03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2018Mar29Thu

【富嶽の眺めは】BRM324西東京200しおかつお【チラリズム】 

今回、200kmで3,000UPという累積標高がなかなかにエグい「松崎」と更に坂道成分がその三割増しという「達磨山」という二つのコースが設定されていたのですが、「達磨山」に関しては直前に降った季節外れの大雪のためコースの安全確認が出来なかったため「達磨山」にエントリーした参加者も「松崎」に振り替えられての開催となりました。
開催前日、当日の空模様から考えれば「達磨山」開催も可能だったのではないかという考えもなくはないですがそれは後知恵だし、安全を優先した主催クラブ側判断は当然。

<走行ログ:2018/03/24>
タイヤ周長ではなくGPS受信のみで測距しているので毎回トンネル分短くなる。
ケイデンスは最近まったく気にしていないけれど、距離計測に難が生じるのでいい加減磁石を買って付けねば。
当初の予定では(前半飛ばして時間を稼いで後半は駿河湾越しの富士山を愛でながらのんびり夕陽を眺めつつ帰ろう。)なんてな事を考えていたのだけれどあにはからんや、なのであった。
空模様は概ね晴れて風もそれほど強くなく、20℃近くまで気温が上がった午後も弱い向かい風(=北風)だったので気温と比較して空気はひんやりした感じで非常に走りやすいコンディションだったものの朝から夕方までのほとんどすべての時間帯で富士山の頂きは雲に隠れたままだったお蔭で何故かいわゆる人外さんチームにくっついて走ることになってしまい、終わってみれば久し振りに認定時間が10時間を切る、ひどく疲弊した200となってしまったのであった。

今年走るブルベとしてはBRM113神奈川300逗子以来となるので二ヶ月以上間が空いてしまった事になる。
前々週、前週と二週続けて「達磨山対策」と称して坂道成分多めのポタを敢行してみたものの、160kmを超える距離は久し振りなので少々不安が先に立つ。何より宮城から東京経由で三島まで、約500kmを運転して参加するなんちゃって遠征ブルベである。色々身体に不具合が生じなければ良いけれど。というのが偽らざる本音。
取り敢えず金曜日に出勤する際通勤車(レンタカー)に三太夫を積み込み通常通りの業務をこなして18時頃名取を出発。渋滞に引っ掛かることも無く、ノンストップで約350kmのドライブの後東京の自宅に帰着。
あれこれ用意していてふと気が付いた。
スタート地点の三島駅前までは自宅から東名高速利用で約120kmなので二時間あれば辿り着けるはず。スタート時刻は7時30分なので現地に6時に到着しようと思ったら4時に自宅を出たら十分間に合うので3時間から4時間の仮眠が可能なのではないか。
元々は先に移動しておいて車内で仮眠をと考えていたものの、折角なら布団で寝た方が好ましい…ということで寝過ごしフラグを覚悟の上で布団に潜り込んで仮眠。
どうにか無事フラグをへし折り3時半過ぎに起床して4時前に出発。途中川崎の「ラーメン道楽」で味噌ラーメンでカーボローディングの後三島駅南側に到着したのは予定通り6時ちょっと前。
車から三太夫を引っ張り出してあれこれ準備の後スタート受付のある北側へ移動。
18032401.jpg 
「道楽」の味噌ラーメン
朝起きてから即こういうモノを食べてもなんら不具合が生じない自らの胃腸が頼もしい。

18032404.jpg
6時半前にスタッフさんたちがミーティング

他のエントリーと被ってしまったり、タイミングの問題でAJ西東京主催のブルベにお邪魔するのは久し振りだったのでスタッフさんたちともあれこれ雑談。
828さん:レーパンの裾をもっと股下ギリギリまで捲り上げたらさ、脚の白さで後方からの夜間視認性が上がって安全になると思うんだよねえ。。。って、これは日焼けで黒すぎるから意味ねーや!(笑)
18032404b.jpg
言うほど黒いか?(撮影:けーこ隊長)

18032404c.jpg
スタート受付(撮影:けーこ隊長)

お久し振りのざくさんヤマシンさん、まこたさん、黒スコットさん、Kaolさん、AJたまがわの鈴木さん他お知り合いの方々の顔もあちらこちらに。
324はR東京、A埼玉、AJたまがわの開催が被っているのでもっと知り合い少ないかと思ったけれど意外(?)と多かった。

そうこうする内にブリーフィングのお時間。
本来ならわたしがエントリーした「達磨山(ルート)」は試走を担当したけーこ隊長がブリーフィングを行うということだったので内心楽しみにしていたのだけれど先述の通り今回の「達磨山」の開催が取りやめになりすべてが「松崎」に振り替えられて
30分時間差のディレイドスタートみたいな形となったので幻のブリーフィングとなってしまった。
18032405.jpg
7:30スタートの「松崎」ブリーフィング風景

スタート地点は駅前広場の端で、そこまでは押し歩きで移動することになる。
受付地点からそちらに向かおうと移動したところで8時スタート組のユメさんが到着して声を掛けて下さった。ユメさんとは復路を走っている最中にスライドしてこの時もしっかりご挨拶ができたけれどどちらも一瞬。
スライドと言えばもう少し大勢の知己とスライドするかと思ったけれどわたしがそれと認識できたのはユメさん黒スコットさんのお二方だけだった。しおかつおうどんやところてん休憩とタイミング重なったりしたかな。

18032408.jpg
狩野川にかかる徳倉橋
なんとなく心惹かれる鉄骨トラス橋。

18032410.jpg
狩野川本流と放水路の分岐
手前側に流れて来ているのが放水路への流れ。この後隧道を抜けて口野に至る。
スタートしてしばらくは鈴木さんを含む3、4人くらいの集団で走っていたのだけれど、5kmほど進んだところで前方に10人を超す集団が。
ここに自分たちまでくっついてしまうと交通量少ないとはいえそこまで大人数の集団はちょっとなあ、ということで一気にパスして単独先行。スタート直後は致し方ない面もあるけれど、出来れば5、6人程度のパックに収まるよう配慮したいもの。

昼食のしおかつおうどんと後半景色を眺めながらのんびりポタリングペースで走るために前半は極力飛ばそうと考え、ガシガシ踏み込む。
修善寺のサイクルスポーツセンターに向かう亀石峠への道は何度か登ったことがある。
懐かしく思いながらもひいこら言いながら登って行ったらとあるコーナーに甲羅の直径が20cmは優に超えようかというサイズの陸ガメがいて思わず変な声が出た。写真撮る余裕がなかったのが惜しかったけれど、どこかから逃げ出したものなのははたまた心無い飼い主に遺棄されたものなのか。

登った先が通過チェックの伊豆ベロドローム。
本来はフォトコントロールだったけれど、有人チェックに切り替わったので待ち受けていたスタッフさんにブルベカードを渡してサインをいただいた。
通過チェック(伊豆ベロドローム)26.0km08:40頃
18032411.jpg
Ave.22KPHくらい。なかなか好調な滑り出し。

ベロドロームまで頑張って登ったのでお次はご褒美のダウンヒル。花粉の影響で少々しんどかったもののすっかり堪能してほどなくPC1へ。
PC1(ローソン伊豆熊坂店)36.8km09:09着
18032417.jpg 
鈴木さんざくさん、ニャンコ先生といった後続が続々と追い付いてきたので混雑を避けて先行リスタート。

18032418.jpg 
狩野川水系山田川沿いの道
前方に見えるのは葛城山の一部。

18032424.jpg
桜をなめて相模湾越しに富士山が…見えない

18032428.jpg18032429.jpg
大瀬崎

登り坂の途中、フルーツランドギャラリーという宿付近を通過中、ふと右手を見たら富嶽の白い頂が。丁度近くに桜が咲いていたので一緒のフレームに納めて一枚。
18032433.jpg
雲の上に真っ白な頂
この画像を撮り終え、コースに復帰しようとしたところで声を掛けられたので目を向けてみたらニャンコさんと後ふたり、三人組のパックが通過して行ったところだった。ニャンコさんは遠目にも明らかにそれとわかるいでたちなのですぐに判別できたけれど残り二人が良くわからない。(ウェアの色からして片方はざくさんっぽいかな…。)と、そんなことを考えながらひとまず三人を追いかけてみた。幸いにして道は長い下り坂。
結構真剣にダウンヒルをガチ走りしてみたら土肥の街に入ったところでどうにか追い付いたので三人組を確認してみたらやはりニャンコさんざくさんでもう一方はなるさんだった。
18032435.jpg
言わずと知れた「人外トリオ」なのであった
取り敢えずの出来心で三人に付いて行ってみる。
ダジャレを飛ばしながら楽しそうに走るニャンコさん、ざくさんと対照的に黙々とクランクを回しているなるさん
その後ろをアップアップで追いかけるわたし…という四人編成。
ちょっと気を抜くと置いて行かれるので油断がならなかった。
18032437.jpg18032438.jpg
そんな状況で辛うじて撮れた富嶽
結局今回はこの三枚しか富士山を撮れていない。天候に恵まれたものの景色には恵まれなかった。気分良かったから結果オーライだけれど。

PC2(7-11松崎町江奈店)115.0km12:36着
意外なことに先頭集団。
18032439c.jpg
撮影:オレンジさん(AJ西東京)

18032439b.jpg
こっちはけーこ隊長撮影
極めて半パン半袖日和なのであった。

待機していたスタッフのけーこ隊長オレンジさんたちを交えて先の予定をしばし。
しおかつおうどんをいただくのは既定路線として、ざくさんおススメの土肥の盛田屋さんでところてん。時間に余裕があれば口野のチェレステカフェに立ち寄ろうと言うことに決定。
特にチェレステカフェに関しては通常週末は19時か20時頃まで営業しているものの、店主が翌日の大磯クリテリウムに出場する予定なので17時頃に早じまいしてしまうのではないかというざくさん情報があったので少々微妙。
18032440.jpg
まずはしおかつおうどんを指してリスタート

PC2手前からひとり加わって5人のパックで進み、西伊豆町役場にほど近いお蕎麦屋さんに到着。
18032441.jpg 
喜久屋さん

18032442.jpg 
店内につるしてある「しおかつお」

18032444.jpg18032445.jpg
しおかつおうどんを堪能
程よい塩味と炭水化物という、自転車乗りには絶好の補給食で大変美味しゅうございました。

18032446t.jpg
自分用のお土産も忘れずに

しおかつおうどんでお腹を満たしてリスタート。
次いで立ち寄るのは土肥のところてん屋さん。
18032449.jpg18032450.jpg
盛田屋さんでところてん休憩
ざくさんがジュースの自販機に千円札を呑まれてしまうアクシデントがありつつもひとまずお店の人が戻してくれたので無事解決してリスタート。

18032451.jpg
一昨年のAJたまがわ大忘年会で利用した懐かしい宿

18032452.jpg
謎のオブジェ(?)
沼津市ゆめとびら舟山の入り口付近にある。
北側から見ると王蟲みたいに見えるけどなんなんだろ、これ。

18032454.jpg
日が傾いてきた
この辺りの登りから若干他の四名からは遅れ始めていたけれど、下りと平地ではまあまあ付いていけたので頑張ってガシガシ踏んでみたけれど、その内平地でも遅れるようになって来てすっかり離されてしまい、心が折れたところでPCに到着。

PC3(7-11伊豆三津シーパラダイス前店)180.6km16:23着
18032455t.jpg
心が折れつつも先行四人に追い付いた
お店内外がやたらと混雑していてレジの行列もハンパない。
いったいぜんたい何事なのかと思ったけれど、このお店はラブライバーにとっての聖地なのだとか。
レシートだけ確保してチェレステカフェに向かおう!
ということで折れてしまった心に添え木を施して一路チェレステカフェに向かう。

んが。
ざく:あれ?休みじゃん!
18032456.jpg
なんということでしょう
ざく:ん~~~アレは明日のクリテがどうこうっていうより店主がやる気無くした感じですね
なんというフリーダムさ。
そしてここで添え木した心がポッキリ折れたので四人を見送り、Edge520の電池残量が微妙だったのでモバブーと接続したりツィート流したりしてからのんびり一人でゴールまで。

ゴール(東横INN富士三島駅)200.8km17:25着
18032457.jpg
思いの外早く帰ってきてしまった
のんびり富士山を眺めつつ、コースアウトして撮影しながら復路を走るつもりでいたのでこんなに早い時刻にゴールに辿り着いてしまうのは想定外。 
結局認定完走時間は9時間55分となり、久し振りに10時間を切った200kmっていうか、10時間を切ったのはおそらく2011年の初ブルベ以来二度目の事なのだと思う。基本的にソロでダラダラ走るのが自分のスタイルなので。

ゴール受付を済ませ、東横INNのロビーでまったり。
18032458.jpg
皆様お疲れ様でした!

最後はところてんに続いてざくさんおススメのラーメン店に立ち寄って〆。
お店が今回のコース脇にあるので向かう途中何度かゴールに向かう参加者にスライドしたので手を振ったり声を掛けたりしてみたもののすっかり日が暮れてしまった中、そこそこ交通量が多く、交差点前後は道幅が広かったりしたので気付いてもらえないケースが多かった。まあ仕方ない。
18032459.jpg18032460.jpg
捲り家のチャーシューメン(中盛)

再びゴール方面に向かってあれこれ雑談しながらのんびり走っていたらいつの間にか後方には参加者が数名。
ゴール受付に戻ってはるさんの帰着を待つというざくさん、なるさんたちと別れて南口に停めた車に乗り込み、これまたざくさんおすすめの日帰り入浴温泉施設に立ち寄り、汗を流してさっぱりしてから帰宅。
18032461.jpg
駿河の湯 坂口屋

帰りも渋滞に引っ掛かることも無くすんなり進み、日が改まる前には無事自宅に帰着して2018年三本目(実質二本目)のブルベが終了したのでした。

AJ西東京スタッフ、関係者の皆様ありがとうございます。
お久し振りで非常に楽しかったです。来年もエントリーできたら今度は達磨山…かなあ。
参加の皆様お疲れ様でした。またどこかのBRMで!
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 タグ: ブルベ  ピナレロ    AJ西東京  BRM324  しおかつお 
2018Mar22Thu

【残念ながら】第8回 小江戸大江戸フットレース200K【再び負け越し】 

<走行(歩行)ログ>
 
結論から言うとDNFでした。
小江戸区間終了後、大江戸区間に突入して夜の川越街道を東進していたのですが、5、6kmほど進んだところで脚がまったく回らなくなりまして。 一応自分なりのけじめとして川越市を抜けてふじみ野市に入ったところでやめました。
五回エントリーして二回完走、三回DNF。
昨年完走してようやく星を五分に戻したというのに再び負け越しの借金生活です。

以下延々と言い訳めいた備忘録。

五回目の参加となる今回は、今までの四回とは比較にならないくらいに事前練習ができておらず、スタート直前まで小江戸区間の91kmを走り切るのも怪しいのではないかと思っていたほどです。
昨年のこの大会を完走して以来、最も長い距離を走ったのが今年の青梅マラソン30kmでした。
それまで”今年の最長距離が先々週の青梅で30kmしか走れていねぇ!”なんてことをほたえていましたが、冷静に思い直してみたら昨年のこの大会以来全然長距離ランやっていなかったのだなあと。
昨年は完走一回DNF二回と負け越した状態だったのでそこでDNFをやらかしてしまったら五分に戻すまでに最低二年かかるし、当然ながら勝ち越すまでは三年以上かかってしまうという危機感があって小江戸大江戸前に山手線3/4周ランとか環七周回ナイトランとかやってそれなりに準備をしたにもかかわらず大江戸区間の後半では膝に痛みが生じてしまって大ブレーキ、辛うじて完走を果たしたといった体でした。
そんな昨年と比較して圧倒的に走り込み量が足りなかった今年はさすがに根拠のない自信が持ち味のわたしでもさすがに不安を覚える状況での参加となりました。

一応大江戸まで走り切ったと仮定すると日曜日の夜川越着、足腰のダメージは計り知れないだろうから翌日も使い物にならんだろうということで有給休暇を取得しておいて、協力業者さんに金曜午後と土曜日、月曜日のわたしの業務肩代わりを依頼したりして備えだけは万全な状態で一路東京へ。
久し振りの自宅であれこれ準備を始めたもののラン用のヘッ電やザックを宮城に持って行きっぱなしだったことを思い出したりして少々やる気が失せ、残りの用意は翌朝やればいいとフラグを立てた状態で就寝。
それでも翌朝は無事目覚めたものの、使用する予定でいたザックのファスナーが塩がみしてしまってまったく動かず。軽くシリコンスプレーを吹いたもののびくともしないので仕方なくワンショルダーのクーリエバッグを使うことにした。
思いの外すんなりと準備が整い、無事予定の電車に乗り込めた。
京急からJR山手線に乗り換えて座ってのんびりうとうと。。。したかったものの目の前にいたアマチュアバンドマンの大学生と思しき男二人がペラペラしゃべりまくっててうるさいことこの上なく、ロクに寝られなかった。
そんなこんなで京急線⇒JR山手線⇒東武東上線と乗り継いで、川越市駅に到着。
駅前の大きなスポーツセンター(だっけ?)の建物が解体されて更地になっていたので大きく雰囲気が変わった道をてくてく歩いてスタート地点の蓮馨寺へ。
わたしは遅刻参加だったので参加賞だけ貰った昨年9月の草レースで面識のできた千田さんがボランティアスタッフとして受付近くにいたのでご挨拶。
着替えと荷物預けを済ませた後、UTKKメンバーのよしみちゃん守谷さんを発見し、こーへー君とも無事合流。
こーへー君とあれこれ会話しながらスタート時刻を待つ。
初参加の彼にあれこれ状況を教えてみたりペース配分を語ったり。

主催者側からのアナウンスがしばらく続き、定刻の8時丁度にスタートとなった。
”なかなか進まないんですね?”
ややそわそわした感じがしなくもないこーへー君に対し
”手首のICチップを読み取り機械にタッチしなきゃならんから結構時間かかるよ、5分か10分くらい差ができるんだけどタイムはネット値で計測してくれるから心配ないよ。”
”なるほど!”
こちとら一応は5回もこの場に立つなんちゃってベテラン勢なのだ。
18030301t.jpg
10分弱ほど過ぎたところでスタート

18030302t.jpg
スタート直後、小江戸川越

こーへー君と会話しながら概ね7分/km程度のペースで淡々と。
”去年完走された時はどのくらいのペースだったんですか?”
”第二AS付近で丁度正午頃だったから6.5~7分/kmくらいだったと思うよ。”
”じゃあ今のペースでばっちりですね!”
”オレ、今回は全然走れていないから半分行けるかも怪しい。。。”
スタート直後からホントに弱気。
”「二倍の法則」ってあるじゃん?それ考えたら青梅(30km)の二倍、60kmくらいまでは大丈夫だろうけれど小江戸で三倍だし大江戸まで含めたら七倍だからなあ。”
自分で書き起こしていても嫌になるくらい、ひたすらネガティブだった今年。
まあむべなるかなというところではあったけれど。

18030303t.jpg 
川島町付近
この道は昨年、AJたまがわのお試しブルベの際復路で使った道。

18030304t.jpg
田んぼの中を走る


18030305t.jpg
吉見町の桜堤
時折後方から走ってくるロードバイクにパスされる。
気温が低めだったのでまだ台数は少ない。
”あ、アレ!ぜっとさんとおんなじカラーリング(トリコロールカラー)のLAPIERREじゃね?”
”あ~~~ホントだ、あの色ってあんまり見かけませんよね。”
ひとしきり自転車(ブルベ)の話に興じてみたり。


18030306t.jpg 
第一AS到着
さとちゃんを見かけたので声を掛けた。
今年のUTMBにエントリーしている彼女はさすがに走り込み量が違う感じ。

18030307t.jpg
荒川土手の菜の花
今年は例年と比較するとあんまり黄色が目立たないような気がした。
大雪降ったりしたからかね?

500mくらい先にマリオのコスプレ衣装で走るよしみちゃんの姿が見えたのでどうにか追い付こうと思ったけれど一向に距離が詰まらないまま。その手前にはさとちゃんの姿もあった。


18030308t.jpg
裸足ランナーがいた
砂利道ではさすがに足裏が痛いらしく、ぴょこぴょこと。
この後再び見かけたとき(唐子ASだったかな?)ではわらじ(ワラーチに非ず、藁で編んだアレ)を履いていたのでさすがにしんどくなったのか。

どうにかこうにかペースを維持して第二ASには正午前に到着できた。

18030309t.jpg18030310.jpg
第二AS着、お味噌汁美味しかった
ここで既に「本年最長走破距離」達成である。走り込み足りなさすぎ。
さとちゃん、よしみちゃんと軽く雑談。
さとちゃんは気付いたらリスタートしていた。
よしみちゃんより先行して(いたらしい、この先で後ろから来たし)リスタート。


18030311t.jpg18030312t.jpg
荒川大橋南詰から荒川土手へ
どうにかこうにか維持していたペースもついに落ち始めてしまった。
シューズの具合をちょっといじろうとして立ち止まったところで一旦気持ちが切れてしまい、対処が終わってからも走り出せずにしばらくとぼとぼ歩き始めた。
徐々にこーへー君の後ろ姿が小さくなって行く。

歩いたり走ったり、ボチボチ進んでいたところで後方から来たよしみちゃん、守谷さんに声を掛けられしばらく雑談しながら一緒に走る。

”あれ、朝一緒だった若い子(=こーへー君)はいないんですね。”
”ちょっと前に置いて行かれてしまいました。”
”後輩?部下?”
”いやいや、自転車つながりのコ。それはそうと今回知り合いのエントリー少ない感じだよね、さとちゃんはさっき見かけたけど。”
”みんな速いから前の方にいますよ。”
”いや、キクちゃんとか田村さんとかいないし。”
”あ~~~そうですねえ、ととろさん(=仮名、わたし)は接点無い人多いかも。”
”そう言えばさっきのエイドの手前までずっとそのよしみちゃんの衣装が前に見えていたけどずっと追い付けなくてさ。目立つよね、そのコス。”
”も~大失敗です。後悔してます。熱がこもってものすごく暑いんですよ!帽子なんか内張りもサテンだから熱が逃げなくて熱中症気味になったから被り続けるの諦めました!”
確かに端で見ているだけでも暑そうなのがわかる。

”ちょっとペース落とすんで先に行っててください!”

18030313t.jpg
自販機で補給するよしみちゃん
残念ながらこの後次のASである淨恩寺でDNFしたそうなのでこれ以後遭わずじまい。翌日は大江戸区間で沿道応援に繰り出したそうなのでわたしが不甲斐なくなければあるいは、ねえ。

今回、いつも使っているザックではなくワンショルダーのクーリエバッグで走っていたのでストラップが首筋と擦れて若干違和感を生じるようになって来た。
すり傷になって痛みを生じ始めてからでは手遅れなので、幸いなことに気温が上がって来てからは使っていなかったネックウォーマーをショルダーストラップに巻いて首筋に直接当たらないよう対処。
少しでも気を散らそうと周囲をあれこれ眺めながら進む。

18030314.jpg
和算学者 藤田雄山貞資(ふじたゆうざんさだすけ)生家(の外塀)
数年前、秩父周辺が孤立してしまった大雪が降った時以降年々崩壊が進んでいて通りがかりの身としては痛々しくすら感じる。立派な石碑を建て「郷土の偉人」として持ち上げておきながら深谷市側が修復や修繕に動いているようにも見受けられないのはそのあたりの費用に関する所有者の負担の問題なのかもしれない。文化財等の登録に際し、時折耳目にする問題ではある。


18030315t.jpg
路傍では梅がほころび始めていた

重忠橋で荒川左岸に渡ったところでコンビニ休憩。

18030316t.jpg
ファミリーマート深谷田中店
AS2以降基本的にはずっと荒川土手を走るので自販機以外の補給ポイントが無いため、多くの参加者がここで補給したり休憩したりする。
昨年はここでクレイジーたむらキクちゃんに追い付いたけれど今年はすっかりボロボロ、こーへー君の姿も見えなかった。
もうしばらく頑張れば淨恩寺ASなので水分だけを補給してリスタート。

しばらくはR140旧道、途中からバイパスへ。
なかなか単調で辛い区間。遠くまで見通せるからメンタル的にしんどい。
18030317t.jpg
私設エイド 日本石産株式会社さま
毎年私設エイドを設営してくれているありがたいところ。
少なくとも五年前から毎年出してくれていてにこやかに対応してくれるおねーさんがすごく可愛いのでまた来年もお願いします!
ご恩返しはしたいもののエクステリア系の会社様なので業務上の接点はほぼ皆無だしプライベートでもマンション住まいだからなあ。。。

玉淀大橋を渡って再び荒川右岸へ

18030318t.jpg
玉淀大橋

緩い勾配の下り坂を進んで側道に入ればようやく52km地点の淨恩寺。
18030300.jpg 
撮影:緑鬼こと吉田さん
今回は選手としての参加ではなくボラスタッフとして参加の吉田さんに撮っていただいた一枚。しんどくてもカメラの前でだけはやせ我慢するのが美学です。


18030319t.jpg
AS3 淨恩寺
関門時刻まではまだ一時間強あるのでまあまあ余裕。
ふと見るとお久し振りのこーへー君の姿が。
しばし言葉を交わした後、先着していた彼が先にリスタート。
わたしの方は補給食やスープ等をいただいてもう少しのんびり。
すると目の前の女性ボラスタッフの名札に書かれた名前になんとなく見覚えがある。
何年か前に途中までご一緒させていただいた野口さんだった。
”いつぞやは!今年も参加なんですね、頑張ってください!!”

18030320t.jpg 
被り物してるのが野口女史
千田さんにしても吉田さんにしても野口さんにしても
出走しなくても参加選手をフォローしようとボランティアスタッフとして名乗りを上げる人が多い。時に参加者、時に主催者(サイド)というのはブルベと非常に親和性の高いあり方だと思う。運営主体がNPO法人なのだから然るべくしてこういう形になってはいるのだけれど。

こーへー君に遅れること5分ほどで追っかけリスタート。
淨恩寺から先はしばらくアップダウンが続き、小江戸区間では一番しんどいと思っているところ。
それでもなんとなく脚が戻って来た感じがしてそこそこ快調に進む。
小江戸区間は走るのが五回目なのでコースの状況も概ね把握できているので気分的には楽。

ホンダの工場前を過ぎ、ピークとなるトンネルを潜りぬけた先で懐かしい背中を発見。
18030321t.jpg
ようやく追いついた
軽くふたことみこと交わしてパス。
この先、唐子の交差点手前にあるワー○マンでヘッ電を購入する腹積もりがあったので少しでも先行しておきたい。
が、しばらく進んだところで脚が回らなくなってしまい徒歩に切り替え。
しばらく歩いては走り、走っては歩くというスローペースで進み、途中でトイレに立ち寄ったところで折角追い越したこーへー君に追い付かれてしまった。
しばらく進んだところで目当てのワーク○ンがあったので立ち寄り。
再びこーへー君に置いて行かれた。


18030322t.jpg
初回参加時にもお世話になった○ークマンさん
無事ヘッ電を購入し、唐子ASに向かう。
想定(というか夢想)していた通過タイムより既に一時間くらい遅い。

昨年はどうにか明るい内にASに辿り着けたはずだけれど今年は真っ暗。
18030325t.jpg
どうにかこうにか唐子ASに到着
先着していたこーへー君と言葉を交わす。
”ここから先9分/kmペースで行けたらどうにかギリギリで間に合うんですよね。”
そう言って残時間を確認して先にリスタートして行った。

18030323t.jpg18030324t.jpg 
唐子ASでうどんと「ひな祭りスィーツ」
この二つのために唐子まで辿り着いたと言っても過言ではない。
今年はうどんを二杯いただいてリスタート。
小江戸ゴールクローズ時刻は22時、小江戸大江戸の川越関門時刻は24時なので二時間猶予があるけれど、関門ギリギリに出たのではまず大江戸区間は走り切れないのは経験上理解している。できれば小江戸クローズ時刻までには川越に辿り着きたいと思っていた。

唐子を出てしばらくはそこそこ良いペースで走れた。
過去二回、ミスコースをしてしまっている区間を無事ノーミスでやり過ごし、県道354を淡々と。
”あの区間、将軍塚前を通るとき夜間だからひとりじゃ怖いんですよねえ、絶対何かいそう。”
そんな風に言っていたのは何年か前の野口さんだったか。
思いの外ペースが上がらずもどかしく思いながら進んでいたら信号待ちで後方から来た数人に追い付かれ、パスされた。ペースを確認すると8.5~9分/kmほど。
(このペースじゃこーへー君には追い付けないな。)
そんなことを考えながらR254バイパスに入り、相変わらず対向車のヘッドライトの光に眩惑されそうになったのでややうつむき加減にして被っていたキャップのツバで光を遮る。
多少は経験を積み重ねて来ているのである。

そんなこんなでだましだまし走っていたものの、唐突に終わりが訪れた。
圏央道川島ICを過ぎたところでいきなり脚が回らなくなってしまって走れなくなった。
以後は半ば以上歩き、時々小走りになる程度。
脚が戻って来てくれることを期待しつつ歩いて回復に努める。
心の中で呼吸に合わせて三歩ずつ歩数をカウントし、300歩走ったら目についた目標まで歩く、例えば電柱だったり道路標識だったり、を繰り返す。

そんなことを繰り返し、ようやく川越市街地へと向かう分岐。あと3kmで川越AS。
基本は歩き、ほんの時々走ったりで進む。
18030326t.jpg 
ようやく小江戸川越

18030328t.jpg18030327t.jpg
川越AS到着
小江戸クローズ時刻から30分ほど遅れて川越ASに到着。
小江戸大江戸関門までは90分。

既にゴールしていたこーへー君を見つけて完走の労をねぎらい、整体マッサージの順番待ちをしつつ言葉を交わす。
そろそろ終電が近いので帰るという彼を見送りわたしはマッサージへ。
一昨年も昨年もお世話になった先生も受付の女史もすっかりわたしのことを覚えていて下さり軽いノリの会話で気分が和らぐ。
”今年はさとちゃん、順番待ちが結構かかるって聞いたとたんに「じゃあ行きます!」って颯爽とスタートして行っちゃったよ。”とは先生の弁。
今年も先生の施術にのた打ち回りながらどうにかこうにか復活した感。
とはいえDNFした一昨年もそんな感じだったけれど30分ほどで効果が切れたんだよなあ。。。

なんやかんやスタッフさんたちと軽口を交わしながらリスタート。
関門時刻までは45分といったところ。
18030329t.jpg
夜の川越繁華街を行く
この区間を通るのは小江戸だけで継続をやめてしまった三年前を除く毎回の事なので今回で四回目。さすがにコースは覚えていると考えた心に隙があったに違いない。
気が付けばまったく見覚えの無いところをとぼとぼ歩いていたのであった。
どこで間違えたのか?素直に蓮馨寺まで引き返すべきなのか?
地図を引っ張り出し、現在位置と本来のコースを見比べる。
紆余曲折の後どうにかこうにかコースに復帰したものの、この時点ですっかり心が折れてしまっていた。
走ろうとしてもまったく脚が回らず、歩くのすら辛い。
それでも何とか川越市からは出て終わろうという、良くわからない目標を掲げてR254を南下。
18030330t.jpg
ふじみ野市との市境を越えてDNF

川越市域を抜け、ふじみ野市に入ったところで今回の小江戸大江戸挑戦を終えることにし、蓮馨寺に向け引き返し始めた。ミスコースも含めスタートしてから丁度100kmほどのところ。
途中、タクシーでも拾えたら御の字と思いつつ歩いていたらスィーパーの三人組とすれ違った。
彼らにパスされた時点で止めても良かったかなとも思ったけれど、ミスコース中に先行されていたかも知れなかったのでスィーパーは待てなかった。
引き返し始めてからスィーパーに遭遇したのでDNFを決意した段階ではまだ辛うじてオンタイムだったと思うと少々心にわだかまりが無いとは言えないものの、現時点での自分の実力がこの程度なので甘んじて受け入れるしかない。

30分ほど歩いていたら、運よく空車タクシーを拾えたので川越駅前まで移動し、営業していた居酒屋で軽く飲み食いしてから蓮馨寺に赴き、預けてあった荷物を引き取ってから湯ゆうらんどでひと風呂浴びて今回の小江戸大江戸200Kフットレースの締めくくりとなった。

色々教訓の多い大会でした。
今年は現時点で彩湖の70kmと野辺山の100kmへのエントリーが決まっているのでとにかく気持ちを入れ替えて臨まないといかんなと。
それでもどうにかこうにか100kmまで到達できたのはそれなりの自信になっていたり。

まずは今年の野辺山を完走して対戦成績を五分に戻さないと。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ラン

ジャンル: 日記

タグ: ウルトラマラソン  小江戸大江戸  200K  2018  第8回 
2018Mar20Tue

【二週続けて】ゆるふわ坂道練だった日曜日【大豆たんぱく補給】 

<実走行ログ:2018/03/18>

一週間前にはチコリンさんにおススメされた定義如来西方寺参拝と定義とうふ店をメインに
BRM324西東京200km西伊豆しおかつお達磨山対策として奥秋保方面から村田町へ抜けるちょっと坂道が多めのコースを堪能して参りましたが今回はそのレポを目にした仙台在住の漬物さん”もう一回走ることがアレば、太田とうふ店に行かないと!竹筒に入った豆腐は絶品ですよー。秋保方面にあります。”という情報を下さったのでそれに乗っかって、一週間後に迫ったしおかつお(達磨山)対策のために再びお山方面へ。
前週走ったコースと一部被りますが、なるべく逆方向だったり被る距離を短くしたりという配慮をしつつのコース設定。
それにしてもチコリンさんといい漬物さんといい、こういう”ここはおススメだから行ってみたら?”という情報を提供下さる方々がいてくれるおかげでわたしの自転車生活が着実に豊かなものになって行きます。
本当にありがたいことこの上ありません。

そんな訳で、それ以前にざっくり引いていた「BRM324しおかつお対策コース」に太田とうふ店を組み込んで、単純な往復区間がなるべく発生しないようアレンジをし直してコースを策定してRWGPS読みで155km、1,700mUPというものが出来上がりました。ちょっとした寄り道やミスコース等もあるので3~5%程度プラス方向の誤差が生じるのが常なので、おそらくは宮城に来てから初めてのセンチュリー(=160km)ライドとなる計画でした。

撮影した全画像はこちら

18031801.jpg 
スタートは6時15分頃
…だったものの、走り始めてすぐに後輪に違和感。
空気が半分くらい抜けていた。
(前日にオーバーホールを終えてショップから引き取って来ただけなのになぜ?)とか思ったけれど、取り敢えずフロアポンプで空気を注入してからスタート。結局6時半頃。

18031802.jpg
気温は氷点下5℃手前
まあ「Garmin読み」だと概ね2、3℃くらい道路脇の気温表示より低くなったりするけれど、体感的にはGarminの方が近いのではないかと思っている。

ほぼ全天雲の無い青空だったものの東の空だけに高層の雲が広がっていたお蔭で日差しが届かず気温がなかなか上がらなかったけれど走りそのものに問題が生じることも無くすんなりと進み、7時過ぎには閖上港朝市に到着。自転車乗りの姿もちらほら窺えて、ようやく春めいてきたのかなとか思った。(氷点下だったけれどな!)
市場内をうろうろ。
いつも殻付き牡蠣を購入してサービスで焼いていただくお店はまだ炭火が起きていない様子だったのでいつもとパターンを変え、まずは水餃子。

18031805.jpg
餃子王にて水餃子(¥400)
&無料サービスのキムチとジャスミン茶ゆで卵、画面外にジャスミン茶。

18031810.jpg18031809.jpg
はらこ飯(¥400)とせり鍋(¥300)
このお店は初めて閖上港朝市に来たとき利用して、お店の人の対応が非常に良かったので気に入っている。っていうか総じて対応が良い店ばかりなのだけれど刷り込み的に。

思いの外腹が膨れてしまったので今回は焼き牡蠣をいただかずにリスタート、7時半頃。
今回は距離が今までで一番長いし累積標高もそれなりにあるのでちょっと巻き気味のスケジュールで走る。普段より30分以上早く宿舎を出たのもそのため。
後輪の空気が抜けていなかったらもうちょっと早かったはずだけれど、昼食のタイミング等を考慮したら結果オーライだったと思う。

昼食は亘理町の鳥の海近傍にあるお店を予定していたので閖上からまっすぐ向かったのでは距離が短すぎてしまうため一旦内陸側の村田町を指して進む。
18031811.jpg
蔵王に向かって走る感じ

一週間前に西から登った峠道を今度は東側から。
標高差の関係上東からアプローチの方が坂道長くてしんどい。
えっちらおっちら登ってご褒美の下りを堪能していた時、右手前方に真っ赤な鳥居。
前回通った時は反対側からで、大きな岩の陰になっていたので気付かなかったらしい。 

18031813.jpg18031814t.jpg18031815.jpg
八幡神社(村田町)
社殿も祠もなく名の刻まれた石が据えられているだけ。
かつて社殿なり祠なりがあったのか、このくぼみ(洞穴というほどの奥行きは無さそうに見えた)そのものが祠代わりなのか。日差しにさらされて上からつららがぼとぼと落ちてくるので危なっかしいから近寄らなかったけれど、奥の方に何か据えられていたのかも知れない。
18031816.jpg18031819.jpg
八幡神社手前の大石「牛石」

そんなこんなで村田町中心部へ。
先週参詣した白鳥神社の一つ下流の橋を渡ってしばらく進めば「蔵の町並み」。
とはいえ距離にして100mちょいという可愛らしいものなので車で通りかかったら或いは気にも留まらないかも知れないくらいの規模。
18031822.jpg18031824.jpg
朝陽の中の「蔵の町並み」
掃き掃除をしていた女性がご挨拶をしてくれた。

本日の第一の目的である昼食のために沿岸部を指してリスタート。
ほぼほぼ真っ平らな道で風もそれほど強くなかったので順調に進んでしまい、お目当ての店に到着したのは10時ちょっと過ぎの事。
18031828.jpg 
まだ開店前(海鮮大海)

11時の開店まで時間を潰そうと鳥の海周辺をうろうろ。
18031829.jpg
海との接続方向
18031831.jpg18031833.jpg
のんびりしたい穏やかな水面越しの蔵王

「鳥の海ふれあい市場」の駐車場に何やらテントが張られてそこそこ人がいるようだったので様子窺いに立ち寄ってみた。
18031835.jpg18031836.jpg
タラ汁の無料配布をやっていたので一杯いただく
となりのテントでは焼きホタテを配布していたけれど、どうやらそちらは売店で一定額以上のお買い物をして引換券を貰わないといただけないらしい。
昼食前だけれど屋台で揚げたてのメンチカツを一つ購入。
18031839.jpg
揚げたてメンチカツ(¥150)

そろそろ11時近くなってきたのでお店に移動したら11時前だったものの既に営業が始まっていたので入店。
18031840.jpg
10時50分頃
日替わりでネタが変わる三食丼を注文。
18031843.jpg18031844.jpg
三食丼(¥1,296)
この日はマグロ、ヒラメ、白魚の三種。
アラ汁はセルフサービスでお代わり自由、小鉢が四つ付いてこのお値段はなかなかお得感ある。

結構のんびり過ごし、お腹を満たしてリスタート。
今回の後半戦は基本的に坂道メイン。
再び村田町方面に戻って柴田町、村田町を通って釜房湖から秋保を目指す。
コースはなるべく今まで走ったことの無いところ、なるべく幹線道路ではないところを選んで引いてある。気温がぐんぐん高くなって来た中再び西に向かう。
と、後輪に妙な違和感。

停止して確認してみたら圧が2/3くらいになっていた。
18031845.jpg
指で押したら簡単に凹む
どうやら今朝の圧不足はスローパンクだったようである。
チューブを外し、タイヤの内側を何度も素手で撫でてみるものの異物感は無い。
外したチューブにエアを注入し、空気漏れを確認しようと思ったもののそれらしい部分が見当たらない。不安ではあったけれどもチューブを新品に入れ替えてリスタート。
原因がチューブにあるなら問題ないけれど、タイヤの内側やリムテープにあったものだとすると今回替えチューブは一本しか携行していないので少々困ったことになる。まあ、念の為にクイックパッチは携行しているけれど、穴の位置が把握できないのでは活用しようがない。

心配しても結論が出ないことは思い悩んでも仕方がないので取り敢えず先に進む。
朝空気を注入して70kmほどはどうにか走れたのだから残り半分何とかなるのではないかと楽観してみたり。
正午頃になると雲の範囲から外れた南中高度の太陽からさんさんと日差しが降り注いで気温もうなぎ上り。
18031848.jpg
このちょっと前には18℃を超えていた

午前中冷え込んだせいかEdge520の電池の消耗速度が非常に速く、このままでは帰着までのログを残せない可能性があったけれど携帯電話の充電用にモバイルブースターとそれ用のケーブルは携行していたもののMicroUSB-Cが無かったので通り道で見つけたダイソーでゲット。以後給電しながらの走行。
途中何度か路面ギャップを乗り越えたところで妙な違和感を覚えたけれどタイヤの空気圧は下がって来ている形跡がないので気にせず走っていた。
ところが幹線道路から逸れて交通量の少ない農道に入った際、とある用水路越えの橋を渡ったところで明確に金属音がした。何かのパーツ、アクセサリが脱落したような音。
橋の上には何やら黒っぽいものが落ちている。
引き返して近寄って確認したら、黒いカバーをかぶせたCO2ボンベだった。
慌ててサドルバッグを確認してみたらファスナーがフルオープン。パンク修理を終えてからずっと口を開きっぱなしで走っていたのだ。
不幸中の幸いはマルチツールやCO2ボンベの口金、ミニアーレンキーセットなどの値が張ったり調達が面倒だったりするものは落ちておらず、タイヤレバー二本のセットと二つあったクイックパッチのパッケージの内ひとつが無くなっていたということだけ。とはいえあのIRCのタイヤレバー、大きくて使いやすかったからお気に入りだったのになあ。
地味に問題なのはタイヤレバーがないということはこの後スローパンクの症状が再発してもお手上げ状態になってしまうということ。
恐る恐る後輪を触ってみるも特に圧が下がった形跡はないので、この時点ならJR亘理駅がすぐそばなので引き返して輪行も可能だったものの意を決して先に進む。

村田町から一旦柴田町に入り、再び村田町に入る。
朝登り下りした岩沼から姥ヶ懐へと東西に通り抜ける名無しの峠に南側からアクセスするのだけれど、アプローチした瞬間から猛烈に後悔が始まった。
勾配は優に10%を超え、左コーナーをインべたで走ると部分的に20%近く。
18031850.jpg 
風張林道のきのこセンター手前的な激坂
コースを引いた2、3日前の自分をひとまず蹴り飛ばしたい。滔々と説教してやりたい。罵倒してやりたい。
そんなネガティブでダークな心境で坂道を淡々と進む。
ようやくピークを越え、気分よく下って行くと例の名無しの峠のピーク。
朝に続いて気分が良いながらも幅員が狭くておっかなびっくりなダウンヒルの後、朝進んだ方向とは進路を変えて北に向かう。

スポーツランドSUGOまでの緩い登りを進んだ後、今度は山形自動車道方面に向かって気分の良いダウンヒル。
山形道を過ぎてしばらく進んだところにあったヤマザキショップで水分補給とトイレ休憩。
すぐそばに色鮮やかな鳥居が目を引く神社があったので鳥居の前まで。
18031853.jpg  
菅生神社
時間に余裕があれば参拝して御朱印をいただきたかったけれど、次の目的地である太田とうふ店の営業終了時刻に間に合うかどうか少々心配だったのでここで一枚撮影して移動。
坂上田村麻呂に縁のある神社でタケミカヅチ他五神を祭ったので元は六社権現、六社の宮と呼ばれていたものの明治期の神仏分離の際現社名になったところだそうである。

その菅生神社近傍から先週も通った釜房ダム(湖)方面へ。
進み始めた直後、これまた猛烈に後悔&過去の自分に対する呪詛の念が。
18031855.jpg
延々続くんだよ、10%超の登りが
時折10%台後半を示すEdge520の画面を見つめるわたしの目に涙が溢れていて数字が滲んで読み取り辛かったのは、決して気温が上がってやたらと飛散しまくった花粉の影響だけではない。

釜房ダムに向かって一旦下り、再び秋保温泉を指して登り坂。
ようやく秋保温泉郷に辿り着き、秋保川沿いを西に向かい、目的地の太田とうふ店に到着したのは閉店時刻の16時まで一時間を切ってしまった頃合い。
18031865.jpg
太田とうふ店到着
漬物さん「絶品」と評しておられた名物の竹とうふは午前中の内に早々売切れてしまったそうではあったけれど、幸いにして三角厚揚げや生湯葉、吟醸とうふといった商品がいくつか陳列されていたのでそのうちの一つであるパック入りの青ばたとうふを購入。
持ち帰り用に保冷剤がいるかどうかお店のお兄さんに問われたので食べていく旨伝えたところ、パックから紙皿に移し替えてくれて割り箸を添えてくれたのでしょうゆと塩をお借りして店の外にあるベンチでいただいた。
18031867.jpg
青ばたとうふ
「青ばた」というのは青大豆の一種で完熟しても緑色のまま。
いわゆる「枝豆とうふ」というものとほぼ同じ。
お醤油をかけていただくのも良いけれど、塩を振っていただくと枝豆の風味が立って甘みが感じられる。

すっかり堪能して帰路に。
14時を回った頃から気温が下がり始め、すっかり一桁台(Edge520読み)となってしまったので後はまっすぐ帰るのみ。
途中ちょっと予定コースからは外れてしまったものの、一週間前に走って使い勝手の良さを痛感した仙台南部道路の側道を利用して東進。
名取市内に入ってからはメンテナンスをお願いしたショップに立ち寄り早速タイヤレバーの調達と注文してあったディレイラーハンガーの引き取り。ついでにワイヤー伸び調整。

そこから宿舎までは数キロの距離。
時々通勤で自動車を運転して使う裏道をのんびり走って南下。
18031869.jpg
不思議な感じの雲
広がったいく筋かの飛行機雲と夕陽がなんとなく不思議な感じを醸し出していたけれど、画像にするとイマイチ感覚が伝わりそうにない。

そんなこんなで17時ちょい過ぎには無事宿舎に帰着。
18031870.jpg
165km・10.5時間のツーリング
スローパンクとタイヤレバー紛失という軽めのアクシデントがあったものの特に大きな問題もなく、今回は距離が長めということで日没後の帰着を想定してライト類の充電もばっちり済ませて挑んだにもかかわらず思った以上に快調なペースで明るい内に帰着できたし、一週間後の「しおかつお(達磨山)」に向けた準備は万端といったところ。

アクシデントは露払い。
決して呼び水なぞではない。

と、自らに言い聞かせてみる。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 タグ: ロードバイク  ロングライド    観光  閖上港朝市  海鮮大海  蔵の町並み  太田とうふ店 
2018Mar13Tue

【閖上→定義→奥秋保】たまには坂道も走らんと【一部にAJ宇都宮のコースあり】 

<実走行ログ:2018/03/11>

今回もまた妙なログの飛び方をしているのだけれど、宮城ってGPS受信を阻害する要因がなんかあったりするのだろうか?

前日に引き続き、二日連続の単独ゆるポタ in 宮城。
今回のテーマは定義如来西方寺参拝と定義とうふ(の三角揚げ)。
チコリンさんおすすめのモチーフではあったものの若干山の方なので残雪や路面の凍結が少々心配され、当初は車で行こうかとも思っていたけれど天気予報やTwitterでの情報収集の結果自転車で行っても問題無さそうと判断しての決行。
チコリンさんと言えばわたしが初めて宮城でゆるポタを敢行した際に閖上港朝市でいただいた焼き牡蠣やせり鍋の画像をTwitterにUPしたのを見て(ご本人の方がよほど罰当たりなものを召し上がっているように思うのですが。。。)”バチが当たる!”というリプライをお返し下さり、そのお蔭か松島からの復路では見事に猛烈な向かい風と砂埃、更に追い討ちで吹雪を食らってしまったといういわゆる「チコリンの呪い」というものがあったりする訳で。
「呪い」を食らった時と同様、閖上で朝ごはんをいただいてからのゆるポタになる今回の裏テーマは『西方寺にお参りして三種の御朱印をコンプリート、「チコリンの呪い」を「祝い」に転化する。』というものだったりします。


今回撮った画像の完全版()はこちら
 ⇒閖上港朝市経由定義如来西方寺と一部AJ鬱の宮


朝食は閖上でいただくので朝食抜きでスタートした分前日よりも一時間ほど早い。
18031101.jpg
7時丁度頃スタート
概ね普段の出勤と変わらない。

まず東に向かい、その後北上。
前日とは打って変わって朝から雲一つない好天。
そのため放射冷却がきつく、スタート時点では恐らく気温0℃前後。
18031102.jpg
放射冷却でかなり冷え込んでいた

途中eTrexの電池切れ対応なんぞをしつつ7時45分頃閖上港朝市会場に到着。
18031103.jpg
松島ライド以来となってしまった

まずはいつものお店で殻付き牡蠣を焼いていただく。
18031104.jpg 18031105.jpg 18031108.jpg
殻付き牡蠣、¥500-/6個

すっかり堪能し、お次は水餃子。
いつもは「餃子王」でいただくのだけれど今回は「豊華」というお店へ。
どちらも閖上の元祖を名乗っている。

18031110.jpg 18031112.jpg
こちらはサービスでカニ炒飯が付く

〆は定番(になった)のせり鍋で。
18031114.jpg 18031115.jpg 18031116.jpg
せり鍋(うどん入り)と味噌焼きおにぎり
朝市会場の北側のほんの狭い一角で完結してしまった。

焼き牡蠣:¥500-
水餃子:¥400-
せり鍋(うどん入り):¥500-
味噌焼きおにぎり:¥100-

しめて¥1,500-というのは金額から言えばなかなか豪勢な朝食である。
いや、中身もやっぱり豪勢なのだけれど。
お腹を満たしていざ定義を指してリスタート。

名取川右岸を遡上して仙台バイパスで左岸へ、仙台南部道路沿いを西進して東北自動車道仙台南ICの脇へ。
普段秋保温泉に行く際に車で通過するところに出くわして(そうかあ!ここに出るのかあ!)と内心感心したけれど、そもそもコースを引いた時点で気付けよそれくらい。
定義方面に向かうにはそのまま秋保を通り抜けても良いのだけれど、普段車で何度も行き来している道を使うのも芸がないと思って折立を回る迂回路を選んでみた。
茂庭を抜け仙台宮城IC脇からR48に入る。。。つもりがなぜか折立の住宅街に。
それでも(まあ、適当に走っておきゃR48に出るだろ。)くらいの軽い気持ちでeTrexの地図を参照しつつ進むとそこは行き止まり。

18031119.jpg
なん。。。だ。と。
いや、後から地図を確認すると惜しいところまでは行ってるのよ。
やはり朝っぱらからいただいた焼き牡蠣とせり鍋がよろしくなかったのであろうか。いやはや、侮りがたしはチコリンの呪いなりかな。
どうにかこうにか袋小路から脱出、本来のルートへ。

18031120.jpg
月山に向かって真っすぐ進む道

18031121.jpg 18031122t.jpg 18031123.jpg
JR仙山線 第二広瀬川橋梁
トレッスル橋(短スパンの末広がりの橋脚が橋桁を支える形式)としての水面からの高さは日本一らしい。

R48から逸れ、山の方へと向かう。
曲がり角にはこれでもか!!ってくらいでっかい標識が「定義如来参道入り口」を示しているので間違いようがない。
緩い登り坂をしばらく進むと大倉ダム。
日本で最初に造られたコンクリート二重アーチダムなのだそうである。
18031124.jpg
向かって右側の堤体にのみ導水路が設けられている

ダム下の公園で昭和歌謡のカラオケ曲を大音量でひたすら流している人がいたけれど、アレはなんなのだろう。

18031129.jpg 18031130.jpg
湖水は部分的に凍結

18031131.jpg
本堂の5kmくらい手前にあった

18031138.jpg 18031139.jpg
まだ雪が残るものの路面は完全にドライ

登りっぱなしかと思ったら緩い下り坂を進んだ先に定義如来西方寺があった。
18031142t.jpg 18031143.jpg 18031144t.jpg
五重塔

18031145.jpg 18031147.jpg
西方寺(新)本堂
特徴的な八角堂。

18031151.jpg
旧本堂である貞能堂

18031148t.jpg
山門(仁王門)

18031100.jpg
今回拝領した御朱印三種
これで「脱・チコリンの呪い」なるか。

お参りを済ませて今回の本当の目的地である定義の三角揚げをいただくために移動。
18031152.jpg 18031153.jpg
定義とうふ店で豆腐田楽と三角揚げ(¥260-)
三角揚げにはお醤油とニンニク七味をかけていただく。
揚げたてなのでほんのり暖かくて美味しい。

すっかり満足して復路へ。
今回は二週間後に迫ったAJ西東京主催のBRM324西東京200km西伊豆しおかつお(達磨山)対策も兼ね、このところ平地しか走っていなかったなまった体に喝を入れるという目的もあったので復路は坂道成分多め。

とはいえ激坂区間は無く、ゆるゆる登ってゆるゆる下るコース設定となったので昼下がりの日差しを浴びてのんびりポタポタ。気温は10℃に届かなかったものの風は弱く雲が少なかったので日差しが暖かく、体感的には気温そのものは若干高めだった前日よりもむしろ暖かくて走りやすい。空気そのものはひんやりしているので登りで暖まった身体がクールダウンできるのも良い。

18031157.jpg
交通量は極めて少なく走りやすい

しばらくのんびり進んだところで左手に「石臼挽き珈琲」の看板を見かけたのでコーヒーブレイク。
昼食が豆腐と油揚げだけだったので何か食べるものでもあれば遅めのランチにしても良いしとの考えもあって入店。
18031159.jpg 18031163t.jpg
石臼挽き珈琲「藁の家」
コーヒー二杯分の豆を客が自ら挽いて淹れてもらう。
穴に豆を落としてゴリゴリ。一度に落とす豆は5、6粒が基本、濃い味が好みなら豆を少なめにして細かく、薄目が好みなら豆を多目にして荒く挽くのだそうだ。

18031165.jpg 18031167.jpg
味噌ミートパスタとコーヒーのセット、スープも付く

常連客らしき人が一人いたけれど、客というよりご主人のお友達というかお仲間。
コーヒーを飲み終わってテラスに出ておもむろに管楽器を吹き始めた。
御主人の説明曰くディジュリドゥというアポリジニ(豪州先住民族)の楽器で、口で息を吐きながら鼻で吸う「循環呼吸」という技法を使って音を途切れさせずに鳴らすことができるのだとか。
独特のうねるような響きが耳に心地良い。

コーヒーをすすりながら軽く雑談。
こちらが建築を生業としていることがわかると建物の製作過程の写真を見せてくれた。
束ねた藁を心材に両面は近在の泥を塗った土壁で厚さは約50cmほど、まさに「藁の家」である。壁の素材の性質から断熱効果や調湿効果が高く夏も冬も快適だとか。柱や梁も近在で産出された杉材を使用しているとの事。7年前の震災で損傷してしまったものの修復して今に至っているのだそうである。
味噌ミートパスタに使用している味噌も近所で製造しているものなのだとか。コーヒー豆以外は地産地消。

まったりとした時間を過ごしてリスタート。
緩やかな坂道をえっちらおっちら進んで行くとひとりのサイクリストにパスされた。
朝、茂庭交差点の手前で見かけて以来二人目。この辺はまだまだオフシーズンかな。

しばらく走っていて猛烈に感じるデジャヴ的感覚。
四年弱前にAJ鬱の宮が主催した宇都宮発寒河江往復600kmブルベの際この付近を走ったはずだけれど果たして。。。
と思いつつ進んでいたら忘れもしないこの峠の標識が!
18031168.jpg
くぎぬき峠
ここはかつて、真っ暗闇の中数人の少年たちに出くわして思わず変な声が出そうになったあの道だったのか!
いや、だからコース引いた時点で気付けよと。

しばらく登って一旦下り。
18031169.jpg 18031170.jpg
釜房ダムと釜房湖
ダムの堤体自体はさほど大きなものでは無いけれど貯水池の面積がやたらと大きいところだった。

18031171.jpg 18031174.jpg
釜房湖の水没林
水没林にはロマンを感じるのよ、栃木の五十里湖とか痺れる。

釜房湖からひとこぶ越えて村田町へ。
18031176.jpg 18031177.jpg 18031180.jpg 18031181.jpg
白鳥神社
境内の参道を横切る藤の大木その姿からは「奥州の蛇藤」と呼ばれるそうですが、冬枯れの季節に見ても大した感動もない。
五月の満開時期に見に来たいものだけれどなあ。

という訳で、村田からもう一山越えて帰路に。
18031184t.jpg
途中で見かけた廃鳥居
石造りのなかなかしっかりした鳥居だけれど扁額が外された形跡があるのでどこかに遷座したのでしょうかね。
航空写真で見ても本殿らしきものは見当たらないし。

村田から岩沼に抜ける細い県道をえっちらおっちら。
以前逆方向を車で走ったことがあるので雰囲気は概ね把握できているけれど、道幅狭くてなかなか危なっかしい。
幅員拡張とトンネル掘削工事が行われているのであと数年したらこの道は廃道になるのだろうと思うと感慨深いので折角だからあと一回か二回くらい使いたいものである。
…と思ってざっくり調べてみたら、トンネル自体は今月末に完成予定ではないですか!

18031185.jpg
名無しの峠を越えて岩沼市へ
工事が完成してからも舗道工事等があるので即供用開始にはなりませんが、この名無しの峠道もそう遠くない将来通行できなくなるかも知れないのですねえ。

岩沼市の北辺をかすめて宿舎まで。
18031186.jpg
帰着は日のある17時過ぎ

やや薄暗くなって来たものの、一応は事前の計画通り明るい内に無事帰着。
復路も穏やかなることこの上ない道行きで、どうやらホントに「呪い」からは脱することができた感。
次はどっち方面に向けて走りましょうかね。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ピナレロ    観光  定義如来  西方寺  閖上港朝市  藁の家  石臼挽き珈琲  AJ宇都宮 
2018Mar12Mon

【ランチのデザートは】南を指してほっき飯ライド【安倍内閣総理大臣との遭遇】 

<走行ログ(eTrex20 Ver)2018/03/10.>


今回GarminのForeAthlete910XTでログ取りをしたのですが、ランで使用することが主だったので省エネモードの記録方式にしていたために事前に設定したコースを流し込んだeTrex20と走行距離の表示が約5kmほど違っていました。という訳で今回はeTrexの方のログを吸い上げてそちらを表示させてみたのですが、これはこれで63-70km付近でなんだか変な感じにログが乱れています。
910XTのログを確認してもほぼおんなじところでログがブレてしまっているのでどうもこの時間帯で衛星の位置がよろしくなかったようです。


例によって画像がやたらと多いので別置き。
走行中に撮ったあれこれ⇒相馬のたこ八でほっき飯


宮城に来てから自転車に乗ったのはまだ一度きりで、その時は閖上港朝市経由で松島に行ったので今回は南下してみようと思い、福島県相馬市でほっき飯を食べて来ようという計画に。

18031001t.jpg
スタートは8時ちょい過ぎ
予定距離は短めだったのでややのんびり。
早すぎると昼食タイミングから外れる心配があったけれど、蓋を開けば寄り道と迷子のお蔭でほぼほぼお昼時ぴったりの目的地到着だった。

18031002.jpg
交通量の少ない県道をのんびり南下

18031003t.jpg 18031004.jpg 18031005.jpg
阿武隈川沿いの川口神社

18031010.jpg 18031012.jpg
鳥の海

18031011.jpg
RWGPSでよく確認せずルートを引いたらダートだった
一応怪しいところはストリートビューで確認したつもりだったけれど、今回結構チェック漏れでダート区間が多かった。

海側の県道が使えるかどうか何度か試してみたけれど、やはりあちこち工事中で通行止めで、計画していた県道は通れなかったもののその一本西側の農業用と思しき道路が辛うじて通れそうだったのでそちらを走ってみたらヒドイダートだった。砂利道の水溜りなんか何があるかわからないから不用意に突っ込めないので片足を路肩に着きつつえっちらおっちら。

18031015.jpg
とにかく水溜りだらけのヒドイダート

18031016.jpg 18031017.jpg 18031024t.jpg
修復作業中の青巣稲荷神社

前方に見えた黄色いハンカチ(?)に惹かれて寄り道。
近くに慰霊碑があって20人ほどが集まって何やらやっていた。
18031026.jpg
高倉健も武田鉄矢もいない

18031027.jpg 18031029.jpg
旧中浜小学校
津波の圧倒的な破壊力をまざまざと感じさせる。
GoogleMapsで見ると内部の画像があったりするけれど、今は安全面から立ち入り禁止になっていて将来的に震災遺構として整備予定のようである。

ぬかるみでひどい目に遭ったとはいえそこそこ順調に進んでいたら、もう少し進んだところで相馬市との境界というところでこれ。
18031033.jpg
なん。。。だと。

迂回してダートに突っ込み、どうにか福島県に突入。
18031034.jpg
福島県である
ところがこの後再び道に迷って右往左往。
どうにかこうにかまともに通れる県道に辿り着けたときには心底ほっとした。

18031037.jpg
天然ガス井?
数年前、業務で某地の天然ガス井で作業をしたことがあるけれど、それよりも随分小振りな感じがするので違うのかも。相馬火力発電所の近くだけれど、GoogleMapsにはそれらしい記載が(まだ?)無いので謎の存在。

18031038.jpg
津波でひしゃげたままのガードレール

18031039.jpg 18031040.jpg
松川浦に到着、目的地はすぐそこ

松川浦北岸を西に進んでしばらく行ったところで今回の目的地である「たこ八」に到着。
時刻は正午ちょっと前。
お店の駐車場入り口付近や駐車場内で黒っぽいスーツ姿の人が何人か行ったり来たりしていて車両誘導めいたことをやっている。(法事かなんかあるのかな?)くらいに考えて駐車場を突っ切り、お店建物の外壁に自転車を立てかけ施錠しようとしたところでスーツの男性が近寄ってきて”申し訳ありませんが自転車をそちらの奥の方に停めていただけませんか?”との事。
いぶかしんでいたら”もうすぐこちらに総理が来るんです。警官大勢いるので盗難に遭う心配はまずないと思いますので。”と付け加えた。
なんという偶然。
まあ翌日が震災記念日なので前後日程で被災地の視察にまわったとしてもおかしくないのだけれど。

18031041.jpg
駐車場にはSP(私服警官?)がいっぱい

抗う理由もないので素直に聞き入れて建物脇に自転車を移動して入店。
既に何組かの待ちがあって、名簿に名前を記載して待機しようとしたら丁度カウンター席が空いていたので数組をスキップして席に通された。単独行動はこういう時に便利。

18031042t.jpg
店内にはタコのぬいぐるみがあちこち

18031043.jpg 18031044.jpg 18031045.jpg
ほっき飯定食(お刺身付き)
美味しゅうございました。

食べ終わってしばらく呆けていたら、窓の外に散らばった警備の方々の動きが一斉に慌ただしくなり総理が乗り込んでいると思しき黒塗り高級車と随行の人たちが乗っているであろう大型バスが駐車場に入って来た。

18031046.jpg
店の前で並んで待ち構えていたおばちゃんたちと談笑

18031047.jpg
距離2、3メートルくらい
多分少々無理すれば握手くらい可能だっただろうと思うけれどテンション高い地元民の方々が周囲にいたし、(よそ者がしゃしゃるのもなんかなあ。)という思いがあったので眺めただけでおしまい。
首相御一行は二階席の方へ移動して行ってお店入り口付近の混雑がはけたので会計を済ませてリスタート。駐車場には先ほど話しかけてきた方を含めて10人ほどが周囲を見渡しつつ待機していた。ごくろうさまです。

復路は内陸を北上する計画。
相馬から丸森、角田を抜け岩沼へ。

18031048t.jpg 18031050t.jpg
相馬中村神社に寄り道

18031051.jpg
残念ながら本殿が改修工事中だったので手前で引き返した

18031057.jpg
多少地面の出っ張り引っ込みがある

18031059.jpg
水没樹木(林)には心が惹かれる

18031060.jpg
福島-宮城の県境

18031061.jpg 18031062.jpg
大内熊野神社(丸森町)
なかなか静かな佇まいを見せる邨(村)社。
本殿向かって左側にも見えるけれど、境内にある数本の杉の大木は樹齢500~600年とも。
道路を挟んだ向かい側にある一軒宿の青葉温泉も雰囲気が良さげなのでいずれお邪魔してみたい。

あまりアップダウンを気にせず(内陸なんだからアップダウンもそこそこあるだろう。)との思いで引いたコースだったけれど丸森から岩沼まではずっと阿武隈川に沿って北上するので海側同様ほぼド平坦な道なのでした。

18031064.jpg 18031066t.jpg
丸森大橋
鋼製トラスとアーチが組み合わさった構造の橋。
最近よく見かける景観に配慮した色づかい。

やや北風が強く(=向かい風)体感温度は低めで10℃を下回っていた。。。っていうか電光表示で6℃を示しているところがあったから体感だけではなく実際にもそこそこ寒かったのだけれど。

小型飛行機のエンジン音が頭上で聞こえたので見上げてみたら、単発プロペラ機がグライダーを牽引しながら空を横切っていった。
18031067.jpg 18031068.jpg
気持ち良さそう

角田から岩沼に入り、ちょっと時間に余裕があったので金蛇水神社に寄り道。
18031069.jpg 18031070.jpg 18031071.jpg
思いの外参拝客がいたので映り込みしないタイミングを図るのが面倒だった

良く考えたら宿舎からここまで7、8kmという距離なのでLSDラントレで来ても良いんだよなあ。
ってなことを思いつつ宿舎に帰着。
18031072.jpg
15時過ぎに無事帰着

走行距離120km、累積標高800mちょいを約7.5時間。
終始北風が強めだったので往路は楽々、復路はちょいしんどく、終始肌寒さを感じたものののんびりゆるポタないち日となりました。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ピナレロ    観光  相馬  たこ八  安倍  内閣総理大臣 
2018Feb24Sat

【グンマー国で】近藤沼と多々良沼【水辺の散策】 

昨年後半から今年2月にかけて、断続的に業務都合でグンマー国に行ったり来たり。
特に年が明けてからは宮城から車での移動になってしまったのでなかなかしんどかったのですが、そのグンマー国での業務がひとまず完了いたしました。

当分こちらには訪問する必要が無くなってしまうので名残を惜しみ(?)ちょっと周辺を散策。
若干早めに昼食にありつけたので、車で10分ほど移動したところにある近藤沼に行ってみました。
地図で見るとほぼキレイな長方形をしていて一瞬人工のため池の類かと思ったりしますが近藤沼公園を紹介するWebサイトを見る限り、湿地帯を土地改良して沼を整形したといった感じ。

そんな近藤沼を一周のんびりてくてく。

<散策ログ>

北側中央にある駐車スペースに車を停めてのんびり散策開始。

18022101.jpg
放流も行っているらしいし遊漁料は必要だよね
この金額自体に対しては何とも言えないのですが、概ねこんなもんなの?

18022102t.jpg 18022103t.jpg
釣り用桟橋
釣りをしている方々は目にした限り全員鑑札持ち(=年会費払込済み)だった。
何を釣っているのかイマイチわからなかったのでざっくり見て回ったけれど、当初想像していたヘラブナ釣りではなさそう。
ほぼみんな、使っている浮が丸浮だったし、何人かのバケツにはワカサギらしき魚がいた。
っていうか、わたしのヘラブナ釣りに関しての基礎知識って2、30年前くらいでストップしている(=亡父の趣味、自分はさっぱり)けれど、今でもやたらと長い浮きを使っているのかな?あれ(やたらと長い浮き)がないとヘラブナ釣りではないって短絡的に判断している。
父は生前クジャクの羽根で作られたものだというやたらと長い浮を幼いわたしに見せては自慢したものだったけれど、何がどう凄いのか全く理解できていなかったわたしなのであった。
お父さん、ごめんなさい。

まあそんなこんなを思い出しつつてくてく歩く。

18022104t.jpg
中沼東岸から

18022105t.jpg
あちこちで根元付近に青いネットを被せられた樹を見かけたけれどこういう訳か

18022106t.jpg
中沼東南端付近

18022107t.jpg
小さなお社
扁額もなく、解説もないので名も縁起も不明。

18022108t.jpg
東沼南西端から
勝手な印象、東沼:陰・中沼:陽・西沼:お味噌

18022109t.jpg
東沼東端付近

18022110t.jpg
釣り用スポットにて
近藤沼は桟橋が整備されているほかあちこちにこうして約1メートル四方の釣り用スポットが設けられている…っていうか、鴨のつがいの絶妙な距離感がなかなか笑えるというか笑えないというか。

18022111t.jpg
着水直前

小一時間のんびりして業務に復帰。


業務「復帰後、サクサクとやるべきことが片付いて、残すは宮城に向けての移動だけ担ったのでお馴染み多々良沼周囲を回って走り納めをすることに。

18022112.jpg 18022113t.jpg 18022114t.jpg
前回よりも随分白鳥の数が減った
かなりの数が水面をたゆたわずに脚で立っていたりして優雅さがスポイルされた感あり。

普段(?)走りの時は多々良沼の岸をぐるっと回るだけだったけれど、少々時間に余裕があったので遊歩道を行けるところまで行ってみることに。
18022115t.jpg
明るい時間帯なのでトレイルっぽい遊歩道へ

18022116t.jpg
彫刻(オブジェ)が小径沿いに配置されている

木立の中の小径を突き当たりまで進むとその先は東武伊勢崎線多々良駅になっていたので折り返し。
同じ道を引き返すのも芸がないので北に進路を逸らして群馬県立館林美術館方面へ。

18022117t.jpg
18022118.jpg 18022119t.jpg
18022120t.jpg 18022121.jpg
群馬県立館林美術館
外側から様子をうかがう限り落ち着いた雰囲気でのんびり過ごせそう。

多々良川沿いを遡上して多々良沼へ。
18022122.jpg
釣り桟橋

多々良川への流れ出し部から左回りに車を停めている方へ。
途中、観光客がそこそこ集まっていたので様子見がてらガバ沼に寄ってみた。
18022123t.jpg 18022124.jpg 18022125t.jpg
人馴れした大量の鴨に少々たじろぐ

南西の角にある駐車場に停めた車に戻って水分補給。
時間にはまだ若干の余裕があったので今度は多々良沼を逆回りの時計回りに一周して終了することに。

18022126t.jpg
優雅に飛び立つシラサギ

再びガバ沼に差し掛かると岸辺の方で係の人(?)が餌やりをしていて丁度終わったところ。
その人がこちらの方に戻って来たら水辺から鴨がぞろぞろ移動してきた。
18022127t.jpg
胸に白い羽毛が生えているので白く見えるものは真っ直ぐこちらに向かってきている
ちょっと前に見かけたときは妙に人馴れしていると思ったけれど、餌付けされていたのだと得心。

今度は美術館まで足を延ばさず多々良沼周回で終了。
18022128t.jpg
夕陽の小径から

まだ明るい内に多々良沼を出発し、館林ICから東北自動車道を北上。
今回は仙台南ICを利用したので帰りにそのまま秋保温泉に寄り道し、共同浴場で湯に浸かってまったり。

なかなか充実した一日を過ごしたのでありました。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: トレーニング全般

ジャンル: 趣味・実用

タグ: 近藤沼  多々良沼  館林美術館  トレーニング  白鳥   
2018Feb20Tue

【ひとまず】第52回青梅マラソン【計画通り】 

<走行ログ:2018/02/18>



何故か昨年はDNSしたと思い込んでいたのにしっかりと記録があって、いよいよボケが深刻化しつつあるのかと若干の心配をしつつのエントリ作成。

昨年の記録は⇒こちら

昨年に引き続いて第52回青梅マラソンに参加して参りました。
今年は年明け早々に業務都合で宮城に来てしまったお蔭でなかなかラントレが出来ず、ここのところはもっぱら終業後に某市営プールのトレーニング室に設置されているトレッドミルを踏む日々。
公的なトレーニング室なので利用にそこそこ制約があり、6台あるマシンの内勾配調整が出来て最高速度18KPHまで出るものが2台あって連続利用可能時間が30分と45分。残る4台は最高速度10KPHまでで二台は利用制限時間30分、残る二台が45分と60分という設定。
当然ながら使いたいマシンが必ず空いている訳でもないのでなかなか面倒。

屋内でのトレッドミルがメインとはいえこの一ヶ月でフロストバイト本番を含めて約100kmほどの走り込みをしてそこそこ走れる感じにはなって来たけれど、館山わかしおマラソンの出場を回避してしまったのでフロストバイトの21kmが一発で走った今年の最長距離というのは半月後に迫った5回目のエントリーとなる小江戸大江戸200Kに向けて、昨年は環七ナイトランとか山手線3/4周回とかやったことを考えると非常に心細かったのでスケジュールをやり繰りしてどうにか出場する運びとなりました。

土曜日は普通に仕事をして…というつもりだったけれど、山形から来ていた作業員さんたちが地元での大雪情報を受け早めに引き上げることになったためわたし自身も早めに切り上げられることとなり、予約していた新幹線発車時刻の100分ほど前に仙台駅に到着し、便を繰り上げるか仙台駅ビル内で軽く引っ掛けるか少々考えた後駅ビル内のお寿司屋さんで軽く引っ掛けてから予定通りの便に乗り込むことに決定。

スタートは生牡蠣から。
18021701.jpg
志津川、女川、成瀬、産地の異なる宮城県産生牡蠣食べ比べ

18021702t.jpg
地魚(サバ)の刺身

生ビールから始めて日本酒へ移行。
一ノ蔵とか墨廼江とか。

18021703t.jpg
墨廼江うめー

18021704t.jpg
海のぱいなぽー、ホヤのお刺身

あっという間に時間が経ってしまったので最後に握りを注文して〆。
18021705.jpg
アブラボウズの握りを二貫
食べ過ぎるととんでもないことになると評判のアレである。

少々時間に余裕があったので新幹線改札を抜けた先で車内でいただくものを物色していたら素敵な自販機(?)を発見。
18021706t.jpg
一杯(0.7合程度)¥300-
売店で専用コインを買い求めなければならないので「自販機」とはちょっと違うか。
仙台駅限定販売銘柄の仙臺驛政宗をいただいた。

18021708t.jpg 18021707t.jpg
新幹線車内では浦霞と牛タン弁当

すっかりいい気分になってうとうとしていたら東京に到着。
常磐線(上野東京ライン)で品川まで移動したところで時刻は21時過ぎ。
小腹が減ったので京急線品川駅下り線ホームにある立ちそば店えきめんやに立ち寄りいち日の〆におそばをいただく。
18021709t.jpg
紅ショウガ天そば(関西風汁)ネギ増し
えきめんやは関東風、関西風の二種の汁が選べるのが嬉しい。紅ショウガ天には関西風の汁の方が相性が良いというのが常々主張している持論である。

そんなこんなで無事22時頃には自宅に帰着。
今回出張先にバリカンを携行し忘れてしまったので二週間くらいほったらかしで伸び放題だった髪を刈る。
何せ明日はかん8親分に会うのである。身だしなみを整えるのは基本中の基本。
”髪伸ばしたら遊んであげない!”
数年前の奥多摩合宿の際、酔っぱらった親分が口にしたこのセリフを、万が一、たとえ発したご本人がお忘れになってしまったとしてもオレは一生忘れない。(キリッ!
18021801t.jpg
ひと刈り行ったところ。やっぱり結構伸びてた
さっぱりした後は久し振りに黒湯温泉でまったりすべく自宅最寄りの銭湯、照の湯さんへお邪魔してすっかり満ち足りて帰宅し、久し振りに自宅の布団に潜り込んで熟睡。


当初は小金井の面々が乗る予定にしていた中央線⇒青梅線と同じ車両に乗り込む気満々で自宅を6時ちょっと前に出発する予定だったもののまんまと二度寝をぶちかましてしまって一時間近く遅くなってからの出発。
まあ、それでも充分過ぎるくらい時間に余裕はあるのだけれど。

18021802t.jpg
六郷土手駅下り線ホームから

六郷土手⇒(京急線)⇒京急川崎→(徒歩)→JR川崎⇒(JR南武線)⇒立川⇒(JR青梅線)⇒河辺 という経路で移動。
河辺駅からスタート受付の河辺小学校までてくてく。
18021803t.jpg 180218042t.jpg
一年振りの河辺駅&スタート受付

小金井チームの面々が待機している市民体育館に移動。
フロストバイトに続き朝一番乗りで場所取りをしてくれていたきだっちのお蔭で市民体育館の一角でぬくぬくと時間を潰せる。本当に深く深く感謝。

180218032t.jpg
場所取りしてくれたきだっち、感謝してもしきれない

二時間半ほど待ち時間があるのでのんびりダラダラ。
18021804t.jpg
Kindleで「ゆるキャン△」を読んでいるところ
アニメ版は一話だけ観たけれどその後宮城に移動してしまったので観られずじまい。まあ配信で観ればいいだけなのだけれど多分円盤買う(笑)

18021805t.jpg
見知らぬ、天井(青梅市民体育館)

18021806.jpg
スタート前に小金井メンバーで記念撮影

18021807t.jpg
ゼッケン番号(自己申告走破タイム)毎にスタート位置へ

2018/02/18/11:30、定刻通りに号砲が鳴らされてスタート。
18021808t.jpg
スタート地点通過まで約7、800m、5、6分ほど

今回は小江戸大江戸に向けた調整がメインで「最初から最後までLSDペースで余力を残した走行をする」ということが目標というか目的だったのでペースを上げ過ぎないよう、下げ過ぎないようコントロールして基本的に6分/kmでネット3時間以内が目標。
とにかく今年は走り込み量が不足しているのでペースコントロールが非常に重要になる。
ただこのペースは一番混み合う集団なんだよねえ。
折り返して半ばほどを過ぎるまではかなりストレスの溜まる時間を過ごす羽目に。
それでも沿道にいたボラスタッフのペケポン、さおりん夫妻や応援に立ってくれていたささねーとも言葉を交わせたので気持ちは軽く。
相変わらず沿道の応援が嬉しいコースを満喫して最後はちょっとネット3時間切りが厳しそうだったので帳尻合わせにペースアップしてゴール。

18021809t.jpg
ゴールゲート、お疲れ様でした

18021800.jpg
タイム推移
スタートから25km地点までは概ねきっちり6分/kmペースを堅持してラスト5kmだけ帳尻合わせ的にペースアップ。
走り切ってからも脚に余力が充分残っていたし、当初の計画通りに走れたのでひとまず満足。

大会終了して立川に移動、駅前の居酒屋で打ち上げ。
散々呑んで食べて笑って盛り上がって二次会に行きたさ満々だったものの新幹線の時刻が迫っていたので(存在していない)後ろ髪を引かれる思いで電車に乗り込み中央線⇒新幹線⇒仙台空港アクセス線と乗り継いで宿舎に帰着。

打ち上げで腹いっぱいになった割には帰りの東京駅構内で見かけてついつい購入してしまい、新幹線車内でお弁当をいただいてしまったけれど、今年最長距離の30kmを走った後なんだから仕方ない。
※「仕方ない教」の教義に則った。
18021810.jpg
こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当


二週間後の小江戸大江戸200Kに向けて、不安しかないけれどひとまずちょっと明るい材料かなあ、と。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ラン

ジャンル: 日記

タグ: 第52回青梅マラソン  マラソン  小金井トライアスロンチーム   
2018Feb12Mon

【ゆるポタが】閖上・塩釜・松島 観光&グルメなポタ【砂嵐と吹雪の修行ステージへ】 

<実走行ログ:2018/02/11>



プラグインで右側のフレーム内にツィートを表示させているので気にかけて下さる訪問者の方がいらっしゃるとも思えませんが、一応オトナなのでご挨拶をば。
しばらく更新が滞っていたりしますがわたしは元気です

先述の通りツィをLinkしてあるので既にご承知の方ばかりだとは思いますが、業務の都合でワタクシ年明け早々から宮城県に滞在しております。
当然自転車も携行して来ているのですが、全国的に大雪が降った時以降なかなかどうして日陰の雪がしぶとく残っていたりした事情からまったく屋外を走ることあたわず、さりとて屋内でローラーを回そうにも今回の出張に伴う宿舎はかの噂に名高きレ○パレスです。
隣室との界壁にいったい何を使っているのかというくらいに遮音性能が紙っぺら並みの室内で三本ローラーを回したらいったいどんなことになるか。
そんな訳で鎌倉300を走り切ってからはほとんど自転車に乗らない生活を送っていたのでした。
鎌倉300の開催が1月13日だったのでほぼ一か月間丸々自転車に乗って無いことになります。
乗っていない間何をしていたかと言えば車で寺社巡りをしてみたりスキーに興じてみたり。この辺は気が向いたらエントリとしてまとめるかもしれません。

そんな状況だったのですが、元々降雪量自体はそれほど多くない地域だという事に加えてここ数日温暖な日が続いたので平野部の路上の氷雪はほぼ姿を消した状態になったため
折角持ち込んでいるのだから自転車を走らせてあげよう!
ということで宮城における自転車初めの儀を執り行うことにいたしました。
先述の通り車であちこち移動しているのでそこそこコンディションは把握済み、さすがに山の方は路面状況に若干不安が残るので基本的に海側のどフラットなエリア。
丁度閖上港朝市が日曜、祝祭日開催なので朝市で朝食をいただいた後松島まで走って帰ってこようという計画。
宿舎から松島までは寄り道せずにまっすぐ走れば40km弱しかないということに最近になってようやく気が付いたのでこの計画を立ててみました。
まあ、そんな訳で『閖上港朝市で朝ごはんを食べて松島海岸に行って戻る、道中寄り道は適宜』というゆるポタにするつもり(←ココ重要)だった走行中の記録を以下。

※今回初めて走るところばかりだったので相変わらずアホほど撮影しておりまして。
このエントリに使わなかったものも含めて画像はこちらにひとまとめにしてあります。

 ⇒閖上→塩釜 市場はしごライド2018/02/11


18021101.jpg
宿舎近傍にて
時刻は7時を少し回ったところ。
通常業務の際に宿舎を出発する時刻よりも若干早め。

今回コースをeTrexに読み込ませることはせず、大まかなコースを事前に地図で確認しておいて後はeTrevの画面に表示されているマップを眺めつつ行き当たりばったりという計画。
※今回eTrex用のUSBケーブルを忘れてしまったので地図を転送できない事情があることはあくまでも別問題。なんならSDカードを使えば良いだけの話なので。

18021102.jpg
仙台空港へ向かう道

仙台空港の滑走路を潜り抜けるトンネルを通過してしばらく経ったところで今回ドリンクボトルを携行し忘れてしまったことに思い至ったけれど、気温はさほど上がらない予報だったので取り敢えずスルー。
18021103.jpg
ケージにボトルがない
出発間際まで忘れないよう気にかけていたのに。。。

そんなこんながあったものの、約30分強で閖上港朝市に到着。
この朝市には以前一度来ていて、どこにどんなものがあるのかは概ね把握できているので事前にあれこれと検討した結果、まずは水餃子でスタート。

<閖上港朝市(日曜、祝祭日開催)>

18021104.jpg
広浦はベタ凪状態

18021105.jpg
水餃子(8個)とサービスのジャスミン茶ゆで卵&キムチ(¥400-)

次に前回訪問した際にもいただいたお店で牡蠣をいただきます。
大ぶりな殻付き牡蠣が四個で¥500-、お願いすれば店先で焼いてくれます。
このお店は牡蠣とあま貝、クルマエビなどを販売していましたが、他のお店で別のものを購入して一緒に焼きたいという人は誰でも自由に利用できる焼き台の方に移動するシステム。
殻から直接食べれば良いので購入しなくてもあまり困るものではないけれど、割り箸とトレーは別売で¥10-
18021106.jpg 18021107.jpg
店先の炭火で焼き上がりを待ちます

18021108.jpg
お店の方が剥き身をトレーに移してくれました
この後カットレモンを添えて。

水餃子と牡蠣が今回の一番の目的だったので後は前回訪問時に頂けなかったものを探して場内をうろうろ。
18021109.jpg 18021110.jpg
サービスのわかめスープ
非常に美味しかったので次回訪問時にはお土産で購入できるよう考えたい。
某一発屋芸人ネタには触れずにおくのが優しさというものです、ええ。

味噌の焼けた香ばしい匂いに誘われて、味噌焼きおにぎりを。
18021111.jpg 18021112.jpg
味噌焼きおにぎり¥100-/個
店頭で試食用に供されている瓶詰の鮭のほぐし身とか青のりの佃煮とかを自由にトッピングできる。

そろそろお腹も満ちたのでリスタートしようかと思ったものの、前回訪問時は行列が長かったので諦めたセリ鍋をいただくことに。
18021113.jpg
今回もそこそこ並んでいたけれど回転は早い

18021114.jpg 18021115.jpg
セリ鍋うどん¥500-(うどんなしは¥300-)
地元産のセリを使い、新たな名物として売り出すべく自治体と農家が力を入れている。
根から葉先まで丸々使ったセリ鍋は歯ごたえも良く香りも良くて美味しい。


やや食べ過ぎ気味でリスタート。
ここから先は特に予定コースを設定していないので、海沿いをのんびり松島海岸を指してポタポタ、松島で昼食を摂って折り返そうという腹積もり。

<震災遺構「仙台市立荒浜小学校」>
18021117.jpg 18021119.jpg 18021122.jpg
二階バルコニーを破壊して津波が押し寄せた
9時過ぎにまだ施錠された状態の外観を眺めていたら丁度係の方が到着したところで”9時55分には開場になりますから!”と声を掛けてくれた。内部を見学したのは砂塵からの緊急避難も兼ねて復路にて。

さすがに50分も待機していられないので先に進む。
取り敢えず深沼海水浴場防波堤から太平洋を眺めてみようと寄ってみたものの、階段下に砂が堆積していたので断念して引き返す。
18021126.jpg
手前はそこそこしっかりしたダートだった
防波堤付近は若干締固めが甘い感じの緩いダート路面で(こういうところはタイヤが潜ってコントロール効かなくなること多いよなあ。。。)なんてなことを思った次の瞬間、ドテッと立ちゴケ的な転倒をやらかした。
18021127.jpg
生傷の堪えないオトナである
18021128.jpg
近くにあった海岸公園センターハウスのトイレを借りて血を拭ったりのケア
左のひざ下を擦りむいた以外、ウェア類には汚れが付着したのみ、自転車にもダメージが無かったので気を取り直してリスタート。まあすり傷なら唾つけときゃ治る。

18021129.jpg 18021131.jpg
仙台新港サーフポイント
知らずに行ったらサーファーが大勢いてちょっと驚いた。

18021132.jpg
東北モーターショー@夢メッセみやぎ
入り口の交差点が大渋滞していてクラクションが響き渡るちょっとした修羅場。
右折車両が対向の直進レーンを塞いでしまって青信号でも全く動かなかったりしていた。

18021133.jpg
七ヶ浜町菖蒲田浜漁港

18021134.jpg
菖蒲田浜海水浴場防波堤
青い空青い海、白い雲白い波、白い防波堤。
気分の良いポタリング。

18021135.jpg
菖蒲田浜もサーファーが多かった

18021136.jpg
途中何組かの集団に遭遇
おひとりベルエキップのジャケットを着ていらしたので今は既に東京勤務になって宮城にはいらっしゃらないYO-TAさんの事を思い出してみたり。
ガチ勢、ゆるふわ勢がいたけれど、一ヶ月ぶりに乗る自転車でガチ勢に付いて行くのは無理だった(っていうかそもそも普段だって無理)

<松島四大観の一、「美観」の多門山
18021144.jpg 18021145.jpg
18021151.jpg 18021152.jpg 18021153.jpg
毘沙門堂裏からの眺め。確かに「美観」

漠然とした予定では松島まで到達した時点でお昼時だろうと思っていたものの、多門山から引き上げようとしたところで地域防災放送が正午を告げるメロディーを流し始めたのでしばし思案の後塩釜で昼食をいただいてから松島まで足を延ばし、折り返すことに。

18021154.jpg
塩釜仲卸市場
場内を巡って好みのおかずを入手してご飯とみそ汁のセット¥300-といただく手もあったけれど、若干時刻が遅かったので市場食堂で海鮮丼をいただくことに。

18021155.jpg
塩竃市場食堂「只野」
18021156.jpg 18021157.jpg
塩竃海鮮丼¥1,900-
海鮮丼、香の物、ざばさ(海藻)とろろ、味噌汁がセットになったもの。
¥400-プラスで味噌汁を塩竃汁に変更。
18021158.jpg
いわしつみれ、たら切り身の入った塩竃汁

お店の前で順番待ちをしていたら、同じく順番待ちをしていた一人に声を掛けられた。
”佐々木某さんってご存知ですか?”
はて?
宮城には基本的に自転車関連のお知り合いしかいないけれど、本名が「佐々木」という方がいたかどうか。。。
色々と思いを巡らせていたところ、どうやらわたしがウィンブレジャケットの下に着込んでいたPedalFar!のジレのロゴが質問してこられた方が営む自転車ショップで作っているジャージに似ていたということらしい。
ジャケットを脱いで直接見せたら”ああ、似てるけど違いました。”とのこと。
塩竃のショップではお邪魔するにはちょっと遠いな。。。

お腹を満たして今回の目的地である松島に向かう。

18021159t.jpg 18021160.jpg
何年振りかなあ?

福浦島まで足を延ばそうかと思ったけれど、時刻は14時近く。
天気予報では夕方から夜にかけて雪になるという事だったのでなるべく早めに帰りたいと考え、雄島に渡ってぐるっと一回りして引き返すことに。
18021169.jpg 18021171.jpg 18021180.jpg
18021181.jpg 18021183.jpg 18021184.jpg
渡月橋を渡って雄島をぐるっと一回り

復路は無駄のないコースで進めば40kmに満たない距離しかない。
意外と(?)近いところにあるものである。

18021185.jpg
往路では左方向に進んでサーフスポットまで行った
午前中は若干雨がぱらついたりしてすっきりしない空模様だったものの、正午過ぎ頃から雲はすっかり切れて日差しが暖かく感じられるようになったのと引き換えに風が強く吹き始めたので体感温度は大差ない感じ。

仙台パイパスは交通量が多過ぎて危なっかしいので復路も往路同様海側の県道10号線を進むことに。
ところが風が強くてふらついてしまって却って危険。
特に大型トラックに追い越されるときは車両が風よけになるので追い越された瞬間に突風を食らって非常に危うい。
更にはこの区間は震災被害復興作業中で基本的にずっと更地が続くので風に煽られて砂埃が舞い上がっていた。
18021186.jpg 18021188.jpg
遠くが砂埃で霞んで見えて、近寄ったら視界不良なくらいの砂塵
これを撮影している際、自転車にまたがった状態で停止していたら風に煽られてバランスを崩し、危ういところで本日二度目の立ちゴケをやらかしそうになったくらい風が強かった。
風に飛ばされてくる砂粒が顔や脚に当たって痛いし不用意に口を開けば口の中がシャリシャリするし。

18021190.jpg
吹き流しが大暴れ
風速は10m/s(吹き流しが水平で概ね風速10m/s)を優に超え、瞬間ではおそらく20m/s前後はあったはず。台風並みなのでまるで砂嵐のような砂塵も頷けるところ。

更地区間を抜け、ようやく人家や田畑が増えて来たところで今度はいきなり気温が下がり始めて空がにわかに掻き曇って来た。進行方向右側の山地の方向に目を向けると白く霞んで見えたので明らかに雪が降っていて、しかも風は山からこちらに向けて吹いている。(イヤだな、イヤだなあ~。)と、稲川潤二ちっくに思いながら走っていたら案の定。
いきなり目の前を大粒の雪が飛び交い始めた。
18021191.jpg
いきなりの吹雪
ついさっき、ほんの一、二時間前は風が強いながらも快晴だったのに。。。

さすがに肌むき出しの顔面と脚に痛みに似た冷たさを感じつつ、それでも(あと10kmくらいだから!)と自らを鼓舞しての走行の後宿舎に帰着。
距離も累積標高も所要時間も食べ歩いたモノも、あらゆる要素がゆるふわライドだったというのに気象コンディションだけがハードな修行モードだったというある意味バランスの取れたライドが終了したのでありました。


宿舎に帰着して着替えやらなんやらを済ませ、しばしだらけてから秋保温泉に移動。
18021192.jpg
秋保温泉共同浴場(入浴料¥300-)で身体のケア
ゆっくり暖まってかなり回復。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ピナレロ    観光  閖上港朝市  塩釜港  仲卸市場  市場食堂  松島 
2018Jan23Tue

【予想以上に】第37回フロストバイトロードレース(ハーフマラソン)【キツかった】 

関連(?)エントリ
BRM113神奈川300鎌倉-1
BRM113神奈川300鎌倉-2




前夜(っていうか当日未明だけど)縁石に接触してサイドカットを食らい、タクシーで帰宅したので想定よりも早めに帰宅できたので怪我の功名とばかりに布団に潜り込んで仮眠。
見事に予定より一時間以上寝過ごしてしまって慌てて自宅を出発。
まあ、スタート時刻には充分間に合うのだけれど、あまり遅く行くと仲間との合流に手間取ったりするし。

18011401t.jpg
9時過ぎには大会会場の横田基地に到着
※レース自体は11時スタート。

受付を済ませ、参加賞のトレーナーを受け取る。
18011402t.jpg
今年は赤
これでフロストバイトの赤いトレーナーが柄違いで二枚になった。

18011403t.jpg 18011404t.jpg
ゴールゲートとスタートゲート
基地内に入ってすぐゴールゲートがあり、その先にスタートゲートがあった。
(なんでこんなところにあるんだろ?)
大会開催要項なんぞ一切目を通していなかったわたしは仲間と合流して初めて今年は基地内工事のためにコースが変わったことを知った。まあそんなもんよね。

ここ数年、早朝一番乗りで入場してくれるきだっちが確保してくれるので毎年体育館内の一角を小金井チームでばみっていたのだけれど、今年はその体育館が取り壊されてしまっていたので近くのベンチ&テーブルを確保していたのでそちらに無事合流。

着替えをしたり皆のコスプレ状況を眺めたり記念撮影したり…とあれこれやっていたらすぐスタート時刻間際になったのでスタート地点に移動。

18011405t.jpg
取り敢えず近場にいたメンバーで記念撮影
きだっちとかヤマピーはコスプレのクセに(?)超速いので前の方に行ってた。

18011406t.jpg 18011407t.jpg
スタート待ち

11時丁度に号砲が鳴ったものの、今年はコース巾が狭くてなかなか進まない。
18011408t.jpg
ゲートを潜ったのは号砲から5分近くが経過してから

コース巾が狭く、スタートゲートを過ぎてからもなお結構な渋滞が続く。
ペースは6分半/kmくらい。
このくらいなら周りの仲間とあれこれ会話しつつでもどうにか行けそうな感じで軽く考えていたら4kmほどで既に脚が売切れてしまった状態になりヘロヘロ。
ペースが落ちれば当然のことながら時間当たりで進む距離が短くなるので長い時間苦しんでも距離が伸びないという非常にメンタルにダメージを食らうことになる。
18011409t.jpg
まだ1/3しか走れていないことに絶望

すっかりヘロヘロ走っていたところに一人のランナーが視界に入って来た。
18011410t.jpg
コスプレだけじゃないよね、こういう人も多い

この辺で心が折れてしまいちょっと走ってちょっと歩いて景色を撮って。

18011411t.jpg 18011412t.jpg
一周目 / 二周目

18011413t.jpg 18011414.jpg
一周目 / 二周目

18011415t.jpg 18011416t.jpg
一周目 / 二周目

18011421t.jpg
二周回目に入ってすぐのエイドでオレンジ
毎年美味しいけど今年のはものっそ甘くて美味しかった。

18011417t.jpg
最後の最後の折り返し
最後の5kmくらいはホントに脚が売切れてしまっていて気持ちは前に進むのに腰から下がまったくついて来てくれないもどかしさを感じ。
(あれ?この感覚ってどこかで…?)
記憶をたどれば小江戸大江戸200Kフットレースの羽根倉橋ASからゴールの川越蓮馨寺に向かう時とおんなじ感覚ではないですか。
ハーフマラソンで200kmのウルトラマラソン気分を味わえるなんてなんてお得なのでしょう!(死)
脚が売切れてしまってからも進まなければならないシチュエーションの予行演習だったと思えば。
自業自得とはいえ200ならともかく300kmのブルベ(+自走で50kmほど)翌日のハーフマラソン大会出場は自分の練習不足に対する認識不足と体力に対しての判断ミスでかなり厳しいものとなりました。

18011418t.jpg
毎年応援してくれる和太鼓のチーム

ゴール手前で打ち上げに向かう仲間の第一陣とスライドしたりしつつ
18011419t.jpg
小金井チーム最遅タイムでゴール

2011年:1時間46分
2012年:1時間46分
2013年:1時間49分
2014年:1時間49分
2015年:1時間49分
2016年:2時間08分
2017年:1時間48分
2018年:2時間54分←New!

一番遅かった一昨年よりもまだ46分も遅く、例年より一時間遅い。
残念でもなく当然。

18011420.jpg
今年も小金井の面々はコスプレに力が入りました(笑)
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ラン

ジャンル: 日記

タグ: マラソン  ハーフマラソン  フロストバイト  小金井トライアスロンチーム 
2018Jan20Sat

【新年早々】BRM113神奈川300鎌倉(2018)-2【締めくくりはトラブルで】 

BRM113神奈川300鎌倉-1より続く


PC2をリスタートしたものの
昼食をどうするか
頭の中にはそれだけがぐるぐる回っていた。

いくつか候補を考える。このペースならお昼時に下田に到達するのも無理ではないのでいっそ一(はじめ)に行ってしまおうかとも考えたけれどさすがに新年最初の伊豆なのだから海の幸がいただきたい。
ということで片瀬白田の一心にお邪魔することに。
このタイミングならまだ店は混雑していないだろう。

18011336.jpg
東伊豆の海岸をのんびり走る

11時丁度頃一心に到着。
18011337.jpg 18011338.jpg
”こっちに自転車置けるよ!”と大将に声を掛けられた
幸いなことに暖簾が出ている。
先客は地元のおじさん衆四人。
コース料理のようで、石板で魚介類を焼きつつお酒を飲んでがやがやとあれこれ話に興じている。
ものっそ羨ましい。
こちらはさすがにお酒を頂くわけにもいかないのでどれを頼もうか少々悩んだ後、一日限定10食のおやじスペシャルをいただくことに。
何度も言うが「特別」だの「限定」だのにからきし弱い俗物である。
18011339.jpg 18011340.jpg
地魚の刺身、カマ塩焼き、フライがセットになったおやじスペシャル

カウンター席の隅っこに陣取って注文して待つことしばし。
カウンターの向こう側では大将が刺身の盛り付けをしていた。
四人前なのでテーブル席でメーター上げているおじさんたちのもの、わたしの分に取り掛かるのはもう少し後になってからと思われる。
ここはそういうお店なので時間に余裕があるときにしか入らないし入れない。
そんなこんなでしばらく呆けていたらひとりのランドヌールが。
”自転車が見えたのでつられて入っちゃいました。”と語っていたが、果たしてここで結構待たされるのを理解しているのだろうか?
というかジャージ姿だったのでまったく気付かなかったがこの方、以前いーちょねーさんのお店、HANABIでお会いした事のあるHYSさんだった。
翌々日の月曜の晩、そのHANABIで出くわして知ったのであるが、そういうことならしっかり名乗って欲しいものである。
スーツ姿しか見たことないから全然わからんかった。

調理の都合から彼が注文した海の幸丼が先に供された。
こちらは刺身、塩焼、フライのセットなので時間がかかるであろうことは想定内なのでのんびり待つ。
そのために早めの時刻に入店したのだし。

すると、HYSさんの知り合いらしき女性が入店。
開口一番”制限時間があるので早くできるものが良いです、何が早いですか?”とひと言。
その後大将や奥さんとあれこれ遣り取りして結局海の幸丼になったみたいだけれど、話の流れで大将から
”お客さん(=わたしのこと)!遅くなっちゃってごめんね!”と言われてしまってなんだか釈然としない感じ。
わたし自身はタイムマネジメントしたうえで少々時間がかかろうが問題ないと考えていたし、万が一その目論見が外れて大幅に時間を食いつぶして次のPCでタイムアウトになっても構わないというスタンスでお店に入って自分自身が食べたいと思うものを頼んでいるのに、アクシデントで遅くなったならまだしもルーティンに従っているお店側に”提供遅くなってすみません!”と言わせてしまうのは心外としか言いようがない。

まあ、わたし自身が考えている矜持()のようなものの一つなのでヒトサマに押し付けるつもりは毛頭ないのですが。

結局一時間ほど昼食に費やしてリスタート。

18011341.jpg
このアングルから眺める稲取市街地が好き
相模湾に飛び出すでべそのごとき稲取の街。
ほぼまったくおんなじアングルでニャンコ先生も稲取を撮っていた。

18011342.jpg
撮り鉄が待ち構えているところを撮る

18011343.jpg
河津桜にはまだちょっと早い
この付近で先頭とスライド、50kmくらいの差なのでPC以外は基本的にストップ無しで走っているのだろう。
その後もちらほらスライドし、PC1から先のペースダウンと一心での食事のロスタイムを考えて約1.5時間、35kmほどの差が付いているだろうと思って身構えていたらほぼ計算通り、折り返し手前20km弱のところでニャンコ先生とスライド。
わたしはと言えば身構えていたくせに画像を残せなかった無能である。

18011344.jpg
子安トンネルを抜けたところから見下ろす入り江

しばらくアップダウンが続き、下田に向かう山場である尾ケ崎ウィングを通過。
18011345.jpg 18011347t.jpg 18011346.jpg
尾ケ崎ウィング付近から

18011348.jpg 18011349.jpg
白浜を通り抜ける

下田の街を抜け、弓ヶ浜入り口を国道なりに右折したら折り返しの下賀茂。
18011350.jpg
PC3(149.6km)ファミリーマート南伊豆下賀茂店14:01着

わたしが一心に立ち寄っている間に追い抜いたけーこ隊長がいたので声を掛けると
け:あ。どこに寄ってたの?
と:結局一心にした~。
け:”お昼どこにしようか?”ってツィ見かけたから”一心あるよ!”って返そうと思っていたけど返せなかったわ~。
ところでわたし、メロンショートケーキ食べて来たけどとりさん行かないの?

と:ちょい躊躇してる。
け:すぐそこなんだし行っちゃえ!

という隊長の扇動に乗せられる形で扇屋製菓へ。
扇動だけに…。

18011351.jpg 18011352.jpg
18011353.jpg 18011354.jpg 18011355.jpg
PC3裏手の扇屋製菓でメロンショートケーキと紅茶をいただく

ホモケイの二人用と、知り合いの一人やふたりいるだろうとの読みで焼き菓子を四個お土産に購入して再びPCに移動。
移動した先にあっこさん、陳さんがいたので扇屋に寄らないという二人にお土産を渡す。
これで自分の分が無くなった(笑)いや、すぐ裏なんだからもう一回買いに行ったら良かったのだ。
っていうか知り合いの女性、一人か二人だろうと思ったら他にピンクロさんミホさんもいたりして、お二方には渡せなかった。。。
さすが全参加者の1/4が女性(←逗子と混同、多目だったけれどそこまで多くは無かった。)というだけのことはある。

18011355t.jpg
あっこさん撮影

そんなこんなでのんびりおしゃべりに興じていたりしたらシムラさんに牽かれた虫さん、クロさんの二人が到着。
そこそこ時間に余裕があるし体力もそれほど消耗していなさそうだったけれど、開口一番
虫:ウィングってなんすかあれ!クソオブクソじゃないですか!!
非常に虫さんらしい。

あれやこれやとお話したり補給をしたり。
虫:あ、とりさん!紹介しますよ。こちらシムラさんって言って凄い人なんです!何が凄いって日本縦断しちゃう人なんですよ!!
と:お~~~。そりゃスゴイ!
虫:それにわたしらここまでシムラさんの前でエッチな話してないんですよ!!
と:それってスゴイ…の?
ク:明るい内から下ネタに走っちゃうと息切れしちゃいますからね!暗くなるまで取っておかないと!!
と:(なるほどわからなくはない、ってかむしろわかり過ぎる。)


今回、二人の事はシムラさんが全面的にフォローしているのでそのままお任せして先に進んでしまおうかとも思ったけれど、前週の三浦半島ポタの際に虫さんから”来週よろしくお願いします!”的な言われ方をしていたし、待っておいて顔を見ただけでそのままスルーってのもなんだし…ということで三人の後ろをゆるゆる付いて行くことに。
生じないに越したことは無いのだけれど、万が一の際のフォローは人数多い方が良いだろう。

ほぼ最後尾となった状態でPCをリスタート。
18011356.jpg 18011357.jpg
虫:坂!(殺気立つ)まだ終わらないの?ねえまだ?
ク:あそこ(ピーク)までだから、もうすぐだから!
虫:あ゛~~~!ちっとも進まない、進んでない!このままじゃ次のPCに間に合わないかも~。
ク:大丈夫、進んでるから!止まってないから!

実にほのぼのしていて微笑ましい。←どの辺?
グロスのペースで見る限り、一時間前後のマージンを確保してPCに到着できそうな感じではあった。

18011358.jpg
ちょこっと咲いていた河津桜
光の加減でうまく写らなかった。

18011359.jpg
トイレ休憩に立ち寄ったPC外コンビニにて
今回、”普段とポジションが変わったせいで腰がしんどい。”という虫さんが、店先で女豹のポーズ的なストレッチ(?)を。
※わたしに対してひれ伏している訳ではない。

そんなこんなでほぼ読み通り、一時間ほどのマージンを確保してPC4に到着。
18011360.jpg 18011361t.jpg
PC4(198.2km)ローソン伊豆高原東店18:13着
今回、なんでか良くわからないけど復路で肉まんばっかり食ってた。

さてリスタート。
虫:この先イノシシ出ますよイノシシ!
と:いや、何回も走ってるけど見たことねーよ。
虫:ホントですって!去年10匹くらい横切ったの見ましたよ!!

いてもおかしくないのだけれど、伊豆では猿以外に出くわしたことがないわたし。

この先PC5までの区間さえ凌げばあとはほぼアップダウンのある区間は終了するので次のPCにさえ間に合えばよほど面倒くさいアクシデントが起こらない限りまず時間内のゴールは見えるけれど、伊豆高原から富戸、川奈を通って伊東に抜けるルートはアップダウンはあるし、特に富戸周辺は道が荒いところがあるしで案外厄介な区間。
相変わらず坂に対して呪詛の言葉を吐き続ける虫さんクロさんがなだめつつの走行。
それでも登りが終わると復活する虫さん
虫:わたしの中ではシムラさんとサトーさんのカップリングが出来上がっているんです、実現しないかなって。
ク:わかる!
シ:なにそれ!(笑)

実にほのぼのしていて微笑ましい。←どの辺?

走りながらあれこれグルメスポットの話をしてみたり。
ク:そういえば網代の「笑ぎょ」って行ったことありますか?
と:んにゃ、ない。
ク:お料理も美味しいですけど海の眺めも良いので機会があったら是非行ってみてください!

こういう情報はホントありがたい。

しばらく走行していたら前方に大柄、小柄、二人のサイクリストの姿が。
と:大きい方ってベガさんじゃね?
追い付いてみたら果たしてその通り。
もう一方の小柄な方はピンクロさんなのでした。
このお二方とは一旦別行動となったもののゴール手前で一緒になって、最終的には六人一緒でゴールに到着することになった。

相変わらず進まない!間に合わない!というネガティブ発言を連発する虫さんクロさんがなだめつつという走りでようやく最後のPCへ。
なんだかんだ言って若干貯金の切り崩しはあったもののクローズまでのマージンは50分あったのでこのままのペースで走れたらゴールは認定時間内。先が見えてきた。
18011364.jpg 18011365.jpg
PC5(244.9km)7-11真鶴駅西店21:33着
補給しつつFlecheについて語り合う三人。
シ:Flecheってさ、360km以上を24時間で走るとか正気の沙汰じゃないよね、それに22時間到達ポイント問題とか申請より余分に走り過ぎちゃうと失格になるから途中で時間調整したりしなきゃならんしルールが面倒!
虫:わかります!Fleche面倒!

わたし自身は二回参加して二回とも難しいことは全部他の人任せだったからあんまり苦労した記憶ないけど。

いよいよ残り55km、平坦基調の最終区間。
18011366.jpg
シ:「大阪王将」と「餃子の王将」との違いはさ~と、解説中の信号待ち。

江の島を過ぎ、スタート地点の鎌倉を越え、ゴールも鎌倉だったら登る必要も無い坂道に心の中で呪詛の言葉を吐きかけ、どうにかこうにか逗子駅前に到着。
18011367.jpg
ゴール(301.7km)逗子駅南口広場01:10着
キューシート的にはマ○ドナルド前広場がゴールだけれど、24:50以降は受付場所がマッ○ではなくなるので丁度スタッフが移動してしまったタイミングらしく誰もいないので24:50以降の受付である魚●へと移動。

ゴール時刻は6人とも14日の01:10とカウントされたので認定時間は6人一緒で19時間10分、制限に対して50分のマージンを確保しての認定となりました。

輪行袋を持っている上に居酒屋にいるのでお酒を飲んでしまいたい気持ちマウンテンマウンテンだったものの、明けた日曜日は毎年恒例フロストバイトロードレース大会のハーフマラソンにエントリーしているので温かい烏龍茶をいただいてから即退出。
ホントはゴール後にうだうだやりたかったんだけれどなあ。。。

そんなこんなで帰路に就いたは良いものの、途中よそ見をしていたらうっかり縁石に接触してしまい、幸い落車は免れたものの停止して数秒後に前輪からぷっしゅ~~~!となかなかいい音が聞こえてパンク。
見ればサイドカットしてタイヤに穴が開いていたけれど、頑張ればまあタイヤブートでどうにかなるくらいの欠損なのでほんの一瞬躊躇したけれど、通りかかったタクシーを捕まえて帰宅。
半パンの状態で運動量が極端に落ちる静止した状態での作業を行ったら比喩的表現ではなく死ねる。
加えて翌日(ってか当日)のフロストバイトはもとよりその後の打ち上げがきつくなるので時間をお金で買ったという感じ。

おうちに帰るまでがブルベ
であるならば、新年早々お金がかかるブルベになってしまったものです。

まあ、それでもなーちゃんが露払い役をこなしてくれたのでこの程度のアクシデントで済んでいるっていう考え方もあるので、申し訳なさMAXですが、なーちゃんには継続してトラブルの神様のお世話を願いいたしたいところ。


なんだかんだ言って一月にAJ神奈川主催ブルベを走ったのは久し振りでしたが楽しかったです。
ゴール受付を途中でシフトしなけりゃならんとかあれこれ面倒もあったと思いますが、運営してくださったスタッフ及び関係者の皆様に深く感謝いたします。
またよろしく~~~!
と、物議をかもしそうな表現で〆てみる。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  AJ神奈川  鎌倉  一心  扇屋製菓