10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2017Nov10Fri

【ひとみさんプチ復活】ゆるふわ三連休-2/3【ゆるふわポタ】 

関連エントリ
ゆるふわ三連休-1/3(恵比寿でひつじ)
ゆるふわ三連休-3/3(サイクルモードからの上野飲み)


<11月4日(土)>
明けて三連休中日。
前夜そこそこ飲み過ぎた感があったものの早朝3時過ぎに一旦目覚め、携帯電話のアラームがしっかり「ON」になっていることを確認して二度寝。再び目覚めたら何故かアラームセットした時刻よりも40分も遅く、アラームが鳴動した形跡もない。
(???)確認してみたらアラーム鳴動設定が「月、火、水、木、金、日」となっていた。なぜよりによって土曜日だけ鳴らない設定になっているのか。
慌てて準備を整えて出発。
今回は右腕の骨折が概ね治癒して自転車に乗っても大丈夫と医師から言われたというひとみさんのプチ復活イベントとして荒川、江戸川のCRを中心にしたゆるふわポタなので通勤車での参加、足元はスニーカー、ウェアは長袖のメッシュTシャツの上にジレを重ねたゆるふわスタイル…だったものの集合場所の高島平駅前の7-11まで約30kmあるのに自宅を出た時刻が6時半。集合時刻が8時丁度なので90分しかない。ゆるふわポタに参加するためにガチ踏みをする羽目に陥った。結局10分遅刻して集合場所へ到着した時には今回の参加者は体調不良によるDNSの、今回のコースプロデューサーであるところのくまさんを除いて全員揃っていた。
17110401.jpg
専修寺前をスタートしたのは6時半

因みに今回の参加はひとみさん、あっこさん、陳さん、うっちーさん、りんぱぱさん、べいさん&わたしという面々。うっちーさんは初めましてだけれどあっこさん陳さんも自転車に乗る姿は見たことがないのでこちらも初めましてな感じ。

8時20分頃のんびりゆるゆると走り出し。
【実走行ログ:2017/11/04】

※高低図が若干おかしな表示になっているのは夕方になって気圧が急に下がったためと思われる。

今回は事前にざっくり予定コースを目にしたものの細かいことは人任せにするつもりで無責任に追走(笑)
17110402.jpg 17110403.jpg
天候にも恵まれて、気分の良いゆるふわライドの始まり

17110404.jpg 17110405.jpg
新旧岩淵水門

17110406.jpg
岩淵水門で記念撮影したりしながらゆるゆる河口に向かって下る

しばらく走っていたら前方から走ってきたサイクリストが大きく手を振ってすれ違い、Uターンしてこちらに合流。浦安から上って来た藤堂隊長なのでした。赤羽の方に用事があって荒川CRを遡上していて遭遇したとの事。用事の方はまだ時間に余裕があるのでしばらく一緒に。
17110407.jpg
藤堂隊長合流

尚も下って行って、京成線堀切駅前で今度はかと(ひ)さんが待ち受けていて合流。
”荒川なのにたまがわスタッフとの遭遇率が高い(笑)”Byりんぱぱさん

藤堂隊長は予定の時間が迫って来たので離脱、残る9名で更に南下。
17110408.jpg
葛西橋を渡って荒川左岸(江戸川右岸))へ

17110409.jpg
人気のパン屋さんで昼食を調達@ブーランジェリー・ジョー

17110411.jpg 17110412.jpg 17110413.jpg
メンチカツパン、クロックムッシュ、ドーナツを購入

パン屋さんをリスタートして、目的地は葛西臨海公園。
17110414.jpg 17110415.jpg
臨海公園到着

汐風広場脇の公園事務所建物前にある屋根付きベンチのところで潮風に吹かれながら購入したパンをたべつつ
17110416.jpg 17110417.jpg

17110418.jpg 17110419.jpg
園内周遊バス二色

17110420.jpg 17110421.jpg
17110422.jpg 17110423.jpg 17110424.jpg
お昼時の公園でのんびりまったり
気温が高めだったせいか景色がかなり霞んで見えた。水平線に朧なゲートブリッジ。

ここでさいたまクリテリウム観戦のべいさんと会社行事に参加するというかと(ひ)さんが離脱。

残った面々は柴又を指してリスタート。
17110425.jpg 17110426.jpg 17110427.jpg
江戸川CRに入って柴又へと向かう

帝釈天にお参り
17110428t.jpg
17110429.jpg 17110430.jpg 17110431.jpg
17110433t.jpg
17110432.jpg 17110434.jpg
柴又帝釈天(経栄山 題経寺)

参道をそぞろ歩き
17110435.jpg 17110436.jpg 17110437.jpg
一個からばら売りしてくれる草だんご

17110438.jpg

17110439.jpg 17110440.jpg
おせんべい(ごま)だったり土日限定のパイエクレアだったり

17110441.jpg 17110442.jpg
某課長へのお土産を物色

17110443.jpg 17110444.jpg 17110445.jpg
なかなかの賑わい
散策にはちょうど良い陽気だったし。

帝釈天から江戸川CRに復帰したところでりんぱぱさんが離脱、そのまま江戸川を遡上して新葛飾橋であっこさん陳さんが右へ、ひとみさん、ぜっとさん、うっちーさんとわたしは左へ。

なかなか厳しい信号峠を通り抜け、千住新橋から荒川CRに復帰。
17110446.jpg
千住新橋付近
ちょっと雲が出て来た感じ。

帰りは途中で荒川から離れ、ひとみさん、うっちーさんのお知り合いが経営されているという板橋駅にほど近いカフェへ。
17110447t.jpg
カフェ Kukka Puu
どんな意味かと思って調べてみたらフィンランド語で、「Kukka」は花、「Puu」は木を意味するので日本語だと「花咲く木」とでもなるのかな。フィンランドというと反射的に『白い死神』シモ・ヘイヘの名前しか浮かんでこない、知識の抽斗が貧弱な脳みそである。

17110448.jpg
ゆったりした店内空間
リネン類や小物の販売もある。

丁度いい具合に四食分残っていたというケーキをいただく。紅茶は全てマリアージュ・フレールのもの。わたしはマルコポーロを、他三人はアールグレイを注文。
17110449.jpg 17110450.jpg
シフォンケーキと紅茶のゼリー、添えられた自家製生クリームは風味が濃厚
17110451t.jpg
伝票は手書き

ケーキを食べてお茶を飲んで軽くあれこれ話に興じて。
表が暗くなり始めて来たのでおいとますることに。店外に出たら急に冷え込んできていてちょっと驚いた。日中暑いくらいだったし嫌な予感がする。。。と思ったら案の定雨粒がぱらりぱらりと。
骨折明けで無理はしたくないというひとみさんは池袋から輪行で。お店を出た直後、ちょっとした行き違いからぜっとさんとは別行動になっていて、城東方面にお住いのうっちーさんとは明治通りで左右に別れたので池袋から先は単独ライド。池袋駅南側から山手通りに出て、方南通りを西に向かって方南町から環七へ。池袋付近では結構しっかり降り始めていたけれど、南下するにしたがって雨の領域から外れ、東中野付近では完全に離脱。
その後はのんびりと走って18時半頃には無事帰着。
17110452.jpg
専修寺前帰着:11/04/08:15頃

総走行距離144km、実に楽しいゆるふわライドなのでありました。
ひとりでぶらぶら走るのも良いけれど、みんなでワイワイ言いながら走るのも楽しいね。
いかにもゆるふわって感じ。ほんの一週間前には土砂降りの雨の中、心で半べそかきながらペダルを踏んでいたことを思うと驚くほど状況が真逆すぎて笑える。
ブルベオフシーズンならではという感じでしょうかね。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: ポタリング  荒川CR  江戸川CR  葛西臨海公園  ゆるふわ  KukkaPuu 
2017Nov10Fri

【やらかし対策の】BRM1028東京600ぐるっと安曇野 完走記録-01【集大成】 

関連エントリ⇒BRM1028東京600ぐるっと安曇野(概要)


<実走行記録:2017/10/28/06:00-10/29/21:15>


わたしにとっての今シーズン最終ブルベである【ぐるっと安曇野600】ですが、このコースは五年前、当時VCR青葉が主催した時に参加したブルベでそれ以来の参加。当時40kmほどミスコースをしながらも38時間弱で帰着したわたしは(ミスコースせずに全体のペースアップを心掛けたら34時間完走も無理筋ではない!)という向こう見ずな計画を立て、完走後にゴール受付から30kmほど離れた場所で執り行われるカキ食べ放題の宴への参加をブッキングしたのでありました。宴スタート時刻は18時30分。時間通りに到着しようと思ったら17時にはゴール受付を出たいところでしたが実際には一時間遅れくらいの合流になるだろうと踏んで、34時間完走目標をぶち上げたものの実際には35.5~36時間弱くらいのゴールを見込んでいました。結局この読みも大きく外れてしまい、最終的に39時間15分というゴールタイムは制限時間を45分余すのみ。過去走った600のブルベの中でもマージンが少ない部類にカテゴライズされる結果となりました。自分の実力の見極めって大切だよなあ。
という訳で、以下こまごまとした記録めいたものを。


しつこいようではあるけれど、今年最後の600kmブルベは7年連続のSRがかかった土俵際。今年は色々やらかしてきてしまっていたので今回のこのブルベを2017年の集大成とすべく、今までしくじった内容を一つずつ潰してみた。

1.寝過ごし対策:二日前からアルコール断ち、前日は午後の半日有給休暇を取得してブルベ準備、早寝。
2.ブルベカード紛失対策:今回はザック(Shimano U10)仕様なのでジップケースに封入してザック内へスタート後ゴール受付まで一度も取り出さず。
3.財布紛失対策:現金・カード類は首掛けケースに収納。PCや通過チェックのレシートもここ。


このおかげで当日は3時半過ぎに起床し、ゆっくり朝食をしたためて最終準備を整え、自宅玄関を出たのが4時半過ぎ。
17102801.jpg
専修寺関東別院前 10/28/04:45頃

今まで何故か曲がり角を間違えてばかりいたので今回はいつもよりもひとつ手前の交差点を曲がって右左折ミス対策。まあ意識があるので右左折間違うことも無いのだけれど。
しばらく進むと反射ベストを着た今回の参加者と思しき人が一人。追走したけれど思いの外のんびり走っていたので追い越して先行しようと思ったら赤信号に引っ掛かった。すると先ほどの人が後ろから”R東京のブルベに参加する人ですか?集合場所ってこの先で合っているんですか?”なるほど、軽く迷っていたのか。”そう、このすぐ先の右手が受付ですよ。”
スタート受付に到着するとスタッフから地鳴りのようなどよめきが湧き上がった(大ウソ)

受付を済ませ、ブルベカードに必要事項を記入し、早速ジップケースに入れてザックに封印しようと思って思いとどまる(車検済んでねえ!)スタッフの車検チェックサインをカードに頂いてからでなければしまいこむ訳にはいかない(笑)

17102802.jpg
スタート受付風景
わたしが受付を済ませた5時10分頃の時点でDNS連絡が40名という話で、ゴール後に聞いたところ出走は30名との事なので約70名ほどがDNSということ。天候を考えれば無理も無い。2017年最終ブルベとはいえ怪我したり風邪ひいたりしたら意味がないし、機材も痛む。DNSを決めてお見送りに来ていたいぢちさんまきさんの方が賢明だろうなあとは思ったけれど何せこちらはSRが掛ってしまっているのだから仕方がない(笑)

5時半を回った辺りからブリーフィング開始。
キューシートがVer.6.0から6.1に改訂になっていることを知った。わたしが持っていたのはVer.6.0で(早速やらかしちまったか?)とか思ったけれど、ブリーフィング後にR東京代表のチャーリーさんに確認してみたら”大事なところは変わっていないから6.0で大丈夫だよ。”と言われたのでそのまま。
17102803.jpg
ブリーフィング風景
SRが掛った参加者がわたしやはじ~さんを含めて数名いたのはまあ予想通りとして今回が初600という参加者がそこそこ多かったのには軽く驚いた。この悪天候予報で初600に挑むとか猛者だよなあ。

ブリーフィング終了後、しばらくしてから車検開始。
わたしも5時50分頃車検を受けスタート準備。”天候に気を付けてくださいね!”、”「今度は」カード無くさないで帰ってきてくださいね!”、”ネタ期待してますよ!”思いやりが感じられたり感じられなかったりする声をほうぼうから受けつついざスタート。
まずは序盤の平坦区間でどこまで稼げるか。
巡航30~35KPHで走行していたら前方に信号待ちで引っ掛かっているsin3さんを発見、距離を取ってしばらく追走していたものの、とある信号手前で進路変更をしたときに後輪がヨレるような妙な感触。嫌な予感がしたので停止して後輪に触ってみたら圧が低下し始めていた。早速スローパンク
歩道に上がってチューブ交換。幸いタイヤ内に異物は無さそうだったしリムテープにも異常が見られないのでチューブを交換してタイヤを装着、CO2ボンベで空気を充填しようとしたところで竜胆さんが追い付いてきて停止、とっ散らかっていたチューブを丸めてくれていた時”クイックパッチにしわが寄っているからこれで抜けたんじゃない?”と。
なるほど。後輪は【伊勢1000】でのパンクの際にクイックパッチとCO2ボンベで応急処置を施して走行を継続したのだった。数日前空気が抜けていたのでフロアポンプで充填して二晩様子見をして空気漏れが無さそうだったのでそのままにしておいたのだけれど、やはり交換しておくべきだった。

そこそこ手際よくチューブ交換作業を終え、その後は竜胆さんと二人、生脚コンビでPC1までランデブー(笑)
途中、稲城大丸公園でVCR横浜あおばのブルベ参加者が集合している脇を通過したので手を振ってみたけれど、残念なことに気付いてくれたような人はいなかった模様。

17102804.jpg
満地トンネル
翌日夜以降ここから数kmほど南の区間は土砂崩れがあって歩行者と自転車が通行止めとなっている。

満地トンネルを抜けた後、新満地トンネル出口付近で国道に合流しようとタイミングを図っていて、丁度良いと思って飛び出したところトンネル内から無灯火の自動車が現れてちょっと胆を冷やす場面があった。無灯火だとその車自体が見えないのはもちろん、サイズや位置関係によっては後続のヘッドライトを遮ってしまうので危険極まりない。

そんなこんながありつつも無事PC1に到着。
17102805.jpg
PC1(51.3km)7-11青梅畑中3丁目店(close09:33)08:28着
マージンは約一時間。
早起きしてしっかり朝食を摂ってからの参加だったので特に食べるものは必要なかったのでドリンクの補充だけして竜胆さんに声を掛けて単独でリスタート。

今年既に何度か走ってお馴染みになっている飯能市街を抜け高麗神社方面へ。
17102806.jpg 17102807.jpg
飯能市内、色付き始めた街路樹

途中一人パスしてからはずっと単独クルーズ。空模様がいま一つな感じなので快適とまでは行かないまでもそれでも気分の良いツーリング。ほんの時々数粒の雨が顔に当たるような感じがした。
17102808.jpg
笛吹峠を南側から
峠ピークの駐車場のところでスマホを眺めながらしゃがみ込んで待機している女性が。
(応援かな?)と思って尋ねたらやはりそうだった。

尚も順調に進んで私的フォトコントロールの秩父鉄道小前田駅へ
17102809.jpg
今回は信号待ちの際に一枚
PC1では順番待ちが必要だったのでパスしてここでトイレストップ。

前にも後ろにも参加者の姿が見えない状況で淡々と進む。
17102810.jpg
赤城乳業脇を通過
赤城乳業を越えたらすぐにPC2

17102811.jpg
PC2(118.5km)ファミリーマート児玉店(close13:56)11:24着
到着したらsin3さんが補給をしながらどなたかと立ち話中。
わたしはこのすぐ先で食事の予定だったのでここでもドリンク補給のみで即リスタートしようとしたところへ竜胆さん到着。何やらハンドルのブラケット部分をいじっていたので何事かと思ったら”シフトの戻りが悪いので確認してみたら案の定ワイヤーがほつれ始めてる!ショップでチェックしてもらったら「全然問題ないです!」って言っていたのにちっとも大丈夫じゃなかった!”
しっかりと交換用ワイヤーを携行しているそうで、その場で交換作業を始めたので彼とsin3さんへ同時に声掛けしてリスタート。とはいえ食事予定の店はほんの目と鼻の先。

17102812.jpg
きらく金屋店

17102813.jpg 17102814.jpg
今回「唯一のコンビニ以外飯」となったカツ丼
埼玉県内では秩父方面に行かないとこの手のカツ丼を供するお店は少ない感じ。薄いカツが何枚か乗るパターンなので揚がるのが早いため提供に時間がかからないのがブルベ中だと特に嬉しい。味も量も申し分ないし。

腹を満たしてさあリスタート!と、立ち上がろうとしたときに異変が。まず右脚の、次いで左脚のハムストリングスが痙攣し始めた。変な声が出そうになるのをこらえ、ぎこちない動き方をしつつも会計を済ませて店外に出てしばらくゆっくりと両脚裏をストレッチ。しばらく店の前をうろうろして筋肉の伸展を図ったりしつつ。完全に不審人物である(笑)
どうにか落ち着いたのでリスタート。ここに来るまで結構飛ばしていたから意外と疲労蓄積が進んでいたのか?ふくらはぎよりも先にハムストリングスに異状が生じたということはとりもなおさず普段自分が心がけているペダリングが出来ている証左なのでその点では良いことと言えなくもないものの、まだほんの120km、全行程の1/5ほどしか進めていないのにこれでは少々厄介だなとかいろいろ考えつつ、軽めのギアで負荷を小さめにしてペダリング。


ぐるっと安曇野02に続く
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    R東京  BRM1028  ぐるっと安曇野  きらく 
2017Nov10Fri

【カロリー収支は】ゆるふわ三連休-1/3【いつだって黒字】 

関連エントリ
ゆるふわ三連休-2/3(ゆるふわ荒川/江戸川CRライド)
ゆるふわ三連休-3/3(サイクルモードからの上野飲み)


<11月3日(金)>
朝5時に目覚めるも窓外から雨音が聞こえて来たので迷わず二度寝。
遅い時刻に起き出してみたら物凄い好天ではあったものの、実は【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】参加の際に右膝裏のスジをやや痛めてしまったので無理をしないことに決めてダラダラ。夕方になって恵比寿でひつじを食うべく移動。約一時間ほど早めに出て、都内を自転車で移動する際に気になっていた恵比寿の銭湯でのんびりしてからお店に向かうつもりで恵比寿駅からてくてく歩いてみたら銭湯はお休みだった。

17110301t.jpg
定休日土曜だけれど旗日だからやや心配したら見事に休業日だった(^^;

仕方がないのでのんびり引き返し。
17110302.jpg
店先に生のキャベツひと玉とコテ。なかなかシュール

周囲を散策(?)しつつお店の前に到着したのは約束の10分前。
17110303.jpg
素晴らしき哉10分前行動! ブルべの時もかくありたい

17110304.jpg
ジンギスカンのお店「海月」

リュウさん、べいさん、りんぱぱさんとハラポンさん&ゆりかさんご夫妻に加えてわたしというランドヌール(ズ)な六人でひたすら肉を食う。
17110305.jpg
120分飲み放題食べ放題

17110306.jpg 17110307.jpg
17110308.jpg 17110309.jpg 17110310.jpg
野菜を先に乗せるのが正しい(?)やり方だと聞いた

17110311.jpg
ラムのたたき

17110312.jpg
これはブタの塩ホルモン

すっかりお腹が満ちたところで〆に強めのお酒をひっかけに移動。
小金井トラチームつながりでいつも練習や大会で一緒になるコミさんのお店へ。今までなかなかお邪魔する機会が無かったけれど、ようやくお邪魔できました。

ブラウン・ジャグ
また伺わせていただきます。

食べて飲んで、いい気分になってお開き。
翌日は自転車乗りらしくゆるポタの予定。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ:   ジンギスカン  海月  恵比寿  ブラウン・ジャグ 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2017Nov02Thu

【今年のブルベを】2017年BRM参加実績-2/2(300km以上)【振り返ってみる】 

台風22号の影響による風雨に翻弄された【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】が終了し、わたしにとっての2017年ブルベシーズンが終了しました。明けて11月。手続き上ブルベ的には2018年度の始動となり、各クラブから2018年シーズンの予定が三々五々発表される事でしょう。とはいえ11月、12月は例年ブルベのオフシーズン。各クラブともこの期間に初心者向けのトライアル的なモノだったりBRMとして開催できるかどうかという実験的なイベントを開催したり、もちろん忘年会があったりするのであんまりオフという感じがしませんね。
そんなこんなのブルベオフシーズン。
過ぎ去った2017年シーズンを振り返るエントリ後編、こちらは300km以上のBRMのまとめです。
7本出走の内三本DNFとか辛うじて勝ち越しという情けない有様でした。やる気あんのか。
仕事じゃないんだから真面目にやれよ!というタモリの言葉大好きです(笑)


2017年、試走も含む出走済みブルベ14本の内、丁度半分となるAJたまがわが主催した7本の200kmBRMに関してはこちらでまとめているので残り半分の七本、300km以上のBRMに関しての振り返り。距離に関係なく、時系列での列記しましたが、こうしてみると今年は200を二本しか走っていなかったのにいきなり1,000kmを走ってから600kmとか、何も考えていないことがありありとわかるエントリー計画。

【BRM503千葉1,000(福島「g」)】
170503088.jpg
ブルベ歴7年目にして三度目のエントリーとなる1,000km。
初回(東北1,000)、二回目(伊勢夫婦岩1,000)とも秋の開催で、時に暑すぎた場面もあったりしましたが、今回は初めて経験する春の1,000kmで、事前にあれこれ情報収集をしてみると「福島の夜を舐めると死ねる」「土湯峠ピークには雪が残っているので死ねる」「そもそも序盤の房総半島のアップダウンで死ねる」といった非常に心が重くなるものばかり。
(春の1,000にエントリーするのは少々早まった決断だったか?)と若干後悔しつつの出走だったものの、蓋を開けば期間中一度も雨に打たれることもなく、道中あれこれ美味しいものがいただけたし、ゴール後の懇親会もものすごく楽しかったし、文句のつけようのない1,000kmブルベでした。
トラブルはパンクですら一度も無かったし(笑)

【BRM603たまがわ600たまがわ(2017/05/27-28)】
17052746.jpg
今年唯一の主催ブルベかつ新コース。
本番一週間前に試走というスケジューリングをしてみたものの、試走直前まで体調不良で寝込んでいて正直体力的には非常に不安。天候もあまりよろしくない予報だったので走ること自体が憚られたのですが先述の通り主催担当かつ新コースなのでどうしても走りたい気持ちで出走。ところがPC1からPC2の間の100kmに満たない区間で三度のパンクを食らってしまってPC2及び3に延着してしまって失格。以後もルート通り走って時間内にゴールに辿り着けたものの認定外と相成りました。みどり市から日光に向かう長くて緩い登りの山道でひたすら雨に降られてしまって心が折れそうになったものの主催だからという意地だけで走り切ったような感じ。幸いにしてこの試走の後で体調を崩すことも無かったので結果オーライとなったものの、意地で走るのも良いけれど、あれこれオトナの判断が必要になることもあるよねっていうのが反省点。

【BRM901たまがわ300白馬・木崎湖】
17090232.jpg
昨年までは【白馬・木崎湖600】として開催されていたものを、折り返しの木崎湖までで終わりにして盛大にBBQやキャンプファイヤーで楽しもう!というコンセプトで企画された300kmBRM。夜スタートでしかも雨というなかなか手ごわいコンディションで始まったブルベですが大きな事故もなく無事ゴール。木崎湖では心配された雨も降らず、予定通りBBQとキャンプファイヤーで盛り上がり、更に翌日は小熊山ヒルクライムで木崎湖を一望できるハングライダー離陸場に登り、ドローンを使った空撮で集合写真を撮影してみたり。更に山から下りたら前夜消費しきれなかった高級食材の振る舞いまであったりして充実しっ放し。わたし個人は翌月曜日も有給休暇を取得していたので自走で帰路に就き、石和健康ランドで一泊してゆるふわツーリングを堪能したのでありました。

【BRM909東京400ぐるっと首都圏】
17090919.jpg
木崎湖300の際、フロントのインナーチェーンリングが磨滅の為使用不可になり、代替品を注文したものの在庫がなくて未着だったもののコースじたいインナーが必要になるとも思えないどフラットコースだったのでアウター縛りで参加すれば良いや♪くらいの軽い気持ちで出走しようとしたらスタート時刻に遅刻してしまい、その心がけの悪さがブルベの神様の逆鱗に触れてしまったようで、リアディレイラ―のハンガーがへし折れてしまうというアクシデント発生。このブルベに参加する前にサドルバッグの中身の入れ替えを行った際、よりによって予備のディレイラーハンガーを収納し忘れるという痛恨のミスをやらかしてしまってRDが使い物にならず、仕方がないのでチェーンカッターでチェーンの長さを調節してシングルスピード化して凌ぐという荒業でどうにかこうにかゴールに間に合った。元々はかなり早く帰る気満々で、ゴール後に某草レースをブッキングしていたもののスタートには間に合わず、それでも辛うじてゴール後のまったりタイムには間に合ったので参加賞は無事いただけました。


【BRM916スーパーあおば600日本海】
17091615.jpg
天気予報では後半雨に降られるような予報だったものの、春にたまがわ600をDNFしてしまっているので今年のSRを確定すべく出走したBRMだったりする。コース自体は馴染み深く、特に十二峠トンネルを抜けてから先の魚沼スカイラインとそこから先の十日町市、上越市は今年前半業務で十日町に滞在していたこともあって土地鑑がそこそこあるのでエントリーを決めたという経緯もある。出走後ものすごく快調なペースで走り、想定よりも30~60分ほど前倒しで走れていたものの、途中PC外のコンビニに財布を置き忘れるという痛恨のミスのお蔭で三国峠と火打ち峠を一往復余分に登って下ってという羽目に陥り、折り返しPCにはオンタイムで到達できたものの以後走る気力を失ってしまって330km弱ほどでDNFして輪行離脱。他の参加者は上越から先で雨に打たれたようなので、輪行離脱して雨を回避できたわたしはある意味勝ち組であると、イソップ寓話のキツネ的に自分に言い聞かせてみたりもした。

【BRM1006東京1,000ええじゃないか伊勢(山)】
171006084.jpg
三年前の第一回開催時には約二時間のマージンをもってゴールに辿り着けたものの途中PC延着のために認定外完走となってしまったいわく因縁付きの1,000kmBRMである。今回は非常に快調に走れて自分としても非常に手ごたえを感じていたものの、約70kmでフロントインナーチェーンリング破損によりアウター縛り、約220km地点でブルベカードの紛失という致命的な失態を晒し(カード紛失時点で有無を言わさず失格となる)、更にゴールまで残り40kmほどのところにある最後の通過チェックを華麗に通過するというポカまでやらかして見事に二度目の認定外完走を果たすことになった。とはいえ福島「g」と比較したら累積標高で1,000mも低いし、制限時間いっぱい使い切って走ろうと思ったらかなり楽になる1,000ではなかろうかと思うので初めて1,000kmに挑もうと考えている方にはおススメできるものだと思う。
※ただしGPS利用推奨、キューシートのみだと非常にしんどい。

【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】
17102865.jpg
台風22号接近に伴う雨予報により六割以上のエントリー者がDNSを決断し、30名ほどが川崎市とどろきアリーナ前を出発。10/28の午後から雨がパラパラ降り始め、以後小降りになることはあっても10/29の19時頃まで止むことがなかったという修行ブルベ。
10/29/18:00には累積降水量の関係から道志みち山伏峠が閉鎖されるという悪条件で、参加者の内数名ここで引っ掛かってDNFを余儀なくされている。わたし自身はどうにかこうにか17:20くらいにゲートを通過したので先に進めたものの道志みちはバケツをひっくり返したような本降りの雨と強い向かい風のお蔭で思うように走れず、ブレーキシューがヘタってフネがリムを削り始めてしまったので土砂降りの雨の中ブレーキシューを交換する羽目に陥った。
わたしの2017年度ブルベの掉尾として、また7年連続のSR確定ブルベとしてこれ以上にふさわしいものもそうそうあるまいと思う一方で来年こそはうれしはずかしきゃっきゃうふふ♪なゆるふわブルベを堪能したいなと。


終わってみれば7年連続SRもどうにか確定し、自転車に乗ることが出来なくなるほどの怪我を負う事故というものにはこれまで同様遭うこなく無事終了し終わりよければ全てよしだったり無事是名馬といったりな結果となりました。来年も(出来ればネタは控えめで)ユルユル楽しみたいと思います。
主催クラブを始め関係した各所の皆様、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
同じBRMに参加した皆様、お疲れ様でした。また来年いずれかのBRMにて。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ    観光  AJたまがわ  R東京  VCR横浜あおば  AJ千葉 
2017Nov02Thu

【記録にも記憶にも】BRM1028東京600ぐるっと安曇野(概要)【刻み込まれた雨ブルべ】 

先だってのエントリで表明した通り、【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】に七年連続のSRを賭して参加してまいりました。結果は辛うじて認定というもので、認定時間は制限時間40時間のところ39時間15分と”34時間で完走してみせます!”とうそぶいた人間と同一人物とは思えないようなヘタレた結果になってしまいましたがちょっと待って欲しい。
台風22号接近に伴う雨予報のお蔭で実に半数以上ものエントリー者がDNSを決め、そんな状況でも走ろうというおつむのネジが若干緩んだ方々(※ほめ言葉)がスタートしたにも関わらず出走30名の内完走は8名のみですからね。予定完走時刻と実時刻が5時間ほどずれていようが誤差です誤差
それにつけてもいやはや、冗談抜きで本当にしんどい600でした。
間違いなく今シーズン一番きつく、自らの7年間の経験を紐解いてみても最高に厳しかった部類に余裕でランクインするどころかトップ争いを始めてしまうくらいの勢いです。

詳細はまた後ほどとして、一通り概要をば。

<実走行ログ>

※よく見ると小諸の先で妙な動きがありますが、これは事前に情報が無かった通行止めを迂回しようと右往左往した結果です。実際ゴール後スタッフに確認したらこの通行止めの事は把握しておらず、個人の判断で迂回したことを了承してもらいました。

【備忘録】
・着用装備
●冷感ヘルメットインナーキャップ(首筋カバー)・ヘルメット(へッ電装着)・アイウェア(偏光、スモーク&クリアレンズ)
●ノースリーブメッシュインナー・半袖ジャージ・ビブショーツ・フィンガーカットグローブ・メリノウール5本指ソックス
・携行装備(Shimano U10)
◆長袖ジャージ・メッシュインナー・メリノウールソックス(=ショーツ以外着替え一式)
◆指切りグローブ・3シーズン用フルフィンガーグローブ・ニトリル手袋×2・薄手軍手×1
◆薄手防寒インナーキャップ・冬用アームカバー・タオル・ネックウォーマー
◆レインジャケット・シューズカバー
◆エスケープヴィヴィ・エマージェンシーシート・アイマスク・耳栓
◆防水モバイルバッテリー(10050mAh)・エネループ白(単三)×4・(単四)×6・単四⇒単三カバー×4
◆チューブ×3・CO2ボンベ×3・チェーンルブ・その他常時携行工具類
※今回装備から外してしまったものの、施設利用時は問題な良いけれどコース途中で軽く休む際には防寒用にレインパンツが必要だったというのが今回の教訓。




17102802.jpg
スタート地点:川崎市とどろきアリーナ前
今年最後です。
スタート50分前には到着し、しっかりとブリーフィングにも参加。
恥ずかしながらR東京主催ブルべのブリーフィングに参加できたのは二年ぶりくらい。
※当時スタッフだったまこたさんに”次回ブリーフィング不参加だったら失格にするよ(笑)”って言われてしまったこともある(^^;

17102807.jpg
飯能市内。そろそろ色付き始めて来た街路樹

17102813.jpg
今回唯一のコンビニ以外飯、児玉の「きらく」にて(たれ)カツ丼

17102834.jpg 17102836.jpg
雨の碓氷峠
本降りではなかったのでまだ何とか凌げた。気温は10℃前後といったところ。

17102835.jpg
碓氷峠のおさる
今回このサルに加えてシカ、タヌキ、キツネ、イタチ(?)を見かけたものの撮影出来たのはサルだけ。まあ他のはみんな夜中に遭遇していたし。

17102852.jpg
四十八曲峠ピークのトンネル
えっちらおっちら登った先のトンネルの名前が「坂上トンネル」とか、そのまんま過ぎてネーミングセンスを疑う。
しかも1.6kmくらいある長くて緩い登り坂。思わず呪詛の言葉が漏れ出ましたですとも。

17102865.jpg
高遠まもる君(勝手に命名)
今回は逆側からのアプローチだったので新鮮。じっくり記念撮影してみた(笑)

17102879.jpg 17102880.jpg
若彦トンネル前登り坂と若彦トンネル
芦川沿いを走っている辺りから雨脚が強くなり、若彦トンネル突入時には道が沢。写っているのは比較的水が少ないところで、この直前あまりにもひどいので記録しておこうとカメラを取り出したのでタイミングがずれた。

17102885.jpg 17102885b.jpg
山伏峠閉鎖ゲートと山伏トンネル
最終通過チェックである山中湖畔の7-11にいた時けーこ隊長から”18時で山伏峠が閉鎖になる。”という情報をいただき17時ちょい前にリスタート。無事17:20頃山伏トンネルに到着し、その後はゴールまで。
数名の参加者がこのゲートに引っ掛かってしまったらしい。
一応ブリーフィング時に”万が一山伏峠が通行止めになった場合、迂回して中原街道経由での帰着がタイムオーバーした場合は救済を考える。”という話もあったけれど、その人たちはDNFを選んだようである。無理からぬところ。

17102887.jpg
完走認定されたカードとメダル&R東京ピンバッジ
39時間15分
どうにかこうにか認定が頂けたので2011年のブルべデビュー以来7年連続のSRが確定しました。
ピンバッジはR東京オリジナルで敢闘賞みたいなもの。【ぐるっと首都圏400】の時には青いのをいただきました。どうも巡り会わせ的にR東京主催ブルベだとヒドイ目に遭う(笑)


関連エントリ:ぐるっと安曇野完走記録01
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: BRM1028  安曇野  山伏峠  若彦トンネル  碓氷峠  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ   
2017Nov16Thu

【今年のブルベを】2017年BRM参加実績-1/2(200)【振り返ってみる】 

今週末の【ぐるっと安曇野600】でわたしの今シーズンエントリーしたブルベは終了となりますが、今シーズンを振り返ってみたらエントリー総数14本(主催含む)の内丁度半分の7本が200kmのBRMでした。
残る7本の内訳は300×1、400×1、600×3、1,000×2…となっていて、このうち600一本が未出走。
そんな訳で取り敢えず丁度半分の200だけをひとまとめにして振り返ってみようかと。
改めて振り返るとこの7本って全部AJたまがわ主催のBRMでしたが、この辺はスタッフもやっているんだしなんとなくそういうものかなと。


【BRN101たまがわ200三浦】
17010121.jpg
ウワンさんが元日走りたいとのたもーたから申請されたという噂が主にわたし辺りからまことしやかに流されていたりしますが信じるか信じないかはあなた次第。
日付変更線の関係から2017年世界最速認定となるブルベ(だよね、多分)。
毎年大晦日から元日にかけては『ご来光ライド』と称して犬吠崎まで走ってそのまま柏の実家に帰省していたので元々わたし自身には元日に自転車に乗ることには抵抗がないけれど、さすがに元日0時から走る物好きもそうそういないだろうと思ったらあにはからんや、結構な人数のランドヌール(ズ)が集うBRMとなりました。でもって結構速い人多かった。大晦日の深夜から元日午前中くらいまでなら概ねどこの家庭もまったりタイムになりがちだから、その時間帯で走ってしまえるブルベは却って参加しやすいのかも知れませんね。ご来光を拝むポイントの下調べが甘かったので来年はきっちりポイントを押さえたい。

【BRM225たまがわ200鴨川】
17022535.jpg
主催担当がみいさんになって、細部が色々リファインされたAJたまがわ東葛班のコース。房総方面は結構走ったつもりでいたけれど、それでもまだまだ知らない道があるなあというのが印象深い。一通りグルメが楽しめたし良い感じの200だったけれど、途中でほんの短い区間Hideさんを追走してみたらアッという間にヘロヘロになってしまい、そのままダウンヒルを下ったら苔でスリップして転倒落車、本年最初の流血沙汰となってしまった。因みにこの開催で落車してケガ(擦り傷だけど)をしたのは実走スタッフのわたしだけだったというオチ。

【BRM311たまがわ200やまゆり】
17031107.jpg
諸々事情があってコースを引いたKurajiさんが主催を担当できず、ゴール後にコースに対しての恨み言をぶつけようにも相手がいなくて困ってしまったというなかなか難儀なブルベ。
やまゆりライン走ってからヤビツは正直要らんと思った。序盤に鎌倉山というジャブを繰り出すあたりもなかなかだしとどめは尾根幹だし(^^;

【BRM402たまがわ200定峰】
17040206.jpg
キューシートもGPSも使わず完走できる、わたしにとってはホームコースともいえる定峰。今年は諸般の事情から春開催のみでした。毎年定峰峠の桜には少々早いタイミングですが、途中数kmほどコースアウトした先にある大内沢花桃の郷の花桃は毎年満開に近いタイミングになるので前半貯金を作って訪れることを是非お勧めしたい。とはいえ通過チェックの道の駅和紙の里ひがしちちぶのソメイヨシノが樹によってはほぼ満開、全体で七分咲きくらいで充分楽しめますけれど。個人的にはそろそろ「クラシック」という名を冠しても良いのではないかと思えるくらい完成度の高い安定したコーで、ブルベ入門者にはキツ過ぎず、上級者にはユル過ぎずな加減が絶妙な自信をもっておススメできるコースの一つ。

【BRM610たまがわ200佐渡】
170610018.jpg
スタート時刻は一便のフェリーが両津港に到着する前なので参加するには前泊必須、よほど頑張らないとゴール後フェリーで帰れないので当然のように二泊三日が基本的エントリースタイルとなる「前後宴会付き遠征ブルベ」という新機軸(?)なブルベ。基本的にはスポニチ佐渡ロングライド210に近いルートを走りますが距離が10km短いこととそもそも逆打ち(反時計回り)で両津スタートであることが大きな違い。
前夜狭い居酒屋ですし詰め状態で日本酒を飲みまくりすっかり良い気分になって寝て起きたら土砂降りの雨で、いまだかつてこれほどスタートしたくなかったブルベも珍しいと我ながら思うくらいにモチベーション低かった。
黒澤さん、リュウさんというA埼玉スタッフ組みいさん、morouさん、わたしというAJたまがわスタッフ組合同のさいたまがわトレインによる翌日のドンデン山ヒルクライムは非常に天候に恵まれたサイクリング日和で、あと一日この天候がずれてくれたら!と思わずにはいられませんでした。


【BRM722たまがわ200つくば】
17072237.jpg
AJたまがわ公式サイトのイベント個別ページ紹介文にもある通り、灼熱の関東平野で炙られ、全体の累積標高のほとんどを折り返し前後の数十kmで消化するという、全体を均してみるとそうでもないのにその実隠れ山岳コースな裏の顔を持つコース。200という距離と2,000m前後という累積標高から初心者な方々が挑んで散って行ったという状況も散見されました。実走スタッフとして参加予定だったわたしは自宅を出て早々にリムテープズレという致命的な欠陥によりパンクを食らい、大慌てで自宅に戻ってリムテープ交換、スタートクローズギリギリにスタート地点に辿り着いたものの、既に消耗しきっていてなかなか難儀して完走した記憶が今でも鮮明に。前年に開催され、参加したAJ千葉主催のつくば200と併せ、この時期のつくばの名が冠されたブルベは過酷なものしかないという貴重な教訓を得た。

【BRM1001たまがわ200奥多摩】
17100139.jpg
昨年はキッチンカーが出動して秋定峰200ゴール受付の二子玉川癒しふれあい館で振る舞われたある意味伝説のラーメンが、厨房設備の整ったゴール受付を確保したお蔭で非常に諸々パワーアップし、それに合わせたカタチで新コースとして開催されたもの。
高円寺をスタートして五日市街道を西進し、檜原街道から奥多摩周遊道路、更に大菩薩ラインを登って道の駅たばやま折り返しで都市部を抜けて帰着するというコースは累積標高も高めな上に特に終盤の信号峠が非常に厄介な、一筋縄ではいかないコースとなっていたのでありました。まあ、ゴール後にラーメン食べるんだから少々運動量増やさないとね♪ってな感じか。
肝心のラーメンは二郎系にインスパイアされながらも味はあっさりさっぱり系統。コシのしっかりした完全自家製麺との相性も非常に良く、味にも香りにもしつこさが感じられないのですんなり完食できてしまうという逸品でした。


こうしてみるとやはり200といえど(というかだからこそなのか)バラエティに富んでいて、来年もまた走りたいものばかりだったりする訳ですが、来年は来年で再来年のPBPのプレレジもあるから長いのを走っておかなきゃという気持ちがあるし、そのため伊勢1,000の三度目の正直に加えて以前から興味のあった北海道の四つ葉型1,200に出てみたいし…ということでこの中のいくつかは諦めなければならないかな、と。


300km以上の距離のブルベに関してのまとめは2017年振り返り(300km以上)
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    AJたまがわ  三浦  やまゆり  定峰  鴨川 
2017Oct23Mon

【上野・(銀座)・下北沢・大塚】2017年の誕生日【楽しい週末でした】 

Day:One-10月18日(水)
世界のS藤さんの仕切りで上野飲み。
17101802.jpg
0次会はなかなか味わい深い赤提灯(居酒屋げんき)

17101803.jpg
本番は中華(晴々飯店)

17101801.jpg
ブルべなお話で盛り上がる
ここでくまさんから「正論オブ正論」など真ん中ストレートの耳の痛いご指摘、ご指導を賜ってしまうというサプライズ。普段マシンガントークをぶちかますべいさんが隣で聞いていてひたすら笑っているという事態に。
元々(?)はかと(ひ)さんのSR確定祝いから話が始まってその他諸々でも盛り上がったけれど。
S藤さん紹興酒お酌絨毯爆撃をまともに食らい、かなり出来上がって帰宅。

171018.jpg
みなさん良い感じに出来上がってます

楽しく過ごして乗り過ごしも怪我もなくどうにか無事帰宅。

Day:Two-10月19日(木)
お仕事の関係で丸の内だったり銀座だったりというオトナなお酒。
因みに銀座のお店に荷物を置き忘れるという失態をぶちかます。
多分四日間の内でこの日のお酒が一番翌日に残った(^^;

Day:Three-10月20日(金)
場所はお馴染みの人にはお馴染み、イーチョねーさんに会えるお店(笑)下北沢HANABI
17102003.jpg
BAR HANABI

17102002.jpg
JさんDJでの「昭和歌謡ナイト」がコンセプトな集い
懐かしい曲が店内に流れるたびに”オレはあの時△◇をやっていた!”とか”この人には〇〇(名の通ったヒット曲)があるのにのこの曲をよくぞ選んでくれたと思う!”とかいう懐かしみや感嘆の言葉があちこちで上がる。

伊勢、徳島の1,000や東京-大阪600その他長距離ブルべのい慰労会やSR確定祝い等も兼ねた自転車乗りの集まりでもあるのでそこかしこでブルべなお話で盛り上がる。

ふと店内の照明が落とされて
17102004.jpg 17102005.jpg
サプライズでバースデーケーキいただきました

17102001.jpg
最後に記念の一枚
残念なことに早めに退出されてしまって写っていない方もいたりしますが、非常に楽しい誕生日前夜祭となりました。

<四日目、長くなるから裏置き(笑)>
-- 続きを読む --

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: 写真日記

ジャンル: 趣味・実用

タグ: HANABI  ブルべ  居酒屋げんき  晴々飯店  漁師酒場・海亭  サン・ヴァンサン  大塚  下北沢  上野 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2017Oct22Sun

【2017年掉尾】BRM1028東京600ぐるっと安曇野(予習)【SRラストチャンス】 

※本文中に貼り付けている地図ですが、あれこれ抜け落ちが多いのでご利用の際には自己責任においてということでお願いいたします。都度改訂していますがそれに関してのアナウンスはしておりません。気が付けば内容が一部変わっているということが稀によくあります。わたし個人は実走行用に別のデータを用意していますのであくまでもこの地図はBlog貼り付け用パーツという位置づけです。(2017/10/22)

今年はたまがわ600、VCR横浜あおばのスーパーあおば日本海600と、二つの600kmブルベをDNF(たまがわは途中PC延着による認定外完走)、R東京のええじゃないか伊勢1000をブルベカード紛失による失格⇒認定外完走…と、AJ千葉の福島「g」1000完走という例外はあるものの長い距離のBRMで良いとこなしな状況で、とうとう2017年シーズンラストブルベのタイミングとなってしまいました。
このぐるっと安曇野600今シーズン最終エントリーのBRMかつ7年連続SRのための最後の砦です。今まであれこれやらかしてまいりましたが終わりよければ全てよし、今シーズンの掉尾を飾るにふさわしい結果を得るために予習活動に勤しんでみました。
今回、ゴール後19時までに約30km離れた東大和に辿り着かねばならないという、何をおいても完遂しなければならない非常に重要な予定が入ってしまったのでそこまでの移動に1.5時間、ゴール受付までの移動およびゴール受付後に軽くお茶して45分を見込み、更に東大和での入浴が45分で計3時間欲しいので目標完走時間は34時間以内としたい。一応入浴時間とゴール後のお茶時間をバッファゾーンとすれば約一時間の猶予が生まれる完璧な組み立て。とはいえ折角のブルベなのに美味しいものをいただかないとかありえないということで、色々チェックを。

組立としてはPC(1)2までは20KPHくらいのペースで押していけるはずなので恐らく昼食はPC(1)2前後。小前田駅の手前で昼食になるようでは普段のポタポタペースなら問題はないけれど全体的なペースがちょっとヤバくなる。
夕食は小諸の草笛本店で蕎麦。信州健康ランドで3時間ほどの仮眠と着替えの後リスタート。健康ランド滞在時間は入浴等も併せて4時間を見込む。道の駅蔦木宿は開店時刻が早めだけれど朝食が摂れるかどうかが微妙なので二日目の朝食はコンビニで済ませるパターンか。二日目の昼は吉田うどんで、その後時間に余裕があったら道の駅どうしでクレソンアイスをおやつに。
ゴール帰着は16時、即受付に移動して軽くお茶して更に30kmのサイクリング。目的地到着は19.時でこれは考え得る最高のタイミングです。

【上記諸々を織り込んだ計画がこれ】


一分のスキもない完璧極まる計画であります。
いやあ、当日が楽しみだ♪
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: R東京  BRM1028  安曇野  ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  SR 
2017Oct19Thu

【天網恢恢】BRM1006東京1000ええじゃないか伊勢(山)07(完結)【疎にして漏らさず】 

BRM1006ええじゃないか伊勢06より続く
【関連エントリ】
1.ええじゃないか伊勢2017(今回)総括こちら
2.第一回(2014年開催)時の走行記録こちら


駿河健康ランドは四時から五時の間は浴場が清掃のため使用不可となるので、館内の全自動洗濯乾燥機にウェア類を放り込んで即入浴。水風呂でアイシングしたりした後、寝湯で横になったらそのまま落ちていて、気が付けば四時の清掃開始タイムで係員に起こされる始末。風呂から上がって館内着に着替え、軽くもう一眠りしようとリクライニングチェアのあるTVコーナーへ。
今回、千葉1000の時に発症してからしばらく治療したら症状が治まっていた蓄膿症が再発したようで発作的に立て続けに咳が出るので仮眠室だと周囲の迷惑になり過ぎる。TVコーナーなら多少は…と思ったけれどやっぱり迷惑になりそうだったので結局ロビーのベンチに腰掛けしばしうとうと。ここはゲームコーナーのすぐ脇だし照明が煌々と灯っているのであんまり休まらない。それでもぼんやりとまどろんでいたら視界の端に見覚えのあるブルーのBAJジャージを着たはらぽんさんがフロントで何やらやり取りをしている様子が。軽く挨拶しに寄ってみたら宅配で送付しておいた着替えを引き取ってこれから着替えるのだとか。大休止場所を決め打ちできればこういう私的ドロップバッグも可能だよなあ。取り敢えず一切合財背負って走るわたしとは真逆のスマートなスタイル。

着替えに行ったはらぽんさんを見送り、自分もぼちぼち着替えてリスタートすることにして洗濯物を回収してロッカールームへ。
乾燥まで完了してまだ温かいウェアを着こみ、5時半過ぎに駿河健康ランドをリスタート。次は20kmほど進んだところにある最後の通過チェックでレシートを確保したらゴールに向かうだけ。時間に余裕はあるので無理せずのんびり。
171006204.jpg
駿河湾の水平線には生憎の雲
前夜は結構晴れていたので水平線に顔をだすご来光が拝めるかと期待していたけれどちと残念。

残念ながら水平線の日の出は拝めそうになかったもののその代り行く手にはキレイな富嶽のシルエットが。
171006205.jpg
この時間帯にこの方向を進む時に天候に恵まれたのは数年振り

朝食は「いつものお約束」スマル亭。
171006206.jpg 171006207.jpg
スマル亭2号店で桜えび天そば

西倉沢の歩行者用押しボタン信号で山側に渡り、由比宿を抜ける。普段はやたらと待たされるこの信号が、ボタンを押すとほぼ同時に青に変わった。こういうタイミングもあるのか。

171006208.jpg 171006209.jpg
由比宿走行中に駿河湾の朝日を眺める

171006210.jpg
由比宿の家並み

前夜PCから興津に向かう際、裸眼で走行していたら左目にゴミが入ってしまい、何度か水で洗い流しても一向に違和感が去らず、朝リスタートしてからも異物感が酷くて左目がまともに開けないほど。15kmほど走って富士川橋を過ぎたところで道の駅富士川楽座に立ち寄り、洗面所の水道で改めて左目を洗浄し、ようやく異物感は去ったものの違和感と痛みが続いて涙が止まらずまともに左目が開かない状態が続いた。結果的にこの時不衛生な手で目の周りをいじってしまったために雑菌が傷口から入り込んで後日膿痂疹を引き起こし、朝目覚めたときに左まぶたが張り付いてしまって開かないというプチ恐怖体験を二日連続で味わうこととなる。
171006211.jpg
何故か知らんが片方のチコリンパフだけが何度も落ちた

道の駅からリスタートしてもそんな感じで左目を気にしながら走っていたらすっかり最後の通過チェックの事が意識から抜け落ち、見事に通過チェックを通過するという間抜け極まる事態を引き起こす。
PC4.png
通過チェックを華麗に通過
まあ見事に見落とししてます。
(富士川橋を過ぎたら右側に通過チェック!)と、それまでと違って進行方向右側にある店舗だということを意識して走ったいたはずなのだけれどなあ。

171006212.jpg
のんびり富士川を眺めていたけれど、この時点で通過チェックをスキップしている

171006213.jpg
この辺りで気づいていればねえ、な宮原橋(通過チェックから約2.5km)

稲子付近の凶悪な登り坂をアウター縛りで凌ぎ、富士川第一発電所付近の坂をこらえてえっちらおっちら。必死になって坂道をこなしながらふと(いくらなんでも通過チェックが無いっておかしくね?)と、思い至ったのは内船手前、実に通過チェックから18kmも余分に走ってしまってからの事。無駄なことではあったけれど念のためにキューシートを確認し、間違いなく通過チェックをスキップしてしまったことを確認した時点でやや脱力。結果的にはブルベカード紛失で既に失格になっていたけれど、本人的にはまだ何とか救済される余地があると信じてブルベカード紛失をひた隠しにして走っていたのに通過チェックスキップまで加わってしまってはその救済も無理だろうと判断して諦めた。やはり何でもかんでもあけすけにツィートしていて、実際三年前は馬鹿正直にPC延着までしっかりツィートしたクセに、今回は自分に都合の悪いことを隠しておこうとした器の小ささがよろしくなかった。ブルベの神様は姑息な行為をお見逃しにはなりませんのね。

気分転換も兼ねてあれこれその場で30分弱ほどツィートを流したりリプライしたり。
それでもまだ時間内ゴールは充分可能なタイミングだったので気を取り直して認定外完走に向けてリスタート。

171006214.jpg
ミスコースや寄り道があったので1,000kmは波高島手前

途中、走行ログ1,008km付近で猛烈な睡魔に襲われ歩道に座り込んで仮眠。気持ちが切れるとこういうことが良くある。その後はそこそこ順調に甲府盆地を北上し、甲府市内に入ってまずはキューシートVer.3.4準拠のゴールへ。

171006215.jpg
認定外Goal(1,001.5km:CSVer.3.4準拠)ファミリーマート甲府城東一丁目店着2017/10/09/11:35

少々のんびりツィートしたり水分補給をしたりした後Ver.3.5でのゴール、3.4ではゴール受付となっている石和健康ランドへ向けてリスタート。渋滞に引っ掛かって少々ペースダウンを余儀なくされたものの、ゴールの横断幕が目に入ったところで地域防災放送が正午の時報音楽を流し始めた。ぐるっと駐車場を回り込んでゴールゲートをくぐったのは正午の音楽が鳴りやむ頃。ほぼ正午ちょうどにゲートをくぐってゴールイン。

171006216.jpg
認定外Goal(CSVer.3.5)着2017/10/09/12:00

ゴール地点でアキくんやいぢちさん、ゆりかさん、Mosaさんを始めR東京スタッフさんや関係者さんたちとあれこれ雑談の後、自転車を輪行パッキングしていざ石和健康ランドへ。
10月は誕生月なのでクーポンを利用し、入館無料、マッサージ料金10%OFF。
温泉で暖まり、マッサージで身体をほぐして風呂上りにビールをいただき休憩エリアで軽くまどろみ、再び入浴したら、駿河同様寝湯で熟睡してしまって気付けば終電間際。
慌ててチェックアウトしてタクシーで駅に向かったものの既に最終の特急は発車してしまった時刻だったのでのんびり普通列車の旅。高尾、立川で乗換え川崎まで。京急線が既に終了している時刻だったのでタクシーで自宅へ。結局自宅帰着は日が改まってしまって10月10日になってから。
こうして足かけ5日間をかけた、わたしの四本目の1,000kmブルベは二度目の認定外完走という形で幕を下ろしました。四本とも制限時間内にゴールに辿り着けているのに認定は二本分しかないというのが何ともわたしらしいといえば良いのか。これで四戦二勝二分って感じでしょうかね。まあ認定外なら時間内ゴールでも時間外でも途中離脱でもおんなじことなのだから敗北と評すべきな感じがしなくもないですが、心では負けていないということで(笑)


【反省とか反省とか意気込みめいたものとか】
今回走ってみて感じたことは、1,000kmブルベは75時間きっちり使い切ろうと思って計画すると非常に楽に走れるということ。途中色々思惑違いが生じたりもしましたが、概ねすんなりと走れたなというのが率直な感想です。まあ、これに関しては他の距離でも同じことのような気もしますが、600kmを超えて以降制限時間が緩くなるオーバー600ブルベの際立った特徴なのだろうと思います。
また体力的にも身体的にもほぼ不具合を感じず、若干の倦怠感はあっても翌日以降筋肉痛も尻の痛みも感じずだったのはペース配分が良かったこと、途中及び完走後のケアが間違っていなかったことの証左なのだろうと思ってみたり。
携行品に関してはまだまだ見直しが必要なのかな。基本的に着替えや雨装備も含めすべての荷物を背負って走るというスタイルですが、それに関してなにがしかの拘りがある訳ではなく、単に事前準備が面倒くさいからというだけのネガティブな理由なので、今後私的ドロップバッグの活用も考えてみようかと。
171006Fin.jpg
なんだかんだ言って総じて走りやすくて楽しい1,000kmでした
Photo By Naokiさん

次走は同じくR東京主催の【BRM1028東京600ぐるっと安曇野】になります。ひと通りキューシートチェックをしてみましたが、案の定当時のVCR青葉が主催、わたしが参加・完走した五年前のコースに比較して裏道成分マシマシ(笑)になっていました。それでも全体的なコースの雰囲気はあまり変わっていないので気持ちよく走れそうですし、きっちり完走して今年のSRを確定させたいものですっていうかラストチャンスだし。

最後になりましたが、運営に携わってくださったR東京スタッフ及び関係者のみなさん、走行中色々な形で応援してくださった皆さんありがとうございました。そして参加者のみなさんお疲れ様でした。
(多分?)また来年!(笑)

【おまけ:ゴール時動画】
171006Goal2.gif
記録にも記憶にも残る漢を目指します♪
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ  観光  R東京  伊勢  BRM1006  スマル亭 
2017Oct17Tue

【勘違いから】BRM1006東京1000ええじゃないか伊勢(山)06【全力疾走】 

BRM1006ええじゃないか伊勢05より続く
【関連エントリ】
1.ええじゃないか伊勢2017(今回)総括こちら
2.第一回(2014年開催)時の走行記録こちら


「お約束」のパンク修理を終えリスタート準備
171006176.jpg
クイックパッチでの補修は吉と出るか凶と出るか

相変わらず前後に他の参加者の姿は見えない。
走行ペース的にはおそらくマージン一時間くらいなので、8時スタートの最後尾の人がいてもおかしくないけれど、そもそも8時スタートに何人いたのかがわからない。

171006177.jpg 171006178.jpg
岡崎のマンホール蓋

岡崎から豊川に入った辺りでeTrexがローバッテリー警告。
脇道に入って電池交換をしていたら久し振りに参加者が追い抜いて行ったところに遭遇。青基調のBAJジャージで、追い付いてみたらはらぽんさんだった。6時スタートなので次のPCには間に合いそうにないからのんびり走るということで、しばらく会話を交わした後わたしが先行。

今回とにかく旧道の宿場を通すコースになっている。
171006179.jpg
本宿村道路道標

171006180.jpg 171006181.jpg
旧本宿村

171006182.jpg
東名高速道路の側道を進む
(高速道路の側道って嫌なイメージしかない。。。)
と思ったら案の定細かいアップダウンのあるいやらしい道だった(^^;

171006183.jpg 171006185.jpg
旧音羽町のマンホール蓋

171006184.jpg
今回の日程ではあちこちで秋の祭礼を見かけた

171006186.jpg 171006187.jpg
Flecheお城巡り隊では東側からのアプローチとなった御油の松並木を西から

171006188.jpg
豊川のマンホール蓋

171006189.jpg
あちこちに趣きのある佇まいの建物が
ここから浜名湖西岸辺りまでの区間はしょっちゅうミスコースをやらかしていた。細かい右左折が多かったのでGPSのマップ表示を拡大していて快調に飛ばしているとしばらく画面から目を離したすきに曲がるポイントを過ぎてしまう。表示を引きにすると間違うし寄りにしても間違うし…という落とし穴。

171006190.jpg 1710061901.jpg
豊橋市に突入

171006191.jpg
豊橋のマンホール蓋、手筒花火

171006192.jpg
路面電車を見ると心が躍る

171006193.jpg
三日目の日が暮れる

豊橋なのでカレーうどんでもいただこうかと思ったものの主だったお店はまだ準備中だったのでしばしそのまま進み、なんとなく目についた営業中のお店にお邪魔することに。
171006194.jpg
いづみや

171006195.jpg 171006196.jpg 171006197.jpg
あさりうどんといなり寿司のセット
いなりにわさびが添えられていたけれど、こっちの地域ってわさび醤油で食べるのがデフォ?それともこのお店だけ?

残時間と距離を暗算して充分余裕があると判断してのんびりポタポタペース。

171006198.jpg
新居関所
以前何度か訪れたときはずっと工事中だったけれど、ようやく工事完了してすっきりしていた。

171006199.jpg
浜名湖弁天島の鳥居

171006200.jpg
東海道舞阪宿 西町常夜燈

この辺りで改めて残距離と時間の確認。ミスコースが多過ぎてeTrexに表示されているグロス走行距離がアテにならなかった(※この点は画面表示にポイントまでの残距離を表示させるようにすれば解決できそうなので次回以降そうするつもり。)ので、どの程度ロスがあるのかの確認も併せて。
するととんでもないことに気が付いてしまった。
時計の液晶表示の19を18と見間違えていて次のPCクローズまで3時間15分あると思い込んでいたら、実際には残り2時間15分、しかもPCまでの距離が56kmも残っていたのでここからグロス25KPHで押さないとタイムアウトしてしまうではないですか。
脳裡に蘇る三年前の悪夢。
取り敢えずまだ可能性は残っているのでひたすらペダルを踏み、クランクを回し続ける。幸いなことに信号がほとんどないド平坦区間なので若干向かい風はあるもののそれなりのペースで走れた。キリの良い距離になるたびに脳内で距離と速度を暗算し、ペースは概ね現状維持で間に合いそうと判断はできたものの800km走って来てしかも10kg近い荷物を背負っての走行なので徐々にペースが落ちる。しかも暗算を間違えていてPCが想定よりも5kmほど遠かった。

171006201.jpg
PC3(Ver.3.5でPC2になった)7-11御前崎比木店(837.6km Close2017/10/08/21:50)21:45着
どうにかこうにか5分前に滑り込み。やればできる子でした。
とはいえほぼオールアウトに近い状態で、すっかり出し切った出がらし感溢れるおっさん状態でしばし呆けていたけれど、それでも風呂と着替えのために興津の駿河健康ランドへと移動したい。約70km、まともに走れたら3時間半ほどで到着できるので1時半から2時頃には到着できるはず。駿河健康ランドから石和健康ランドまでは約100kmなのでゆっくり走っても6時間あれば充分間に合うのでゴールクローズの正午に到着するには6時にリスタートすればよい。3時間はのんびりできると踏んで移動を始めたら、脚は回らず猛烈な眠気を感じてまったく進めず。オールアウト後というのはこういう状態なのか、と普段いかに自分を甘やかしていたのかを痛感する。

リスタート直後、PCとは別のコンビニでチョコレート類を買い込みコーヒーを飲んで少々休憩したら随分と回復したので再び駿河健康ランドを指して進む。焼津市内を抜けて大崩方面に向かっているとき、ミラーに後方を走る自転車のライトが写り込んだ。信号待ちで並んだ時にひと言ふた言。焼津市内の健康ランドで仮眠をしたそうである。そういえば駅前の温泉は三年前に利用した記憶がある。
その参加者とは信号のタイミングで離れてしまって再び単独での深夜のクルーズ。
R150を走っている際、数人の参加者をパスしてようやく単独じゃない感が湧いてきた(笑)
駿河湾沿いの道を通り、清水の市街地を通り抜けたら目的地の駿河健康ランドは目と鼻の先。

171006202.jpg
懐かしくも暖かな光(笑)

駐車場にまわり、単独で利用する際にはいつも自転車を停めているところに自転車を施錠して入館。
171006203.jpg
到着時刻は2017/10/09/02:00頃
予定通り三時間くらいの小休止が可能。

(ようやく最後の100kmだけれど、ここでやっぱりやらかす訳で)⇒伊勢07
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

テーマ: ロードバイク

ジャンル: スポーツ

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  ピナレロ    観光  R東京  BRM1006  伊勢  豊橋