トライアスロン  トレーニング  野川公園  BBQ  小金井トラチーム 

【いつものコースを】第12回 彩湖ウルトラマラソン大会【15周】 

以前からその存在は知っていたものの『同じところをぐるぐる15周』というところに微妙にネガティブイメージを抱いていたのでエントリーすることなく今まで過ごしていた彩湖ウルトラマラソンですが、今年は宮古島トライアスロン大会に向けた調整も兼ねて参加してみることにしました。宮古島本番の二週間前だし丁度良いと思えたし。
コース自体は過去何度か参加しているこばちゃん主催の練習会で走るところなのですっかり頭に入っているし、まあ一周5km弱なので15周の内2、3周もしたら大概の特徴は覚えられる。
当初は自転車自走で参加する気満々だったものの朝から生憎の天候だったので諦め、電車及び大会差し向けの送迎バスを利用することにして移動。武蔵浦和駅からのシャトルバスに乗り込みいざ彩湖へ。過去数回練習会で訪れたことがあるけれど、自動車車載か自走しか経験がなかったので電車バスを乗り継いで彩湖に来るのは初めての経験。
17040801.jpg
朝から”傘は無くても大丈夫かな?必要かな?”という微妙な空模様、

17040802.jpg 17040803.jpg
公園内は桜が満開
空模様が微妙だったおかげで花見の一般客が少なくて助かったという側面も。

17040804.jpg 17040805.jpg
ゴールゲートと開会式の様子
12回大会の今年は70kmの部エントリー数が初めて1,000人を超えたのだとか。
いやあ、世の中におかしい人多いよ(笑)

17040807.jpg 17040808.jpg
2017/04/08/8:00丁度、号砲とともに彩湖ウルトラマラソンスタート
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ラン

ジャンル: 日記

タグ:   スポーツエイドジャパン  彩湖  ウルトラマラソン